住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

断熱

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

北海道住宅の秘密とか。

東京で断熱住宅を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝からさいたま市でご検討のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。塗装屋さんと電話、新宿区百人町計画検討、蓮根の不動産会社さんと電話、練馬区田柄のお客様とお電話、豊島区西巣鴨計画検討など。

午後は池袋へ、帰社後は鉄骨屋さんと電話、お問い合わせ対応、文京区大塚3丁目計画検討、図面作成、税理士さん来社打ち合わせ、5丁目のお客様にご来社頂き打ち合わせ、地盤業者さんと電話、サッシ屋さんと電話など。夕方は町田市中町計画検討、図面作成、資材発注、社内ミーティングなど。

まだまだ寒い日が続きそうです。どうか暖かくしてお過ごしください。

ではこちら。

冬の死亡増加率が一番低い北海道 寒冷地なのに...秘密は住宅にあり

住宅を断熱工事して冬でも暖かくすると、血圧が下がって健康にいいことが、国土交通省の調査チームが2017年1月13日に発表した報告で明らかになった。

室内の気温が低くなるほど血圧が高くなり、高齢者ほど血圧の変動幅が大きくなる傾向が確認され、同省では住宅の断熱改修工事を呼びかけている。
2017年1月18日 11時30分 J-CASTニュース

なるほど。

新築住宅に限って言えば、最近は断熱性能もかなり向上してきたように思いますので、全国的に見ても住環境はかなり改善されているのではないでしょうか。

それでもまだ十分とは言えない場合も多いと思いますが、今日の記事では断熱性能が健康に影響するということが書かれていました。

この記事にあった報告というのは、国交省が2014年から進めている「健康・省エネのスマートウェルネス住宅推進事業」の一環として行なった「住宅の断熱改修が健康に与える影響調査」の中間報告で、村上周三・東京大学名誉教授(環境工学)らの調査委員会が研究を行っているそうです。

表題にある、北海道での冬の死亡増加率が一番低いということですが、これは以前から本州に比べて断熱性能のよい住宅が普及しているためで、冬でも室内の気温が暖かく保たれているわけです。温暖な国や県では断熱住宅が少ないため、冬の室内が寒くなることが影響しています。

記事では国交省の発表資料として、世界中のどの国・地域でも冬は夏より死亡率が増加するそうですが、欧州の冬の死亡増加率を見ると、フィンランドなどの寒冷な国では10%前後、スペイン、ポルトガルなどの温暖な国では22〜28%に急増する(2010年調査)ということ。

こと日本でも北海道や青森県は10〜11%だが、鹿児島、愛媛、静岡県などの温暖なところは21〜22%と高くなっているそうです。

さらにこの数字がもっと高いのが栃木県の25%、次に茨城県の24%となっていて、これは北関東特有の「冬の空っ風」をまともに受けるためとみられる(2014年調査)ということです。

これまでの日本では、極寒の北海道を除くとおおよそすべての地域で夏を基準に家づくりが行われてきたということがあり、それは人の命よりも木材を活かすことに重きを置く考えがあったと言えます。

しかし、現代では夏はもちろん冬も快適にかつ省エネで暮らせる家が求められるようになり、国としても極力エネルギーを使わない、もしくは地産地消の考え方で、自分の使うエネルギーは自らエネルギーを生産しましょうということを薦めています。

これから家を建てるという場合は、ZEHという仕様がひとつの基準として要求されますので、今後は全国的にも断熱性能に優れた家が増えてくると思います。

もちろん既存の住宅を改修して、壁や屋根の断熱性能を向上させたり、窓のガラスを高性能なもに交換することで、住まいを安全で快適なものにすることができますので、是非ご検討頂ければと思います。

健康と命を守るためには、断熱性能に優れたRC住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←応援よろしくお願いします!



