住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

東京

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

大東京防犯ネットワークとか。

東京で安全な家を建てるならRCdesign

秋晴れの東京です。

そんな今日は朝から新宿区百人町計画検討、図面作成、電気屋さんと電話、信用金庫さん来社、高田馬場計画のお客様とお電話、蓮根リノベ計画検討、関連会社さんと電話など。

午後は図面作成、お問い合わせ対応、金融機関へ、中野区本町計画検討、構造検討、見積作成など。夕方は目白計画検討、ご近所の外構工事検討、練馬区田柄計画検討、ミーティングなど。

プロ野球の日本シリーズが大変盛り上がってますね。私は両方応援しています。

ではこちら。

住まい探しに必携!東京都が「丁目・字」単位の犯罪情報マップを発信

東京都が自治体として初めて、地理情報システムによる防犯情報を発信した。

東京都の防犯サイトがリニューアル
東京都は24日、防犯ポータルサイト「大東京防犯ネットワーク」をリニューアルしたと発表。

GIS(地理情報システム)による防犯情報等の発信は海外では既に行われているが、日本の自治体ではこれが全国初となる。

防犯情報を地図で分かりやすく発信
リニューアル内容は「地理情報システム(GIS)による情報発信」と「犯罪情報等のオープンデータ化」「メール配信サービス」「スマホ等への対応」の4項目。

地理情報システムを導入し、防犯活動に必要な情報を地図で分かりやすく発信する。 
2016年10月25日 15時35分 IRORIO

なるほど。

これは東京都にしては頑張った取り組みではないでしょうか。

サイトでは、大きく6つのジャンルに分かれていて、「子どもの安全マップ」、「特殊詐欺情報マップ」、「町丁字別犯罪情報マップ」、「防犯団体活動情報マップ」、「放置自転車情報マップ」、「施策情報マップ」のコンテンツがあります。

やはり子育て世代の方が気になるところでは、子どもの安全マップですが、ここでは交通事故が起こった地点や町丁字別の子どもへの不審な声かけ情報が表示されますので、ご確認しておかれると良いと思います。

また、特殊詐欺情報マップでは、市区町村または警察署別に被害件数や被害総額、アポ電の累計件数が示され、被害にあいやすい年代のグラフやアポ電があった時間帯なども表示されますので、お年寄りのいらっしゃるご家庭や、親の住む実家がある地域などはチェックしておきたいところです。

つぎに町丁字別犯罪情報マップでは、町丁字別の犯罪件数や犯罪発生率が「粗暴犯」「侵入窃盗(住宅)」「侵入窃盗(住宅以外)」「非侵入窃盗(住宅)」「非侵入窃盗(住宅以外)」がそれぞれ表示することが出来ます。

家族の安全を考えると、町の治安も当然大切ですが、それには地域の連携や犯罪データの共有が必要ですし、何よりも各ご家庭での防犯意識を高めることも重要だと思います。

このようなデータを上手に使うことで、少しでも犯罪を未然に防ぐことが出来れば良いですね。

ところで、最近気がついたんですけど、某ショッピングセンターの防犯カメラには、安全カメラというステッカーが貼ってありました。最初に見た時はちょっと違和感を感じましたが、よく考えると防犯という言葉よりも安全という言葉の方が優しい感じがします。

あ、それともうひとつ、犯罪といえば犯罪ですが、下記のHPにある放置自転車情報マップも以外と便利かもしれません。最寄りの駅にどのくらいの放置自転車があるか、と同時に自転車置き場の情報もありますので、新たに駅の利用を検討する時などにチェックするといいのではないでしょうか。

下記にリンクを貼っておきますので、是非一度ご覧になってください。
「大東京防犯ネットワーク」

住宅の防犯をお考えなら、RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。     



ラブストーリーは突然にとか。

東京で楽しい家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、その後都税事務所、事務組合で諸手続、帰社後は横浜市中区野毛町計画検討、提携会社さんと電話、図面作成など。

午後は新宿区北新宿計画検討検討、図面作成、千葉県市川市計画検討、商社さん、住設機器メーカーさん来社打ち合わせ、保険屋さん来社、地方銀行さん来社、ミーティングなど。夕方は見積作成、書類作成、世田谷区奥沢計画検討、提携組合さん来社打ち合わせ、見積作成など。

さて、今日もU-23サッカー日本代表を応援しましょう。

ではこちら。

「東京ラブストーリー」25年ぶり復活記念!柴門ふみ作品無料試し読みキャンペーンが開催

株式会社小学館は、週刊ビッグコミックスピリッツの創刊35周年を記念して、1月25日発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」9号にて、25年前に完結した「東京ラブストーリー」(著者:柴門ふみ)の続編となる特別読切「東京ラブストーリー〜After 25years〜」を掲載した。

同社は、これに合わせて1月25日より「東京ラブストーリー」を含む、柴門ふみ氏の7作品が1巻まるごと無料で読める期間限定試し読みキャンペーンを、「コミック小学館ブックス」ほか各電子書籍配信サイトで実施する。

「東京ラブストーリー」は、週刊ビッグコミックスピリッツ1989年1月9日号にて連載を開始し、1991年に織田裕二・鈴木保奈美主演でフジテレビにてドラマ化された。単行本は累計発行部数250万部を超える大ヒットを記録したという。 今回の特別読切では、50歳になり、偶然再会したカンチとリカを現代を舞台に描いている。
2016年1月26日 8時0分 MdN Design Interactive

なるほど。

なんだか少々ほろ苦い気持ちになってしまうのはなぜでしょうか。

単に懐かしいというだけではないような気もするんですけど、まさに同級生が50歳になっている状況ですので、この25年間を振り返ると楽しさと恥ずかしさで、複雑な気持ちになりますね。

