住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

暖房器具

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

暖房器具でのケガに注意とか。

東京で安全快適な家を建てるならRCdesign

朝から雪の東京です。

そんな今日は朝から原稿チェック、税理士さん来社打ち合わせ、高田馬場計画のお客様とお電話、ありがとうございます。上板橋2丁目計画検討、信用金庫さんと電話、資料作成など。

午後は新宿区百人町計画、図面作成、商社さんと電話、文京区根津計画検討、資料作成、お問い合わせ対応など。夕方は社内ミーティング、杉並区でご検討のお客様とお電話、ありがとうございます。資料作成、豊島区西池袋計画検討、見積作成など。

記録更新です。東京では54年ぶりに11月の降雪となり、また史上初の積雪ということですので、そんな歴史に立ち会えて良かったと思います。

ではこちら。

暖房器具での子どものやけど・けがに注意…消費者庁

消費者庁は11月22日、11月から増え始める暖房器具での子どものやけどやけがに気を付けるよう呼びかけた。帰省や旅行などで住環境の変化の起きやすい時期のため、事故を防ぐための注意点、やけどの応急処置などについても紹介している。

暖房器具等による6歳以下の子どもの事故情報は、平成21年以降357件寄せられている。その7割にあたる240件がやけどの事故だったという。事故は例年、11月から増え始め、12月から1月がピークになっている。事故は自宅以外に祖父母宅など外出先で発生したものもあり、冬休みで自宅以外に滞在することが増える時期なので注意が必要だ。

事故の原因を製品群別でみると、ストーブやヒーターがもっとも多く全体の約6割を占める。ついで、こたつ、加湿器、湯たんぽやあんかとなった。事故事例として、祖父母宅のストーブに手をつき水ぶくれができたというやけどから、実家の石油ストーブにつかまり立ちをしてIII度の熱傷。入院し、植皮出術を行ったという重い事例もあるという。
2016年11月24日 13時15分 リセマム

なるほど。

さすがに今日のように冷え込みが厳しくなりますと、暖房器具も大活躍のことと思いますが、子どもや高齢者の方と暮らしていると、暖房器具の取り扱いが心配になるものです。

記事にもあるように、消費者庁としてもこの時期には注意を呼びかけているようですが、残念ながら古い暖房器具ですと、いまだに危険なものも多く存在していますので、まわりの大人がしっかりと注意、管理をする必要があります。

基本的には屋内で直に火を燃やすタイプの暖房器具は、使用を控えた方が良いと思います。これは屋内で火を燃やすことで暖を取るわけですが、ご存じのとおり火が燃えるには酸素が必要です。換気をせずに火を燃やし続ければ、室内が酸欠になり人体にとってとても危険な状態になってしまいます。

当然火のまわりにある金属は熱くなりますから、触ればヤケドにつながりますし、近くに可燃物があれば容易に着火してしまう危険性もありますので、室内で化石燃料を燃やすタイプの暖房器具は極力使用をお控えください。

もしかすると、お年寄りのご家庭ではストーブの上を料理や湯沸かしに使う、という方もいらっしゃるかもしれませんが、これも子どもが近ずけば危険な事故につながりかねません。どうしても使用しなければいけない場合は柵などでしっかりとガードしましょう。

さらに、意外に多いのが低温やけどと言われるもの。これは記事でも注意が書かれていましたが、低温やけどは大人より皮膚が薄い子どもの方が多く重症化しやすいということです。

注意が必要なのは長時間同じ場所を温めないということが重要です。皮膚が損傷を受ける温度と時間の目安は、44度では3〜4時間、46度では30分〜1時間、50度では2〜3分ということ。

湯たんぽやあんかは、低温やけどと湯が漏れたことによるやけどの事故情報が寄せられているということですし、電気毛布や電気カーペットなども使用上の注意をよく読み、長時間の使用は避けるようにし、就寝時には使わない方が安全ですね。