家づくり講座は健康と断熱。

東京で高断熱な家を建てるならRCdesign

IMG_7865雨時々くもりの東京です。

そんな今日は朝から中野区本町の現場へ、地鎮祭を執り行って頂きました。オーナー様ご家族には足元の悪い中お付き合い頂き、またお心遣いを賜り、感謝申し上げます。雨降って地固まり、降神時には雨が止むという素晴らしい地鎮祭でした。その後近隣まわりなど。

午後はお問い合わせ対応、横浜市中区野毛町計画検討、資料作成、上板橋2丁目計画検討、図面作成など。夕方は提携会社さんと電話、北松戸計画検討、練馬区田柄計画検討、ミーティングなど。

来週にはまたもや台風が上陸するという予報もあります。是非早めの対策をお願いいたします。それでは今週も土曜日恒例の家づくり講座第307回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

テレビをつけると、健康に関する情報が、毎日のように紹介されています。テレビだけではありません。雑誌でもラジオでも、たくさんの情報が紹介されています。

日本人は、病気の予防や健康増進に関して勉強熱心です。ところが、それを毎日実践するとなるとなかなか・・・。習慣になるまで継続するのは大変ですからね。

ところで、あなたは『体をよく動かす人ほど長く生きる傾向がある』ということをご存知ですか?

厚生労働省の「健康づくりのための身体活動基準2013」では、65歳以上の高齢者に対して、生活の中で毎日40分は体を動かすことを勧めています。

といっても、特別な運動をする必要はありません。家事の合間にストレッチをするなど、意識して体を動かすことを習慣づければいいだけなんです。

ただそれだけのことで、認知症の発症を遅らせることができるというメリットもあります。

ところが、室内が寒いと体を動かすのが億劫になります。他の部屋が寒いと、暖房が効いた部屋だけで過ごしがちになります。

そうなると、体を動かす機会が減るので健康に良くありません。

ある調査によると、室内での活動量と住宅の室温は関係していることがわかりました。

人の活動量を減らす原因は、暑さより寒さです。

ですから、健康に暮らすためには住宅の断熱性を高める必要があります。冬でも暖かく、部屋毎の温度差が少ない家が理想的です。

そんな住宅で暮らすと、血圧の急激な変化を防ぐこともできます。

ご存知の通り、冬のトイレや浴室で、温度差によるヒートショックを起こす事例は毎年発生していますからね。

また、断熱性が低い住宅は、結露が発生しやすいので劣化しやすく、メンテナンス費用がかさむ傾向があります。体と住宅の健康を保つために、断熱性の追求は大切です。今の季節だからこそ、厳しい冬の寒さのことも考えておいて欲しいと思います。

といっても、その地域の気候によって、必要な断熱性は異なります。やみくもに高断熱を追求するのではなく、その地域に最適な性能を業者と相談するといいですね。 

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。

 
人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。     



快適な家の条件とは。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で快適な住宅を建てるならRCdesign

晴れ時々曇りのち雨の東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、タイル屋さん来社打ち合わせ、その後金融機関と法務局へ書類受け取りに、帰社後は土地家屋調査士さん来社打ち合わせ、世田谷区砧計画検討、徳丸6丁目計画検討など。

午後はミーティング、ご近所のリフォーム工事検討、電気屋さんと電話、板橋区役所前計画検討、図面作成、西台のお客様来社打ち合わせ、出版社さんと電話など。夕方は練馬区田柄計画検討、サッシ屋さんと電話、資料作成、中野区野方計画検討、ミーティングなど。

いよいよ飛散もピークを迎えているようですね。頑張りましょう。

ではこちら。

断熱フィルムは効果なし?冷暖房効率を上げるには

断熱性を高めて冷暖房効率を上げるのは難しい
「今ある家に付ければ冷暖房効率アップ」。こんな商品が、インターネットでもホームセンターでも数多く販売されています。該当商品を大きく分けると、「遮光で冷房効率アップ」を狙ったものと「断熱で冷暖房効率アップ」を狙ったものに分けられます。

真夏の直射日光が入る家の場合、遮光して冷房効率を上げるという方法には一定の効果がありそうです。しかし、「家の断熱性を高めて冷暖房効率を上げる」というのは、後付け商品ではなかなか難しいと思われます。
2015年3月16日 11時0分 JIJICO

