住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

燃料電池

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

共同住宅にもエネファームとか。

東京でエコな家を建てるならRCdesign

快晴の東京です。

そんな今日は朝からお問い合わせ対応、新宿区上落合でご検討のお客様とお電話、面接、サッシ屋さん来社、メーカーさん来社、練馬区田柄計画検討、お客様とお電話など。

午後は文京区千駄木計画検討、見積作成、解体業者さんと電話、提携会社さん来社打ち合わせ、新宿区北新宿計画検討、中区野毛町計画検討、鉄骨屋さんと電話など。夕方は新宿区の中井へ、中落合でご検討のお客様と現調及び打ち合わせなど。

受験が終わったり、就活が始まったりで、いかにも春らしくなって参りました。

ではこちら。

東京ガスとパナソニック、マンション向けエネファームの新製品を発売

東京ガスとパナソニックは、マンション向け家庭用燃料電池「エネファーム」の新製品を共同開発し、東京ガスが7月から発売する。

東京ガスは、戸建住宅に比べ設置条件に制約があるマンション向けに、燃料電池ユニットの排気筒を延長、従来設置することが難しかった排気が滞留しやすいよう奥まった場所にも設置が可能となる排気延長タイプをラインナップに加えた。

また、新製品の貯湯ユニットとバックアップ熱源機のユニット間の許容配管距離を従来の10mから15mに延長、住戸の両端にユニットを離して設置するようなユニット間の距離が長い設置も可能。
2016年3月2日 11時15分 レスポンス

なるほど。

近年知名度の浸透と共に、人気も上がってきたエネファームですが、これまでは実際に設置を検討したところ、残念ながら設置出来ないというケースが少なからずありました。

これは機器の搬入経路やメンテナンスに必要なスペースを確保しなければ、設置を認めないという規定があり、さらに機器そのものの大きさについても、比較的大きなスペースが必要とされていたのが主な原因です。

そんな事情から、スペースの限られている共同住宅では、需要があっても設置できないという状況だったのが、今回の新商品では対応が可能になったということです。

とはいえ、太陽光発電もそうなんですけど、これらの省エネ機器の導入を検討するとき、どうしても投資額の回収にどのくらいの期間がかかるか、というところが気になってしまうものですね。

結論から言ってしまうと、やはりおおよそ10年というところが一つの目安になります。

これは意外にも10年くらい前からあまり変わっていませんが、たとえば機器の価格は下がっているものの、電気の買取価格も同じく下がっていたり、補助金なども年々下がっていますので、投資額が下がっていても、回収には同じ期間が必要になっています。

そうなると、経済的にはあまりメリットが感じられない、という人もいらっしゃるかもしれませんが、実際はこれら表面的な数字だけではありません。

エネファームもそうなんですけど、付属するリモコンには日々の消費電力量や発電量、エコ貢献度などが表示されますので、間違いなく家族の意識が変わってきます。

その結果、自然と省エネな生活スタイルも身についてきますので、日々の光熱費がより削減されるようになるものです。

ついでに電力の自由化に伴って、電気料金も同じガス会社さんにしたりすると、一層ランニングコストが圧縮出来るかもしれません。

エネファームに関しては、年々価格が下がってきましたが、同時に国の補助金も下がってきており、おそらくここ1、2年が最後の補助金になるかもしれません。

これまでスペースの都合で設置できなかったという方や、これから新築やリフォームをされる方は、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

ご興味のある方は、エネファーム取り扱い件数の豊富な弊社まで、お気軽にお問い合わせください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ←お気軽にクリック!



エネファームが低価格にとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でエコな家を建てるならRCdesign

朝から雪のち雨の東京です。

そんな今日は朝から法務局へ書類受け取り、出張所、資材置き場へ材料引き取り、帰社後はお問い合わせ対応、書類作成、板橋区徳丸計画検討など。

午後は地方銀行さん来社、中板橋のお客様とお電話、小金井東町計画検討、世田谷区弦巻のお客様とお電話、世田谷区奥沢計画検討、練馬区田柄計画検討、地盤保証会社さんと電話など。夕方は見積作成、出版社さん来社打ち合わせ、商社さん来社打ち合わせ、お問い合わせ対応など。

天気予報も良い方にはずれてくれて、夜には雨も上がっていましたね、まずは良かったです。

ではこちら。

東京ガスとパナソニック、戸建向け家庭用燃料電池「エネファーム」を低価格で発売

東京ガスとパナソニックは4日、家庭用燃料電池「エネファーム」の戸建向け新製品を共同で開発したことを発表した。

パナソニックは「燃料電池ユニット」を製造し、「貯湯ユニット」および「バックアップ熱源機」と組み合わせて東京ガスに供給。東京ガスは、4月1日から新製品を発売する。部品点数の削減などにより、希望小売価格で現行品よりも30万円低価格の160万円を実現した。