最後にやけどの応急措置としては、熱が広がらないようにすぐ流水で十分に冷やすことが大切ということ。冷やす際は水道水やシャワーなどで、やけどの部分を15〜20分冷やす。着衣の上から熱湯を浴びた場合は無理に脱がせず衣服を着たまま冷やすこと。やけどが片足、片腕以上の広範囲の場合は、救急車を呼ぶか急いで病院へ行くようにしてください。

これまでの試験や体感、お客様からの評判など、経験則からお伝え出来るのは、オススメの暖房器具としては高性能な建物なら温水式床暖房が良いでしょう。もしくは少々ランニングコストがかかるオイルヒーター、やはりお手軽なエアコンが比較的安全と言えます。

安全で快適な住まいをお探しなら、弊社までお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。     



ソファのある生活してる?

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でソファのある住宅を建てるならRCdesign

晴れのち曇りの東京です。

そんな今日は朝から所沢市計画検討、見積作成、内装商社さんと電話、サッシ屋さん来社打ち合わせ、溶接屋さん来社打ち合わせ、電気屋さんと電話、構造担当と電話、資料作成など。

午後はセキュリティー会社さん来社打ち合わせ、内装メーカーさんと電話、東村山計画検討、見積作成、南長崎でご検討頂いているお客様とお電話、ありがとうございます。世田谷区奥沢計画検討、資料作成など。夕方は資材発注、電気屋さん来社打ち合わせ、徳丸6丁目計画検討など。

ここに来てようやくマスクがなくても過ごせるようになりました。やっと花粉シーズンも終わりそうです。

ではこちら。

ソファ保有率1位は北海道、上位の共通点は「●●」を持っていないこと

エイチームのグループ会社である引越し侍はこのほど、同社が運営する引越し比較・予約サイト「引越し侍」の利用者データを元に、都道府県別「ソファ」の保有率ランキングを公開した。

同調査は2014年1月〜12月、「引越し侍」を利用の上、実際に引越しをした人を対象に実施。調査エリアは全国で、上記対象の中から、無作為に約16万サンプルを抽出した。

○保有率上位の都道府県に共通しているのは、"こたつの保有率が低い"

全体1位となったのは「北海道」だった。39.0%と、4割近くがソファを保有していることがわかる。北海道は、単身・家族ともに1位となっており、家族に関しては、唯一60%を超える結果となっていた。
2015年6月2日 11時0分 マイナビニュース

なるほど。

これはなかなか興味深い調査結果ではないでしょうか。

ソファを保有しているお宅では、こたつを使用していないということが、はっきりと数字で表された形になりました。

もしかすると、関東や関西の都市部に暮らす人からすると、寒い地方ほどこたつは必需品のはずで、北海道なら全てのお宅にこたつがあるはず、と思われているかもしれません。

しかし、今回の調査で期待を裏切り1位を獲得したのが北海道ということで、驚かれた方も多いと思います。

実は、今回の調査でTOP2にランクインした北海道と沖縄県に関しては、こたつの保有率で下位1位(沖縄県)、2位(北海道)となっていたということです。

このことからわかるのは、こたつという暖房器具はあまり快適とは言えず、中途半端な暖房器具であるということ。

ご存じのように、背中を丸めて手足を入れていれば、そこだけが暖かいものの、出ている背中はいつまで経っても寒いんですよね。

これは大昔から行われている直接暖房という考え方で、冷たい部分を直接暖めようとするものです。

このような方法では、寒さのより過酷な北海道では全く役不足ですし、そんな暖房では家の中ですら日常生活を送ることが出来ません。

そこで、北欧などと同じように、家全体を暖めて、家の中では通年で同じような活動が出来るようになってきたんです。

ですので、北海道ではこたつを使う必要が無いご家庭が多くなったということですが、一方で関東周辺などでは、ソファの前にこたつを設置するという、なんとも和洋折衷なお宅があったりします。

まだまだ日本人の中には、こたつの温もりが忘れられない人も多いですし、こたつでみかんという風景に哀愁を感じてしまう方も多いように思います。

もちろん、和室に座卓が用意されているような場合もあるでしょうけど、せっかくのリビングにこたつが鎮座してたら、インテリアも台無しですね。こたつが無くても家族団らんは実現出来ますからね。