25年前は確か自分も結婚した年で、日本では若造でも夢を持てた時代だったように思います。

当時はこのマンガを毎週楽しみに読んでいて、それがドラマ化されるということで注目していたように思います。

そこで主人公が織田裕二と鈴木保奈美ということで、最初はちょっと違和感を憶えたものの、ドラマはドラマで結構なヒットだったんですよね。

ちょうど昨年の年末に中学校の同窓会があって、50歳のオジサンとオバサンが集ったんですけど、個人差はあるものの、それはもう確実に劣化しているわけです。

もちろん、着実に努力を続けている人もいれば、残念ながら自然に任せている人もいて、パッと見た目だと上下10歳くらいの幅があるかもしれません。

ここからはさらに見た目年齢の格差が広がっていくものと思いますので、失礼の無い程度に努力を怠らないようにしなければいけませんね。

さて、今回は記事にもあるように、カンチとリカが偶然にも再会してしまうところから、現代を舞台に描かれているということです。

まだ実際にマンガを読んだわけではないので、どんなストーリーになっているのかわかりませんが、自分達のように生活感たっぷりなのか、はたまた当時のまま感情優先で夢を追いかけるのか。

マンガですから、リアルなご同輩と同じ境遇ということではないと思いますが、それでも各自青春の日々から25年、それぞれにいろんなドラマがあったことと思いますので、それを超えるストーリーというのも難しいかもしれませんね。

一応私も後ほどコンビニで立ち読みしてみようと思いますが、もしご興味がございましたらチェックしてみてはいかがでしょうか。

よろしければ下記の楽曲だけでも、タイムスリップ出来ますので、お時間があればどうぞ。



もうイントロだけで簡単に記憶が蘇ってきますが、これも名曲と言って差し支えないでしょう。

50年生きてみて言えるのは、事実はマンガより奇なりということ。

悲喜交々は当たり前、それでも生きていれば、何かしら人様のお役に立てて、未来を見ることができるんですから、やっぱりマンガよりもリアルな方が面白いですよね。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ←お力添えをどうかひとつ。



東京が水没する日。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で安全な資産住宅を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝から提携会社さんと電話、金融機関へ、帰社後は信用金庫さん来社、徳丸6丁目計画のお客様とお電話、ありがとうございます。資料作成、新宿区市谷柳町計画検討のお客様とお電話、見積作成など。

午後は内装商社さん来社打ち合わせ、ご近所のお客様とお電話、東川口計画検討、見積作成、産廃業者さん来社、練馬の不動産会社さんと電話など。夕方は新宿区市谷柳町計画のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。提携会社さんと電話、練馬区田柄計画検討、ミーティングなど。

早速、秋雨前線が活躍しているようです。数日前までの酷暑に比べれば、贅沢は言えません。

ではこちら。

NASA:向こう200年間で海面が少なくとも1メートル上昇、東京が水没か

アメリカ航空宇宙局(NASA)の科学者によると、最新の衛星データによれば、地球温暖化を背景に、向こう100-200年間で、1メートルの海面上昇は不可避だ。シンガポールや東京を含む海抜の低い主要都市は水没する恐れがある。

報道によると、最新の調査では、グリーンランドと南極氷原の解氷速度は速くなり、海洋の上層温暖化と膨張の速度もこれまでの予測値をはるかに上回っている。

NASA地球科学部関係者によると、海面上昇は地球に「計り知れない影響を与える」。世界に、海面より1メートル以下高い地域に暮らす人口は1億5000万人に達し、うち多くはアジアにいる。海抜の低いフロリダなどのアメリカの州、シンガポール、東京などの主要な都市は、消えてしまう恐れがある。
2015年8月28日 17時9分 新華ニュース

なるほど。

これはまた聞き捨てならない情報です。

記事によると、1992年から現在まで、海面は平均して7.6cm上昇し、一部地域の海面は23cm上昇したということですので、20数年でこの数字です。

先進国ではそれなりに努力をしているものの。途上国や新興国ではまだまだこれからという状況ですので、当然環境は日々悪化していることでしょうから、海面上昇の数字も加速して増えることが想像出来ます。

もちろん直接の原因としては、これら増加した水量の多くが解けた氷と氷河からです。科学者はとくにグリーンランドを懸念していて、過去10年間でこの氷原は平均して年間3030億トン解け、南極氷原は年間1180億トンなくなったということ。

定期的にニュースにもなっていますので、これまでにも聞いたことがある人も多いと思います。

しかしながら、日本人はこれまたどこか他人事のように受け止めていたに違いありません。

もし、記事にあるように100年後に1mも水面が上がってしまうとなると、東京の下町や埋め立て地域などでは、本当に大変危険な状況になってしまいます。

ご存じのように、東京では東京湾周辺の埋め立て地域や東部の川沿いにある下町には、海抜1m前後という場所が多く存在しています。

海水面が常時1m上がっているということは、最近の豪雨時などでは雨水の排水も滞ってしまうことでしょう。

東日本大震災での津波の光景はまだ記憶に新しいと思いますが、水面が上がるということはそれに近い恐怖を感じてしまいます。

このような状況下では、地下室などがある建物ではもちろん水没してしまいますし、道路や線路なども同じレベルだと機能することは難しいでしょう。

当然各国の政府としても、何らかの対策を考えて実行していくとは思いますが、如何せん相手は自然環境です。人間がたかだか数年考えて実行したくらいでは、流れを変えることは出来ないように思います。

となれば、自己責任で考えながら、暮らしていくほかありませんが、少なくとも水に浸かっても腐らない建物にしたり、多少の水圧でも倒壊したり、流されたりしない建物にしたり、可能であれば少しでも高台に住むようにするとかが考えられます。

もし、100年後にも子孫のために資産を残すことを考えたら、RC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ   ←クリックを是非!



東京が住みやすい都市1位です。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でRC住宅を建てるならRCdesign

晴れて暑くなった東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、資料作成、練馬区東大泉計画検討、金融機関へ、徳丸6丁目計画のお客様にご来社頂き打ち合わせなど。ありがとうございます。

午後は税務署と出張所へ書類受け取り、帰社後は田柄計画のお客様とお電話、練馬の不動産会社さんと電話、電気屋さんと電話、ガス会社さん来社打ち合わせ、信用金庫さん来社打ち合わせ、資材発注など。夕方は千葉の業者さんと電話、資材発注、お問い合わせ対応、ミーティングなど。

真夏日の中でも弊社スタッフと協力業者さんはいい家づくりのために頑張っています。ありがとうございます。

ではこちら。

「もっとも住みやすい都市ランキング」東京が1位に 英誌調査

英誌「モノクル」は2015年6月11日、世界の各都市を対象にした「もっとも住みやすい都市ランキング」で東京が1位だったと発表した。巨大都市にもかかわらず、治安がよく静かであることが評価された。

