住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

日本代表

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

ラグビー日本代表アイルランドに勝つ。

岩ようなの家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、大田区仲池上計画検討、不動産会社さんと電話、提携会社さんと連絡、書類作成、賃貸管理業務、お問い合わせ対応、解体屋さんと電話など。

午後からは日野市計画検討、資料作成、資材メーカーさんと電話、若木のお客様とお電話、提携会社さんと電話、高田馬場のOBオーナー様とお電話、書類作成など。夕方は日野市計画のお客様とお電話、電気屋さんと電話、タイル屋さんと電話、大田区仲池上計画検討、お問い合わせ対応、ミーティングなど。

ラグビー、やってみたいっす。

ではこちら。

「まるで赤と白のオールブラックス」冷めない興奮!海外メディアも絶賛

◇ラグビーW杯2019 日本、アイルランド撃破

前回大会に続いて日本の衝撃ニュースは29日、海外メディアを通じて世界中に広がった。英紙ガーディアンは「赤と白のジャージーを着たオールブラックスのように見える時間帯があった」と勇敢な戦いぶりを称えた。

サッカーでは日本に対して辛口で知られるイタリアのガゼッタ・デロ・スポルト紙も「スーパー日本、アイルランド陥落す。世界は一つの強豪を発見した」と絶賛。ラグビーのトップニュースで伝えた。
2019年9月30日 5時40分 スポニチアネックス

なるほど。

いやー、本当に嬉しい結果となりましたね。

80分間も目を離せないゲームって、久しぶりですし、他のスポーツでもそうそう無いのではないでしょうか。

ええ、もちろん私は「にわか」ファンですが、それでも日に日にその面白さに引き込まれて、ちょっとづつルールを覚えたり、戦術や選手の特徴を学ぶのも、楽しくなってきました。

先週も書きましたが、生まれ変わったら、本当にラグビー選手になりたいと思うくらいです。

ご存じのとおり、28日(土)に静岡で行われた、ラグビーW杯1次リーグA組の試合で、日本対アイルランド戦は、19−12で見事日本代表が勝利を収めました。

世界ランク9位の日本が世界ランク2位の強豪アイルランドに勝利したことで、開幕2連勝となりましたが、これには世界中がビックリしたことでしょうね。

前回のW杯で当時世界3位の南アフリカに勝った“奇跡”の再現を日本のファンは期待されていたと思いますが、結果はそんな期待を遙かに超えるものでしたし、選手や関係者の皆さんは、本気で勝ちに行っていたのが、ゲームからも感じることが出来ました。

記事で紹介されていた英紙サンデータイムズでは、選手採点を行いフッカー堀江に10点満点をつけて「岩のようなFW第1列の一角」と表現していたそうですし、先発15人中9人が9点でSO田村は「冷静に仲間を統率」、フランカー姫野は「マジシャン」、プロップ具は「ヘラクレスのような存在」と独特な表現で形容していたというのが面白かったです。

今の日本代表の選手たちは、当初目標としていた「ベスト8」ではなく、本気で決勝を戦うことを想定していると思いますので、その気持ちに応えられるように、応援をしたいと思います。

もうこれ以上選手たちに頑張れなんて言えませんので、ファンの皆さんが頑張って応援しましょう。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



ラグビーW杯開幕とか。

衝撃に強い家を建てるならRCdesign

晴れて良い陽気の東京です。

そんな今日は朝から資料作成、提携会社さんと電話、大工さんと電話、その後葛飾区新小岩のお客様宅へ、お打ち合わせなど、ありがとうございます。帰社後はガス会社さんと電話。

午後からは三鷹方面へ、お客様と打ち合わせなど。夕方帰社後は地盤調査会社さんと電話、渋谷区計画のお客様とお電話、豊島区南池袋計画検討、お問い合わせ対応、ミーティングなど。

生まれ変わったら、ラグビー選手になろうかと思っています。

ではこちら。

日本、初8強へ開幕戦快勝!松島が史上初ハットトリック 計4トライでロシア撃破

◇ラグビーW杯1次リーグA組 日本30―10ロシア(2019年9月20日 味スタ)

第9回ラグビーW杯日本大会が20日に開幕し、A組の日本(世界ランキング10位)は開幕戦でロシア(同20位)と対戦。WTB松島幸太朗(26)がW杯日本史上初の1試合3トライを決める活躍で、30―10で勝利。1試合4トライ以上で与えられるボーナスポイントも獲得、勝ち点5で、2大会連続の白星発進を決めた。
2019年9月20日 21時44分 スポニチアネックス

なるほど。

いやはや、ラグビー面白いですね。

そう、先日まで放送していたドラマを観ていて、すっかりその面白さに引き込まれてしまいましたが、いまだにルールがよくわからないんですけど。

もちろんサッカーがベースになっているということですので、目的とするところなどは共通している部分もありますが、反則とか聞きなれないキーワードがわかりにくい原因のようにも思います。

それでも、試合を観ていれば、選手たちの気持ちや駆け引きなどが伝わってきますし、試合終了時のノーサイドという精神もまた、紳士のスポーツと言われると納得出来ます。

前回15年のイングランド大会では、五郎丸選手のポーズというかルーティンが話題になっていましたが、そこから日本国内での認知度も徐々に上がってきたように思います。

前回大会での1次リーグ初戦で、南アフリカを破る“世紀の番狂わせ”を起こしたことで、日本の実力や世界の中での知名度も上がったのでしょうか。

当然日本でも。以前からラグビーを実践し、応援されてきた方も多いと思いますが、そんな方たちの情熱と努力によって、今回のW杯が実現したということに感謝申し上げます。

今日の結果は、初の8強進出に向けて、まずは初戦で勝ち点「5」を獲得したことも、大変大きな結果になったのではないでしょうか。

この調子で、格上の諸外国チームからも勝ち点を取れるように、精一杯応援したいと思います。

どんなタックルにも耐える家をお探しなら、RC住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!


