住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

洪水

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

洪水危険度をお知らせとか。

水害にも強い家を建てるならRCdesign

晴れのち雨の東京です。

そんな今日は朝から日野市計画検討、電気屋さんと電話、金融機関へ、信用金庫さん来社打ち合わせ、来客面談、資料作成、渋谷区西原計画検討、世田谷区大原計画検討など。

午後は書類作成、お問い合わせ対応、図面作成、大田区仲池上計画検討、提携会社さんと電話、お問い合わせ対応など。夕方は荒川区西日暮里計画検討、ミーティングなど。

気温の変化にご注意いください。

ではこちら。

わが家の洪水リスクは…?国交省発、河川の洪水危険度ウェブサイト

国土交通省は、水害の危険度を分かりやすく情報提供するため、ウェブ上で河川の上流から下流まで連続的に洪水の危険度を知らせる「水害リスクライン」の一般向けサイトの運用を始めた。まず全国50水系を情報提供の対象とし、年度内に国が管理する全109水系に広げる予定だ。
2019年9月18日 5時0分 ニュースイッチ

なるほど。

これはなかなか有効な情報ではないでしょうか。

実際に確認してみたところ、比較的近い場所にある河川の現在の状況を映像で確認出来たり、水位の変化を確認することが出来るようになっていました。

これなら、台風や豪雨の時に、河川の状況を確認することが出来ますし、危険が迫っていることを自分でも確認出来ますので、場合によっては早めの避難を判断することが出来るかもしれません。

記事によれば、この水害リスクラインはおおむね200メートルごとに水位を計算しているということ。

その位置の堤防の高さと比較することで左右岸別に、上流から下流まで連続的に洪水の危険度を表示するそうです。

これまでは水位観測所の水位から一定区間の洪水危険度を予測しており、より細かく場所別の危険度が判断できるとしています。

河川に近いところにお住いの方や、ハザードマップで指摘されている地域にお住いの方は、ブックマークをされておかれると良いと思います。

ご興味のある方は、是非一度下記のリンクからご確認ください。

{水害リスクライン}
ttps://frl.river.go.jp/

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



想定外に備えること。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で想定外に強い家を建てるならRCdesign

台風前の小雨な東京です。

そんな今日は朝から渋谷区東計画検討、図面作成、信用金庫さん来社打ち合わせ、金融機関、関連不動産会社さんへ、打ち合わせなど。帰社後はガス会社さんと電話など。

午後は資料作成、板橋区成増計画検討、その後葛飾区新小岩方面へ、お客様と打ち合わせ、現地調査など、その後白金高輪方面へ、お客様と打ち合わせなど。夕方帰社後は設備屋さんと電話、電気屋さんと電話、資料作成など。

今のところはまだ静かな東京ですが、これから急に雨と風が強くなるかもしれません。引き続きご注意ください。

ではこちら。

「10年に1度」ではなくなった秋の巨大台風連発で起きる“想定外”の危機

日本列島に大きな爪痕を残した台風26号。全国で死者行方不明者は59人(10月18日時点)に達しているが、直後には27号が発生し、こちらも猛烈な勢力を保ち日本列島を脅かしている。

26号が襲った際、「10年に一度の強さ」とされたが、「気候変動、異常気象によってその状況は崩されている」(サイエンス記者)という見方もある。
 
「'09年、すでに名古屋大と気象研究所(茨城県つくば市)が、温暖化により今世紀後半には風速80メートル(26号は最大瞬間風速75メートル)に達する『スーパー台風』が日本列島を襲う可能性が高いことを示唆している。その場合、乗用車や木造家屋は吹き飛んでしまう。高潮により、造りが貧弱な堤防が破壊された場合、被害は計り知れません」
週刊実話2013年10月25日16時00分

なるほど。

なぜか10年に1度のことと言われると、あまり頻繁ではない、イコール対策をする必要はないと連想してしまう人がいたりします。

本来なら、それだけ希に遭遇するということは、同時に大きな被害が発生する可能性が高いということになるはずですので、50年に1度や100年に1度の可能性にも、それを想定した対策をしなければいけないんです。

そんな10年に1度が、気候変動や異常気象によって、そのスパンが短くなったり、より強力な自然の猛威にさらされる可能性が高まっているということかもしれません。

となると、今後の住まいづくりでは敷地の状況や歴史を確認したり、高低差のある場所では前後の状況を広い範囲でチェックしておくことも必要になりそうです。

また、家のプランニングでも、地下室を設ける場合は、これまで以上の対策や、万が一の場合の覚悟も必要かもしれません。最近の建て売り住宅などでは、高さ制限の厳しい場所に1階を半分埋めた形態、いわゆる半地下という形も多くなっているように感じます。

近年、夏のゲリラ豪雨の時もそうですし、今年のような秋の大雨の時は、道路の下にある下水道管が瞬間的に満杯になることがあります。

そうなると、いくらポンプで排水出来るような設備を設けてあったとしても、排出先がいっぱいな以上、あとは水は低いところに流れてきてしまいます。

また、そのような状況では、道路や敷地周辺もかなり水位が上がっていると思いますので、玄関先や、掃き出し窓のある部屋には、土嚢を積む準備をしておいた方が良いと思います。

ですので、そのような半地下や地下室のある家にお住まいの場合は、最悪の事態でも、人命を守れることと、同等に大切なモノはあらかじめ上階に避難させておくようにしましょう。

まずはどんな強風にも耐えることが可能な家を建てることが大切ですね。

それでは。

今日もありがとうございます。

  ←クリックが大変嬉しく存じます。
人気ブログランキングへ



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