ランキングは9年前から行われ、東京がトップになったのは初めて。2位はウィーン、3位はベルリン。日本は福岡(12位)と京都(19位)も選出された。犯罪率やインフラ環境、物価などにもとづいて順位を決めている。
2015年6月15日 12時14分 J-CASTニュース

なるほど。

これはなかなか良いニュースですね。

この手の調査では、これまで1位になったことが無かったと思いますので、もっとも住みやすい都市1位っていうのは名誉なことだと思います。

治安について世界的に見れば、やはり非常に安全ということが出来るのではないでしょうか。所によっては犯罪が多くなったという場所があるかもしれませんが、繁華街の雰囲気などは昭和の時代に比べて、だいぶ良くなったと思います。

私個人的な印象では、むしろわかりにくくなったというか、表面的に健全だったりしても、一見ごく普通の民間人の方が危なかったり、危険を予想し難いような感じがします。

こと犯罪という点では、評価のとおりなんですけど、自然災害に対する危険度という点では、今回の調査項目に入っていなかったのではないでしょうか。

ご存じのとおり、東京にはまだまだ木造住宅が密集している地域が多く存在していて、ひとたび火災が発生してしまうと、延焼する確率が高いですし、そのような地域では道路の幅も狭い場合が多く、消火活動もままならないことが懸念されています。

耐震という点ではだいぶ浸透してきた感じもしますが、まだまだ築年数の古い建物もあり、家を倒壊させないようにすることも、早急に対応していく必要があります。

人が暮らす街を安全で快適なものにするには、街全体の耐震化と不燃化が必要なんです。それが実現出来てこそ、本当に住みたい都市と言えるのではないでしょうか。

さらにもうひとつの条件である静かであるという点でも、構造躯体をRC(鉄筋コンクリート)造で造っておけば、より静かさを体感していただけます。

今後の日本を考えると、いずれにしても外国の人達が多く来日してくるようになるでしょうから、実際に来日して住み始めたら全然違う住み心地でガッカリさせないようにしなければいけませんね。

東京で家を建てるなら、RC(鉄筋コンクリート)住宅を是非ご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


    人気ブログランキングへ     ←クリックを是非!



そろそろアレの準備ですね。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で健康的な家を建てるならRCdesign

朝雨のち晴れのち曇りの東京です。

そんな今日は朝から徳丸6丁目計画検討、設備屋さんと電話、電気屋さんと電話、ガス会社さんと電話、資料作成、埼玉県朝霞市のお客様とお電話、ありがとうございます。お問い合わせ対応、世田谷区砧計画検討など。

午後は中野区南台計画の現場へ、左官屋さんと打ち合わせ、大工さんと打ち合わせなど、帰社後はご近所のお客様と電話、品川区旗の台計画検討、見積作成など。夕方は世田谷区奥沢計画検討、世田谷区成城計画検討、お問い合わせ対応、ミーティングなど。

日中は比較的暖かく感じましたが、夜にはまた冷え込んで雨も降ってきました。

ではこちら。

東京都の花粉飛散開始は2月中旬頃、前年春の2倍程度と予測

東京都は1月22日、平成27年春の都内におけるスギ・ヒノキ花粉に関する飛散予測を発表した。今春の飛散開始日は2月14日から17日頃で、飛散花粉数は昨春の2倍程度の見込みだという。

東京都は、都民が花粉症の予防や治療を適切に行うことができるよう、飛散花粉数の観測を行い結果に基づき飛散予測を実施し、公表している。昭和60年に観測を開始し、現在は、12か所(区部5・多摩部7)の測定地点で飛散花粉数が観測されている。

今春の花粉飛散は2月14日〜17日頃から始まると予測され、例年並みとなる見込み。また、飛散総数は昨春の2倍程度(区部は1〜1.3倍、多摩部は2.6〜3.4倍)、飛散花粉数が「多い」日は区部で31日、多摩部で49日程度となる見込み。
2015年1月26日 14時15分 リセマム

なるほど。

そう言えば先週も発作的に鼻水が溢れ出た日があったり、昨日も頭痛を伴う違和感を感じていたんです。

私の場合は例年この時期から、耳鼻科に通い始めてお薬を処方してもらうんですけど、昨年からは秋花粉にも鋭く反応しておりましたので、結局年末くらいまで服用しておりました。

そんな流れもあり、早速余っているお薬を服用し始めました。

今日もちょっと寒さが緩んだ感じがして、少しずつですが春に向けた雰囲気づくりが進んで、ワクワク感が出て来ます。

しかし、そんなワクワク感の同時に、またこれから半年間にわたる、花粉との新たな戦いが始まると思うと、少々憂鬱な気分にもなりますね。

いつの日か根本的な治療法が確立されることを願っていますが、もしかすると自分の劣化による症状の緩和が先かもしれません。

記事では2月の中旬とのことですが、この先気温が高くなったり、春一番が吹いた場合などは、予測よりも早まる可能性がありますので、少し早いと思うくらいから、しっかりと対策をしておく必要があります。

花粉の時期はどうしても身体的につらいこともあったりして、万全の体調ではない人も多いと思います。そんな時はどうしてもパフォーマンスが落ちてしまうこともあるでしょう。

個人的にがんばったとしても、おそらく日本全体としては結構な損失になっているかもしれませんね。

花粉症のお薬も、30年前からすればだいぶ進化したと思いますので、つらい症状を我慢するよりも、対策を講じることで、少しでも快適に春を過ごして欲しいと思います。

ちなみに東京都では2月2日から、Webサイト「東京都の花粉情報」「とうきょう花粉ネット」のほか、テレホンサービス、メール配信(要登録)でも情報提供を開始するそうです。また、冊子「花粉症一口メモ」を都庁舎内で無料配布するとともに、ホームページにも掲載していますので、参考にしてください。

ちなみに、花粉が入りにくい家ならRC(鉄筋コンクリート)住宅が有利です。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ← 今年もご声援のクリックを是非!