なるほど。

これはなかなか良い記事ですので、ご紹介しておきましょう。

一般的に、熱の伝わり方や空気の特性などは、よほど専門家でなければ、理解されている方は少ないでしょうし、それゆえに勘違いの多いところではないでしょうか。

ここにきて日中はだいぶ寒さも緩んできましたが、朝晩はまだまだ寒い日も多いですね、この冬の寒さを乗り切るためには、何らかの室内暖房が必要になります。

何の暖房もせずに家の室温が上がるということは基本的にありません。もちろん日射があれば別ですが。

折角エネルギーを使って暖めた室温を、なるべく損失することなく過ごせれば、省エネにつながるわけですが、そのために必要なのが断熱ということになります。

断熱は室内の温度を外に漏らさない、または外の温度を室内に入れないということですが、空気を伝わって出入りするものと、壁や屋根などの部材を通して伝わるものがあります。

最近の家であれば、最低限の断熱をしているはずですが、その部分に比べても、断然性能の低い部分が窓ガラスなんです。一般的な板ガラスでは、ほぼ外と中の温度が一緒と思っても良いくらい、すぐに熱を通してしまいます。

そこで、よく言われるのが、厚めのカーテンに交換するとか、窓に断熱フィルムを貼るとか、比較的簡易的な対策です。これらは全く効果が無いとは言えないまでも、家全体の性能からすれば、非常に限定的な効果と言わざるを得ません。

ちなみに、遮熱という言葉と断熱ではちょっと意味が違うんです。正確にお伝えするのも難しいのですが、簡単に言うと、遮熱は太陽の熱線を遮るということで、夏の強い太陽が、日射の当たる部分の温度を上げてしまうことを押さえることが目的になります。

ですので、夏の暑さを緩和するには、遮熱が必要ですし、冬に室内の暖かい空気を逃がさないためには断熱が必要ということです。

いずれにしても後付けの対策では、家全体の冷暖房効率を改善することは非常に難しいと言えます。

記事もありましたが、冷暖房効率の高い家を目指すのであれば、家を建てるとき、つまり最初の設計段階から計画しておかなければいけません。住宅の冷暖房効率を左右する要素は、大きく3つ「断熱性」と「気密性」、そして「空調範囲」です。これらについて、考えておくことで「冷暖房効率が高い、快適な家」ができます。

基本的には、壁に高性能な断熱材を十分に使うことが断熱性能を上げるための基本になります。一方で気をつけなければいけないのが、窓の面積なんです。先ほども書いたように、一般的なガラスの場合、窓の断熱性能は壁の5分の1〜7分の1程度しかありません。

ですので、サンルームのような、大きな窓が沢山ある家では、いくら壁に高性能な断熱材を使っても、冷暖房効率は全く期待できないのです。

さらに気密性についてですが、これは建物の構造が大きく影響します。というのは、壁と床、天井を一体で隙間なく作る鉄筋コンクリート構造が有利で、それ以外はどうしても不利になります。

良い例では、エアコンのカタログにある対象となる広さの目安で、鉄筋コンクリートと木造で違っている(木造の方が対象面積が狭い)のは、そのためです。マンション並みの気密性を求めるのであれば、戸建ての家でも鉄筋コンクリート造りにした方が賢明ですね。

最後に、住まいづくりをご検討の方にも人気の高い「吹き抜け」や「リビングにある階段」などは本当に注意が必要なんです。

冬は暖かい空気が上に上がっていきます。エアコンで暖められた空気は上層に上がっていきます。結果として、いくらエアコンを入れても人がいる床が暖まってこないという、快適性の低いリビングになってしまいます。
 
安全で快適な住まいを建てるなら、是非RC(鉄筋コンクリート)住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ← 応援のクリックを是非!



