住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

津波

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

東日本大震災から7年で学ぶこととか。

東京で震災に強い家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後文京区根津計画、タイル屋さん来社打ち合わせ、目黒区中目黒計画検討、図面チェック、お問合せ対応、資料作成、大田区北千束計画検討、見積作成など。

午後は商社さんと電話、事務組合さんと電話、見積作成、商社さん来社打ち合わせ、日野市計画のお客様とお電話、ありがとうございます。お問合せ対応など。夕方は立川市のお客様宅訪問、打ち合わせなど、ありがとうございます。

今週が山場らしいですよ。がんばりましょう。

ではこちら。

東日本大震災から7年 今、私たちが学ぶこと

2011年3月11日の東日本大震災から7年の月日がたった。震災の記憶や悲惨な光景は忘れがたく、今もなお原発や放射能汚染、仮設住宅閉鎖や移転など、さまざまな問題を抱えている。

今回は、震災の記録はもちろん、近く起こると言われる首都直下型や東海・東南海の地震への対策など、今後についても考えさせられる3冊をご紹介。
2018年3月12日 12時0分 J-CASTトレンド

昨日は、死者・行方不明者1万8400人以上を出した東日本大震災の発生から7年という日でしたね。ニュースでは被災地と共に日本全国が鎮魂の祈りに包まれていた様子が報道されていました。

一定の年齢を過ごしてきた方だと、1年はあっと言う間に感じると思いますが、何かを待っている状況では、それでもまだ長い時間を過ごされていることと思います。

ニュースなどで当時の映像を目にすると、あの日の記憶が鮮明に思い出されるのは、国民のみんなが同じことだと思いますが、その時の恐怖や不安も同じように忘れてはいけないものだと思います。

最近の被災地では、堤防や土地のかさ上げなどが進み、震災前や直後の風景とはすっかり変わってしまいましたので、人の記憶も徐々に薄れてしまいそうで心配です。

さて、今日の記事では、震災に関連した本が3つ紹介されていて、そのどれもが一度は目を通しておいた方が良いと思うものでしたので、取り上げさせて頂きました。

まず一つ目は『人が死なない防災』(著者:片田敏孝 集英社 821円)という本で、2004年から釜石市の危機管理アドバイザーを務めてきた著者が、主体的な避難行動を可能にした「防災教育」のノウハウを余すところなく公開されているというもの。

いつ災害に襲われるかわからない私たちすべてが知っておかなくてはならない「生き残るための指針」を徹底公開してくれています。

三陸海岸で多くの人を救ったという「命てんでんこ」は、たとえ幼い子供であろうが、人に頼らず“自分のことは自分で守る”という自己防災の教えですが、これもまた同じ防災教育だったと思います。

二つ目の本は『津波からの生還 東日本大震災・石巻地方100人の証言』(編集:三陸河北新報社「石巻かほく」編集局 旬報社 1,620円)です。

この本では、人びとの記憶からあきらかになる津波の真実と、巨大な波に翻弄されたあの日、何が生死をわけたのかが書かれています。

大津波で大きな被害を受けた宮城県石巻市、東松島市、女川町で被災した100人の詳細な証言と当時の状況が分かる写真が多数掲載されていて、津波から必死に逃げる中で何を思っていたのか、震災が過ぎ去って思うことを探っていくという内容です。

そして3つ目の本は『検証 東日本大震災の流言・デマ』(著者:荻上チキ 光文社 799円)です。

この本では「災害流言」という人災のメカニズムを解くことで、チェーンメールやリツイートから生まれるデマはどのように広がっていくのか?真偽を確認するにはどうすればいいのか? 、そのメカニズムを解説し、ダマされない&広めない基礎知識を伝授してくれるというもの。

震災当時やその後現在に至るまで、"有害物質の雨が降る?""被災地で外国人犯罪が増えている?""放射性物質にヒマワリが効く?""ヨウ素入りのうがい薬は放射性物質に効く?""天皇陛下が京都に逃げた?"などなど。さまざまなデマやウソがSNSで蔓延しています。