 

W杯ドイツ優勝と世界一の東京とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で資産住宅を建てるならRCdesign

晴れて暑い東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、豊島区千石計画検討、お問い合わせ対応、世田谷区砧マンション計画検討、提携会社さんと電話、書類作成、砧二丁目計画検討、見積作成、土地家屋調査士さん来社打ち合わせなど。

午後は見積作成、立川方面の業者さんと電話、西台のお客様ご来社打ち合わせ、台東区上野桜木計画検討、お問い合わせ対応、提携会社さんと電話、板橋区弥生町計画検討など。夕方は5丁目のお客様にご来社頂き打ち合わせ、新宿区下落合でご検討のお客様とお電話、台東区寿計画検討、図面作成など。

IMG_4740さて、2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会は24年ぶり4度目となるドイツが優勝で幕を閉じました。約1ヶ月間存分に楽しませて頂きました。いい大会だったと思います。終わってしまうのはちょっと寂しいですが、これで睡眠が取り戻せますね。(写真の勝敗表はデュラビットさんから頂きました)

ではこちら。

東京、2030年まで「世界一の大都市圏」と国連予想 デリー・上海を上回る

国連による「世界大都市ランキング」が10日、発表された。

現在、世界人口の54%(39億人)が都市部に在住し、2050年には66%となる見込みであるという。また人口1000万人以上の「メガ大都市圏」は、1990年の調査開始時には10ヶ所だったが、現在は28ヶ所あり、2030年には41ヶ所になる見込みだという。

【人口減少でもトップの東京】
人口1000万人以上の「メガ大都市圏」28ヶ所のトップに君臨するのは、東京だ。横浜や千葉などを含むメガ大都市圏・東京の人口は約3800万人で、1990年の調査開始以来ずっとトップを保っているという。続いてインドのデリーが約2500万人、上海約2300万人、メキシコシティ、ムンバイ、サンパウロがそれぞれ約2100万人だ。

日本は人口が減少していることから東京都市圏の人口も減っていくと予測されるが、それでも2030年まではトップの座を保つと見込まれている。2030年東京圏の予測人口は3700万人で、その頃には、デリーが僅差で迫ると見られているそうだ。 
NewSphere 2014年07月13日11時00分

なるほど。

こんなところで東京がいまだにトップだったとは、結構意外だったのではないでしょうか。

実際に東京圏といっても、それなりに広い地域ですし、その中の住宅地では現在進行形で人口が減っていたり、そこに暮らす人々の年代構成が変わってきていたりしますので、最近は町がそんなに混雑している感じはしませんでした。

もちろん、渋谷や新宿、池袋などの繁華街では日夜多くの人が活動していますので、そんなに人口減をかんじることはありません。

これは日本全国的な現象かもしれませんが、住宅街の中の公園で、遊ぶ子どもを見かけることが少なくなりましたね。

遊びそのものが変わったということもありますが、やはり人口減と世帯数減の一端を感じてしまう光景ではないでしょうか。

そんな日本の事情を考えると、なんとなくネガティブな雰囲気になりがちです。しかし、記事にあるように、東京圏というメガ大都市圏はまだしばらく世界のトップを維持出来そうです。

さらに、今後の超高齢化社会を考えると、あまりにも若い世代が少なく、介護はもちろん社会を支えることすら難しくなっていくことも想像できますので、国としても外国人労働者や移民の受け入れを進めざるを得ないのではないでしょうか。

そうなると国の人口は減っても、都市人口は維持されるように思います。

また、国連によると都市化は政府にとって住宅やインフラなどを整備するチャンスだといわれています。結果的には、住人が各地に散在しているよりは1ヶ所に集中している方が、水道光熱や交通機関の提供が安く済み、環境にも影響が少ないとの報告が出ているということです。

確かに一家族専用の上下水や電気の設備を整え、維持していくのは非常にコストが高くつきますが、一定の町単位であれば、各家庭の負担も少なくすることが出来ますね。

きっと電気に関して言えば、そんなに遠くない将来、地産地消的に自分で使う電気は自分で作るという家が多くなるでしょう。しかし上下水道に関しては、文明的な暮らしをする以上必ず公共のサービスが必要です。

ということで、まだしばらくは東京圏に対して投資する価値があるように思いますし、住まいに関しても資産価値を維持出来る(RC住宅が好ましいですね)のではないでしょうか。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←応援のクリックをどうかひとつ!



東京・横浜が世界1位です。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で災害に強い家を建てるならRCdesign

春らしい天気の東京です。

そんな今日は朝から書類作成、ガス会社さん来社打ち合わせ、その後自由が丘方面へ、不動産会社さん訪問打ち合わせ、金融機関にて引き渡しなど。

午後は渋谷区恵比寿2丁目計画の現場視察、渋谷区東計画の現場視察など。帰社後は大工さんと電話、地方銀行さん来社打ち合わせ、蓮根の不動産会社さんと電話、資料作成、水道屋さん来社打ち合わせ、井戸屋さんと電話など。夕方は北区西ヶ原計画検討、埼玉県蕨市計画検討、電気屋さんと電話、段取りなど。

もしかすると、今日あたりはお花見をされている方も多いかもしれませんね。

ではこちら。

自然災害が危険な都市ランキング、東京・横浜が世界1位=調査

[27日 ロイター] -スイスの再保険会社スイス・リーが2013年にまとめた「自然災害リスクの高い都市ランキング」で、東京・横浜が世界1位となった。地震活動が活発な地域に位置していることや、津波の危険性が高いことなどが背景。

スイス・リーは世界616都市を対象に、洪水や地震、嵐、高潮、津波などで被災する人の数を推計。トップ10の大半はアジアの沿岸都市が占め、地震や洪水のリスクに特にさらされていることが明らかになった。

日本は東京・横浜のほか、大阪・神戸が5位タイ、名古屋が6位となった。東京・横浜については、約2900万人が大地震の影響を受ける可能性があるとしている。大阪・神戸は激しい暴風雨や河川の氾濫、津波のリスクが高く、名古屋は活断層の近くにあることや、津波や暴風雨のリスクを受けてランクインした。 
ロイター 2014年03月28日12時46分

なるほど。

いまさら驚く結果ではありませんが、これが世界基準で見た日本の現実ということを、皆さんには是非認識をしていただきたいと思います。

以前の資料が無いのではっきりとは言えませんが、私が知る限りでは、世界中の損害保険業界で世界一危険な場所として、東京と横浜はもう10年以上は確実に1位を独占しているはずです。

