住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

日本人

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

日本人とドイツ人の違いとか。

高気密・高断熱の家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝からお問い合わせ対応、港区南青山計画検討、書類作成、社労士さん来社打ち合わせ、渋谷区計画のお客様とお電話、ありがとうございます。業者さんと電話、組合事務作業、提携会社さんと電話など。

午後は出版社さんと電話、日野市計画検討、渋谷区桜丘計画検討、サッシ屋さん来社打ち合わせ、日野市のお客様とお電話、提携会社さんと電話、商社さんと電話、お問い合わせ対応など。夕方はお客様とお電話、出版社さんと電話、ミーティング、提携会社さんと打ち合わせなど。

近所の梅が咲き始めてきたようです。

ではこちら。

「布団から出たくない」「脱衣所で裸になりたくない」と思う日本人、思わないドイツ人

この冬は全国的に暖冬と言われますが、それでも朝晩はぐっと気温が下がります。朝は「布団から出たくない!」とか、夜は「脱衣所で裸になりたくない!」とか思うこともあるでしょう。

でも欧米の家でそういう体験をすることは、あまりないように感じています。その違いは何でしょうか?
2020年2月12日 15時31分 HARBOR BUSINESS Online

なるほど。

もしかすると、日本に暮らす人の中でも知らなかったという人は意外と多いかもしれませんが、ドイツでは、寒さを我慢して暮らすというような概念を持っている人はいないんですね。

ところが、日本ではまだまだ寒いのは当然として、非科学的な精神論が当たり前として、受け継がれています。

ドイツでは、国が率先して省エネ改修(断熱改修)を進めているということで、例えば窓はペアガラスからトリプルガラスに変更したり、壁には20センチ以上の断熱材を使用するなど、これだけでも日本の基準とはレベルが違います。

このような政策は、国家レベルでエネルギーの輸入を減らそうということの一環ですが、一般家庭にとっても光熱費が減り、家も温かくなるというメリットがあります。

これだけの改修工事をした結果、そこにお住いの方に感想を聞くと、暖かくなったという感想が返ってこないそうですが、その理由は断熱する前からちっとも寒くなかったからだということです。

別にドイツが特別に寒い地域という訳ではなく、実際は日本の北関東や長野あたりと同程度ということですから、これは単にドイツの意識が高いということと、日本の意識が低すぎるということだと思います。

記事にもありましたが、ドイツでは石油やガスのファンヒーター、ホットカーペット、湯たんぽ、暖房便座などの局所暖房のための器具を使っている人はいませんし、家の中で化石燃料を燃やすような暮らしをしている人はいないんです。

日本においても、エネルギーの消費量を減らし、寒さを感じない安全・快適で、健康的な暮らしを実現しなければいけない、すでにそういう時代になっているんです。

住まいづくりをお考えの方には、省エネと快適性を考えた、気密性と断熱性を高めた家を選んで頂きたいですし、それを安全に維持するために、構造はRC(鉄筋コンクリート)住宅をオススメしたいと思います。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援お待ちしております。



アメリカにもRC住宅とか。

日本で家を建てるならRCdesign

曇り空の東京です。

そんな今日は朝から西東京市柳沢計画検討、資料作成、提携会社さん来社打ち合わせ、お問い合わせ対応、ガス会社さんと電話、文京区千駄木計画検討、見積作成など。

午後からは賃貸管理業務、軽作業、その後金融機関へ、帰社後は書類チェック、大田区仲池上計画検討、提携会社さん来社打ち合わせ、北千束計画検討など。夕方は見積作成、日野市のお客様とお電話、商社さんと電話、ミーティングなど。

蝋梅の花を見かけるようになりましたね。

ではこちら。

米在住の日本人が同僚に驚かれた行動 お菓子の包装を結ぶのは当たり前?

