住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

相続

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

相続争いを回避するサービスとか。

資産になる家を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝から台東区浅草計画検討、見積作成、板金屋さんと電話、提携会社さん来社打ち合わせ、お客様にご来社頂き打ち合わせ、成増のお客様とお電話、提携会社さんと電話など。

午後は渋谷区計画のお客様とお電話、解体業者さん来社打ち合わせ、提携会社さんと電話、中野区新井薬師計画検討、資料作成、商社さんと電話、図面作成など。夕方は新座市のお客様とオンラインミーティング、渋谷区桜丘計画検討、鉄骨屋さん来社打ち合わせ、ミーティングなど。

寒暖差によるアレルギー反応で、クシャミが出やすくなっています。マスクを忘れないようにご注意ください。

ではこちら。

相続争い回避の新サービス開始「国に遺言書を保管してもらえ」

「4年前に離婚し、のちに再婚したのですが、前妻とのあいだにできた子供にも、妻の連れ子にも、財産を遺したいんです。でも、子供たちのあいだで相続争いは起きてほしくない……」

そう語るのは、千葉県在住の菊池まさおさん(38)。“万が一のとき” に相続をめぐる争いを避けるため、「遺言書を残すのが大切です」と助言するのは、相続問題に詳しい木野綾子弁護士だ。

「ただし、遺言書があっても見つからない場合や、ほかの家族に隠されてしまったり改竄されてしまったりする、おそれもあります。それを防ぐためにできたのが、2020年の7月10日から運用された『自筆証書遺言書保管制度』です。
2020年7月21日 6時0分 Smart FLASH

なるほど。

日本においては、引き続き重要な課題として、多くのご家庭で話し合いが行われていたり、賢明な方々では、着々と対策を講じられている方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、残念なことに争う争続となってしまっているご家庭が多いのも事実ですし、その中にはもう少し前から、あらかじめ対策を考えておけば良かったと、後悔されている方も意外と多いようです。

家族間の問題と言えども、やはり議題にし難いものですので、日々先延ばしになってしまうのもわかりますが、ここは親の責任として、最善の対策を行っておかれることをオススメいたします。

記事にあったこの制度を利用すると、自筆の遺言書を法務局に保管してもらうことができ、相続争いのリスクを減らせる、便利なサービスということです。

この制度の手続きには、まずは法務局(遺言書保管所)の予約が必要ということ。

利点の一つとして遺言者が亡くなったあと、法務局からは相続人に通知が行くそうです。たとえば遺言者が遠隔地で急な事故に遭ったり、子供が長年海外で暮らしていたり、という状況でも、きちんと遺言者の意思を相続人に伝えることができます。

それでも、自筆の遺言書にはとても細かな書式の規定があり、法務局に預けた遺言書が書式にのっとっていないと、せっかく制度を利用しても、法的に無効なものとなってしまうこともあるそうです。

法務局のホームページには、自筆の遺言書の詳しい書き方が載っていますので、面倒がらずに是非チャレンジしてもらいたいと思います。もし不安な点があるなら、弁護士や司法書士に確認してもらうのも手です。

もし、子どもの立場で自分の親に制度を利用してもらうなら、遺言書の書式の確認だけは、怠らないようにしましょう。

下記のページで詳細をご確認ください。


ご一家ご家族がハッピーに末長くご繁栄されますよう、情報収集を怠らず、金融機関や業者にお任せすることなく、より良い準備が出来ると良いですね。

もし弊社でお役に立てることがございましたら、お気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援をお願いします。



空き家対策とか。

東京で資産になる家を建てるならRCdesign

冷たい雨の東京です。

そんな今日は朝から内装屋さん来社打ち合わせ、資材搬入、リフォーム計画検討、お問い合わせ対応、書類作成、金融機関さん来社、渋谷区桜丘計画検討など。

午後は社労士さん来社打ち合わせ、見積もり作成、事務組合さんと電話、商社さん、建材住設メーカー来社、打ち合わせなど。夕方は原稿作成、日野市計画のお客様とお電話、資料作成、和光市のお客様とお電話、ミーティングなど。

寒の戻り過ぎで寒い一日でしたね。

ではこちら。

増える空き家対策 東京都がガイドブック

少子高齢化、人口減少などを背景に増加する空き家問題の解決に役立てようと、東京都は解決事例と基礎知識をまとめた「東京空き家ガイドブック」を作成した。

放置された空き家は、防犯や景観面のリスクやマイナス面に加え、倒壊の危険性なども指摘されている。平成25年の総務省の調査では、全国の空き家率は13・5%で過去最高となり、7戸に1戸を占める。同年時点で、都内の空き家は約82万戸に上っている。
2019年4月9日 22時13分 産経新聞

