住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

本物

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

ロールス・ロイスが脱贅沢とか。

シンプルな家を建てるならRCdesign

くもり時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から書類作成、目黒区駒場計画検討、杉並区今川計画検討、武蔵野市計画検討、提携会社さんと電話、杭屋さんと電話、渋谷区桜丘計画検討など。

午後はサッシ屋さん来社、来客面談、その後健康診断、帰社後は西台のお客様とお電話、渋谷区西原計画検討、資料作成など。夕方は図面作成、来客面談、お問い合わせ対応、事務組合さん来社打ち合わせ、ミーティングなど。

採血された影響か、お腹が空いてしまいます。

ではこちら。

なぜ? ロールス・ロイスの新型「ゴースト」が目指す「脱・贅沢」

ロールス・ロイス「ゴースト」の新型が日本に上陸した。ゴーストは同ブランドで最も売れているモデルで、新型は顧客からの声を受けてゼロから開発したとのこと。

価格は3,590万円(全長が長いバージョンは4,200万円)だ。こんなに豪華なクルマなのだが、目指したのは「脱・贅沢」なのだという。
2020年10月6日 7時0分 マイナビニュース

なるほど。

なかなかロールスロイスを話題にする機会も少ないと思いますし、一般庶民からすればむしろ興味すらないという感じではないでしょうか。

それでも、少なからずお車にご興味をお持ちの方なら、その価格もさることながら、普遍性や豪華さ、安全性や性能など、素晴らしさはご存知のことと思います。

記事によれば、そんなロールスロイスの中でもちょっと控え目な位置付けの新型がリリースされたということでした。

このモデルは、2009年に発売となったゴーストというモデルで、同社のフラッグシップモデル「ファントム」とは異なるキャラクターが人気を博したそうです。

そんな控えめでミニマルなロールス・ロイスを求めていた顧客のニーズにマッチした結果、116年に及ぶロールス・ロイスの歴史で最も多く売れたモデルとなったのが初代ゴーストということ。

記事の中では、新型ゴーストの開発にあたり、ロールス・ロイスが設定したデザインコンセプトは「ポスト・オピュレンス」。つまり、「脱・贅沢」ということです。

そして同社によると、これは建築やファッション、ジュエリー、ボートなどの世界ではすでに確立された考え方で、これ見よがしな表現ではなく、素材の本質的な価値を求めるムーブメントなのだそう。

さらに同社の広報マネージャーさんが言うには、今って、何でも「ラグジュアリー」といいますよね? プレミアムとか、プチ贅沢とか。ラグジュアリーが手に入りやすくなっているんです。ただ、ラグジュアリー自体がありふれたものになってしまうと、ラグジュアリーではなくなりますよね。と言うこと。

その特別感がなくなっている状況の中で、ロールス・ロイスが考えたのは、本物のラグジュアリーとは何かと言うことで、それは表面的なものではなく、中まで高級といいますか、素材もそうですし、職人が手で作っているというクルマの作り方もそうです。本質に戻る、あえてシンプルにするという現象が出てきていると。

また、日々の生活が忙しくなればなるほど、リラックスするときには、何にも考えなくて済むように、シンプルな空間にいたくなるものとして、リラックスしたいとなったら結局、座禅とかメディテーション(瞑想)といったことに行きつきます。なので、ゴーストもリラックスできるシンプルな環境に仕上げてあるとか。

そんな設計思想と言うか、車づくりの思いを聞いていると、ちょっと弊社の家づくりと近いものを感じますし、実際にこれまでのオーナー様が求められていたことと重なる部分も多いように思います。

何か難を隠すためにデコレーションしたり、見せかけの豪華さとか、実力の伴わない構造などは、もちろん必要とされるものではありませんし、勉強熱心な方ほど考え方に共感を頂けるように思います。

記事によれば、現代の忙しくて違いの分かる富裕層の方々には、シンプルでありながら本質的な価値を追求するゴーストのようなクルマが好まれると書かれていました。

住まいのロールス・ロイスと言えるRC住宅を、是非ご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援をお願いします。