LIXILで断熱リフォームとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で暖かい家を建てるならRCdesign

スッキリ晴れても寒い東京です。

そんな今日は朝から電気屋さんと電話、都市銀行さんと電話、資料作成、その後中野区南台計画の現場へ、大工さんと打ち合わせ、現調など、帰社後は井戸屋さんと電話など。

午後は小金井東町計画検討、世田谷区弦巻のOBオーナー様とお電話、地方銀行さん来社打ち合わせ、資料作成、世田谷区若林計画検討、原稿作成、お問い合わせ対応、板橋区弥生町計画検討、内装商社さんと電話など。夕方はガス会社さん来社打ち合わせ、ミーティング、世田谷区砧計画検討、資料作成など。

そう言えば、昨日ベトナムの実習生に作業服のフィティングをしようとしたところ、ズボンのウエストを持つと、いきなり首に巻き付けていてビックリしました。聞いたらこれでウエストのサイズを測るそうです。面白い風習ですね。

ではこちら。

暖房をつけているのに寒いのは「断熱性」の低さが原因!LIXIL “ほっとリフォーム” スペシャルサイト 本日11月21日(金)オープン

“浴室のブルッ” “台所の足元の冷え”など、 冬のおウチの「困った」を解決する、気軽な「断熱」を新提案〜

LIXIL「ほっとリフォーム」スペシャルサイト :http://www.lixil.co.jp/reform/hot/

住まいと暮らしの総合住生活企業である株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:藤森義明)は、部屋の壁や床を手軽に断熱仕様にし、一部屋を快適空間にすることができる断熱リフォーム新工法「ココエコ」を始めとした断熱商品を展開しています。この度、冬のおウチの「困った」を断熱によって解決できることを提案する「ほっとリフォーム」スペシャルサイトを11月21日(金)よりオープン致します。
 
11月下旬に差し掛かると朝夕の冷え込みも厳しくなり、すっかり本格的な冬の到来を迎えました。家の中でも、例えば浴室や台所の足元等、様々な場面で寒さを感じる事が増えてきたのではないでしょうか。
2014年11月21日 14時48分 PR TIMES

なるほど。

さすがはリクシルさん、適切なタイミングでタイムリーな営業支援をしてくれています。

今回のニュースは、やっと気が付いたのか?とちょっと不思議な感じもしますが、断熱に注目した各種リフォームを提案するものとなっています。

記事によると、LIXILさんが2013年9月に実施した「自宅における冬の寒さ対策と窓に関する意識調査」では、暖房の設定温度で最も多いのが「28℃」という回答だったそうです。これは環境省が推奨している暖房の設定温度の「20℃」を大きく上回っているわけですが、これほど高い温度にも関わらず、家の中で寒さを感じてしまうのは、やはり家の「断熱性」の低さが影響していると言わざるを得ません。

そこで、記事にあるスペシャルサイトでは、暖房をつけているのに足元が冷える等、冬にありがちな家の「困りごと」を例に挙げながら、その原因とメカニズム、断熱による解決方法をわかりやすく解説されています。

すでにご存じの方も多いと思いますが、近年は寒い脱衣所や廊下と、お風呂やリビングとの急激な温度差(ヒートショック)が原因で命を落とす高齢者が増えてきており、家で感じる寒さは時には大きなリスクも潜んでいるわけです。

そんな危険から身を守るためにも、LIXILは一部屋からどこでも気軽にできる「ココエコ」を始めとした断熱リフォームで、身体にとってより快適な暮らしを提案していくそうですので、既存の家を少しでも安全で快適な住まいにしたい方は、このようなリフォームが必要になりますね。

もちろんこれから家を建てるという場合にも、この断熱性能が家の快適性を決める最も重要な部分であることに違いはありません。

ちなみに、冷え込んだ冬の朝、リビングの室温は何度ありますか?

是非一度温度計で確認してもらいたいのですが、就寝前に24℃程度の室温だったとしても、暖房を消した後、朝には5℃以下になっているとか、そこまでではないにしても、吐く息が白くなるようだと、それは断熱性や気密性が高いとは言えません。

冬の暖房時は、一般的に開口部から58%もの熱が流出し、外壁や屋根、床などからも熱は逃げています。暖かく過ごす為には、壁や床、窓などの断熱性を高め、魔法瓶のように部屋の保温力を高めることが重要なんですね。

家づくりには、冬暖かくて夏涼しい、そんな快適な住まいを省エネで実現することが大切ですが、それを確実に実現出来るのが、RC(鉄筋コンクリート)住宅なんです。家を建てるなら、是非RC住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←応援のクリックをどうかひとつ!



