東京で狭い家を建てるならRCdesign

晴れ続きの東京です。

そんな今日は朝から文京区根津計画検討、お客様とお電話、上板橋の不動産会社さんと電話、見積作成、板橋区双葉町計画検討、資料作成、資材発注、文京区本郷計画検討、電気屋さんと電話、お問合せ対応など。

午後からは金融機関へ、帰社後は立川市計画検討、資料作成、港区南青山計画検討、図面作成、お問合せ対応、板橋区蓮根計画検討、資料作成など。夕方は大山西町のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、ありがとうございます。根津計画検討、田柄のお客様とお電話、不動産会社さんと電話、ミーティングなど。

北風の意地悪で肌寒く感じましたが、さくらの花も心配です。

ではこちら。

狭い部屋でも実現可能?心地よい暮らしに部屋の広さは関係ない!

心地よい暮らしには広い部屋も狭い部屋も関係ありません。ですが、部屋をすっきり広く見せようと工夫することで、心地よい暮らしやラク家事につながることがあります。今回は部屋をすっきり広く見せるポイントをご紹介します。
2018年3月29日 7時0分 michill

なるほど。

この時期では、移動やお引っ越しなどで、新しいお部屋での暮らしが始まるという方も多いでしょうし、既存の住まいでも心機一転の模様替えをお考えの方もいらっしゃると思います。

そんな中では、出来るだけ快適な空間にしたいと思うものの、当然お部屋の広さには限りがあります。

しかし、ちょっとの工夫で狭い部屋でもすっきりと広く見えたり、居心地が良くお掃除も楽なお部屋にすることができるということが、今日の記事で紹介されていました。

まずは生活感のあるものは収納しておくということ。
当然物がごちゃごちゃある部屋は狭く見えてしまいます。出しっぱなしにならないように、それぞれの物に住所を与え、定位置に収納するということはすでにご存知かもしれません。

すでに以前から言われているとおり、基本的にはなるべく不要なモノを溜め込まないようにして、部屋の大きさに対して、物の量を意識して見直しをすることも大切なんですね。

次は床の見える面積を多くするということ。
これもすでにご存知かもしれませんが、やぱり床に直に置いてある物が少なければ、床の見えている面積が多く部屋は広く感じますね。

さらに足付きの家具で床を見せることでも、同様に視覚的な効果があります。また足付きの家具ですと、ロボット掃除機が使えたり、掃除が行き届きやすいので、お掃除時間の短縮が期待できます。

最後は必要な収納量を知って家具を選ぶということです。
部屋を広く見せるためには、背の低い収納家具を選ぶことが有効です。背の高い家具は収納量は多くなりますが、圧迫感が出て部屋を狭く感じさせてしまうということ。

ですので、やみくもに家具を購入するのではなく、まずはモノを整理して持ち物の量を把握してから、どの程度の収納量が必要かを確認してから家具選びをした方が良いということ。

中には、物は増える一方なので、収納量はとにかく多く確保する、とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、それは間違いということです。

住まいの収納も同じですが、場所があればあるだけモノが増えてしまうもので、モノを溜め込むコストを考えれば、やはり一定のルールを設けておく必要があります。

とはいえ、自分の好きなモノに囲まれて暮らすということも、また幸せの形かもしれませんし、心地良い暮らしというものも、人によって違うものかもしれませんので、必ずしも効率の良い部屋が正解ということではありません。

モノが少なく、少しでもすっきりとした心地良い部屋をお望みなら、記事にあったことを実践してみてはいかがでしょう。

すっきりもカオスも、お好みのお部屋を実現するなら、アールシーデザインまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング    ←ご声援を是非!