家づくりを考える時には、理想のライフスタイルを実現することも目的のひとつです。家族が寛ぐ空間にメインの家具を何にするかということを決めておかなくてはいけません。

どんなに寒い冬でも家の中全体が暖かく、温度差が無ければ、通常通りの快適な生活を続けられます。しかもそんな生活がローコストで実現出来れば、非常に省エネになるわけです。

近年では都市部でもソファの保有率が上がっているはずですが、もっともっと快適な住宅が増えると良いですね。

お気に入りのソファを置く生活スタイルなら、RC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


    人気ブログランキングへ     ←クリックを是非!



暖かい家に最新暖房器具とは。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で暖かい家を建てるならRCdesign

晴れて冷え込んだ東京です。

そんな今日は朝から渋谷区恵比寿2丁目計画検討、北区西ヶ原計画検討、図面作成、原稿チェック、2丁目の不動産屋さんと電話、資料作成、新河岸のお客様とお電話、豊島区駒込計画検討など。

午後は目白のお客様とお電話、商社さんと電話、杭屋さん来社打ち合わせ、土工屋さんと電話、恵比寿近隣様とお電話、1丁目計画検討、図面作成、構造検討など。夕方はサッシ屋さんと電話、渋谷区東計画検討、提携会社さん来社打ち合わせ、1丁目計画のお客様とお電話、ありがとうございます。 資料作成、各種段取りなど。

冬将軍が来襲ということは、やっぱりもう冬なんですかね。

ではこちら。

自然にお部屋を暖める、これまでにないヒーターとは? 最新テクノロジーでさらに便利に

冬本番、厳しい寒さに凍える毎日がやってきました。そんなときこそ、家の中では快適に過ごしたいものですね。けれども、暖房機によっては空気の乾燥が気になったり、部屋の一部しか暖まらなかったりしがち。

そこでオススメなのが、バルミューダの新作ヒーター「SmartHeater(スマートヒーター)」これは、自然に部屋を暖める、安全性と先進性を備えたまったく新しいヒーターだそう。いったいどこがこれまでのヒーターと違うのでしょうか。

■クリーンで、自然な、優しい暖かさ
音もホコリも立てず、ニオイがすることもなく、クリーンに部屋を暖めます。乾燥もしにくいので、肌のためにも嬉しいですね。小さな子どもがいる家庭でも安心して使用できます。しかもオイルを使わない、全く新しいアルミラジエーター方式を採用しているので、従来のオイルヒーターに比べ、本体の立ち上がりが約5倍早いそう。 
ウーマンエキサイト 2013年12月12日12時00分

なるほど。

これはなかなか良さそうですよ。

これからの季節、暖房器具を選ぶ際の判断基準って、もしかすると人によって様々かもしれませんが、一般的には経済的に省エネで、すぐに暖かくなって、環境に優しく健康的なものを探されるのではないでしょうか。

暖房器具も時代によって進化していますが、やはり住まいによって使い分けが必要な機械と言えます。

昔ながらの木造家屋や、歴史的建造物は、すき間も多く断熱の概念もありませんでしたので、ひたすら熱を発生し続けなければいけません。そんな場合はなるべく安い燃料を使いたいのですが、発生する熱量も多く必要になりますので、どうしても化石燃料を燃やすタイプ、石油やガス、炭や薪を使った暖房器具になります。

本来は、極力火を使わない方が良いはずの木造の室内で、直火を燃やすのは非常にリスクが高いです。

一方で近年建てられる家なら、気密性や断熱性が一定のレベルを満たしていると思いますので、なるべく家の中で火を燃やさず、室内の空気を汚染しない、局所的ではなく家全体の室温をコントロール出来るものを選びたいものです。

確かにエアコンなら比較的タイムリーに、安価で暖めることが出来ますが、常に温風を感じることや、空気の乾燥が促進されてしまうこと、部屋の上下で温度差が出来ることなど、デメリットに感じることも多いです。