洞窟を住まいにするなら。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で安全・快適な家を建てるならRCdesign

晴れた東京は暖かく風が強いです。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後電話屋さん来社、耳鼻科、原稿チェック、お問い合わせ対応、文京区向丘計画のお客様とお電話、ありがとうございます。都市銀行さんと電話など。

午後はお問い合わせ対応、渋谷区神山町計画検討、成増でご検討のお客様とお電話、事務機屋さん来社、信用金庫さん来社、構造担当と電話、渋谷区恵比寿2丁目計画検討、出版社さん来社打ち合わせなど。夕方は設備屋さん、電気屋さん来社打ち合わせ、関連会社社長と電話、北区田端計画検討など。

油断して投薬を怠ったら、ヒノキに打ちのめされました。

ではこちら。

石器時代モダニズムな、洞窟のような家

この家を見て「はじめ人間ギャートルズ」を思い出すのは誰ですか。

石器時代を思わせる石のデザイン「Malibu Romantic Retreat」は、鉄骨と軽量コンクリートによって形作られた、日常から逃れて魂を休める別荘。

サンタ・モニカ・マウンテンズ国立保養地のエリアに位置していることから、建築家Phillip Jon Brownさんは石のようなデザインを思いついたのだとか。

周囲をボニーマウンテン、太平洋、ロサンゼルス市が囲み、どの方向も見事な景色が広がります。リビングから見える太平洋、素敵です。

さすがに「石」の上には寝ませんね。ベッドなどの家具やリネンは、もちろん現代のものを使います。

洞窟の壁がそのまま家になったみたいに、まるでテーマパークのアトラクションのようなつくり。子供が一番喜びそうです。不思議なリラックス感が醸し出されます。
roomie 2013年04月14日19時00分

130412flintstone06なるほど。

これは本当にテーマパークのような住まいになっていますね。きっと食事はマンモスの肉に決まっています。

一見すると確かに洞窟を利用した住まいのように見えなくも無さそうですが、残念ながらこれらは張りぼてと言わざるを得ないでしょう。

まあぱっと見それらしければ良い、というオーダーならこのような作品も楽しいかもしれませんが、本来の住まいとしては少々役不足かもしれません。

そもそも、人類が洞窟を住まいに選んだ理由といえば、その強度、安全性が第一、つぎに室温の安定性が優れていたからだと思います。

しかし、残念ながら鉄骨と軽量コンクリートで造られている建物では、骨組みとしての強度は確保出来ても、軽量コンクリートでは強度を期待出来ませんので、安全性に疑問が残ります。

また、軽量コンクリートだけでは、断熱性能や蓄熱性もあまり期待出来ませんので、住み心地という点ではイマイチではないでしょうか。

日本でもALCと呼ばれる建築材料がありますが、これはオートクレーブ養生した軽量気泡コンクリートの
略称です。凄く簡単に言うと軽石みたいな材料です。

鉄骨造の外壁などによく使用される材料ですが、この材料そのものの強度や、断熱性には疑問を持たざるを得ないというのが私の個人的な見解です。

もちろん工場でしっかり管理されているから安心ということは言えますので、その用途によっては適している場合もあるでしょう。

ちなみにこの記事に登場する建物は、2012年にそれまでの持ち主だったアメリカの元テレビ・ラジオパーソナリティーDick Clark氏が亡くなり、350万ドルで売りに出された物件だそうです。

本当に洞窟のような快適性と安全性を適正な価格で望むなら、ここは是非RC(鉄筋コンクリート)住宅をご検討くださいませ。

それでは。

今日もありがとうございます。



人気ブログランキングへ ←応援のクリックをどうかひとつ!

プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