対イラン戦、がんばれニッポン!

東京でRC住宅を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後法務局へ書類受け取りに、帰社後は提携会社さん来社打ち合わせ、不動産事業部ミーティング、日野市計画検討、解体業者さんと電話、渋谷区千駄ヶ谷計画検討など。

午後からはサッシ屋さんと電話、世田谷区大原計画検討、お問い合わせ対応、通信事業者さんへ諸手続に、帰社後は資材発注、根津計画検討など。夕方は文京区小石川計画検討、見積もり作成、ミーティング、宅建協会新年会出席など。

この後、サッカー日本代表がアジアカップの準決勝でイラン代表と対戦します。嵐ショックの方も多いと重ますが、是非ここは応援しましょう。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング       ←今年もどうぞよろしく!



日本代表サウジアラビアに勝利とか。

東京でRC住宅を建てるならRCdesign

晴れ続きの東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、文京区根津のお客様とお電話、世田谷区大原計画検討、資料作成、金融機関へ、業者さんと電話、ご近所のお客様とお電話、防災屋さん来社打ち合わせなど。

午後はお問い合わせ対応、解体業者さんと電話、渋谷区千駄ヶ谷計画のお客様とお電話、ありがとうございます。日野市計画検討、書類作成、業者さんと電話など。夕方は文京区小石川計画検討、大田区仲池上計画検討、ミーティングなど。

ちょっと大きめの満月がとっても綺麗でした。

さて、AFCアジアカップUAE2019・決勝トーナメント1回戦が行われていましたね。結果は日本代表がサウジアラビア代表に1−0で勝利を収めたました。

試合内容は攻め込まれるシーンが多く、よく耐え忍んだと思いますが、最年少DFの冨安君が値千金のゴールを決めて、守りきりました。

次は24日で、準々決勝のベトナム代表と対戦することになりました。

緊張感を持って張り切って応援したいと思います。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング       ←今年もどうぞよろしく!



サッカー日本代表とオオサコとか。

東京でサッカー好きの家を建てるならRCdesign

梅雨空の東京です。

そんな今日は朝から中野区大和町計画検討、現場では地盤補強工事、資料作成、渋谷区千駄ヶ谷計画検討、見積作成、サッシ屋さんと電話、税務署へ書類受け取り、提携会社さんと電話、板橋区双葉町計画検討など。

午後はお問合せ対応、来客面談、見積作成、台東区竜泉計画検討、港区南青山計画検討など。夕方は徳丸計画検討、書類チェック、サッシ屋さんと電話、ミーティングなど。

得点シーンは何回見ても楽しいです。

ではこちら。

海外メディアも日本の番狂わせを続々報道「感動火花」「評論家の度肝抜く」

FIFAランキング61位の日本がワールドカップグループHの初戦で同16位の格上のコロンビアを2−1で下す大番狂わせを演じた。45位をひっくり返すジャイアントキリングを海外メディアも一斉に報道した。

欧州をカバーするスカイスポーツは、「日本が大迫勇也のヘディング弾で10人のコロンビアから感動的な初戦勝利を決めた」と報じた。
2018年6月19日 22時52分 サッカーダイジェストWeb

なるほど。

昨日は多くの人がライブで観戦していたようですが、今回のW杯は本当に開催日当日まで、全く盛り上がっていなかったように感じましたので、ようやく日本人の目も覚めたのではないでしょうか。

昨日までの今大会の流れでは、強豪国が次々と負けたり、引き分けに終わるなど、大方の予想を裏切る結果が続いていましたので、もしかしたら日本も格上を相手に一矢報いることが出来るかも、という期待を持たれていた方も多いと思います。

そんな一途の望みを持ちながら、私も家族揃って応援しておりましたが、もう試合開始早々から予想外の展開になりましたし、それでも毎度のことながら、どこか楽観視出来ず、ドキドキしながらの観戦でした。

その試合内容や各選手のコメント、さらに評論家の方々のご意見については、各種報道等のとおりですが、私個人的には審判が良かったと思いました。いずれにしてもこの勝利が歴史的な一勝であり、それを目撃できたことを幸せに思います。

記事にもあったように、海外の各国メディアでも取り上げられていて、中でも「日本の初戦は、3人(現在5人)の死者が出て200人以上のけが人を出した大阪の大地震という暗い背景を受けて行われた。だが、西野朗監督のチームは、勇気づける結果を見せた。ノックアウトステージ進出へ向けて希望に満ちている」と伝えていたのが印象的でした。

また、この試合で日本が歴史に記録したのは、「日本はアジアのチームとしてワールドカップで初めて南米チームを破った(18試合で1勝3分け14敗)」、「ワールドカップで1974年大会以来、初めて南米の4チーム以上が初戦勝利を逃した」、「本田圭佑がワールドカップの3大会でアシストを記録した初のアジア選手となった」などがあるそうです。

そんな中、国内では国営放送のアナウンサーさんも口にしていたキーワードが、また話題になっていて、サッカー好きの方ならご存知の「大迫半端ないって」が、ここまでメジャーになるとは思っていなかったです。

先月テレビを見ていたら、どこかで聞いたことがあるセリフだったものの、画面には女性が映されていて、それが例のパロディと気づくまで、若干のタイムラグがありました。記念に貼っておきます。


折角なのでオリジナルも貼っておきましょう。


次の試合も半端ないパフォーマンスを期待しています。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援を是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