住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

清潔

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

洗濯の基本のおさらいとか。

東京で夏に快適な家を建てるならRCdesign

晴れのち曇りの東京です。

そんな今日は朝から資材発注、原稿作成、お問合せ対応、杉並区高井戸東計画検討、見積作成、サッシ屋さん来社打ち合わせ、事務組合さん来社打ち合わせなど。

午後は看板屋さん来社打ち合わせ、内装建材メーカーさん来社打ち合わせ、関連会社さんへ書類お届け、文京区根津計画検討、図面作成など。夕方は港区新橋のお客様とお電話、豊島区西巣鴨計画検討など。夕方は商社さん来社打ち合わせ、お問合せ対応、ミーティングなど。

これでもまだ梅雨明けしていないなんて、夏が恐ろしいですね。

ではこちら。

本当に洗えてる? 洗濯のプロに教わる「洗い方の基本」おさらい

毎日やっていることだから大丈夫!と思いがちな洗濯の仕方。でも、汚れがしっかり落ちていなかったり、なんとなくニオイが残っていたリ。

それ、もしかしたら、洗い方の基本が間違っているのかも!? 衛生面が気になる夏だからこそ知っておきたい、洗い方の基本。洗濯王子こと中村祐一さんにもう一度きっちり教えてもらいましょう。
2017年7月13日 7時50分 レタスクラブニュース

なるほど。

確かにこの時期は、子ども達のクローゼットや整理ダンスが何となく臭うということがありますね。

しっかりと洗っているはずですし、柔軟剤も入れてニオイ対策もしているし、もちろんお日様にも当たっているのに、とても残念な気持ちになってしまいます。

オヤジの加齢臭と同様に、スポーツに夢中だったり、1日遊んだ子どもでも、そこには原因となる汚れがあるということだと思いますので、今一度正確なお洗濯の方法を確認しておいても良いのではないでしょうか。

記事にあったSTEP1は色の濃いものと薄いものに仕分けるということで、まずは白っぽいものと、色の濃いものの2種類に大別します。濃い色の中でも、新しいデニムなど、色落ちの心配があるものは分けて洗いましょう。赤色や変わった染め方のものも色落ちしやすいので、要注意とのこと。

STEP2は汚れがひどいものはさっと手洗いをしておくということです。靴下や、シャツの衿、袖口の汚れなど、目につく汚れはさっと手洗い。洗濯槽の中で迷子になってしまう靴下は、予洗いをすれば2枚を重ねて洗濯機で洗っても大丈夫。さっと取り出して干せるそうです。

そしてSTEP3としては大きなものは下、小さなものは上にして入れるということ。色別にした洗濯物は、大きさ別にざっと再仕分け。パーカやバスタオルなどの大きいものは下、フェイスタオルやシャツはまん中、靴下などの小さいものは上になるように洗濯槽に入れると、ムラなくよく洗えるそうです。

そして最後の注意点として、洗濯物の量は洗濯槽の7〜8分目までにしましょうということ。全自動洗濯機は、検知した洗濯物の量によって水量を調整します。洗濯物が少量になる分には問題ありませんが、入れ過ぎには注意が必要です。

洗濯槽に目一杯詰め込むと、水中で洗濯物が動かず、汚れ落ちが悪くなりますので、欲張らずに7 〜8分目までにとどめて動かすようにしましょう。

ベテランの主婦の方には当たり前のことだったかもしれませんが、まだまだ不慣れな新婚さんや、一人暮らしを始めた方には是非参考にして頂きたいと思います。

少しでも快適で清潔な夏を過ごせますように。

夏も快適な住まいなら、RC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング   ←ついでにひとつ!



ゴキが出ない部屋の条件とか。

東京で清潔な家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から志村坂上のお客様とお電話、サッシ屋さんと電話、提携会社さんと電話、町田市中町計画検討、高田馬場計画検討、電気屋さんと電話、原稿チェック、資材発注、資料作成など。

午後は北区方面でご検討のお客様とお電話、ありがとうございます。内装建材メーカーさん来社打ち合わせ、練馬区高松計画検討、資料作成、お問い合わせ対応など。夕方は書類作成、電気屋さん来社打ち合わせ、世田谷区松原計画検討、ミーティングなど。

気温の寒暖差が大きくなっていますね。くれぐれもご自愛ください。

ではこちら。

【必見】ゴキブリが出ない部屋、9つの条件。物件探しのチェックポイントをプロに聞きました

新生活に向け、ワクワクしながら物件探しをしている人も多いでしょう。立地や家賃も大切ですが、虫嫌いの人が忘れちゃいけない条件もあります。

それは「ゴキブリが出ない物件」かどうか。とくに一人暮らしを始める人は、「今後、出現した虫を退治するのは自分だけ」という現実を心に刻まねばなりません。

物件選びの際にいくつかのポイントを押さえれば、ある程度「ゴキブリが出づらい部屋」に住むことは可能ですよ!

というわけで、今回は害虫駆除サービスを手掛けるダスキンさんに「奴らが出ない部屋の条件」をうかがいました。 
2017年2月16日 11時30分 Woman Insight

なるほど。

今の時期は彼らを比較的見かけないかもしれませんが、それでも人間が生活出来る環境であれば、彼らは当然に生息できますし、これから暖かくなってくれば、遭遇することもあるかもしれません。

南北に長い日本では、北海道だと彼らを見かけたことがないという話も聞きますが、一方で沖縄では想像以上に発育の良い彼らと遭遇することもあるとか。

記事ではこれから一人暮らしをする方に向けて、極力彼らと遭遇し難い物件の選び方が紹介されていましたが、もちろんファミリー世帯でも同じだと思いますので、是非参考にしてください。

まずは彼らが好む環境とはどのようなものかというと、暖かい、暗い、食べ物が多い、水分が多い(飲み水がある)、隙間が多い(5mmの隙間が一番快適だそうです……)というところだそうです。

では実際に彼らに絶対遭遇したくない人が、物件探しでチェックすべきポイントを見てみましょう。

◆2階以上(上層階であるほど◎)
◆階下や隣に、店舗・公園がない
◆窓のすぐ外に木や電柱がない
◆木造以外のつくりである
◆風通しがよく、湿気がこもらない
◆新築・築浅の物件
◆真下が空き部屋になっていない
◆付近の道、マンションの共有部が清潔
◆ポストがドアと分離している

どれも言われてみれば、確かにと思える条件だと思いますが、やはり同じ建物に飲食店が入っていたり、隣接している場合などは、遭遇の可能性が高まると思います。

また、景観上は良いことなんですが、公園には昆虫などと一緒に野良Gという野生の彼らも生息しているそうですので、ある程度距離をとった方が良いでしょう。

自分の家や部屋をきれいに清潔にしておくことはもちろんですが、周辺の環境も大事ということですので、近隣に空き家やゴミ屋敷などの有無をチェックしておきたいですね。

あとは基本的に侵入を許さないように、網戸の破れやスキマ、給排気口のフィルターなどをチェックしておいた方が良いでしょう。

これらは賃貸住宅を借りる場合の参考にして頂くものですが、もちろん一戸建ての住まいを建てるという場合でも、なるべくなら永遠に彼らと遭うことなく過ごしたいと思いますので、参考にしてください。

彼らと遭わずに暮らすなら、RCの家がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ←応援よろしくお願いします!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