なるほど。

社会問題となっている空き家ですが、その取り扱いや対策については、地域ごとの行政による違いや、立地などの環境によっても対応が違ってくることもあり、実際に直面したときには多くの疑問と戦うことになりそうです。

記事にもあったように、東京都内だけでもすでに82万戸もの空き家があるということですので、その数も凄いものだと思いますが、今後はその空き家によるリスクがより表面化してくることを考えると、少なからず予備知識だけでも身につけておかれると良いと思います。

記事にあったガイドブックでは「事例集編」と「ギモン編」の2部で構成されていて、事例集編では平成28年12月〜30年3月に実施したモデル事業での解決事例15件を抜粋して掲載されているそうです。

また、この期間内に寄せられた344件の相談のうち、空き家発生の経緯は相続が42%、施設入居・病院入院が20%、転居が8%だったそうで、半分近くが相続ということになっていることからも、今後はより増加しそうな気がします。

後半のギモン編では、空き家を相続した場合の登記などの確認事項や、家財の整理方法などについてQ&A方式で紹介されていて、空き家解決に向けたチェックリストも掲載されていますので、実際に直面されている方にも参考にして頂けると思います。

東京都では、初版5千部を都庁や、各区市町村の窓口で配布するということですが、都市整備局のホームページからもダウンロード出来るようになっていますので、是非ご覧になってください。

空き家対策本「東京空き家ガイドブック」 ←こちらからどうぞ。

相続対策や空き家対策のご相談も、RCdesignまでお気軽にお問い合わせください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←よろしくどうぞ。



誰も住まない実家の管理とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で受け継ぐ住宅を建てるならRCdesign

曇りのち時々雨の東京です。

IMG_4860そんな今日は朝から書類作成、豊島区駒込計画ではコンクリート打設、その後台東区上野桜木計画の現場へ、本日めでたくお引き渡しと取り扱い説明をさせて頂きました。オーナー様には大変お世話になり、誠にありがとうございます。

午後は北区西ヶ原計画の現場へ、電気屋さん、設備屋さん、大工さんと打ち合わせなど、帰社後はお問い合わせ対応、徳丸6丁目計画検討、図面作成、出版社さんと電話、小金井東町計画検討など。夕方は世田谷区砧計画検討、大工さんと打ち合わせ、各種段取りなど。

残暑お見舞い申し上げます。台風が接近しておりますので、皆さん十分ご注意ください。

ではこちら。

誰も住まない実家…税金、安全面で損をしない管理術は

子供が実家から離れて独立した家では、親が子供の住まいに同居したり、介護施設へ入居などすると、誰も住まなくなった実家をどうするかが問題になる。

「『手放したくない』親は多いと思いますが、そのまま所有する、賃貸に出す、売却する――という3通りでは、維持に必要なお金が変わってきます」

こう語るのは、経済ジャーナリストの荻原博子さん。それぞれのケースのポイントを荻原さんに聞いた。

〈そのまま所有する〉場合、固定資産税が必要だ。空き家でも変わらない。税負担より大変なのは管理。空き家のまま放置すると、家の老朽化だけでなく、ゴミの不法投棄や放火など防犯面でも問題を抱えることになる。空き家はここ20年で倍になったといわれ、空き家の適正管理条例を設ける自治体も増えてきているそうだ。

「遠方に住み自分で管理できない方には、不動産会社や警備会社の空き家管理サービスがあります。月1回の見回り訪問や郵便物の転送などが、月約1万円から契約できます」

〈賃貸に出す〉場合には、契約期間を定め、その期間が過ぎると退去しなければならない「定期借家権」を設定しておく。問題のある借り手が居座り続けるといった心配がなくなる。
女性自身 2014年08月07日16時00分

なるほど。

実はすでに記事のような問題に直面している方が少なくないようです。

ご存じのように少子高齢化が進み、親の住んでいた家を受け継ぐ人がいないというケースが増えていて、それがいろいろな地域で空き家問題となり、最近は社会問題としても取り上げられるようになりました。

この空き家問題については、以前にも取り上げさせて頂きましたが、街の美観を損ねたり、犯罪の温床になる場合もあり、すでに行政によっては解体費用を助成したり、強制的に撤去するような条例を整備した地域もあります。

一方では空き家の有効利用も考えられていて、過疎地の永住者誘致や地域の財産として使うなど、模索が続けられていますが、いぜん不動産の利関係が複雑な分、問題の解決には時間も費用も掛かることになりますので、今後は早期に国を挙げての空き家対策が求められそうです。