また、停電時に電気を使いたいというニーズに対応しやすくするため、現行品では別付けのオプション品にて提供していた、停電時発電継続機能を燃料電池ユニットに内蔵した機種を新たに追加。さらに、これまで以上にさまざまな設置スペースに柔軟に対応するため、貯湯ユニットはバックアップ熱源機との一体型と別置型の2種類を用意した。これらにより、燃料電池ユニットと貯湯ユニットは、顧客ニーズや設置スペースに応じて計4種の組合せから最適な機種を選択できるようになった。
2015年2月4日 22時47分 財経新聞

なるほど。

確か7,8年前になりますが、当社で一番最初にご導入頂いたお客様には地域でも1号機というエネファームを設置させていただきました。

当時はまだエネファームという名前ではなく、ライフエルという名称で取り扱いが始まったばかりだったと記憶しています。

当初はモニター的な意味合いもあったり、まだまだ導入コストが高く、お客様にもご負担になったことと思いますが、エコロジーに関心が高い方や技術的関心を持って頂ける方に限られていたように思います。

しかし、ここ数年は技術の進歩が目覚ましく進み、機器の改善と小型化や、コストダウンを実現してきました。

そしていよいよ160万円という低価格まできましたので、いよいよ普及に拍車がかかるかもしれませんね。

さらに、これまでにもご要望の多かった機能で、停電時にも発電を継続する機能を燃料電池ユニットに内蔵したというのは非常にメリットになると思います。

これなら、災害時や計画停電時などの時でも、一定容量の電力が昼夜問わず確保出来ますので、より安心感が高まります。

ただそうなると残念ながら国からの補助金などが減額されることになってしまうかもしれませんので、少しでも国の予算があるうちに導入されるというのも検討の余地がありそうです。

記事によると、これまでに累計販売台数が約40,000台を達成したそうですが、パナソニックは、2015年1月末までに、全国で累計約52,000台を出荷しているということです。

東京ガスさんとパナソニックさんとしては、今回の製品でさらなる販売の拡大を目指すとともに、「エネファーム」の普及を通じて、顧客の快適な暮らしと地球環境の保全、電力ピークカットなどに貢献していくということです。

より一層の省エネを目指し、より快適な生活をお望みなら、断熱性と気密性の高い高性能RC住宅にする必要がありますので、これから家を建てるなら、RC(鉄筋コンクリート)住宅と燃料電池「エネファーム」の設置を合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

logo_enefarm

ちなみにエネファームの詳しい情報はこちらからどうぞ。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ← 応援のクリックを是非!



究極のエコエネルギーとは。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でエコな住まいを建てるならRCdesign

晴れて冷え込み厳しい東京です。

そんな今日は朝のうち資料作成、通信会社さんと電話、その後建材屋さんへ、材料を受け取り後板橋区徳丸の現場へお届け、鉄筋屋さんと打ち合わせ、帰社後は大掃除手伝い、金融機関さん来社、造園屋さん来社打ち合わせなど。

午後は大工さんと電話、その後信用金庫さんへ、生コン業者さんと面談、大掃除の続き、商社さん来社、機器メーカーさんと電話など。夕方は提携会社さん来社打ち合わせ、原稿作成、ミーティングなど。

今日で仕事納めという方も多かったようですが、弊社はもうちょっとがんばります。

ではこちら。

“究極のエコエネルギー” 「水素」が生活を変える?

エネルギーと言えば化石燃料が頭に浮かぶが、枯渇が危ぶまれている資源に頼ることなく、よりクリーンで豊富な代替エネルギーとして期待を集めているのが水素だ。例えば水を電気分解することで、水素と酸素を取り出すことができる。タンクに貯めて持ち運べ、必要なときに使えるという大きなメリットもあり、次世代に向けた究極のエネルギーとして期待されている。

これまでは主に工業用として利用されていた水素エネルギーを日常生活にも活用しようという官民一体となった動きが活発化している。資源の少ない日本においては、社会を支える有力なエネルギーとして水素の有効活用が待ち望まれている。

経済産業省が2014年6月に策定したロードマップでは今後、家庭用燃料電池や燃料電池自動車で大幅な省エネなどを目指していく計画だ。2020年代後半には海外の未利用エネルギーを使った水素供給システムの確立や水素発電の本格導入、2040年頃には再生可能エネルギーを用いたCO2フリーの水素供給システム実現に向けて、さまざまな取り組みを進めていく方針だ。
2014年12月26日 16時0分 dot.(ドット)

なるほど。

恐らくほとんどの方が、生まれて物心が付いてからというもの、エネルギーの問題を耳にしない時代は無かったはずです。

しかし、近年になってからは、再生可能エネルギーの活用や、新しい代替エネルギーが次々に実用化の運びとなっています。

そんな中でも、2015年は水素元年とも言われているようで、記事にもあるように家庭用燃料電池や燃料電池自動車に大きな注目が集まりそうです。

弊社でもこれまでに、家庭用燃料電池「エネファーム」の積極的な採用を進めて参りましたが、これまでの導入期を過ぎ、いよいよ来年からは価格的にも一段と下がって、普及が進みそうです。

