住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

民泊

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

民泊法案の規定とか。

東京で住宅を建てるならRCdesign

曇り時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から書類チェック、お問い合わせ対応、文京区小石川計画検討、その後高田馬場計画のお客様宅訪問打ち合わせなど、その後現場視察。

午後からは豊島区西巣鴨計画の現場へ、お客様と現場視察の後打ち合わせなど。帰社後は不動産会社さんと電話、新規お客様ご来社、ありがとうございます。上板橋2丁目計画検討など。夕方は中野区本町計画検討、中野区上鷺宮計画検討、資料作成、ミーティングなど。

せっかくのプレミアムフライデーですが、目がかゆいったらありゃしません。

ではこちら。

1日おきに泊めれば、ほぼ通年営業可…民泊法案

政府が今国会への提出を目指す「民泊」制度化のための新法「住宅宿泊事業法案」の全容が判明した。

自宅やマンション空き室などに客を有料で宿泊させる「民泊」を年間「180日」を上限に解禁することが柱で、客の受け入れ方によっては、ほぼ通年営業が可能な規定となっている。

法案では、営業日上限について「人を宿泊させる日数として、1年間で180日を超えない」と定めた。1泊2日の客の場合は「1日」と数えることになり、仮に1日おきに1泊2日の客を泊めると、年間360日の営業が可能になる。このため、自民党内では「周囲の旅館やホテルの経営を圧迫する」(ベテラン)との批判も出ている。

法案では、都道府県などが「騒音の発生その他の事象による生活環境の悪化を防止するため」、条例により営業日数の上限を引き下げられることも明記した。
2017年2月24日 10時39分 読売新聞 

なるほど。

ようやく法整備が追いついてきそうです。

おおよそ民泊の実体としては、すでに多くのオーナーさんがAirbnbを利用されていますし、そこから訪れるお客さんに宿を提供されています。

その技術的なしくみやシステムが整っている状況で、既存の業界や既得権を持っている方とのすり合わせとして、法の整備が必要とされていました。

また、海外からの旅行者では、もちろん日本の習慣やルールを知らない人も多く、近隣住民の方とトラブルになるケースもあるようです。

実際に民泊を運営されているオーナーさんに、話を聞くことも多いのですが、中にはお部屋の使い方が乱暴な人もいたり、外国人を相手にする場合はそれなりにご苦労も多いようです。

当然これまでの日本には無かったことですから、民泊を運営する側もまだまだ手探りという状況も多いでしょうし、不慣れな運営によってお客さんが困るということもあると思います。

記事にあるように、今回は民泊の基準として、人を宿泊させる日数として1年間で180日を超えない、ということになりそうですが、これもなんだかザル法と呼ばれるようになりそうな感じもしますね。

そもそも、2020年の東京オリンピックでは、既存のホテルや旅館などの施設が全く足りていないということも明らかですので、民泊に頼らざるを得ないという事情もあると聞いています。

そんな中で、専業の宿泊施設と民泊では、そのサービスは当然違うでしょうから、料金は当然のことお客さんの層も違ってくるのではないでしょうか。

ある程度予算があって、設備や料理が充実しているところに宿泊したい人もいれば、出来るだけ安価にしたい人や、よりディープな日本を味わいたいという人もいると思いますので、そこは宿泊施設の中でも住み分けがされるように思います。

むしろ日本でも民泊がより浸透すれば、日本人が国内旅行する時にも、より楽しめるようになるのではないでしょうか。

試しに一度AirbnbのHPをご覧になってみると、それだけでも結構楽しめると思いますよ。

こちらからどうぞ。−>Airbnb

民泊向けの建物をご検討なら、RCの家がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ←応援よろしくお願いします!