情報化社会ならではの現象かもしれませんが、やはりそこでは個人個人の情報処理能力が問われますし、良かれと思って発信してしまった情報がデマだったりすることもありますので、安易にリツイートすることの危険性を考えなければいけません。

原発の処理なども含めれば、まだまだ復興は道半ばですし、むしろこの先数十年というスパンで対応しなければならない問題もあります。

きっとすぐに震災を知らない人が社会人になってくると思いますし、私たちの記憶もどこまで鮮明に残っているものかわかりませんが、だからこそ、当時の映像を定期的に見たり、記事にあったような本に目を通して、意識を高めておく必要があると思います。

災害に強い国にするために、建築が出来ることがもっとあると思います。まずは住まいをRC(鉄筋コンクリート)住宅で建てることからご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング    ←ご声援を是非!



稲むらの火から学ぶ。

東京で鉄筋コンクリートの家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝からミーティング、お問合せ対応、書類作成、その後出版社さん来社打ち合わせ、土地家屋調査士さんと電話、中板橋の不動産会社さんと電話、信用金庫さんと電話など。

午後はサッシ屋さん来社打ち合わせ、5丁目のお客様来社、文京区根津計画のお客様とお電話、ありがとうございます。地盤調査会社さんと電話、お問合せ対応、中野区大和町計画検討など。夕方は板橋区板橋3丁目計画検討、資料作成、信用金庫さん来社、見積作成、原稿作成、ミーティングなど。

日中はそこそこ暖かいものの、朝晩は寒く感じるこの頃です。風邪など召しませぬようご注意ください。

ではこちら。

「稲むらの火」をご存じですか?11月5日は、津波防災の日!

本日11月5日は「世界津波の日」。かつて日本の国定教科書にものっていた江戸時代のあるできごとにちなんで、2015年に制定されました。

海に囲まれた日本では、住まいが水辺でなくても、お出かけ先で津波に遭遇するおそれは充分ありえます。しかも、そのとき迷っている時間はありません。生き延びるためにとっさにすべきことを、この機会にぜひ頭に入れておきましょう!

津波災害の犠牲者には「避難しなかった」人も多いって本当!?
過去に起こった津波災害の犠牲者には、釣りや旅行・遠足・海水浴など行楽で海を訪れていた人、沿岸で工事作業などをしていた人も多数含まれているといいます。しかもなんと、そのとき地震を感じていたにもかかわらず、そのままそこにとどまって(または予定通り海辺にでかけていって)流されている人が多いのだとか!

…仮に、海のレジャー中に地震を感じたとしましょう。揺れがおさまったとき、もし周囲の人たちが何事もなかったかのように引き続きその場で楽しんでいたとしたら? それだけで安心して、自分も居続けてしまいそうな気がしませんか。
2017年11月5日 11時0分 tenki.jp

なるほど。

記事は昨日のものですが、日曜日だったということもあって、折角の世界津波の日がスルーされてはいけないと思い、ここで取り上げさせて頂きました。

記事にもありましたが、現に海の近くにお住まいの方なら当然意識をされていると思いますが、ほとんどの方は現状海の近くに住んでいるわけではありませんので、地震があってもたいてい津波は来ないから、とくに備えなくても大丈夫だと思っているのではないでしょうか。

実は、津波のもっともおそろしい点は「人に備えさせてくれない」ところだということ。 深い海からくる波はジェット機なみの速さと言われていて、襲来を確認してからでは、ほぼ何も備えられないそうです。

そのため、めったに起こらない津波が、ひとたび起こると甚大な被害をもたらせてしまうということですので、日常生活であまり備えを意識されていないことが、被害を大きくする一因となってきたといわれているわけです。

小さい頃から津波への対応を教えられた子どもは、地震を感じたら迷わず行動して助かることができます。被害を防いで、家族やふるさとを守ろうという意識も育ちますので、防災教育が大切なんですね。

さて、記事にあった「稲むらの火」なんですが、これは戦前の津波防災教材の名作といわれた物語で、これが最近になって再び注目されているそうです。

記事によれば、1854年の11月5日に起こった安政南海地震(M8.4)では、紀伊国広村(現在の和歌山県有田郡広川町)が津波に襲われ、そのとき機転をきかせて村人たちを救った浜口梧陵(儀兵衛)さんをモデルにした物語が、『稲むらの火』ということです。