お菓子などを食べ終わった後に出る包装袋のゴミ。みなさんはどのように捨てていますか?アメリカ在住のTwitterユーザー「ハジ アメリカのお父さん in サンフランシスコ(@haj_in_sf)」さんのツイートがいまTwitterで話題を集めています。

コーヒーミーティングの際、食べ終わったあとのお菓子の袋をこのように結んだというハジさん。すると会議のメンバーから、それって日本人が全員やることなの?と訊ねられたといいます。
2020年1月22日 13時0分 ガジェット通信

なるほど。

私はこれやっちゃいます。

なぜと聞かれると、なんとも説明出来ませんが、クセのようなものだと思っていますが、どこかゴミを最小にしたいという気持ちが、そうさせているのかもしれません。

お菓子に限らず、使い捨てのお手拭きが入っているビニールでさえ、極力細長く折ってから、結ぶようにして小さくしてしまいます。

記事にもありましたが、子供の頃に遊んだ折り紙の記憶かもしれませんし、多少なりとも手先の器用さに自信を持っているということかもしれません。

さすがに最近の若い人にはいないかもしれませんが、一定の年齢以上の方では、同じような行動を取ってしまう人もいらっしゃるのではないでしょうか。

とは言え、これが日本のスタンダードかと言えば、そうでは無いような気もしますが、ちょっと日本人らしい行動とも言えそうですので、機会があれば外国人の方にも教えてあげたいと思います。

外国人にも教えてあげたいと言えば、日本にはRC住宅があるということ。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←今年もどうぞよろしく!



無趣味な日本人とか。

東京で趣味の家を建てるならRCdesign

くもりのち雨の東京です。

そんな今日は朝から書類作成、塗装屋さん来社打ち合わせ、蓮根のお客様宅訪問打ち合わせなど。帰社後は渋谷区西原計画検討、解体屋さんと電話、提携会社さんと電話、杉並区宮前計画検討、世田谷区大原計画検討など。

午後は資材発注、練馬区上石神井計画検討、お問い合わせ対応、リフォーム計画検討、郵便局、双葉町のお客様とお電話、防災屋さんと電話など。夕方は日野市計画のお客様とお電話、書類チェック、地盤保証会社さんと電話、業者さんと電話、資料作成、ミーティングなど。

今日はちょっとマシでしたが、明日が少々恐ろしいです。

ではこちら。

「無趣味になっていく日本人」の実態と背景事情

「平成」も終わりに近づいてきました。この「平成」はいったいどんな時代だったのか、生活者にどんな変化をもたらしたのか。博報堂生活総合研究所(生活総研)が行っている長期時系列調査「生活定点」などのデータを用いながらご紹介していきます(首都圏・阪神圏の20〜69歳男女約3000名に聴取、調査概要詳細は記事末尾で記載)。

連載3回目となる今回は「趣味」がテーマです。生活定点では「よくする趣味・スポーツ」について、「海外旅行」や「囲碁・将棋」、「サイクリング」等々、50項目程度の選択肢を提示して聴取しています。今回は、1998年・2008年・2018年のベスト10を比較してみました。過去20年間で趣味やスポーツはどんなふうに変化しているでしょうか。
2019年2月19日 5時50分 東洋経済オンライン

なるほど。

これはなんとも寂しいというか、残念な調査結果となっていますね。

記事では、過去20年間の中で、趣味に関する意識がどのように変化してきたかが、わかりやすく書かれていました。

ちょっと信じがたいところでは、スコアを落としてランク圏外になってしまったものとして、「園芸・ガーデニング・家庭菜園」と「カラオケ」が挙げられていて、そうだったの?と思ってしまいました。

一方でさぞかし支持を落としていることと思っていた「自動車・ドライブ」は、スコアを落としつつも2018年はぎりぎり10位にとどまっていました。

こちらは、庭のないマンション住まいが増えたり、クルマを持たない人が増えたりという、時代と環境の変化も影響しているのでしょうか。

面白いところでは、2008年の結果で「パソコン」がいきなり2位になっていたり、2018年の結果で「モバイルゲーム」が6位につけたりと、インターネットを使った趣味や遊びがどんどん身近になっている様子がはっきりと現れていました。

記事に書かれていたのは、ランキング全体に関して言えば、20年間でいちばんはっきりとわかる変化は、生活者の「趣味離れ」ということで、継続的に聴取している50項目の趣味・スポーツのうち、2018年にスコアが過去最低を更新したものは、なんと29項目もあり、全体の6割にもなっているということ。