ちなみに世界2位はフィリピンの首都マニラで、地震活動、台風、高潮のリスクが高いそうです。3位は、広州、香港、マカオを結ぶ珠江デルタ地域で、サイクロンや河川の氾濫、地震の可能性が考慮されたとのこと。

4位以下は、5.大阪・神戸(日本)、5.ジャカルタ(インドネシア)、6.名古屋(日本)、7.コルカタ(インド)、8.上海(中国)、9.ロサンゼルス(米国)、10. テヘラン(イラン)となっています。

このランキングは単に順位を決めるためだけではなく、この結果から損害保険の料率が決められて、皆さんの利用する損害保険の料金に反映されるものなんですね。

確かに地球上では、残念ながらいまだに紛争を続けている地域もありますし、町の治安が悪い場所も多く存在しています。

そんな人間を原因とする危険もありますが、まだまだ人間がコントロール出来ない自然災害も多いですし、今後は今以上に異常気象が増えるとともに、自然災害の発生も懸念されるところです。

そんな東京に暮らす私たちに出来ることは、まず住まいを自然災害に強いものにしなくてはいけませんし、さらに町全体を防災に優れた形にしなければいけません。

私たち日本人の生命と財産を守るためにも、また6年後の東京オリンピックを見据えても、東京が自然災害にも強く、安全で住みやすい都市であることを、世界にアピールしなければいけないと思います。

住宅地域でもRC(鉄筋コンクリート)住宅が点在してくれるだけで、そこに住む人を守るのはもちろんのこと、延焼を止める効果が期待出来ますので、町を守るという意味でも非常に有益です。

東京に家を建てるなら、是非RC住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←今日も応援のクリックをどうか一つ。 


 

世界一危険な都市発表!

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で安全な家を建てるならRCdesign

曇り時々小雨の寒い東京です。

そんな今日は朝からガス会社さんと電話、小金井市のOBオーナー様とお電話、渋谷区東計画検討、道路会社さんと電話、埼玉県富士見市計画検討、資材メーカーさんと電話、文京区千駄木計画検討、図面作成など。

午後は図面作成、北区西ヶ原計画検討、ご近所のお客様来社、北区滝野川でご検討頂いているお客様にご来社いただきました。お気遣い賜りまして、ありがとうございます。豊島区駒込計画検討など。夕方は文京区向丘計画、ミーティング、その後池袋の不動産会社さん来社、5丁目のお客様と打ち合わせの後会食など。

あの危険な暑さが懐かしく思えるくらい涼しく感じました。

ではこちら。

世界で最も危険な都市ランキング1位、東京と横浜

世界危険な都市TOP3は東京、大阪、名古屋 その理由とは

スイスの再保険会社スイス・リーは9月18日、河川の氾濫、高潮、津波、暴風、地震などを総合して検証した結果、東京と横浜が世界で最も危険な都市だと判断したことを発表した。

さらに、人的損害ベースではフィリピンのマニラ、中国の珠江三角州地域が危険な都市の上位にあがっている。損失する稼働日ベースでは、大阪が2位、名古屋が3位と日本の都市が独占する結果となった。 
NewSphere  |  執筆者: NewSphere編集部 投稿日: 2013年09月25日 15時06分

なるほど。

これはもう10年以上前の評価から言われていたことなんですけど、相変わらず改善されることもなく、東京と横浜が世界で最も危険な都市となっています。

この結果を発表したのは、再保険会社というところで、これは一般的な保険会社が、自社の販売した保険にかける保険を再保険というそうで、保険の保険ということになりますから、保険の元締め的なものと理解していても良いでしょうか。

そんな再保険会社が精査して決めるこのランキングは、私たちが加入する保険の料率に反映されることになりますので、結果的に東京と横浜に暮らす人は、世界でも一番高い保険料を求められることになります。

記事の中では、スイス・リーのミーガン・リンキン氏が、「世界中の都市政策に関わる人たちが、今回の調査報告を利用して、自然災害の危険性を理解し、その発生から市民を守るために必要な方策を取ることを期待します。」と書かれていました。

もう日本においては、災害大国としての実績が世界一と言っても過言では無いと思いますが、それでもまだまだ大きな被害が出ることも多いので、対策が追いついていないと言わざるを得ない状況です。

どうせ時代がすぐ変わるからとか、自分だけにはそんな災害は来ないとか、行政や国がなんとかしてくれるとか思っていませんか?本当に子どもや孫、次世代のことを考えたら、100年使用出来る建物で街を造らなくてはいけません。

やはり都市政策としては、100年後を見据えた計画と、早急に対策しなければいけないことを同時に、確実に実行していくことで、歴史的な街づくりが出来ると思います。

私個人的には、これからの7年間が、東京と日本の次世代を左右することになると思いますので、しっかりとした計画のもと、より安全で快適な都市づくりに、微力ながら努めていきたいと思っています。

そんな街づくりや都市の安全に欠かせないのが鉄筋コンクリート住宅なんですね。

安全な街づくりに、是非ご協力ください。

それでは。

今日もありがとうございました。


人気ブログランキングへ     ←マカロンをおひとついかがでしょう!
 


祝!2020年東京五輪開催と完成内覧会開催。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で五輪を見る家を建てるならRCdesign

ご祝儀晴れの東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、高島平に不動産会社さん来社、北区西ヶ原計画検討、東久留米計画検討、見積作成、信用金庫さん来社、来客面談、大工さんと電話など。

午後は和光市方面へ、板橋区弥生町計画のお客様へ書類お届けと打ち合わせなど。ありがとうございます。帰社後は渋谷区東計画のお客様とお電話、関連会社社長来社、豊島区駒込計画検討、資料作成など。夕方は渋谷区笹塚計画検討、見積作成、渋谷区恵比寿2丁目計画検討、資料作成、打ち合わせなど。

no map祝!東京オリンピック開催決定!です。おめでとうございます。これを記念してかどうかはわかりませんが、9月21日(土)に完成内覧会を開催いたします。詳細はまた明日お知らせさせていただきます。

ではこちら。

【東京五輪】2020年開催決定!56年ぶりアジア初の2度目開催!