ラフカディオ・ハーン(小泉八雲。怪談話で有名ですね)が英語で創作し、中井常蔵が翻訳・再話したものだそうで、1937年から約10年間、国定教科書の国語教材として使われていたとか。

ネタバレになってもいけませんので、物語の内容はお話し出来ませんが、「津波はとってもおそろしい! 地震を感じたら、一目散に高いところへ逃げること!」という教えを、この『稲むらの火』は、当時の子どもたちの心にしっかりと記憶されていたということです。

この物語には、史実と異なる設定がいくつかあるそうですが、記事にあったその後の実話が素晴らしく、この津波の後に主人公の梧陵さんは炊き出しや食糧確保など、被災した村人の救援活動に尽力されたそうです。

現在の銚子市ではじめた醤油づくりで得た私財を投じ、仮設住宅の設置から失業対策まで、「生きる希望」を取り戻すことが復興だと知っていらしたとか。さらには、防風林を植え、防波堤を建設。このような復興への取り組みの姿勢も、『稲むらの火』が注目されている理由のひとつなのだとか。

海の近くで地震を感じたり、津波警報などを聞いたら、とにかくすぐに避難してください。また、東京では河川を津波が登ってくることも考えられますので、もし近くに高台が無いようなら、鉄筋コンクリート造で3階建て以上の建物を目指してください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング  ← どうかひとつ!



年に1回はM7クラスって。

東京で強い家を建てるならRCdesign

小雪でも晴れて暖かくなった東京です。

そんな今日は朝から文京区向丘計画検討、資料作成、提携会社さんと電話、原稿チェック、新宿区早稲田方面でご検討のお客様とお電話、ありがとうございます。中野区本町計画検討など。

午後は図面作成、出版社さん来社打ち合わせ、資料作成、お問い合わせ対応、新宿区百人町計画など。夕方は図面作成、設備屋さんと連絡、蓮根のお客様とお電話、墨田区亀沢計画検討、税理士さんとお電話、ミーティングなど。

今日は地震の揺れで目覚めたという方も多いのではないでしょうか。その後も津波警報が出ていましたので、緊張状態が続いていたことと思います。出来る備えをしっかりとして参りましょう。

ではこちら。

「今後も年1回程度はM7クラスの可能性ある」 気象庁が会見

福島県などで震度5弱を観測した地震を受けて22日午前に記者会見した気象庁地震火山部管理課の中村浩二地震情報企画官は、地震が2011年3月に起きた東日本大震災の余震だとの見方を示した上で「(今後も)年1回程度はM7クラス(の地震)が起きる可能性がある」と語った。

東日本大震災からは5年以上が経過しているが、「(大震災は)M9と規模の大きい地震だったので、影響も長く続く。だんだん地震活動の状況は収まりつつあるが、時間が経つほど、収まり度合いが小さくなる。活発な状況は続いていてまだしばらく続く」などと分析した。
2016年11月22日 8時44分 THE PAGE

なるほど。

まずは今のところ大きな被害の報告が無かったようですので、一安心といった感じですが、それでもまだまだ決して気を抜ける状況ではありません。

まさか東日本大震災の余震が5年を過ぎてから発生するものとは、まったく想像していませんでした。

少々不謹慎かもしれませんが、巷ではここのところ11月23日に比較的大きな地震が発生するという予知が流されていましたので、今日の地震では最初にこれかと思ってしまいました。

記事にもあるように、気象庁でも今後は1年に1回はM7クラスの地震が発生する可能性があると言っていますので、引き続き警戒を続ける必要がありますね。

もしかするとなかには、大きな地震があったからしばらくは無いだろうとか、都合の良い解釈をされている人もいらっしゃるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