弊社で暖房器具を研究、検討したところでは、今のところ温水式床暖房が一番適していると思います。特に幼児や高齢者が同居される場合や、健康に気を使う方の場合はこちらをオススメしています。

しかし、今日の記事で紹介されている機器は、対流だけでなく、赤外線効果によって家具や壁を直接暖めていくので、空気だけが暖まっている状態に比べて体感温度も上がり、陽だまりのようなポカポカとした自然な暖かさを感じることができるとか。

さらに、ヒーターの出力を、最小190Wから最大1300Wまで、7段階の細かい制御をしながら自動運転するそうで、オイルヒーターの約20%も省エネということ。これはうれしいですね。

さらにビックリなのは、クリックホイールひとつで基本的な操作はすべてできるので、使いやすさにもすぐれているそうです。また、なんとWi-Fi 通信機能を搭載しているそうで、バルミューダの家電マネージメントアプリUniAutoと組み合わせると、外出先から状態を確認したり、消し忘れたときには運転を停止することもできるというのは驚きですね。

一方で安全面でも工夫をされているようです。表面温度を85℃、70℃、55℃の3段階から選択可能できるようになっていて、触ってもすぐに火傷をしないような、小さな子どもやペットのいる家庭では低く設定して、より安全に使えるようです。

また、壁のコンセントの発熱を監視する「サーモセーフプラグ」を採用していたり、地震の揺れや衝撃、傾きを検知するモーションセンサーによって自動停止もしてくれるそうですので、いざというときも安心です。

子育て世代や老後の家をお考えなら、暖房器具選びは住まい選びと同様に非常に重要です。是非お気軽にアールシーデザインまでご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ           ←どうかクリックを一つ。



寒さの備えしてますか?

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で寒さに強い家を建てるならRCdesign

秋の東京は晴れです。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後文京区千駄木計画検討、図面作成、電気屋さんと電話、1丁目のお客様とお電話、設備屋さんと電話、小金井計画検討、資料作成、信用金庫さん来社、提携会社さんと電話、ガス会社さんと電話、渋谷区東計画検討など。

午後は北区滝野川計画検討、資料作成、都市銀行さん来社、目白のお客様とお電話、高島平1丁目計画検討、見積作成、図面作成、豊島区長崎のOBオーナー様とお電話、設計担当と電話、板橋区弥生町計画、出版社さんと電話など。夕方は資料作成、渋谷区恵比寿2丁目計画検討、ブロック屋さんと電話など。

着実に秋も深まって来ていますね、衣類はもちろん、暖房器具の準備が必要です。

ではこちら。

寒さに備えて何してる? 一番人気はこたつじゃなくて…

LIXILは2013年10月23日、「自宅における冬の寒さ対策と窓に関する意識調査」の結果を発表した。それによると首都圏に住む主婦から成る調査対象母集団では、寒さ対策としてもっとも多くの人が導入しているのは「エアコン」だった。次いで一戸建てに住む人では「石油ストーブ」、マンション住まいでは「ホットカーペット」が続く。トップのエアコン以外は居住地別で大きな差が見受けられ、住まいによる寒さ対策の違いが見えてくる(【発表リリース:自宅における冬の寒さ対策と窓に関する意識調査-首都圏の主婦を対象に意識調査を実施-】)。
住宅タイプで違いを見せる寒さ対策

今調査は2013年9月20日から22日にかけて、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県に居住する20代から60代までの既婚女性を対象にインターネット経由で行われたもので、有効回答数は520人。各世代(10歳区切り)、マンション・一戸建て住まいそれぞれで均等割り当て。調査実施機関はマクロミル。

これから本格的な寒さを迎える時期となり、各種暖房機器の動作再確認をしたり、押し入れからひっぱり出してきて準備をする人も少なくないはず。そこで寒さを防ぐために取り入れているものについて、住宅タイプ別に尋ねた結果が次のグラフ。双方とも最上位についたのは「エアコン」で、約2/3に達していた。 
Garbagenews.com2013年10月28日14時45分