【ブエノスアイレス(アルゼンチン)8日】東京が、「オールジャパン体制」で圧勝した。国際オリンピック委員会(IOC)総会が7日、当地で行われ、2020年夏季五輪開催都市に東京を選んだ。東京はマドリード、イスタンブールを大差で破り、1964年大会以来56年ぶり、アジアでは初の2度目の開催となる。会期は7月24日から8月9日まで。
 
日本中が、運命の瞬間を息を止めて待った。歴史に刻む9月8日、午前5時20分(日本時間)。IOCのジャック・ロゲ会長(71)が、投票により選出された開催都市を記したボードをくるりと返すと、鮮やかに浮かび上がった文字とともに「TOKYO」のアナウンスが響き渡った。
スポーツ報知2013年09月09日08時05分

なるほど。

いや本当に良かったですね。これまで長期間招致に向けて努力を続けてこられた、関係者の皆さんには心より感謝と労いの言葉をお伝えしたいと思います。ありがとうございます。

昨日は早朝よりソワソワしながらテレビを見ていた人も多いと思いますが、最初はあまり関心を示さず、雲行きを見ながら徐々に盛り上がっていく様子は日本らしいとも言えますね。

それでも実際に開催が決定してみると、若い人を中心に将来に対する希望とか、震災復興の早期実行など、具体的な影響を感じます。

とりわけ経済的にも、消費税増税後のネガティブな感じを払拭してくれそうに思いますので、よりデフレ脱却への雰囲気作りと実体経済の浮揚を期待したいところです。

また、日本国民全体が、7年後というひとつの目標を持てたことが、非常に大きいと思いますが、逆にそれまでにやらなければいけないこともはっきりさせることが出来ますので、政治的な判断もスピード感が出てくるかもしれませんね。

そんな中でもやはり原発の汚染水問題などは、自国民のためはもちろんのこと、海外から来るお客様に対しても、絶対に嘘の無い安全を提供出来るようにしなければいけません。

一方、早速実施された調査では、10代〜30代の一般男女を対象にしたところ、「7年後の日本は明るいと思う」と81.8%が回答。「自分自身の手で日本をよりよく変えていきたい」と62.5%が回答されていました。この年代の人達がこれだけポジティブな雰囲気で盛り上がることは、きっと生まれて初めての経験ではないでしょうか。

ちなみに、我が家の中学生も本気でオリンピック出場を夢見ていましたので、それだけでも、日々のモチベーションアップに有効になりそうです。

皆さんはどんな7年後を想像しましたか?また、7年間をどのようにお過ごしになりますか?

もし、その間に住まいづくりの計画を入れるのであれば、少し早めに弊社までご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ     ←マカロンをおひとついかがでしょう!
 


江戸とガーデニングとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でガーデニングする家を建てるならRCdesign

まだまだ雲の多い東京です。

そんな今日は朝から目黒区鷹番計画検討、見積作成、都市銀行さん来社打ち合わせ、豊島区千川計画検討、地盤調査会社さんと電話、渋谷区東計画検討、信用金庫さん来社打ち合わせ、渋谷区恵比寿2丁目計画検討など。

午後は西台のお客様ご来社面談、電気屋さんと電話、設備屋さんと電話、資料作成、杉並区久我山計画検討、電気屋さん来社、蓮根の歯科医院計画検討など。夕方は設備屋さん来社打ち合わせ、業者さんと電話、渋谷区東計画検討、文京区向丘計画検討など。

なかなか夏が戻ってきませんが、気づけば7月も今日で終わりですね。良い夏にしましょう。

ではこちら。

江戸の「ガーデニング」は世界一! 時代小説から見る、花のお江戸の百花繚乱

7月30日から「江戸東京博物館」で開催されている、特別展「花開く 江戸の園芸」。
当時世界でも突出したガーデニング技術を持っていたという江戸の園芸文化を紹介している同展の概要によると、今から150年前に来日したイギリスの植物学者で、新しい植物を採取するために西欧諸国から全世界へと派遣された「プラントハンター」であったロバート・フォーチューン(中国の秘伝であったチャノキとその製法をインドへと持ち出してダージリン地方に植え、茶の中国独占を打破した人物。詳しくは『紅茶スパイ 英国人プラントハンター中国をゆく』(サラ・ローズ:著、築地誠子:訳/原書房)は、庶民までが花好きであることに驚嘆したという。 

関が原の戦いに勝利した徳川家康が征夷大将軍に任命され、江戸に幕府を開いた1603年から大政奉還をした1868年までの265年間は、大きな戦乱もなく太平の世であった。平和になると文化が発達するのは世の常で、江戸では花卉園芸が発達して新品種が開発され、人々の目を楽しませていたそうだ。
ダ・ヴィンチ電子ナビ2013年07月31日11時30分

なるほど。

日本では京都に代表される枯山水などの日本庭園が知られていますが、多くは寺院や大名屋敷などで表現されたひとつの様式美ですので、一般庶民の文化とは言えないものだったかもしれません。

一方、江戸では庶民でも草花を育てる文化が発達したようですが、江戸と園芸にそんな歴史があったとは、おそらく知らない人も多いのではないでしょうか。

それにしても、今から思うと江戸時代って本当にいい時代だったように思えますね。もちろん戻ることは出来ないんですけど、これからの時代に、何が人の幸福であるかのヒントがいっぱいあるように思います。

記事では、徳川家康を始めとする徳川将軍家も花好きの人が多かったこと、三代将軍の家光は盆栽にのめり込んでいたということ、また江戸城には「御花畠」があり、様々な草木が育てられていたということが書かれていました。

また江戸時代にはそれまで無かった植木鉢が普及し、まとまった庭がなくてもOKというのは、相当画期的なことだったようで、それも庶民の文化が発達した要因かもしれません。

さて、そんな江戸の文化を学べる時代小説が、『花競べ 向嶋なずな屋繁盛記』(朝井まかて/講談社)で、向島で種苗屋「なずな屋」を営む、花師の新次とおりんの若夫婦が主人公のお話だそうです。

江戸の植木職人の育種技術は、種から育てる実生や、挿し芽や挿し木、接ぎ木で数を増やしたりなど、様々な品種改良を行っていたということ。有名どころだと、日本原産である「エドヒガン」と「オオシマザクラ」を交配して生まれたソメイヨシノは、江戸末期に染井村(現在の東京の駒込近辺)に住んでいた植木職人らによって生み出された品種であることが知られていますね。

上記時代小説の舞台は、町人文化である「化政文化」が花開いた文化文政期(1804〜1829年)ですが、幕末から明治になると、西欧から輸入された花が美しいともてはやされ、それまでの江戸の園芸文化は急速に廃れてしまいました。

しかし現在でも桜の季節には花見をしたり、各地で朝顔市などが開催されていることからも、日本人の草花好きは変わっていないかもしれません。

自分のことで思い返しても、年齢を重ねるごとに花や木に興味が湧いてきましたし、ついついホームセンターで観葉植物を買ってしまったりするようになりました。もしかすると数年後には盆栽が趣味になっているかもしれません。

屋上庭園や、草花の似合う安全で快適な住まいをお探しなら、鉄筋コンクリート住宅を是非ご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ←応援のクリックをどうかひとつ!



