住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

最新事情

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

トイレの進化と最新事情とか。

東京で世界基準の家を建てるならRCdesign

晴れて清々しい東京です。

そんな今日は朝から葛飾区新小岩計画検討、資料作成、提携会社さんと電話、豊島区西巣鴨計画検討、図面作成、見積作成、鉄骨屋さんと電話、朝霞計画検討、お問い合わせ対応など。

午後は練馬区田柄計画のお客様とお電話、電気屋さんと電話、成増のOBオーナー様とお電話、高田馬場計画検討、ケーブルテレビ会社さんと電話、板橋区清水町計画検討、見積作成、日本橋の不動産会社さんと電話、提携会社さんと電話、北新宿計画検討など。夕方は町田市中町計画検討、足立区千住でご検討のお客様とお電話、ありがとうございます。北松戸計画検討、ミーティングなど。

サッカー日本代表がブルガリアに7−2で勝利しました。これまで一度も勝ったことのない相手に快勝できましたね。

ではこちら。

進化し続ける「トイレ」の汚れ対策、最新事情を紹介

洋式トイレになじんだ子どもが、小学校にある和式トイレの使い方に戸惑う時代。たった半世紀で日本のトイレ事情は大幅に変化している。特に2000年辺りからの技術革新は著しく、近い将来「トイレを掃除? なぜ?」と子どもに聞かれる時代が来てもおかしくないかも……。そんな予感すら感じさせるトイレの最新事情を見てみよう。

「個室」として扱われるようになったトイレ
用を足す場所であり、時代劇などで見られるように、かつては母屋と離して置かれていた、トイレ。それが今や雑誌や漫画を読んだり、スマホをいじったり、一人でゆったりくつろげる「個室」になってきている。

なぜトイレは個室のように扱われるようになったのか。1つはしゃがむ和式から座る洋式へと変わっていったことが大きい。座ることで姿勢がラクになり、長居ができるようになった。なかなか個室を持ちにくい日本の住宅事情において、座って一人きりになれる洋式トイレは、長居をしやすい場所として利用されるようになっていった。
2016年6月3日 7時0分 SUUMOジャーナル

なるほど。

住まいづくりを考えはじめたり、リフォームを計画し始めた時、当然トイレをどうするかという問題にも直面するはずです。

そんな時、業者のオススメする機器をそのまま採用するなら、何ら問題にはならないのですが、今は便器ひとつでも非常に選択肢が広く、カタログを集め出したらもう収集がつかなくなることもあります。

そんな中でも近年各メーカーが火花を散らしているのが、トイレの便器に汚れが付きにくくする技術ですね。

記事によると「トイレのキレイ化」は2000年辺りから飛躍的に進化してきたということで、そんな技術もあってトイレに長居をすることが可能になったとも言えます。

例えば、ウォシュレットを開発したTOTOは1999年に、便器に汚れがつきにくいセフィオンテクトという技術を開発していますし、さらに2011年には除菌作用のある電解除菌水などを使って、目に見えない汚れや菌を分解・除菌する技術(きれい除菌水)も開発しています。

便器としては後発のパナソニックも2006年に、食器用中性洗剤からつくる泡を使って便器の汚れを落とすという機能を備えたトイレ(アラウーノ)を発表しました。さらに2014年には便器内に泡のクッションをつくることで小便のハネを抑え、便器のフチの形状を工夫することで床に垂れない・漏れないように改良が図られています。

INAX(現LIXIL)は1999年に汚れが付きにくく落ちやすいコーティング技術(プロガード)を開発していました。そして今年満を持して発表されたのが、「アクアセラミック」という衛生陶器です。

これは陶器が本来もつ硬さや抗菌性能を保ちながら、(1)水が汚れの下に入り込み、水の力で汚れを浮かして汚れを洗い流しやすくするほか、(2)水アカがリング状にこびりつくことを、簡単な掃除だけで防ぐことができるという技術で、普通の掃除をするだけで100年間ツルツルが保たれるというものです。

以上が国内主要メーカーのトイレをキレイにする技術の進化ですが、実は国内にはこれら主要メーカー以外にも、数社のトイレメーカーがあり、それぞれに個性的な特徴を持った便器を販売してるということも知って欲しいところです。

さらに、輸入便器という選択肢もあって、弊社でも取り扱い実績のあるデュラビットは、デザインの素晴らしいものが多く、機能的にも日本製と遜色ありませんので、人と違うものをお探しなら是非ご検討頂きたいところです。 

こと日本国内においては、汚れが落ちやすい水流をつくる洗浄方法や、便器と便座の隙間の掃除のしやすさ、脱臭機能など、「キレイ」「清潔」「におわない」技術が飛躍的に進歩を遂げています。

さらに省エネという点でも、少量の水で汚れを流せるようになってきましたね。例えばTOTOのトイレを例に挙げると、90年代には大1回を流すのに13L必要だったものが、最新型の「ネオレスト」では3.8Lと、実に1/3以下の水で流せるようになっています。