一方、先日はトヨタ自動車が燃料電池自動車「MIRAI(ミライ)」を発表しましたね。世界初となる燃料電池自動車の市販車として発売されたようです。まさに水素社会の到来をうかがわせる出来事です。

なんでも販売価格は670万円(消費税抜き・リサイクル料金含まず)で、政府が検討中の補助金を差し引いた実質的な負担額は、500万円程度になるそうですが、既に約200台の受注があり、今後の状況によっては納車までに期間を要するケースもあるそうです。

こと車に関しては、電気自動車のケースもそうですが、これまでのガソリン車と比べるとどうしても不便を感じてしまうところがあります。

政府が先導する意義もわかりますし、もちろん地球環境を考えれば少しずつでも実現していかなくてはいけないことに違いありません。

ただいつまで続くかわかりませんが、従来のガソリンで走る車やバイクの楽しさを、まだまだ手放すことは出来そうにありません。

ということで、車はもう少し先でもいいかな、とお考えの方も取り急ぎ家庭用燃料電池からご採用をご検討されてみてはいかがでしょうか。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ← ご声援のクリックを是非!



エネファームがブレークの予感とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で省エネの家を建てるならRCdesign

晴れの東京は寒いです。

そんな今日は朝から原稿チェック、来客面談、信用金庫さん来社打ち合わせ、設計事務所さんと電話、杭屋さんと電話、地盤補償会社さんと電話など。 

午後は渋谷区東計画の現場へ、お客様と打ち合わせ、ありがとうございます。業者さんと打ち合わせなど。帰社後はサッシ屋さんと電話、資料作成など。夕方は渋谷区恵比寿2丁目計画のお客様とお電話、土地家屋調査士さんと電話、設備屋さん来社打ち合わせ、各種段取りなど。

さて、明日は弊社設計施工によるRC住宅の完成内覧会を開催させていただきます。もし少しでもお時間が許すようでしたら、弊社ホームページ最上段にあるアドレスまでメール頂ければご案内させていただけます。

ではこちら。

「エネファーム」ブレークの予感 100万円切れば普及加速か

ガスを原料に発電、給湯を行う家庭用燃料電池「エネファーム」がじわりと普及している。

デビュー当初は認知度と高価格がネックとなり普及ペースは緩やかだったが、東日本大震災(平成23年)後の電力不足懸念で環境が激変。自家発電への関心の高まりや技術革新による低価格化も追い風だ。スマートフォン(高機能携帯電話)で操作できる機種も開発され、家庭への浸透を続けている。

「12月は1万円か」。兵庫県西宮市の男性会社員(45)は、毎月節約できた電気料金をチェックするのが習慣だ。エネファームは平成23年10月に購入。男性は「省エネ効果を実感できる」と話す。仕組みは、ガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させて電気を作る。発生する熱でお湯を沸かすためエネルギーの無駄が少ない。 
産経新聞 2014年03月14日08時47分

なるほど。

確かに、昨年からはお客様の認知度も上がり、実際に弊社でも採用されるお客様が多くなっていますね。

実は明日開催する完成内覧会でご覧頂く家にもご採用いただいていますので、ご来場いただくと最新の機種をご覧いただくことができます。

さて、記事では大阪ガスの試算として、標準家庭で年間購入電力を約7割削減し、光熱費も7万円強削減できるというデータが書かれていましたが、これはもちろん家族構成や生活スタイルによって上下しますので、ご了承ください。

このエネファームは都市ガス各社と、パナソニックなど電機メーカーが共同開発し、21年に販売が始まりましたが、初代機種の標準価格は約330万円で、大阪ガスが「どれだけ売れるのか手探りだった」と言われている通り、普及までに少々時間がかかっているようです。

コージェネレーション・エネルギー高度利用センターによると、21年の全国販売は約5千台とやはり出だしは低調だったようですが、23年に風向きが大きく変わりました。

東日本大震災後のエネルギー問題が契機になり、太陽光発電とエネファームをセットで販売する「ダブル発電」キャンペーンなどもあり、昼は太陽光発電、夜間はエネファームで電力を補うことをアピールしてきました。

さらに24年には再生可能エネルギーの買い取りを電力会社に義務付けた「固定価格買取制度」がスタートしました。この太陽光発電付きのダブル発電住宅で比較した場合、電力会社が推進するオール電化住宅より売電量が約2・5倍になるということも人気の要因のようです。

エネファームの今年度の全国販売は、初めて年間3万台を超える見通しで、累計7万台を達成しそうだということで、ガス業界は、平成42年度までに国内全世帯の1割普及を目指すとか。

いよいよコスト的にもだいぶ検討しやすい価格帯に入ってきた感じもしますので、補助金等の額も考慮すると、採用にはいいタイミングかもしれません。

エネファームの採用をお考えなら、是非お気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←今日もどうか応援のクリックを一つ。 



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
twitter
brogram

おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場



一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ブログランキング
livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
Amazon




住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
チーム・マイナス6%