水道水と暑中お見舞い申し上げます。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で環境に優しい住まいを建てるならRCdesign

いきなり猛暑の東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、渋谷区恵比寿2丁目計画検討、渋谷区東計画のお客様とお電話、提携会社さんと電話、信用金庫さん来社、吉祥寺計画検討、見積作成、世田谷区用賀計画検討など。

午後は世田谷区桜計画検討、見積作成、金融機関へ、その後都市銀行さん来社、資料作成、業者さんと電話、信用金庫さん来社、キッチンメーカーさん来社など。夕方は歯科機材メーカーさんと電話、台東区上野桜木計画検討、文京区本郷計画検討、図面作成など。

昨日は小暑で七夕でしたが、今日はいきなり夏本番という感じですね。暑中お見舞い申し上げます。

ではこちら。

東京都の水道水とミネラルウォーター飲み比べ、5割が”水道水の方がおいしい”

東京都水道局は4日、東京の水道水と市販のミネラルウォーターを飲み比べた結果をまとめ、発表した。調査期間は2013年4月5日〜6月30日。

都水道局は、2013年10月に利根川水系の給水区域全域で高度浄水100%を達することを記念し、水道水とミネラルウォーターを飲み比べる「高度100 東京水飲み比べキャンペーン」を展開している。

今回は、都水道局の蛇口などから採水した水道水と市販の国産ミネラルウォーターの飲み比べを実施。ともに10〜15℃に温度管理を行い、どちらが水道水かミネラルウォーターかわからないようにして、東京ミッドタウンや柴又帝釈天参道、津田塾大学など都内60会場(述べ66回)、2万9,000人に飲む比べてもらった。

その結果、「水道水がおいしい」と答えた人は半数の50%に上り、昨年の45%から5ポイント増加。一方、「ミネラルウォーターがおいしい」と答えた人も50%いた。 
マイナビニュース2013年07月08日13時45分

なるほど。

もう都市部では、水に対する品質とコストに関して、一定の水準を確保することと、それに伴うコストはある程度仕方の無いことという認識が定着しているように思います。

最近ではオフィスはもちろんのこと、ご家庭でもウォーターサーバーを設置されているお宅も増えましたし、他にも週末ごとにペットボトルのお水をまとめ買いしているというお宅も多いですね。

しかし、この傾向は単に水質にこだわっているということだけではなく、災害時の備蓄をしておくという気持ちも少なからずあるように思います。

また、もしかすると東京の場合などは水道局の宣伝不足ということもあるのではないでしょうか。恐らく地方から初めて東京に来たという方には、空気と同様に水もあまり良い品質では無いという古い先入観があるかもしれません。

記事によると、今回の3万人近くにも及ぶ調査で都の職員さんは「東京の水道水が、市販のミネラルウォーターと変わらぬおいしさであることが実証された」とし、よりおいしくなった水道水をぜひ蛇口から直接飲んでほしいとPRしています。

ところが、最近の学生などでは、あまり水道水を飲む習慣が無いのかもしれません。

きっとご家庭でもお子さんが「喉が渇いた」といった時に水意外の飲み物を提供する場合が多いのではないでしょうか。

我が家でもそのような場合はまず「水を飲めば」と言うと、「じゃあいいや」という言葉が返ってきます。

恐らく今時のスポーツ少年少女は、常に水筒にスポーツ飲料と呼ばれる飲み物を持ち歩いていますので、その影響からも、何らかの味付けがされていないと、飲み物と思えないようになっているのかもしれません。

ちょっと話が逸れますが、我が家の次男は今もサッカーを続けているんですけど、ある時期からどうもお腹が緩む時が多くなって、調べたところその原因はスポーツ飲料だったんですね。

その後はなるべくその量を減らして、今は基本的に麦茶を持って行くようにしています。そうしたらすっかりお腹の具合が良くなったと本人も驚いていました。

それにしても、水の大切さはもちろんのこと、水のおいしさをわからないような大人が増えてはいけないように思いますので、この夏は大いに汗をかいた後に、水道に駆け寄って水を飲むことを経験させてみてはいかがでしょうか。

それでは。

今日もありがとうございます。

 ←応援のクリックをどうかひとつ!

人気ブログランキングへ       



大盛況のお礼と雑誌発売のお知らせとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で注文住宅を建てるならRCdesign

絶好の完成内覧会日和だった東京です。

IMG_3362そんな今日は予定通り北区田端にて完成内覧会を開催させていただきました。昨日までの梅雨空から一転、とても恵まれた陽気になり、開場前から多くのお客様にご来場頂くことができました。誠にありがとうございました。

毎度のことながら、十分なおもてなしも出来ず、誠に申し訳ございませんでした。

本日お打ち合わせさせて頂きました内容につきましては、順次作業を進めさせて頂きますので、今暫くお時間を頂きたく存じます。

今回も大切な建物をお貸し頂きましたオーナー様には、感謝と共に重ねてお礼申し上げます。ありがとうございました。

さて、今回残念ながら予定が合わず、ご来場頂けなかったお客様には、是非次の機会にご来場頂きたいと思いますが、そんなに待てない、という方にお知らせです。

1281690575_oそう、恒例のリクルート社発行「東京の注文住宅2013夏・秋」が発売されました。

今回、こちらの雑誌でご紹介させて頂いたのは、前回完成内覧会を開催したオーナー様のお宅です。
 
都市型住宅でも子育てや趣味を楽しむためにデザインされた住宅です。
 
これから一戸建ての注文住宅を建てたいとお考えの方には、とても参考になると思いますので、是非お手にとってご覧頂けると幸いです。

いつもちょっと目を離すと途端に売り切れの書店もあるようですので、出来ればお早めに、明日にでもお近くの書店などでお買い求めいただけると安心です。

ちなみに定価380円。

何卒よろしくお願い申し上げます。

※本日は土曜日ですが、恒例の家づくり講座はお休みさせていただきました。申し訳ございません。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。

 ←応援のクリックをどうかひとつ!

