東京で耐火の家を建てるならRCdesign

晴れて暖かい東京です。

そんな今日は朝から資料作成、豊島区西巣鴨計画検討、解体業者さん来社打ち合わせ、文京区大塚3丁目計画検討、見積作成、品川区東五反田計画検討、提携会社さんと電話など。

午後はご近所のお客様とお電話、原稿作成、お問い合わせ対応、世田谷区三軒茶屋計画検討、高田馬場計画検討、ご近所のお客様来社打ち合わせなど。夕方は練馬区田柄のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ミーティングなど。

朝晩はまだまだ寒いですね。無理のないよう温かくしてお過ごし下さい。

ではこちら。

浴室乾燥機で発火恐れ、東京ガスなどがリコール

東京ガスとガス器具製造のノーリツ(神戸市)などは16日、1997〜2007年に製造された浴室暖房乾燥機(計41機種・9万4756台)で発火する恐れがあるとして、リコール(無償点検・部品交換)を開始すると発表した。

東京ガスによると、15年6月〜17年1月に東京都内の利用者方などで、乾燥機が火元となる火災が計3件発生。温風を浴室内に循環させるファンモーター内部で異常が生じたことが原因という。
2017年3月16日 19時1分 読売新聞

なるほど。

これは早々に周知の必要がありますね。

もしご自宅で浴室換気乾燥機をお使いの方や、親類や友人宅で見かけた方には、今一度製品の製造年数やメーカーをご確認頂きますようお願いいたします。

該当の年式だった場合には、製造メーカーもしくは東京ガスや大阪ガスなどにお問い合わせください。

また、東京ガスは来月から順次、対象者宅を戸別訪問して無償で点検と部品交換作業を行うというコメントを出していますので、訪問がありましたら必ず点検を受けるようにしてください。

今のところは10万台近い販売台数の中で3件の火災ということですので、その可能性は低いかもしれませんが、原因もはっきりしていますので、対策をしておけば安心ですね。

浴室換気乾燥機は一度使うと手放せない機器ですし、家族が多かったり雨の日が続く季節にはとても重宝します。

それゆえに安心して安全に使いたいものです。

ただし、これらの機器も当然に寿命がありますので、製造から10年を過ぎた場合には、買い替えをご検討いただいた方が安心ではないでしょうか。

そしてせっかく浴室換気乾燥機を設置するのなら、乾燥時間やランニングコスト、安全性も含めて温水式のものがオススメです。

浴室換気乾燥暖房機を設置のご相談はRCdesignまでお気軽にどうぞ。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ        ←応援よろしくお願いします!