なるほど。

今朝は東京でも今年一番の冷え込みだったとか。高性能な住まいにお住まいの方だとあまり感じないかもしれませんが、比較的古い家だと、外気温をそのまま体感出来る環境だったりしますので、そろそろ寒さ対策を考える時期かもしれません。

上記記事では、リクシルさんが行ったということで、もちろん自宅における冬の寒さ対策と窓に関する意識調査ということは、今後の商品や販売戦略に生かすことが目的だと思いますが、首都圏にある住まいの現状を把握することも出来そうです。

結果を見てみると、一度備え付けてしまえば暖房だけでなく冷房も使えるため、昨今の居住環境には欠かせない存在となっているエアコンですが、冬場における導入率は7割までは届いていないようです。これは今回の調査対象地域が比較的温暖な首都圏ということもありますが、他の暖房器具が普及していることもあると思います。

ここで注目しなければいけないのは、トップのエアコン以降は住宅のタイプで大きく異なっていて、マンションは「ホットカーペット」「ラグ」「こたつ」「電気ストーブ」「厚手のカーテン」の順なんですが、一戸建ては「石油ストーブ」「ホットカーペット」「ラグ」「こたつ」の順となっています。

「ホットカーペット」「ラグ」「こたつ」は両住宅タイプで人気のようですが、「ストーブ」についてはなんと!「石油」が一戸建てで多く導入されてしまっています。一方マンションでは少なめで、逆に「電気」はマンションの方が多く、これはマンションでの暮らし方や取扱説明がしっかりとされていて、石油ストーブの利用は禁止ということが周知されているということです。

ということは、いまだに性能を満たしていない一戸建ての住宅が多いということもあると思いますし、もしかすると一戸建てにお住まいの方に対して、家の取り扱いをしっかりと説明している業者が少ないのかもしれません。

ここであらためてお伝えしておきますが、冷暖房光熱費が低く、家中の室温差が少ない、気密性と断熱性に優れた家では、石油やガスを家の中で燃やすタイプの暖房器具は使えません。

ご存じのように火が燃えると、二酸化炭素が発生しますが、その燃料である石油とガスには水分も多く含まれていますので、燃焼と同時に多くの水蒸気が発生してしまいます。

そうなると、二酸化炭素による人体への影響はもちろん、室内の湿度が上がれば、結露も発生しやすくなりますので、結果的にカビの増殖が人体に影響してきますし、当然この状態は建物にも悪影響を及ぼします。

これは一戸建ての住宅と言えども、絶対に守ってもらいたい住まい方なんです。本来なら建築基準法や消防法などで規制しても良いくらいですので、高齢者の方や子育て中の方には特に注意して頂きたいと思います。

ではどのような寒さ対策が良いかといえば、やはりコストパフォーマンスでエアコンが一番ですね。しかも最新の機種なら、一層の省エネが実現出来ます。

しかし、エアコンの欠点である湿度の下がりすぎ、乾燥が進んでしまうことに対しては、別途何らかの対策も必要になってしまいますね。

ちなみに弊社では、ほぼ100%に近い住宅で温水式床暖房が設置されていて、OBオーナー様の中には、家の中では一年中半袖だという方も結構多いです。

しっかりと室温が上げられて、不要な風が発生しない、もちろん空気を汚さず安全なことが暖房器具の条件ですが、いまのところ確実なのは温水式床暖房かオイルヒーターくらいではないでしょうか。

日本においては、寒さを感じる期間の方が長いので、その期間をどれだけ快適に、省エネで過ごすことが出来るかを考えて、住まいづくりをしなければいけませんね。

根本的に寒さ対策を考えたら、是非RC(鉄筋コンクリート)住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

  ←クリックが大変嬉しく存じます。
人気ブログランキングへ



暖房器具の選び方とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で高性能な家を建てるならRCdesign

良い天気で暖かくなった立冬の東京です。

そんな今日は朝から杉並区久我山計画検討、資料作成、徳丸6丁目計画検討、図面作成、司法書士さん来社、税理士さんと電話、各種段取りなど。

午後は事務機屋さん来社、その後金融機関へ、千葉の業者さんと電話、図面作成、台東区今戸計画検討、西新宿計画検討、書類作成など。夕方は台東区日本堤計画検討、西東京市計画検討など。

いよいよ暦の上でも本格的な冬に入ったと思ったら、今日は比較的暖かくなりましたね。

ではこちら。

【おしえて!】冬の暖房器具、何を選ぶ?
 