実際にそんな空き家問題の当事者に、誰もがなってしまうことがあるかもしれません。

記事にあるように、賃貸に出す方法もひとつですが、初めて大家さんになるという方も多いのではないでしょうか。大家業を兼業するとなると、場合によっては確定申告が必要になたり、集客や管理についてもそれなりに勉強や工夫が必要になりますね。

そんな管理も面倒だとなると、売却するという選択肢もあるでしょう。この場合は家を売ると、売れた金額から、買ったときの家の代金とその手数料や売る際の費用を引いた譲渡所得に対して税金がかかります。

ただし、親が住んでいる家を売ったときは、譲渡所得から3千万円控除されますが、注意点として、実際に住んでいる家が条件ですから、住まなくなって3年目の年末を越えると、3千万円の控除はなくなってしまいます。

さらに親が亡くなれば、相続することになります。すでにご存じだと思いますが、相続税は来年から非課税枠が引き下げられ、課税対象者が大幅に増える見込みです。子供2人で相続する場合、今年中なら7千万円まで非課税ですが、来年からは4千200万円までに変わるので、注意が必要です。

空き家と言っても、その所在する地域や広さ、親や兄弟など親類縁者の状況よって、それぞれに出来ることが異なるでしょうし、円満な解決には専門的な知識が必要になる場合もあります。近隣の方に迷惑をかけず、自分たちにとって最善の方法はどのようなものなのか、もしかするとお盆のこの時期、じっくり相談する良い機会かもしれません。

もし専門的な助言やアドバイスなどが必要になりましたら、不動産の賃貸、売買仲介、土地の有効利用などお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←応援のクリックをどうかひとつ!



相続は50代から・・・とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で相続したい家を建てるならRCdesign

晴れ時々曇りでも雪の残る東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、北区西ヶ原計画の現場で中間検査がありました。その後資料作成、文京区本郷計画検討、その後白金高輪方面へ、お客様と打ち合わせなど。

午後に帰社後は葛飾区新小岩計画のお客様とお電話、耳鼻科、地盤調査会社さんと電話、資料作成、杭屋さんと電話、板橋区弥生町計画検討、設計事務所さんと電話、ガス会社さんと電話など。夕方は出版社さん来社打ち合わせ、豊島区駒込計画検討、お問い合わせ対応、ミーティングなど。

連日の雪かきで筋肉痛の方も多いと思いますが、ソチではアスリートの方々がメダル獲得に向けて頑張っていますので、張り切って応援しましょう。

ではこちら。

「相続」への関心、50代で一気に高まり……「プレ相続」のニーズは約6割

2015年の税制改定実施により、相続税の課税対象者の拡大が見込まれている。三菱UFJ信託銀行は、「相続」への意識・ニーズなどに関する実態調査を行った。「回答者自身が亡くなった場合(自分が被相続人となる場合)」に関するアンケートとなっている。
■50代を境に変わる「相続」への意識

調査時期は2013年12月で、保有金融資産500万円以上の30代以上男女1,000サンプルから回答を得た。

まず、相続準備に関する意識について質問。「遺言を作成したうえで、資産承継について準備しておくべき」「遺言作成は考えていないが、何かしらの準備をしておくべき」「特に何も考えていない」の選択では、「遺言作成は考えていないが、何かしらの準備をしておくべき」が、40代で37.7%、50代で50.8%となっており、50代を区切りに相続意識の高まりが見られる。
RBB TODAY 2014年02月10日18時00分

なるほど。

やはり50代を境に自分の健康や家族のことなどを振り返り、将来の準備を考える時期になるんですね。男女共に確実に身体の変化を日々感じたり、実際に比較的近い知り合いで体調を崩す人を見たりすると、他人事ではなく危機感を覚えることがあるでしょう。

さらに来年の相続税改正のニュースを見聞きすると、自分のケースではどのようになるのかと言うことも気になってくるかもしれません。

今日の記事では、「終活について自分も知りたい、調べてみたいと思うようになった」という質問もあって、これに対しては、「そう思う」と答えた人の割合は40代で51.1%、50代で56.8%となっていました。

最近はこれから始まる超高齢化社会に向けた終活に関する話題も多く、本屋さんでも関連の本を多く目にしますので、そんな環境もあって、少し早いけど今から勉強しておこうかという人もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
さらに、「突然の事故や病気などにより、あなたご自身の健康を損なうことへの不安を感じることはありますか」という質問でも、「不安を感じる」は50代が最多で66.0%という数字になっていました。

次に、「最近3年以内に、ご両親やご親戚の資産相続・遺産分割に関わったことがありますか」という質問では、「ある」は60代が最多で27.9%、50代が27.6%とほぼ並んでいたようです。