人気ブログランキングへ  

東京都の避難場所見直しとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で災害に強い家を建てるならRCdesign

良い天気で暑い東京です。

そんな今日は朝から電気屋さんと電話、原稿作成、出版社さん来社打ち合わせ、渋谷区恵比寿2丁目計画検討、渋谷区神宮前計画検討など。

午後は信用金庫さんと電話、徳丸計画検討、図面作成、商社さん来社打ち合わせ、セキュリティー会社さん来社打ち合わせ、ご近所の不動産会社さんと電話、北区西ヶ原計画検討、売り地情報収集など。夕方はサッシ屋さんと電話、葛飾区高砂計画検討、ミーティングなど。

まだまだ暑さに慣れていないだけに、体調管理にはご注意くださいませ。

ではこちら。

首都を襲う巨大地震で津波想定 東京都が避難場所見直し

東京都は10日、巨大地震の被害想定の見直しを受け、新たに指定し直した避難場所を公表した。津波による浸水の恐れがある河川敷などは避け、内陸部の避難所を追加した。

東日本大震災の教訓として、都は昨年4月、巨大地震の被害想定を改定。都内に大きな津波被害をもたらしたとされる元禄関東地震(1703年)のような海溝型地震(M8.2)が起きた場合、沿岸部では最大2.61メートルの高さの津波が発生すると想定している。

この想定に基づき、都は浜離宮と多摩川河川敷の避難所を廃止。荒川河川敷など9ヶ所も一部廃止し、新たに東京理科大や江戸川スポーツランド周辺など内陸の10ヶ所を指定した。避難所は従来の189ヶ所から197ヶ所に増加した。

ただし、液状化の恐れのある98ヶ所は利用できる面積を狭く見直したため、避難所全体での利用人数は17万人減の964万人。火災の延焼が及ばない「地区内残留地区」を約1000ヘクタール拡大することで、避難スペースの確保に対応している。
ハザードラボ 2013-05-12 11:32

なるほど。

確かに、津波の危険性がある場所が避難地域に指定されていては、被害が拡大してしまいますので、今回の見直しは当然というか、少々遅かったかもしれません。

むしろこのような変更はしっかりと周知をしないといけませんし、都内に住んでいる方や、学校、もしくはお勤めの方にも、もれなく伝えていく必要があると思います。

こういった部分では、もう少し行政機関にも頑張ってもらわなくてはいけませんね。

まずはお住まいの地域やご家族が活動されている地域などの避難場所をご自身でご確認しておかれてはいかがでしょうか。

避難場所や地区内残留地区、避難道路などは東京都の都市整備局ホームページで見ることが出来ます。

http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/bosai/hinan/index.htm

なお、今回の指定は6月1日から施行されるとのことです。

もちろんご自身で防災住宅を建てるというのも一つの方法です。そんな家にご興味がある方には、鉄筋コンクリート住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←応援のクリックをどうかひとつ!



東京が1位だそうです。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で雪にも強い住まいを建てるならRCdesign

曇り時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から練馬区春日町のお客様とお電話、塗装会社さんと電話、世田谷区南烏山計画検討、西東京市計画検討、出版社さんと電話、土地家屋調査士さん来社、さいたま市計画検討など。

午後は文京区向丘計画検討、お問い合わせ対応、原稿作成、徳丸6丁目計画検討、資料作成、出版社さん来社打ち合わせ、電気屋さん来社、キッチンメーカーさんと電話、練馬の不動産会社さんと電話など。夕方は和光北口計画のお客様にご来社いただき打ち合わせ、東坂下計画検討、本駒込計画検討など。

明日は雪という予報の東京ですが、今回はハズレてくれると良いですね。まずは早起きして備えることにしましょう。

ではこちら。

生活費が高い都市ランキング、東京1位・大阪2位=調査

[ロンドン 4日 ロイター] 英経済誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が4日発表した生活費の高い都市ランキングは、東京が1位、大阪が2位になった。

EIUは、世界の140都市について、食料や衣料、家賃など160項目以上の価格を調べた。その結果、東京が1位に返り咲き、大阪は2位となった。

調査を担当したジョン・コープステイク氏は、東京の首位復帰は大きな驚きではないとし、その理由として、不動産価格や賃貸料の高騰などを挙げた。1992年以来、東京が1位以外だったのは6回のみ。昨年1位だったチューリヒは7位に後退した。
ロイター 2013年02月05日10時56分

なるほど。

一般的な感覚からすると、日本もこれまでデフレが相当進んでいましたので、諸外国並に生活費も下がっているものと思っていました。

ところが、またしても東京が1位に返り咲いたということで、その原因として、不動産価格の高騰が挙げられているようです。

確かに不動産価格については、下げ止まりの感もありますが、だからといって高騰しているというほどではないと思うんですけど。

一方で世界に目を向けると、今年の結果で注目すべき変化は、オーストラリアの物価上昇により、シドニーが3位、メルボルンが5位にランクインしたことだと指摘されています。

なんでも「他の都市では見られない上昇の仕方だ」と言われていますので、すでにバブル状態なのかもしれません。

そのほか、10位以内にはオスロ、シンガポール、パリ、カラカス、ジュネーブなどが入ったということですが、北米の都市は上位20位には入らず、バンクーバーの21位が最高位で、米国ではニューヨークとロサンゼルスが一番高く、ともに27位となっています。

また、トップ20のうち経済成長著しいアジア・太平洋地域の都市が11を占めているというところは、今後も注目したいところです。

それにしても、今の日本はこれからインフレをおこして物価を上げていこうということなっていますので、今後もしばらくはこのジャンルで1位をキープすることになりそうですね。

いずれにしても日本が良い方向に向かってくれますように。

それでは。


今日もありがとうございます。

 ←ハートをクリック!
人気ブログランキングへ



 

livedoor プロフィール
RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
twitter
brogram

おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場



一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ブログランキング
livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
Amazon




住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
チーム・マイナス6%