この「趣味離れ」の背景にはさまざまな要因があると思いますが、やはり影響が大きそうなものを挙げるとすれば、残念ながら「お金」の問題と言われています。

記事にあった総務省「家計調査」によれば、20年ほど前の1997年の可処分所得は49万7000円なのに対して、直近2017年では43万5000円と、87%程度の水準になっているそうです。

もちろん趣味を続けたり、掘り下げていこうとすれば、どうしてもある程度お金がかかるものですが、お金をかけない楽しみ方もありそうなものですし、他を犠牲にしても趣味にかけるということも、時には必要なようにも思います。

時代と共に趣味も多様化していると思いますが、趣味に夢中になることから、新しい発見や進化が生まれ、文化になっていくのではないでしょうか。

記事では、多くの趣味やスポーツがスコアを落とす状況に逆行して、2018年にスコアが「過去最高」を記録したものが「3つ」だけ存在していて、それはヨガとモバイルゲーム、食べ歩きということでした。

確かにコストはかからなそうですが、ちょっと地味な印象もあり、長く続けられるものなのかわかりませんが、関わった人が楽しむことができれば良いですね。

どのような趣味にしても、その時代ごとにそれが人生を豊かにするものであれば、夢中になる価値があるものだと思います。

そんな趣味を楽しむための家をお考えなら、是非RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング  ←こちらの応援も是非。



日本人と満月とか。

東京で満月を愛でる家を建てるならRCdesign

晴れ時々くもりの東京です。

そんな今日は朝から日本橋箱崎町計画検、資料作成、双葉町のお客様とお電話、ありがとうございます。渋谷区東計画検討、書類作成、お問合せ対応など。

午後からは書類チェック、和光市計画検討、図面作成、丸の内の不動産会社さんと電話、お問合せ対応、徳丸の現場で作業立ち会い、帰社後は双葉町のお客様とお電話、5丁目のお客様と電話、不動産会社さんと電話など。夕方は電気屋さん来社打ち合わせ、渋谷区桜丘計画検討、資料作成、葛飾区新小岩計画検討、ミーティングなど。

日に日に日が暮れるのが早くなっている気がします。

ではこちら。

日本人にとって、満月が特別だったのはなぜか!?

京都の桂離宮や銀閣寺が月の満ち欠けや昇ってくる時間・場所(月の運行)と密接に関係していることを知っていますか?

桂離宮は壮大なお月見装置?
桂離宮の主な書院群はお月見をするための方位に向けて建てられているのです。この謎に迫っていくと、名月を愛でるために建てられた離宮像が浮かび上がってきます。
2018年9月19日 16時0分 ウェザーニュース

なるほど。

これはなかなか興味深い記事です。

確かに日本人にとっては、満月というものが何か特別な日というか、そんな感覚を持っている人も多いのではないでしょうか。

記事にあった桂離宮の月見台は、そこを中心にした建物の方位が絶景の月が眺められるように、設計されていたということで、春分は月見台から見て右手、冬至は月見台から見て左手に月が昇るので、四季を問わず月を愛でることができるという、桂離宮はまさに「月を美しく見るための壮大な装置」だったということなんですね。

さらに記事によれば、文化人として知られた足利義政が建てた銀閣寺もやはり、月を愛でるための「月の御殿」と呼ばれているそうです。

そんな先人達のこだわりがどこから来たモノなのか、なぜそこまでこだわる必要があったのか、気になるところです。

記事に書かれていたのは、かつて電気もなかった頃は、日没後になればあたりは真っ暗になっていたことでしょうから、夜の月明り、特に満月の明るさは現代の私たちでは想像できないぐらい華やいだものだったそうです。

そんな中で、高貴な人たちは満月の夜、何をして過ごしていたのかというと、月を愛でるのが当時の人にとっては晴れの舞台であり、気合いの入る日だったようです。

そこではお茶事や歌会が行われ、月が昇っている間中、こうした饗宴を楽しんでいたとすれば、何とも優雅な時間を過ごしていたことでしょう。

記事では、古くからの日本人にとって、自然の美しさや心情を表現するのに欠かせないのが「月」の存在だったということですが、人類の歴史的にもまた、地球上のいろいろな場所でそれぞれに月の解釈があったのではないでしょうか。

ご存知の通り、海での航海などでは、月で自分の位置を確認したりしていたそうですし、多くの蓄積されたデータから月のバイオリズムと占いにも利用されたりしてきたのではないでしょうか。

でも吸血鬼やオオカミなどと紐付けられるよりは、日本の解釈の方がよりやっぱり良いと思います。

月を愛でるための家を建てるなら、是非RC(鉄筋コンクリート)住宅をご検討ください。

それでは

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援を是非!