また、今朝はニュースでも津波警報が流され、避難を呼びかけていましたが、現地の映像を見る限りではそれほど大きな津波ではないと思われた人も多いかもしれません。

津波-浸水と死亡率 しかし、左の画像をご覧ください。

これは内閣府が東日本大震災の被害実態などから分析したデータで、1メートルの津波に巻き込まれれば、ほぼ死亡するという大変恐ろしいものです。

東日本大震災の時のような何十メートルという津波と比べると、1m以下はたいしたことが無いように思われますが、単なる水たまりや雨の時とは違い、津波は横から膨大なエネルギーが押し寄せてきますので、安易に考えてはいけません。 

ニュースでは津波が川を上る映像もありましたが、これだけでも非常に恐怖を感じました。

自然の力の恐ろしさは誰もがわかっていることだと思いますが、それでもまだ甘い想定をしている人が多いのではないでしょうか。

地震、津波、台風、豪雨、竜巻、火災など、本当に日本は災害大国なんです。だからこそRC(鉄筋コンクリート)住宅を普及させる必要があります。

日本を災害にも強い国にするためにも、是非RC(鉄筋コンクリート)住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。     



余震が100年続くそうです。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で地震にも強い家を建てるならRCdesign

晴天の東京は暖かくなりました。

そんな今日は朝から近所の現場で塗装屋さんと打ち合わせ、都市銀行さん来社、サッシ屋さん来社打ち合わせ、渋谷区東計画検討、信用金庫さん来社、ガス会社さん来社打ち合わせ、業者さんと電話など。

午後は金融機関回り、帰社後は都市銀行さん来社、地盤調査会社さんと電話、高島平1丁目計画検討、ご近所の現場にてお客様と打ち合わせなど。夕方帰社後は渋谷区恵比寿2丁目計画検討、板橋区弥生町計画検討、目白のお客様とお電話、その後成増2丁目計画のお客様宅へ、打ち合わせなど。

日中は予想外に暖かくなりました。体調管理にはご注意ください。

ではこちら。

東日本大震災クラスの地震だと余震が100年単位で続く恐れも

10月26日午前2時過ぎ、福島県沖を震源にM7.1、最大震度4の地震が発生した。岩手から千葉の太平洋沿岸に津波注意報や避難勧告が発令され、岩手・久慈港と福島・相馬市で40cm、宮城・石巻で30cmの津波を観測した。

未明に発生し、住民に大きな不安と恐怖を与えたこの地震について、気象庁は2011年3月の東日本大震災に誘発された「アウターライズ地震」であるとの見解を示した。「アウターライズ地震」とは何か。琉球大学の木村政昭名誉教授(地震学)が解説する。

「地球は数々のプレート(岩盤)で覆われており、プレート同士の境目は地球内部に沈み込んで『海溝』となります。東日本大震災は、日本海溝で沈み込んだプレートが、その歪みに耐えきれず跳ね上がったことで起きた『プレート境界型地震』と呼ばれるものです。今回福島県沖で起きた地震は、東日本大震災が起きた日本海溝のさらに外側が震源。海側のプレートが強い力で陸側に引っ張られたことで破壊されて起きた地震なのです」 
NEWSポストセブン2013年11月08日07時00分

なるほど。

東日本大震災から2年が過ぎ、原発に関するニュースは今でも目にすることが多いですが、被災された方やいまだ避難している方、仮設住宅で暮らす方の現状は伝わりにくくなっているように思います。

それと同時に、日本国民の震災に対する意識が、少し低下してきているようにも感じますので、より意識を高めていく必要があるかもしれません。

そんな中今日の記事では、2週間ほど前に発生した比較的大きな地震も、先の大震災から影響された余震ということで、しかもこの余震がこの先100年も続く可能性があるとのこと。

何でも巨大地震の後は、その余震が100年単位で続くそうで、しかも本震並みの大きい地震がいつ起こってもおかしくないとかで、実際にアメリカでは200年続いたこともあるそうです。

さらに、この今後も起こるとされるアウターライズ地震では、津波に特に注意する必要があるということですので、対策を急がなくてはいけません。

記事の中でも教授が言っていました。「アウターライズ地震は海の直下が震源となるため、津波が増幅されやすい。揺れの大きさに対して、津波が大きくなりやすいのです」と。

先月の福島沖地震では、岩手県の8194世帯1万8872人に避難勧告が出されましたが、実際に避難したのはわずか123人だったそうです。これは実際に感じた揺れが小さかった分、避難する人も少なかったと考えられますが、これこそが津波の被害を大きくしてしまう要因ですね。