エアビーアンドビーとウーバーとか

東京で絶対的な家を建てるならRCdesign

晴れて暑くなった東京です。

そんな今日は朝から資料作成、お問い合わせ対応、資材メーカーさん来社打ち合わせ、水道屋さんと電話、朝霞市計画検討、北松戸計画検討など。

午後からは新橋方面へ、豊島区西巣鴨計画のお客様と打ち合わせ、帰社後はメーカーさんと電話、港区六本木計画検討、見積作成など。夕方は板橋区清水町計画検討、資料作成、鉄骨屋さんと電話、設備メーカーさんと電話、塗装屋さんと電話、ミーティングなど。

梅雨の合間の晴れ間でしたが、思い残すことなくお洗濯は出来ましたでしょうか。

ではこちら。

エアビーアンドビー 宿泊税支払いで世界190都市と合意

エアビーアンドビーは各国の行政からの反発を抑えるため、新たな戦略を打ち出した。宿泊税の徴収だ。

6月9日、エアビーアンドビーは米国を中心に世界190都市とパートナーシップを結び、ユーザーから税を徴収し政府に支払うことに合意したと発表した。税の支払いの仕組みは2014年に一部地域で導入され、既に累計8500万ドル(約91億円)を各国の行政機関に支払っている。

エアビーアンドビーは今後10年で、少なくとも20億ドル(2144億円)を全米50都市に支払うことになると予測する。この宣言は今月、インディアナポリスで開催される全米市長会議を控え発表された。同社のグローバルポリシー担当、Chris Lehaneは市長らに宛てた書簡で「各都市は弊社のサービスからメリットを得て頂きたい」と述べた。
2016年6月10日 12時30分 Forbes JAPAN 

なるほど。

世の中の流れはもう止められそうもありませんね。

ちょうど日本でも東京オリンピックが控えていたり、政府の進める観光立国に応えるためには、宿泊施設の絶対量が不足するということもあり、一般家庭やマンションの空き室を宿泊施設として利用する「民泊」に注目が集まっています。

そんな中、世界中で勢力を拡大していて注目されているのがAirbnb(エアビーアンドビー)ですね。

まだご存知ない方のために、簡単にご説明しますと、Airbnbは空き部屋を持つ「ホスト」と宿泊場所を探す「ゲスト」をつなぐインターネット上のプラットホームということになります。

記事にもあるように、2008年にサンフランシスコで創業されてから、現在は世界190カ国200万軒件以上の物件が登録されているということで、ここ数年日本でも急速に広まっているようです。

そんな新しい形のビジネスモデルですから、まだまだいろんなところで摩擦もあります。各国の既存サービスやビジネス、各種法規制、近隣住民など、これからルールが作られることになるでしょう。

記事ではそんな摩擦の解消を図るためか、宿泊税を支払うということで世界190都市と合意したということですので、既成事実と共により浸透していくのではないでしょうか。

同じようにUber(ウーバー)というサービスもありますね。これも海外のシリコンバレーで始まった配車サービスですが、スマートフォンで手軽にハイヤーやタクシーを呼べるということで、既存のビジネスからは破壊的な新サービスと言われています。

特にタクシー業界では激震を巻き起こしながら、世界中の都市に着々と進出しています。

このサービスの利用者は、Uberにクレジットカード番号を登録し、スマホに専用アプリをダウンロードする必要があります。その後タクシーが必要なときはアプリを開いて地図をタップすれば、近くにいるUberの契約ドライバーが駆け付けてくれるというもので、料金はアプリで自動的に決済する仕組みになっています。
 
記事にあるエアビーアンドビーの公式サイトでは「世界各地で古い法律が障害となり、税徴収の仕組みが導入できていない。今後、各国の司法や行政機関にこの仕組みの導入を呼びかけていきたい」と述べているということですので、着々と下地作りを進めていくようです。

日常で目にすることはありませんが、すでに黒船は着岸しているのかもしれませんし、いずれは開国をせざるを得ない状況というのも、いつか聞いたことがありますね。

目に見えないだけに、なかなか状況を把握するのが難しいかもしれませんが、時代の変わり目に立ち会っているという認識を持って、日々を過ごしたいと思います。
 
黒船にも屈しない家を建てるなら、是非鉄筋コンクリート(RC)住宅をお選びください。

それでは。

今日もありがとうございます。


    人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。 



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