インテリアも諦めない家づくりとか。

東京で諦めない家を建てるならRCdesign

快晴の東京です。

そんな今日は朝から資料作成、見積作成、提携会社さんと電話、北新宿計画検討検討、書類作成、千代田区飯田橋計画検討など。

午後は高田馬場へ、RC-Z家の会会合出席、有益な情報交換を行いました。夕方帰社後は解体業者さんと電話、文京区千駄木計画検討、提携会社さんと電話、組合さん来社打ち合わせ、世田谷区奥沢6丁目計画検討、見積作成など。

なかなか暖かくなりませんね。

ではこちら。

日本人はインテリアを諦めている ちゃぶ台と座布団の呪縛を解く、家具の思考術

部屋のトータルプロデュースを行う英国アンティーク家具専門店「コマチ家具」で専務取締役・インテリアデザイナーを務める田野口淳子さんへのインタビュー後編。

前半では「素敵な空間は住む人を幸せにしてくれる」という田野口さんのインテリアへの思いや、病気をきっかけに、自分にとって一番居心地のいい場所を追い求め始めたという知られざるストーリーを聞いた。

後半では、自慢の住まいがなかなか見つけられない“住まい難民”が多い理由や、大好きな空間を作るためのインテリア選びの心得を伺う。
2016年2月26日 10時34分 ウートピ 

なるほど。

上記の記事では、なぜ日本人がなかなかインテリアに関して上達しないのか、またどうしたら少しでもインテリアのセンスを磨くことが出来るのかということが書かれていました。

その中で確かにそのとおりだなと思ったのは、日本人はジャパニーズスタイルに慣れきっていて、西洋スタイルの歴史が浅いので、「不便だけど、こんなもんだろう」と突き詰めることが出来ないということ、間取りや家族の構成人数、部屋の広さなどに応じた決め方はするものの、自分の好みが介在する余地がないということです。

これまでの日本家屋とそこでの暮らしというのは、ご存じのとおり和室がメインでしたね。

この和室の使い方というのが、非常にシンプルなんですけど、それゆえに何か型にはまった使い方しかされてこなかったということが、いまだに日本人の暮らしやセンスに影響しているようですね。

記事で言うところの、ちゃぶ台を部屋の中心に置いて、そのまわりに座布団を敷いて座るという形。きっとこれは囲炉裏を囲んでいた時から、こたつを囲むようになって、その記憶が脈々と受け継がれてしまっているのでしょう。

そんな影響が照明にしても、天井の真ん中に設置して明るければ良いということになっていたり、窓にしてもとにかく大きければ良いとか、そういった感覚がベースに残っているために、なかなかインテリアが上手にならない要因かもしれません。

これは家具についても言えることで、和室にはあまり家具が似合わないですし、そもそも置く場所にも苦労するんですよね。6畳でも8畳でも、タタミが隠れてしまうだけでバランスが悪くなったり、家具を置くことで窓が隠れてしまったりすることもあります。

しかし、近年は和室に暮らす人もかなり少なくなってきたと思いますので、少しずつでも呪縛が解けていくと良いと思います。

さらに呪縛を解き、より一層インテリアのセンスを磨くには、より多くのインテリアに触れることだと思います。

今ならイケアに行ってディスプレイされたお部屋のイメージを見るとか、インテリア雑誌に目を通すとか、レストランやショップに行っても内装のチェックを怠らないなど、これらを繰り返すことによって、次第に目が肥えてくるものです。

実は私たちのような建築に携わる者や設計をしている人間も、基本的には同じように学んでいますし、ただその量がちょっと多いくらいです。

こだわりの家や思い入れのある部屋を手に入れるということは、自分を大切にすることだと思います。そこで癒やされたり、充実した時間を過ごすことが、人間として豊かになるということではないでしょうか。

多少なりとも時間とコストが掛かるかもしれませんが、きっとそれ以上に得られるものがあるはずです。

そんな家づくりをお考えなら、是非お気軽に弊社RCdesignまでご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ←ご声援をよろしく!



