住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

狭い

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

家を狭くしないコツとNISSANとか。

RC住宅を建てるならRCdesign

必要以上に暑い東京です。

そんな今日は朝から書類作成、お問い合わせ対応、書類作成、提携会社さんと電話、台東区浅草方面でご検討のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、ありがとうございます。

午後は北区赤羽でご検討のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、ありがとうございます。書類作成、資料作成、提携会社さんと電話、ミーティングなど。夕方からは渋谷区計画のお客様宅へ、お打ち合わせをさせて頂きました。ありがとうございます。帰社後はお問い合わせ対応、書類作成など。

台風養生は早めにしっかりと行ってください。

ではこちら。

捨てづらいけど正直、要らない…困った“いただき物”で家を狭くしないコツ

もらったモノって、捨てにくい……。どうしてあの人はいつも、要らないモノばかりくれるの……? 悩めるあなたに、心を鬼にするご提案!

浪費家でもケチでもないのに、どうして?
決して浪費家じゃないのに、どういうわけか家の中にモノが多い。ケチではないのに、モノが捨てられない。そんなあなたは、もしかして「人様からの頂き物が多い」タイプではありませんか?
2020年9月4日 21時15分 All About

なるほど。

きっと耳の痛い方も多いのではないでしょうか。

近年では断捨離やミニマリストがすっかり定着した感がありますが、それでもまだ心優しい方や代々住み続けているご家庭では、予想以上にモノが残っているものです。

お建て替えをお考えのお客様とお話をしていると、20年以上前の子どもが使ったおもちゃや日用品などが仕舞ってあるというケースも多いですね。

さらに、記事にあったようないただき物も、キッチンの吊り戸棚や納戸の奥、押入れの天袋で忘れ去られていることもあるのではないでしょうか。

いただいたモノが滞留すれば、自然とモノは多くなるし、家の中がゴチャゴチャしてくるのも当然ですね。

そこで、記事では家を狭くしないコツが3つ紹介されていました。

コツ1:使い切る!
コツ2:趣味に合わないモノは処分
コツ3:欲しくないモノは断る
というものでした。

言われてみれば、確かにその通りですが、現代の都市部などでは何よりもその場所のコストが高いということを認識しなければいけません。

不要なモノや要らないモノを保管している場所が、どれほど価値のあるスペースか考えれば、ちょっとは捨てることも気が楽になるかもしれませんね。限りあるスペースを有効に活用したいものです。

今日はおまけ付きです。
最近お気に入りのCMなんですが、お気に入りの車が使われていることはもちろん、そのナレーションにグッとくるというご同輩も多いと思います。キムタクですが。
やっちゃえRCdesign



それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援をお願いします。



家づくり講座は間取りの考え方とか。

東京で大空間の家を建てるならRCdesign

晴れ時々くもりの東京です。

そんな今日は朝から書類作成、資材メーカーさんと電話、中野区本町計画検討、資料作成、お問い合わせ対応、練馬区田柄計画検討など。

午後は高田馬場計画検討、図面作成、渋谷区富ヶ谷計画検討、お問い合わせ対応など。夕方は文京区小石川でご検討のお客様にご来社頂きお打ち合わせなど、ありがとうございます。

今日から3連休という方もいらっしゃるかもしれませんね。久しぶりに太陽を見た気がしますが有意義にお過ごしでしょうか。今週も土曜日恒例の家づくり講座第309回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

家族で狭いアパートに住んでいると、
・寝る時は、コタツを隅に寄せて布団を敷きつめる
・収納スペースが少ないので、余計なものは買わない
などといった工夫をして、限られた空間を上手に使うものです。

ところが、新居の間取りを考えることになると、「リビング、書斎、子供部屋、家事室、それから・・・」と、次々に欲しい空間が浮かび、それを叶えようとします。

限られた空間を広く使う生活にストレスを感じている人なら、特にそう思うかもしれませんね。

ところが、用途が決まった小さな空間を沢山設けると、狭くて使い勝手が悪い家になってしまいます。

ですから、もしあなたが今の住まいの狭さにうんざりし、広い空間を楽しみたいと思っているのなら、部屋数を最小限にして、それぞれの部屋を広くすることをお勧めします。

すると、より解放感を得られるので満足度が高くなります。

ただ、そうすることで、子どもがそれぞれの個室を持てなくなるかもしれません。兄弟で子供部屋を共有すると、ケンカになることも多いでしょう。

しかし、多少の不便さは「早く独り立ちして、自分だけの空間で気兼ねなく暮らしたい」と、子どもの自立心を育てるのに役立ちます。

また、子どもが巣立った後、その空間を次の用途のために活用しやすくなります。

子どもの数だけ用意された狭い部屋だと、用途は限られてきますからね。

間取りを考える時はどうやったらそれぞれの部屋を多目的に使えるか、考えてみましょう。

個室を増やすことに集中していたら、新居は旅館かホテルのようになってしまいます。

そうなると、家族のつながりは今より希薄になります。

今は、可動式の家具で一時的に間仕切りをするなど、空間を使いこなすアイデアがあちこちで紹介されています。

家族にピッタリのアイデアを取り入れながら、それぞれの空間を上手に使いこなしたいものですね。

安全で広い空間を作るなら、鉄筋コンクリート(RC)住宅がオススメです。

それでは良い連休を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。     



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