2月最初の家づくり講座とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で本物の家を建てるならRCdesign

晴れのち曇りの東京です。

そんな今日は朝から世田谷区代沢の現場視察、その後奥沢6丁目現場調査、板橋区徳丸6丁目でコンクリート打設、帰社後は品川区旗の台計画検討、資料作成など。

午後は見積チェック、板橋区坂下計画のお客様に書類お届け、帰社後は徳丸計画検討、見積作成、小金井計画検討、練馬区田柄計画検討、ご近所のお客様来社打ち合わせなど。夕方は練馬の不動産会社さん来社打ち合わせ、渋谷区神宮前計画検討、ミーティングなど。

おっと、本日は2月最初の土曜日でしたね。冬のレジャーにお出かけの方もいらっしゃることでしょう。それでは恒例の家づくり講座第234回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

いろんな業者のホームページや広告を見ていると、その業者がどこに力を入れているかがよくわかります。ローコスト、健康、エコ、耐震性など、それぞれにアピールポイントがありますね。

これから家を建てたい人にしてみれば、災害に強くて省エネで、自然素材を使った体にいい家を、とことん安い金額で建てられたらベストなのでしょうが、それはなかなか難しい注文ですよね。

ところで、私は「家づくりとは家族が安全に、より幸せに暮らすために行うもの」と考えています。

そのために最低限必要な条件は「家族が安全で快適に暮らせること」だと思うんです。

災害はいつ発生するかわかりませんし、ご近所から出火するかもしれません。どんなことがあっても、家族を守れる家というのが最低条件になると思います。 

以前、シックハウスが大問題になった時期がありました。今でも、シックハウス問題が完全に無くなったわけではありませんよね。

ですから、あなたが家族の健康を守りたいのなら、その業者がどんな建築部材を使うのかを、きちんと調べてください。さらに家の正しい使い方をしっかりと説明してくれる業者を探しましょう。

規制の範囲内で化学物質を使っている建材で家づくりをしているのか、自然素材の比率を多めにして家づくりをしているのか。それとも全てが自然素材なのか。

自然素材といっても、ある程度加工しているものもあります。加工していると、その素材の能力が損なわれることもあります。

木造住宅の場合などは特に調湿能力が気になるかも。調湿能力は、結露やカビから家族を守るためにも大切ですが木の家を傷みにくくするためにも大切な能力です。

建材を乾燥させる過程によっても調湿能力は変わるので、素材にこだわる業者は、そういった点もしっかりチェックして木材を購入しています。

そうそう、ちょっと前に流行った珪藻土も、塗る厚さによってはその能力を最大限に発揮できないこともあります。薄く塗っただけの珪藻土は気休めにもなりません。それに、珪藻土の下地も気になります。下地は自然素材で無いケースが多いですから。

このように、家づくりで隠れてしまう部分は、あなたが後で確認することはできません。業者を信じるしかありません。ただ、やっかいなことに、建材メーカーの説明をうのみにして、本物ではないものを本物の自然素材だと信じて使う業者もいるとか。

建材をチェックする作業は、間取りや外観を決める作業と違ってとても地味な作業です。だから、もしかするとあなたにはそれほどこだわりを持てない部分かもしれません。

「国の基準をクリアしてるんだったら、それでいいよ」と思っているかもしれません。ですが、家族の健康を守りたいなら、そこは大切なチェックポイントです。

合成着色料と合成保存料を使って、見た目がきれいで長持ちする食品は体に良いとは思えません。

見た目が素朴で賞味期限が短いものでも、素材や品質を重視して作られた食品は、あなたの健康に役立ちます。

日本人の好きな何々風というと、ぱっと見はそっくりで本物のように見えるけど、中身は違うもの。でも割安ならそれで良いという価値観。それが生命に関係無いものなら、時にはいいかもしれません。

しかし、家族の安全と快適、健康がかかっているとなると、そこは本物を使っておきたいと思うもの。 

家づくりも同じだと思いませんか?

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ← 応援のクリックを是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