これからの日本人の住まいとは。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で安心・安全な住まいを建てるならRCdesign

晴天で暖かな東京です。

そんな今日は朝からお問い合わせ対応、文京区本郷計画検討、見積作成、提携会社さん来社打ち合わせ、ガス会社さん来社、サッシ屋さん来社打ち合わせなど。

午後は原稿作成、専門学校教師さんと電話、渋谷区神宮前計画検討、防災屋さんと電話、電気屋さん来社打ち合わせ、杭屋さん来社、内装屋さんと電話、文京区向丘計画のお客様とお電話、資料作成など。夕方は設備屋さん来社、出版社さんと電話、各種段取りなど。

それにしてもまあ沢山飛んでます。引き続きがんばりましょう。

ではこちら。

日本人の住まいの考え方――どう変化している?

博報堂・吉川昌孝のデータで読み解く日本人:

みなさん、こんにちは。博報堂生活総研の吉川です。長期時系列調査「生活定点」をベースに日本人の今とこれからを探るこのコラム、第4回目のテーマは「住まい方」です。

3月は移動の季節。卒業、入学、就職、転勤に伴う最大のお引っ越しシーズンです。たとえ引っ越さなくても、春からの新生活に向けて、衣替えや模様替え、新しい家具をそろえたりなど、忙しくなるのがこの季節。

「生活定点」では「住生活の中で、あなたご自身にあてはまるものはなんですか?」という質問で、生活者の皆さんが「そう思う」とするものに○をつけてもらっています。
 
Business Media 誠 2013年03月12日11時26分

なるほど。

早速データを見てみると、1998年から同じ質問(質問によっては1992年から続けているものもあるようです。)を続けているようで、そういうことで生活定点ということのようです。

質問は、自分で家や家具などの修理、修繕をする方だ、自宅(自分の部屋)のインテリア・コーディネイトに興味がある方だ、部屋数を減らしても、1つの部屋のスペースを広げたい方だ、など16個。

同時に「充実させたい家の設備や機器」の選択肢として、ブロードバンド環境(ADSL・光ファイバーなど)、防音設備など近隣に配慮した設備、ガーデニングなど趣味が楽しめる設備、などの13個の項目がありました。

記事によると、住まいに関する項目では、そのほとんどが下降傾向にあり、中でも「
部屋数を減らしても、1つの部屋のスペースを広げたい方だ」や「個室よりも家族で一緒にすごすスペースを充実させたいと思う」といったより広いスペース志向は下降しているとのこと。

さらにインテリアに関する項目や、居住性に関するところでも軒並み下降傾向ということで、いったい何を望んでいるのかがわからなくなる内容になっています。

しかし、時系列で見たときに上昇している項目も少なからずあり、「地震に備えて、家具などを固定している」「防災袋や非常食を常備している」が目に見えてアップしています。

そして「住まいは安全であることが第一だと思う」が常に6割以上の数字をあげ、ダウン傾向にある16項目中第1位の「住むなら一戸建ての方がよいと思う」に迫る第2位の座をキープしていたのです。


やはり東日本大震災や大雨、強風、豪雪など度重なるここ数年の気象状況が、そもそも高かった日本人の住まいに対する安心・安全志向がさらに高まったと言えるでしょう。

次に設備機器に関してですが、ここでも先ほどの結果を受けて、安心・安全を実現する設備や機器への支持が高まっているようです。

「防犯、防災などのセキュリティ設備」「耐震構造など災害に対応した設備」「ブロードバンド環境(ADSL・光ファイバーなど)」「無線LAN(無線でインターネットやメール)ができる通信設備」が上昇しているとのこと。

これらもいざという時のライフラインとして生活者が捉え始めていることの現れと言えますね。
これまではのネット環境は、より快適な情報生活を送るためのもの、という意味合いが強かったと思いますが、それに加えて、防災的な意味も付加されてきたということです。
 
すでに多くの方が感じているように、便利な機能、趣味を楽しむ機器を充実させるには、しっかり安心と安全という機能的な価値でバックアップされていることが前提ということです。
 
それでは。

今日もありがとうございます。

 ←応援のクリックをどうかひとつ!
人気ブログランキングへ



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