トイレまわりの進化が進むことは、もちろん喜ばしいことですが、デザインや省エネは国際的にも理解されることだと思うものの、行き過ぎたキレイやにおいというのは、日本特有の需要かもしれませんので、せっかくの技術がガラパゴス化してしまわないか、ちょっと心配でもあります。

これまでにもパソコンや携帯電話などは、日本独自の進化を遂げた後に絶滅するという結果になっていましたが、実は住宅についてもすでにそんな兆候が感じられるんです。

間違いのない住まい選びでは、絶対的な基本性能を持つ鉄筋コンクリート(RC)造がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


    人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。 



カビやニオイ対策の最新事情など。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で高気密住宅を建てるならRCdesign

くもり所により一時雨の東京です。

そんな今日は朝から資料作成、提携会社さんと電話、事務組合さんへ書類お届けなど、帰社後は練馬の不動産会社さんと電話、志村のお客様とお電話、商社さん来社、サッシ屋さん来社打ち合わせなど。

午後は世田谷区代沢のお客様宅訪問、打ち合わせと現場立ち会いなど。渋滞に巻き込まれて夕方に帰社後は板橋区志村でご検討のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。文京区向丘のOBオーナー様とお電話、練馬区田柄計画のお客様とお電話、図面作成など。

小暑で七夕ですが、天の川は見られそうもありません。

ではこちら。

湿気が多い夏到来 カビや家のニオイ対策の最新事情って?

本格的な梅雨を迎えた、夏の時期に気になるのが、家の中にこもりがちな「湿気」。蒸し暑くジメジメとした空気に不快感を覚えるだけでなく、カビや悪臭の原因にも繋がってしまう。

近年は、エアコンや除湿機に限らず、快適に生活するための様々な湿気対策の商品が多数発売されている。そこで、ORICON STYLEでは、湿気対策にまつわる最新事情について調査した。

日本のほとんどの地域が、温暖湿潤気候のため、夏は季節風(モンスーン)の影響による多雨が特徴。そのため、湿気が多く、結露のほか、カビやダニを発生させる原因となり、喘息やアレルギー症状といった健康に害がおよぶこともある。また梅雨時期は、洗濯物が外に干せず、部屋干しによる悪臭も気になるところ。
2015年7月7日 13時1分 オリコン

なるほど。

もうそろそろ、梅雨にも飽きてきた感じがしますが、日本の場合は夏になっても高温多湿の状況は変わりませんので、まだまだ不快なシーズンが続くということです。

ここ数日は気温が低い日が続いていますので、身体的には楽だと思います。真夏の炎天下を考えるとちょっと恐ろしいですが、それでも雨よりはやっぱり晴れの方が良いですね。

今日の記事ではそんな日本で、少しでも快適に暮らすための新しい商品が紹介されていました。

たとえば、大手家電量販店では、除湿機やエアコンが「湿気」対策での人気商品だということで、中でも今夏のオススメはシャープ「コンプレッサー式除湿乾燥機」だということ。空気清浄フィルターを通したキレイな風で部屋干し乾燥もでき、空気清浄機としても1年中使用が可能なところがいいですね。

また、ネットショップ大手の「楽天市場」では、天然のヒバを使用した「ヒバ木箔(おが屑)」というものが人気だそうです。約350ccの水分を吸収し、ヒバの香りに変えてくれるとかで、湿気特有のニオイも防いでくれるということですので、衣類や靴などを収納するクローゼットなどに向いているようです。

そしてもうひとつはいつもの「エコカラット」がオススメということです。

これはどちらかというと、他の対処療法的なモノと比べて、根本的に家自体の湿気対策をしておこうというものになりますので、予防的な対策ということになります。

省エネで快適な住宅を考えていくと、どうしても気密性を高くしなければなりません。日本で昔からある木造住宅では、木材を長持ちさせるためにも、多くの隙間を設けていましたので、省エネで快適な住まいを造ろうとすると、多くの矛盾をクリアしなければいけないんですね。

そう言った意味で、省エネで快適な住まいには換気設備が必ず必要になりますので、24時間換気システムは絶対に作動させておいてください。

さらに、空気の通りが悪そうな所や、人の集まる場所、水気の多い場所には、エコカラットなどの調湿効果のある建材を使用しておくのも、非常に有効だと思います。 

ちなみにこのエコカラット、今では「LIXIL」さんで取り扱っておりますが、元々は旧INAXさんが開発した湿度を調整する壁材の商品名です。その発想は日本の気候と相性の良い伝統的な“土壁”をルーツとした多孔質セラミックスのタイルのことです。

カタログでは「吸放湿量は珪藻土の5〜6倍、調湿壁紙の25倍以上」とのことで、表面の微細な孔が空気を吸って、吐く特性を活かし、季節問わず快適な湿度を保ち、ニオイや有害な物質を軽減することも期待できます。

これで結露が減らせて、カビやダニの発生を抑制出来れば、非常に安い先行投資になりますね。

結露の無いRC住宅をお探しなら、是非お気軽に弊社までご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ   ←クリックを是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