住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

現場見学

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

内覧会のお知らせと家づくり講座。

RCnisisugamo2017b東京でコンクリート住宅を建てるならRCdesign

雨のち晴れの涼しい東京です。

そんな今日は朝から資料作成、北区田端のOBオーナー様とお電話、板橋区加賀計画のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、ありがとうございます。文京区根津計画検討、図面作成、ひばりヶ丘計画検討など。

午後は文京区大塚計画検討、図面作成、板橋区赤塚計画検討、見積作成、原稿作成など。夕方は中野区大和町計画検討、図面作成、ミーティングなど。

ここでお知らせです。左記のとおり9月16日(土)に完済内覧会を開催させて頂けることになりましたので、是非この機会にご来場ください。

あっと言う間に夏らしくない夏が過ぎて、9月も最初の土曜日です。今週も恒例の家づくり講座第343回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

地鎮祭の数日後に新築工事が始まると、あなたが現場でできることは『見守る』ことだけになります。そのため、あなたは何となく寂しさを感じるかもしれません。

手塩にかけて育てた子がやっと入園してホッとする半面、心にポッカリ穴が開いた時のような・・・。(分かる人にしか分からない例えですみません^^;)

逆に、何度も打ち合わせを重ねて練り上げた計画が、毎日どんどん形になっていくことにワクワクするかもしれませんね。いろんな思いが交錯するかと思いますが、時間がある時は、ぜひ現場で工事の過程を見てください。

事前に渡された工程表を見ながら「今日から次の工程に入るのか」「今日は外壁が仕上がる日だから、夕方見に行こうかな」などと思いを巡らせるのは楽しいものです。

上棟式をするのであれば、「そろそろ打ち合わせをしたほうが良いのかな」「上棟式の経験がある知人の話を聞いておこうかな」といった準備もできますね。

ところで、あなたの家を建てているのですから、好きな時間に訪れて、あちこち見たり触ったりしたくなるのは当然ですよね。

しかし、きちんと施工し、完成した家をあなたに引き渡すまでは業者に管理責任がありますし、法的にも業者の所有物なんです。

そのため、現場では責任者の指示に従う必要があります。そこはぜひ、協力してください。

作業員は、施工ミスやケガなどの事故を防ぐため、毎日意識を集中して作業を行っています。そこに「手抜き工事が怖いからチェックしに来ました」といった態度で行くと、信頼関係を築くのは難しくなります。そこは配慮していただけると助かります。

ただ、作業員たちもあなたの不安な気持ちは分かっています。ですから、疑問点や不安な点があれば、遠慮なく質問してください。

もしかしたら、それがきっかけで防げるミスが出てくるかもしれません。

昼休みや休憩時間など、集中力を切らしても支障が無い時間帯なら、お互いにリラックスして会話ができそうですね。

ただし、変更や追加の依頼を作業員や職人に頼むのは止めてください。そこでの口約束はトラブルの元になってしまいます。気付いたことがあれば、必ず現場監督や設計担当に相談しましょう。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング   ←  是非!



今年最初の家づくり講座とか。

ブログネタ
住まいの選び方 に参加中!
東京でいい家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から書類作成、北新宿の現場でコンクリート打設がありました。その後提携会社さん来社打ち合わせ、北新宿計画検討検討、横浜市中区野毛町計画検討など。

午後はご近所のお客様とお電話、練馬区豊玉の現地調査など、帰社後はセキュリティー会社さんと不動産管理会社さん来社打ち合わせなど。夕方は書類作成、高田馬場計画検討、図面作成、ミーティングなど。

さて、今年最初の土曜日となりました。まだまだお正月気分の方もいらっしゃるかもしれませんが、ちょうど今日から3連休という方も多いと思います。今年も土曜日には恒例の家づくり講座をお届けいたしますので、第277回から是非お付き合いください。

ところで、あなたの家の近くに、新築現場はありますか?

その現場に対して、何か感じたことはありますか?

もしかしたら「土曜日も早朝から作業の音が響いて、せっかくの休日なのに朝寝坊できない」「いつも路上駐車しているから、邪魔で邪魔で仕方ない」などと不快に感じたことがあるかもしれませんね。

あるいは、「作業している人は、目が合うと会釈をしてくれる」「いつもきちんと片付いていて、とてもきれいな現場だと思う」といった具合に、好感を持ったことがあるかもしれませんね。

新築現場を見ると、業者の人間性がよくわかります。

ですから、現場前をゆっくり歩いて通り過ぎたり、作業者に話しかけるなどして、しっかり観察してみてください。

現場で作業する人の中には、見た目が怖くて声が大きい人もいるので、話しかけるのに勇気がいるかもしれません。

しかし、見た目と話した時では印象が違うことが多いので、できるだけ話してみることをお勧めします。

専門知識がないと、その家づくりに使われている材料の善し悪しはわかりませんし、職人さんの技術力の違いも、よくわかりません。しかし、身だしなみや対応する様子を通して、相手の人間性を知ることはできます。

現場の雰囲気から、その業者の姿勢が伝わってきます。

そこから得られる直感的な感想は、結構本質をついているものです。

ご近所さんの中には、「朝から晩までラジオの音と作業に悩まされて、窓を閉め切って過ごした」「休み時間になると煙草のニオイがして、くさくて仕方なかった」というように、施工中の業者に対する不満を施主にぶつけてくる人がいます。

