住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

木造住宅

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

新耐震木造住宅の簡単チェック新手法とか。

東京で地震に強い家を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝から資料作成、埼玉県三郷計画検討、蓮根の不動産会社さんと電話、小金井東町計画のお客様とお電話、文京区根津計画検討、図面作成、文京区本郷計画検討、書類作成など。

午後は板橋区大山町計画検討、図面作成、その後千葉県柏市方面へ、お客様とお打ち合わせをさせて頂きました。ありがとうございます。夕方帰社後は港区新橋のお客様とお電話、板橋区大山町計画検討、資料作成、図面作成、ミーティングなど。

梅雨らしい空から一転、予想外に晴れてました。

ではこちら。

新耐震の木造住宅、簡単チェック 国交省が新手法考案

新耐震基準で建てられたのに、十分な耐震性がないケースがあると指摘されている1981〜2000年築の2階建て以下木造住宅について、所有者が天井裏や外壁の様子などを点検するだけで安全性をチェックできる新たな方法を国土交通省が考案した。

熊本地震で倒壊などの被害が相次いだのがきっかけ。国の統計ではこうした住宅は全体の6分の1あると推計される。迅速に調べられる手法で所有者に点検を促す方針だ。

新手法は「新耐震木造住宅検証法」と呼ばれる。外見や天井裏などを見て、主に以下の四つの点をチェックする。(1)建物の形が釣り合いが悪い(2)建材同士をつなぐ箇所が金具で留められていない(3)1階の窓やドアなどが外壁の7割超の長さを占める(4)基礎部分や外壁にひび割れがある。
2017年6月7日 23時39分 朝日新聞デジタル

なるほど。

もしかすると、現在のご自宅が比較的新しいものと思っていたり、これまでの地震でも被害が無かったから、きっと今後も大丈夫なはずだ、と思われている方も多いかもしれません。

しかし、熊本の震災では、比較的新しく新耐震基準が採用されてから建築された建物でも、残念ながら倒壊の被害が発生してしまっていました。

そこで、国としても該当する木造住宅の所有者さんには、自ら簡単に点検出来るという方法を考えたそうです。

記事にもあったように、そのチェック項目は4つ。建物全体のバランスや金物の有無、開口部の大きさと現状のひび割れの有無です。

確かにこれだけのチェックなら、高齢者の方でも出来そうですので、ご心配の方は是非確認してみてはいかがでしょうか。もし、1つでも該当する項目がありましたら、すぐにお知り合いの建築士か弊社までご相談ください。

また、これとは別にネット上で行えるチェック方法が日本建築防災協会のHPにありましたので、こちらも合わせて行ってみてはいかがでしょうか。
日本建築防災協会 ←こちらからどうぞ。

地震大国の日本で暮らす以上は、避けては通れない課題が建物の耐震性能です。しかしながら、これまでの考え方では人命よりも経済性や木材の方が重要視されてきたように思います。

どうせ壊れるなら、コストを掛けても仕方がないとか、なるべく早く安価に建てられる家が良い家という価値観など、本来の家の目的が置き去りにされてきたのではないでしょうか。

もし、これから家を建てる機会に恵まれることがありましたら、どうせ建てるなら、100年の耐久性を目標に、耐震、耐火、省エネを実現した、資産性の高い家を建てて欲しいと思います。

どうせ建てるなら、住まいはRC(鉄筋コンクリート)住宅にしてください。

それでは。

今日もありがとうございます


人気ブログランキング   ←ポチッと!



木造住宅に簡易診断の導入とか。

東京で耐震住宅を建てるならRCdesign

晴れのち曇りの東京です。

そんな今日は朝から書類作成、新橋の不動産会社さんと電話、その後事務組合さんへ書類お届けと諸手続など、その後豊島区西巣鴨計画の現場へ、オーナー様と現場視察と打ち合わせなど。

午後に帰社後は宅建業協会作業、郵便局、信用金庫さん来社打ち合わせ、看板屋さん来社打ち合わせ、お問い合わせ対応、世田谷区松原計画検討、上板橋の不動産会社さんと電話、図面作成など。夕方はお問い合わせ対応、書類作成、業者さんと電話、渋谷区神宮前計画検討、ミーティングなど。

車で移動中や夜の散歩道に桜並木があると、今はちょうど桜吹雪となって、なんとも幻想的な光景に出くわすことがありますね。

ではこちら。

新耐震でも倒壊…木造住宅に簡易診断 81年〜00年築

新耐震基準で建てられたものの、耐震性が不十分なケースがあると指摘されている1981〜2000年築の木造住宅について、国土交通省は簡易に診断できる手法の導入を決めた。この期間は接合部の強度などの規定が明確でなく、1年前の熊本地震で倒壊などの被害が相次いだのがきっかけ。民間の調査では「8割が耐震性不十分」とのデータもある。

新手法では建材がつながれている部分の強さや、壁の配置バランスを重点的にチェックする。81年の建築基準法改正で「震度6強〜7でも倒壊しない」耐震性が義務化されたが、これらの点は00年までは規定が具体的に定められておらず、問題が潜んでいる恐れがあるためだ。対象は、安全性を検証する構造計算書を行政機関に提出する必要がなかった2階建て以下の住宅とする。
2017年4月13日 9時37分 朝日新聞デジタル

なるほど。

なかなかショッキングな記事ですが、木造住宅の構造についてはこれまでも指摘されていたところで、新築の場合でも簡易的な計算で建築が可能になっているなど、優遇されていたことが裏目に出ている感じがします。

これまでにも大きな震災のたびに、木造住宅の脆弱さが露わになってはいましたが、ややもすると安全性よりも経済性や手軽さのようなものが優先されてきたのではないでしょうか。

記事にもあったように、多くの木造住宅で耐震性が不足しているということもあり、国土交通省では簡易に診断できる手法を導入することに決めたということです。

しかし、これもまた簡易的な診断ということですので、この診断だけをもって判断することは少々危険な気もしますが、国交省ではまず新手法でポイントを絞って調べ、耐震性に疑問があれば通常の耐震診断に回すということのようです。

今回もその対象とされるのは、建築時に安全性を検証する構造計算書を、行政機関に提出することを優遇されていた2階建て以下の住宅とするそうです。

記事では総務省統計局によるデータとして、こうした住宅は全国で推計約955万戸(13年時点)。住宅総数の6分の1弱にあたるということが書かれていました。

これまでの日本では、より多くの住宅を必要とされていた時代が確かにありましたので、少しでも手間のかからない、簡易的な計算でも良しとされてきました。

また、これまでは日本の大工さんが経験してきた多くの実績を基に、家が建てられてきたということもありますが、その歴史の中では、神社やお寺などの建物と民間の住宅とではまったく違うものになって来ました。

民間の住宅では、よりコストの削減が重視されるようになり、短期間での施工を求められながら、本来の木造住宅とは違ったものに変化してしまったように思います。
 
今とこれから必要とされる住宅とは、災害に強く省エネで暮らすことが出来、長持ちすること。

そんな住宅が増えることで、次世代の日本が本当に豊かになると思います。

RC(鉄筋コンクリート)住宅を是非ご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ        ←応援よろしくお願いします!



livedoor プロフィール
RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
twitter
brogram

おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場



一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ブログランキング
livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
Amazon




住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
チーム・マイナス6%