住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

歴史

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

キッチンの歴史と今とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でキッチン中心の住宅を建てるならRCdesign

連日猛暑の東京です。

そんな今日は朝から資料作成、その後埼玉県和光市のOBオーナー様宅訪問、帰社後は5丁目リフォーム計画検討、ミーティング、大工さんと電話、提携会社さんと電話、板橋区板橋3丁目計画検討、お問い合わせ対応など。

午後は世田谷区砧計画検討、見積作成、練馬区田柄計画のお客様とお電話、板橋区弥生町計画検討、解体業者さんと電話、板橋区徳丸6丁目計画検討、道路屋さんと電話、見積作成など。夕方は電気屋さん来社打ち合わせ、板橋区弥生町計画の現場へ、大工さんと打ち合わせ、その後業者さん、オーナー様と打ち合わせなど。

被爆から69年の広島原爆の日を迎えました。核兵器が無く、平和な世界を実現できますように。

ではこちら。

「キッチンの歴史と今 キッチンは豊かさの象徴」インフォグラフィックを公開しました。

リカサ株式会社は、キッチンの歴史と種類をわかりやすく表した「キッチンの歴史と今 キッチンは豊かさの象徴」インフォグラフィックを公開しました。
■「キッチンの歴史と今 キッチンは豊かさの象徴」インフォグラフィック
http://recasa.jp/livingraphics/lg_20140805/

意外と知らない日本のキッチンの歴史。実はつい最近まで「キッチン」と呼ばれるもの自体がありませんでした。本インフォグラフィックでは、キッチンの歴史、各キッチンの特徴をわかりやすくまとめました。

・ライフスタイルに合わせて選べるキッチン
時代とともに進化してきた「キッチン」。昔はキッチンと呼ばず、「流し台・洗い場」などと呼ばれていました。水場も一箇所にまとまっておらず、集落で共有する井戸まで水を汲みに行き、庭に洗い場を設け、土間に水瓶を置いて生活用水を調達していました。

今日では便利でローコストな「キッチン」が開発され続けています。ライフスタイルに合わせ豊富なデザインから選べるようにもなりました。シンプルに使うな らI型キッチンがオススメ。コストを抑えながらスタンダードな使い心地です。対面型キッチンは調理をしながら家族とコミュニケーションもとれるため、お子さんのいる家庭にピッタリです。 
PR TIMES 2014年08月05日10時18分

なるほど。

これから住まいを建てたいとお考えの方には、少しは参考にしていただけるかもしれませんので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

確かに、昭和の時代では、図面や間取り図にもキッチンという表記は無く、台所と呼ばれていました。

そして、そこにある設備は流し台であり、ガス台があったりしました。流し台はシンクに水栓が設けてあり、ちょっと気が利くと湯沸かし器が付いていたりして。ガス台には自分で用意したガステーブルを置く必要がありました。初期は1口でマッチで着火してましたね。

私が小学生の頃は、共同の洗い場があるアパートなどもあったように記憶していますが、今はキャンプ場やBBQ広場くらいでしか見なくなりました。

時代が変わって、今の家にはしっかりとしたキッチンセットが備え付けられていることが当たり前になりましたが、その当たり前も今一度ちょっと考えてみる必要があるかもしれません。

まず、キッチンの目的は料理をすることと言えますが、その目的を確実・正確に達成出来るのはもちろんのこと、より便利に楽しく作業が出来るようにしたいものです。

さらに、現在ではキッチンから子どもを見守ったり、料理意外の家事をしたり、奥様の書斎になったり、時にはパーティー会場や料理教室になる場合もあるかもしれません。

また、ひとくちにキッチンと言っても、コスト重視の量産型から、欧州の考え方を取り入れた、家具としてのキッチン、奥様のご要望や理想を実現するためのオーダーキッチンと、非常に選択肢が多くなっています。

残念ながらキッチンそのものとお料理の味には、直接の関連性はありません。しかし、奥様が上機嫌で作ったお料理と、不機嫌な時のそれとでは、違いが出るのではないでしょうか。

安価な物を短期間で交換するという考え方もありますが、建物同様にキッチンもお気に入りの物を出来るだけ長くご利用いただけると、エコにもなりますし、トータルではお得なお買い物になると思います。

キッチン選びでお悩みなら、是非お気軽にアールシーデザインまでお問い合わせください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←応援のクリックをどうかひとつ!



冒険に行こう!

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でワクワクする住まいを建てるならRCdesign

雲多めでも晴れた東京です。

そんな今日は朝から文京区本郷計画検討、書類作成、蓮根の不動産会社さん来社打ち合わせ、世田谷区代田計画検討、システムチェックなど。

午後は板橋区保健所へ、書類受け取りとヒアリングなど、その後金融機関、帰社後は出版社さんと電話、ひばりヶ丘のお客様とお電話、図面作成、提携会社さんと電話など。夕方は設備屋さん来社打ち合わせ、渋谷区恵比寿2丁目計画検討、代田計画のお客様とお電話、各種段取りなど。

比較的過ごしやすい陽気ですが、風邪っぽい症状の方も多いようですので、ご自愛ください。

ではこちら。

Googleストリートビューに、長崎“軍艦島”が登場……廃墟マニアの聖地「端島」

Googleは28日、長崎県長崎市高島町端島、通称「軍艦島」のストリートビューを公開した。「軍艦島」(端島)は、戦艦「土佐」に似ていることからつけられた俗称。端島は、長崎港から19kmの海上にある半人工島で、日本の近代化を支える炭鉱の町として栄えたが、1974年の閉山とともに無人島となった。炭砿施設や集合住宅など、各種施設はそのまま放棄され廃墟となり、長らく上陸が禁止されていた。

現在は島の一部について上陸が認められているが、立ち入り禁止区域も多く、廃墟マニアからは、いまも一種の“聖地”とされている。

今回グーグルは、長崎市の協力により、立入りが禁止されているエリアを含め島全体を撮影。撮影には、バックパック型の撮影機材トレッカーを用い、約2時間程度、島内を歩いて撮影を行ったとのこと。 
RBB TODAY2013年06月28日13時15分
 
なるほど。

これはなかなか面白そうです。

IMG_3450ストリートビューと言えば、通常は車で撮影するもので、先日は私の車の前を走っておりました。

その時はこんな車で、屋根にてんとう虫のようなものを載せておりましたが、いつの日か私の姿がストリートビューに登場するかもしれません。

ところが、今回の軍艦島ではなんと徒歩で撮影したとのことです。やはり廃墟の中や高低差のある場所も多く、狭いエリアなど車が入っていけない場所もあることから、徒歩での撮影になったのでしょう。

なんとご丁寧に撮影風景もアップしてありましたので、まずはこちらをご覧頂くと、さらに興味も湧いてくると思います。



何とも冒険心をくすぐる映像でしたね。私は特別廃墟マニアというわけではありませんが、ここの場所は建築的観点からも貴重なデータを見ることが出来ますし、昭和の雰囲気がノスタルジーを感じさせるんですけど、なぜかワクワクしてしまうんですよね。

続きは実際にストリートビューで隅々まで探検してみたいと思いますが、1974年から時が止まっているこんな場所は他には無いのではないでしょうか。

そんな街並みや建物の構造などを家に居ながらにして楽しむことができるというのはなんとも有り難いことです。

この週末は時間を忘れて冒険に行ってみてはいかがでしょうか。

こちらからどうぞ。 http://goo.gl/maps/y8NZ5
 
それでは。

今日もありがとうございます。

 ←応援のクリックをどうかひとつ!

人気ブログランキングへ       



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