それが原因で、入居の挨拶に行った時点で敵視される事例もあるのです。

逆に、ご近所さんとの良い関係を築けた業者なら、引っ越し早々敵視されるようなことにはなりません。

・路上駐車をしない
・現場でタバコを吸わない
・常に整理整頓され、きれいな現場を保つ
といった基本的なことがしっかりできない業者は、丁寧で間違いのない仕事をきちんとできるとは思えません。

私なら不安に感じると思いますので、弊社ではスタッフや協力業者さんにも指導を繰り返しています。それでも完璧にはまだまだ遠いかもしれません。

依頼したい業者に出会えたら、ぜひ施工現場をチェックしてください。

その業者に尋ねたら場所を教えてくれるでしょう。ただ、事前に知らせてから訪れては実態が分からないので、ある日突然、フラッと立ち寄ってみましょう。

大切なのは、『普段の現場を観察する』ということ。さて、あなたの五感は、そこから何を感じるのでしょう。

業者選びの選択基準がコストだけというのは、中長期的な視点からすると危険なこともあります。少しでも違った視点や相性なども考慮してみてはいかがでしょうか。

それでは良い連休を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ←お力添えをどうかひとつ。



家づくり講座は現場の観察とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で理想の住まいを建てるならRCdesign

晴れ間もあった暑い東京です。

そんな今日は朝から資料作成、ガス会社さんと電話、見積作成、北区西ヶ原計画のお客様にご来社いただき打ち合わせ、ありがとうございます。目黒区でご検討のお客様とお電話など。

午後は蓮根の不動産会社さん来社打ち合わせ、その後横浜方面へ、建具メーカーさんのショウルームにお伺いして新商品見学など。夕方に帰社後は恵比寿2丁目計画検討、見積作成、渋谷区東計画検討など。

さすがに大暑過ぎは当たり前に暑いですね。今週あたりからは、夏休みを取られている方もいらっしゃるかもしれませんが、土曜日ですので恒例の家づくり講座第164回をお届けさせていただきます。どうぞお付き合いくださいませ。

大きな連休がある時は、完成見学会や展示場でのイベントなど、沢山のチラシが入ります。

子どもが小さい頃は、ミニ動物園や工作教室のイベントに行ったものです。タダで遊ばせてもらいつつ、見学者の様子を観察するのが楽しみでした。

でも、その会社の本質をチェックしたいなら、建築中の現場を観察するのが一番です。なぜなら、あなたの家を建てる時、その現場の様子が再現されるからです。

路上駐車・喫煙などのマナーや、現場の整理整頓の様子など、現場でしか分からないことは沢山あります。一軒の家を建てるには、基礎工事から始まって、じつに多くの専門業者が関わりますよね。

通常はそれぞれの会社が違うので、全員を教育するのは簡単なことではありません。ましてや頻繁に業者が入れ替わっている会社だとなおさらです。だからこそ、どの工程の作業をしていても、いつも現場はきれいで、路上駐車が無くて、作業員のマナーも良くて・・・という業者は、とても信頼できると思いませんか?

ここで、各社の実際の取り組み例を紹介しますね。
・建物と敷地を1日5回掃除して、常にきれいな状態を保つ。
・現場の土の部分にブルーシートや人工芝を敷き詰めて、建物が汚れないようにする。
・建物が雨で濡れないように、毎日ブルーシートで建物全体を覆う。
・路上駐車をしないために、現場近くに駐車場を借りる。
・書類や建材についた煙草のニオイは消えにくいので、現場だけでなく、会社全体を禁煙にする。
・現場の様子に興味があっても、質問しづらい人のために現場前に資料を置いておく。
・夜遅く、仕事帰りに見に来る施主さんとやり取りができるように、職人との交換ノートを吊るしておく。
などなど。もちろんすべて出来ていればいいんですけど、弊社でもまだそこまで完璧ではありません。

弊社のような小さな設計事務所や工務店など、モデルハウスを持たない業者は多いですよね。
なので、現場の一つ一つが、自分たちを知ってもらう大切な場所なんです。

また、モデルハウスを持っている業者でも、現場の大切さを知っている人たちは「現場きれい」を心がけています。

一生に一度の、数千万円もの大切な家を建てさせていただく、という気持ちがなければ、なかなか続けられないことでしょう。

また、きれいな現場では、事故やケガが少ないのです。さらに、意識の高い職人が多いので、質の良い仕事ができます。そんな彼らの中には営業マンでもないのに、現場のご近所さんから仕事を受注することもあるとか。
「あなたなら、我が家のリフォームをおまかせできるわ」って。

現場前を通るときには、車でも自転車でもなく、ぜひ歩いてください。意中の業者でなくても構いません。いろんな業者を見ることで、見る目を養ってみましょう。

営業マンの印象で決めた人は、施工中の様子を見て、「こんな会社に依頼しなければよかった」と後悔する人もいるんです。お散歩がてら、どんどん見学してくださいね。

ただし、今のシーズンは現場も暑いですので、体調管理にはくれぐれもご注意ください。 

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ←応援のクリックをどうかひとつ!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