11月に入り、日が沈むのもすっかり早くなりました。一歩ずつ冬に近づいているのを実感しますね。朝晩の冷え込みに、すでに暖房器具を使っていらっしゃる方もいると思います。
そこで今回は暖房器具について、おしえて!HOME'Sくんの中からピックアップしてみました。

どの暖房器具が効率よく暖まるの?
冬場の暖房器具で代表的なものといえば、エアコン、石油ファンヒーター、ガスヒーター、電気ストーブ、こたつなどがあります。また、後付けは難しいかもしれませんが、床暖房を使われている家庭も多いのではないでしょうか。

真冬になると一日中暖房をつけておかなければいけない日もあるので、電気代やガス代などのコストはとても気になりますよね。

では、一番効率よく暖めることができる暖房器具はどれなのでしょうか?

現在、暖房器具の中で一番電気代がかからないといわれているのが省エネタイプのエアコンです。一番効率よく熱を発生させ、暖かい風が出るので、一気に部屋が暖まります。

また、石油ストーブやヒーターなどと違って、空気を汚さず倒れたり熱い部分を触ってしまうことがないところもメリットです。小さいお子様がいる家庭では特に安心して使えますね。
HOME'S 暮らしといっしょ 2012年11月07日05時00分
 
なるほど。

実はこの暖房に関しての考え方が、日本は他の先進国と比べてかなり遅れていると言わざるを得ないんです。初めて日本に来た外国人の方が一番びっくりするのが住宅性能の低さなんです。
 
その基本的な部分で日本の場合は、人間そのものを暖めようと考えているように思いますが、欧米などでは家そのものを暖めて、家の中での生活を楽にしようとしています。
 
その考え方の違いから、今は日本でも一般的になった断熱への取り組み方に差が出たのではないでしょうか。
 
北欧を中心に家の断熱と気密は非常に重要な課題として考えられてきましたが、それは少ないエネルギーを有効に使い、快適を持続させるために必要なことだったからです。
 
ところが、日本ではスカスカの家で昔ながらの直火から暖をとり、あとは布団にくるまって寒さをしのぐという生活が長く続けられてきました。

そのため住宅の性能にはあまり目を向けず、単にコストや見た目を比べることしかできない国民にしてしまったのかもしれません。
 
さて、暖房器具を選ぶには、家の性能も考慮する必要がありますので、ご注意くださいね。
 
性能の高い家では、室内で化石燃料を燃やすことを避けなければいけません。石油やガスストーブ、ファンヒーターなどは、室内の空気を汚染するばかりではなく、健康を害する恐れもあり、家にも悪影響を及ぼします。
 
記事にもあるように、現在の機器の中で一番効率が良いのはエアコンです。最近の機種であれば電気代も少ないので、経済的にも有利です。
 
しかし、デメリットとしては、気流がおこるのと、空気の乾燥が進んでしまうことがあると思いますので、その対策が必要になりますね。

家の性能が高ければ、温水式の床暖房が一番快適だと思いますが、さすがに賃貸住宅では難しいかもしれません。でも持ち家であればリフォームで設置も可能ですので、検討してみてはいかがでしょうか。
 
断熱性能と気密性能が高い家で、さらに蓄熱体があると、一度暖めた空気が本当に冷めにくいんです。なので朝になってもほとんど室温が下がらないような環境が実現でき、快適な生活が省エネ、ローコストで可能なんですよ。
 
それでは。

今日もありがとうございます。

 ←応援のクリックを是非!
人気ブログランキングへ



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
twitter
brogram

おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場



一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ブログランキング
livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
Amazon




住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
チーム・マイナス6%