そこで、相続を3年以内に経験した人に「あなたご自身が関わった資産相続・遺産分割の際には、スムーズに手続きが完了しましたか」と質問したところ、家族間や手続き上のトラブルなど、何らかのトラブルを経験したのは、50代が最多で24.6%だったとのこと。

一方で「相続について、どのような作業や手続きが必要か具体的に知っている」という設問に対しては、「そう思う」は、50代でも42.0%で半数に満たなかったとありました。


どうも相続に対して関心は持っているものの、手続きが面倒で手間がかかり、そうというイメージが強いのかもしれませんが、これでは遺言作成という具体的な作業については、知識・作成ともに足りていないというのが現状のようです。

40代では親御さんがご健在という方もいらっしゃると思いますが、相続に関する話題を親にするのも気が引けたり、それなりに準備をしているはず、と思ったりしていませんでしょうか。

これからの税制を考えると、相続の準備や対策は折りをみて早めに話し合っておいた方が良いと思いますし、もし自身で話しづらい場合は、税理士さんや弁護士さんなどに助言してもらうのもひとつです。

一族を守るためにも、争続が起こらないようしっかりと考えておきたいものですね。

相続対策のご相談もお気軽に弊社までお問い合わせください。

それでは良い建国祈念の日を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←今日もどうか応援のクリックを一つ。 



今年最後の家づくり講座とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で二世帯住宅を建てるならRCdesign

快晴の東京です。

そんな今日は朝から小金井方面へ、赤塚のOB宅へお届けなど、帰社後は書類作成、その後渋谷区東計画検討の現場へ、塗装屋さんと打ち合わせ、ご挨拶廻り、その後渋谷区恵比寿2丁目計画の現場へ、現場視察の後近隣住民様と打ち合わせなど。

午後は東の近隣様訪問、池袋などのOB廻り 、帰社後は蓮根の歯科医院さんと電話、事務所のお片付け手伝いなど。夕方は大工さんと打ち合わせ、北区西ヶ原計画検討、成増のお客様とお電話、お問い合わせ対応、板橋区弥生町計画検討など。

あっという間に仕事納めになってしまいました。残念ながら本日をもちまして弊社本年の営業を終了させていただきました。本年中はご声援と共にご愛顧賜りまして誠にありがとうございます。それでは今日も土曜日恒例の家づくり講座第182回をお届けさせていただきますので、最後までどうぞお付き合いください。

最近はハウスメーカーさんの販売戦略やコマーシャルの影響もあるのか、二世帯同居も確実に増えた気がします。しかし、そんな二世帯同居に関するトラブルも耳にする機会が増えました。

同居して10年以上のお二人なのですが、あなたの家づくりの参考になるかもしれないので紹介しますね。

まず一人目のAさんは40代女性。ご主人のご両親と同居して20年になります。ご両親から提案されて二世帯住宅を建てました。1階にご両親、2階にAさん家族、という二世帯住宅で暮らしています。

建築費は折半したそうなのですが、固定資産税などの税金は、ずっと子世帯が負担しています。最近、外壁や屋根を補修したり、壁紙を張り替えたりと出費が続くのですが、その負担を全て子世帯が負担しているとのこと。

お子さんの学費の負担が増える時期と重なったため、家計がとても厳しいものの、協力を頼んでも断られるとか。ご両親が年金暮らしということもあって、無理強いできずにいるそうです。

次にBさんは60代女性。完全同居型です。

Bさんは共働きだったため、子育てではご両親にお世話になりました。やがてご両親の介護が必要になった時には、「昔、とってもお世話になったから」と潔く会社を辞め、介護に専念していました。

些細な喧嘩はあったものの、お互いにとてもいい関係を築いていたといいます。そんな中、数年前にお義父さんが亡くなり、昨年お義母さんが亡くなりました。

その後に湧き上がったのが相続問題です。生前、ご両親が相続の話をすることもなく、遺書もなかったため、ご主人の兄弟ともめています。まだ解決には時間がかかりそうだ・・・とのことです。

私が気になるのは、どちらも「お金の問題」で悩んでいるということです。海外では、結婚する時に、離婚に備えて資産配分について話し合う国もあるとか。

でも日本の場合、お金の話をタブー視することって多いですよね。話したくても「周囲が話さないから自分からは話しにくい」というのはありますよね。

でも、もしあなたが二世帯同居を考えているのなら、お金の話を避けて通らないでください。税金のこと、水道光熱費のこと、リフォームのこと、相続のことなど、トラブルのもとになりそうなことは、建てる前にしっかり話し合っておきましょう。