実際に1933年に起きた昭和三陸地震はアウターライズ地震で、最大震度5を宮城県や福島県で記録したそうですが、それに伴う津波は28.7mだったとのことです。その結果被害者も多く、死者・行方不明者は3000人といわれています。

地震と共に津波に対する警戒は、極端に大きい揺れではないから安心、と勝手に判断することは絶対に禁物で、まずは避難、その後情報を収集して次の行動をとるようにしましょう。

私個人的には、海岸線にはRC(鉄筋コンクリート)造の建物を45度ずらした形で配置し、そのすべてを5階建てにするだけで、避難先の確保と内陸への侵入を削減する効果が期待出来ると思うんです。しかもこれが一番シンプルでスピーディーな方法だと思います。

これから家を建てるなら、是非RC(鉄筋コンクリート)住宅をご検討下さい。

それでは。

今日もありがとうございます。

  ←クリック頂けると大変嬉しいです。
人気ブログランキングへ
 


東京都の避難場所見直しとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で災害に強い家を建てるならRCdesign

良い天気で暑い東京です。

そんな今日は朝から電気屋さんと電話、原稿作成、出版社さん来社打ち合わせ、渋谷区恵比寿2丁目計画検討、渋谷区神宮前計画検討など。

午後は信用金庫さんと電話、徳丸計画検討、図面作成、商社さん来社打ち合わせ、セキュリティー会社さん来社打ち合わせ、ご近所の不動産会社さんと電話、北区西ヶ原計画検討、売り地情報収集など。夕方はサッシ屋さんと電話、葛飾区高砂計画検討、ミーティングなど。

まだまだ暑さに慣れていないだけに、体調管理にはご注意くださいませ。

ではこちら。

首都を襲う巨大地震で津波想定 東京都が避難場所見直し

東京都は10日、巨大地震の被害想定の見直しを受け、新たに指定し直した避難場所を公表した。津波による浸水の恐れがある河川敷などは避け、内陸部の避難所を追加した。

東日本大震災の教訓として、都は昨年4月、巨大地震の被害想定を改定。都内に大きな津波被害をもたらしたとされる元禄関東地震(1703年)のような海溝型地震(M8.2)が起きた場合、沿岸部では最大2.61メートルの高さの津波が発生すると想定している。

この想定に基づき、都は浜離宮と多摩川河川敷の避難所を廃止。荒川河川敷など9ヶ所も一部廃止し、新たに東京理科大や江戸川スポーツランド周辺など内陸の10ヶ所を指定した。避難所は従来の189ヶ所から197ヶ所に増加した。

ただし、液状化の恐れのある98ヶ所は利用できる面積を狭く見直したため、避難所全体での利用人数は17万人減の964万人。火災の延焼が及ばない「地区内残留地区」を約1000ヘクタール拡大することで、避難スペースの確保に対応している。
ハザードラボ 2013-05-12 11:32

なるほど。

確かに、津波の危険性がある場所が避難地域に指定されていては、被害が拡大してしまいますので、今回の見直しは当然というか、少々遅かったかもしれません。

むしろこのような変更はしっかりと周知をしないといけませんし、都内に住んでいる方や、学校、もしくはお勤めの方にも、もれなく伝えていく必要があると思います。

こういった部分では、もう少し行政機関にも頑張ってもらわなくてはいけませんね。

まずはお住まいの地域やご家族が活動されている地域などの避難場所をご自身でご確認しておかれてはいかがでしょうか。

避難場所や地区内残留地区、避難道路などは東京都の都市整備局ホームページで見ることが出来ます。

http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/bosai/hinan/index.htm

なお、今回の指定は6月1日から施行されるとのことです。

もちろんご自身で防災住宅を建てるというのも一つの方法です。そんな家にご興味がある方には、鉄筋コンクリート住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←応援のクリックをどうかひとつ!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