ご夫婦でも考えは違うかもしれませんし、ご両親も、それぞれ違うかもしれません。話がまとまったら、内容を書面に残しておくと安心ですよ。

二世帯同居は、お互いを助け合えるメリットはありますが、些細なことをきっかけに人間関係が悪くなることがあります。お金の問題のように、最初に話し合えることはとことん話し合って、気持ちよく過ごしたいものですね。 

それでは、今年一年本当にありがとうございました。

皆様どうぞ良いお年をお迎えください。 


人気ブログランキングへ           ←どうかクリックを一つ。



勝ち組大家の裏技とは。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で賃貸併用住住宅を建てるならRCdesign

くもり時々晴れの残雪な東京です。

そんな今日は朝から徳丸6丁目計画検討、文京区向丘計画のお客様とお電話、ありがとうございます。キッチンメーカーさんと電話、サッシ屋さん来社打ち合わせ、練馬区桜台計画検討、千葉の業者さんと電話、原稿チェックなど。 

午後は図面作成、資材メーカーさん来社打ち合わせ、商社さん来社、資料作成、確認検査機関と電話など。夕方は1丁目のお客様宅訪問、渋谷区恵比寿2丁目検討など。

ようやく道路が見えるようになりましたが、まだまだ路地裏ではアイスバーンのところもありますので、くれぐれもお気を付けください。

ではこちら。

空室リスクを減らし、収益アップ!勝ち組大家の裏ワザ満室賃貸術!

給料の伸び悩み、老後への不安などから不動産投資を始めるサラリーマンは増えている。だが、「思ったほど利益が得られない」「入居者の確保が難しい」といった壁にぶつかる人が多いのも事実。勝ち組大家の成功例から猊勝の方程式〞を探ってみよう。

「賃貸ワンルームマンションを1戸所有するだけで、月々6万〜7万円の副収入が得られる」。不動産投資を考えるサラリーマンの多くは、そんな期待を持っているはず。

だが、現実はそう甘くない。6万〜7万円の家賃収入を得るためには、税金や管理費、修繕費などが月々3万〜4万円前後かかるのが一般的。手取りとして残るのはせいぜい2万〜4万円である。

しかも入居者がいなくなったとたん、収入はゼロに。コストやローン返済を考えればマイナスだ。株や為替の取引と違って、不動産は入居者を確保し、家賃(資産価値)を下げないための自助努力をしないと利回りがどんどん下がってしまう。だが、逆に努力をすればするほどリターンを上げることができるのも不動産投資の魅力だ。その極意を詳しく紹介しよう。
ネットマネー 2013年01月16日15時00分
 
なるほど。
 
このような記事を比較的簡単に目にすることが出来るようになったというのは、やはり時代の流れということでしょうか。

昨年末に参加したセミナーでも言われていましたが、現在全国で大家さんは300万人いると言われている中で、自ら進んで勉強をしている大家さんは3万人程度だそうです。
 
これはほとんどと言っていいくらいの大家さんは、勉強をせず、大手メーカーや何とか建託に任せっきりだったり、管理会社の言いなりのままに時間を過ごしているということです。

と言うことは、逆に少し勉強するだけでも他の大家さんと差が付けられるということになりますね。もちろん簡単ではないかもしれませんが、経営者として考えれば当然のことばかりかもしれません。

気になる上記記事の裏技で紹介されていたのは、
2分の1以上を自宅用にして低金利の住宅ローンで収益率をアップさせるということでした。

確かに今の住宅ローンなら1%程度の金利ですので、アパートローンの3%前後と比べると、断然有利になります。

しかし、この方法も限界があって、計画の規模がちょっと大きくなると、それに伴って自宅も大きくしなければならず、結果的に収益率が悪化することになってしまいますので、どのような計画でも使えるというわけではありません。

ましてや賃貸併用住宅となりますと、共同住宅として求められる性能も高いものが求められますし、オーナーの暮らしを犠牲にすること無く実現するにはやはり構造から考えなくてはいけません。

大家さんの願いといえば満室経営ということになりますが、今は大家さんの横のつながりも地域ごとにあったりして、地道な努力を続けている出来る大家さんのお話を聞くことが出来たりします。

また、管理会社さんでも入居者募集に独自のノウハウを持っていたり、試行錯誤を繰り返している出来る管理会社さんもありますので、そんな心強い会社さんが見つかるといいですね。
 
もし、大家さんに憧れて、これから賃貸経営を目指すという方や、相続対策をお考えの方、お得に自宅を建てたいという方は、是非お気軽に弊社までご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

 ←ヘビに励ましのクリックを是非!

人気ブログランキングへ 



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