住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

省エネ

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

エアコン選びの決め手とか。

東京で高性能な家を建てるならRCdesign

薄曇りの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、信用金庫さんと電話、世田谷区砧のお客様とお電話、その後北区の提携会社さん訪問、打ち合わせなど、帰社後は書類チェック、高田馬場計画検討など。

午後は北区西ヶ原の不動産会社さんと電話、岸町計画検討、文京区根津計画検討、解体屋さんと電話、原稿作成、お問い合わせ対応など。夕方は1丁目のお客様とお電話、中野区上鷺宮計画検討、資材発注、世田谷区弦巻のお客様とお電話、上板橋計画検討、金融機関さんと電話、ミーティングなど。

近所の小学校前を通りかかったら、運動会の練習をしていました。

ではこちら。

エアコン選びは「1人1人を快適に」or「部屋全体を適温に」。これが決め手なんです【生活家電 買い方の3ルール】

RULE01

部屋の大きさに合った適正サイズのエアコンを選ぶ

エアコンのサイズ(容量)は、部屋の大きさにきちんと合わせることが省エネにつながります。「畳数のめやす」を確認する際、注意してください。下の図のように冷房17〜26畳とある場合、17畳から26畳で使用できるという意味ではありません。

木造住宅なら17畳、鉄筋住宅なら26畳に適しているということです。また、部屋の大きさに合わない小さめのエアコンを選ぶと、常にフルパワーで運転することになり、逆に電気代が高くつくこともあります。
2017年5月9日 12時0分 DIGIMONO!

なるほど。

今年もすでに夏日を超すような気温になったりしていますし、湿度も順調に上がってきていますので、不快指数も徐々に増しているのではないでしょうか。

そうなると必要になるのがエアコンですが、もしかすると昨シーズンのまま使い始めようと思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

半年から1年間、掃除をしていなかったエアコンを使い始めるのはちょっと危険です。必ずフィルターの清掃を行い、内外の機器全体もお掃除をしたうえで、動作確認を行うようにしましょう。

もし、これまで使っていたエアコンが製造から10年近く経っているという場合は、今日の記事を参考にして買い換えをご検討ください。

驚くほどの電気代削減につながったり、以前に比べて便利で快適な暮らしを簡単に実現することができます。

記事によると、3つのルールがあり、一つ目は適正サイズのエアコンを選ぶということでした。ただし、お住まいの住宅が高性能住宅の場合は、2〜3割くらい大きめの部屋でも十分対応可能だと思います。

二つ目は気になる電気代を減らす節電機能をチェックしようということ。

最新のエアコンでは、節電機能も進化していて、特にセンサー技術が向上し、キメ細かく温度を制御できるようになっているということ。

人や部屋の温度など、部屋中のあらゆる情報を検知し、その情報を元に、キメ細かく温度をコントロールするので、ガマンすることなく、快適に節電できます。自分の判断でこまめに電源のオン・オフを繰り返すより、エアコンにおまかせしたほうが節電できるということです。

そして三つ目としては、快適の形は各社とも違うのでオリジナル機能に注目ということ。

最近のエアコンでは省エネ機能を競うだけでなく、各種便利な機能も追加されています。例えば無給水で加湿できたり、Wi-Fi経由で外出先からスマートフォンなどで操作できたり、メーカーによって個性はさまざまです。

ご存じの方も多いと思いますが、自動でフィルターを掃除してくれる製品は、常にフィルターがきれいでホコリがつかないため、効率がよく節電効果にも影響します。熱交換器やファンに汚れがつきにくいコーティングがされていると、ニオイなども気にすることがなく長く使えるとか。

ひとくちにエアコンと言っても、実際に購入を検討し始めると非常に多くの機種があって、どれが良いのか迷われてしまうかもしれません。

オール電化住宅の場合などでは、暖房時にもエアコンを使われることになると思いますが、暖房は床暖房をお使いの場合は、エアコンの暖房機能を無視することが出来ますね。

また、アイランドキッチンなどのLDKでは、ワンサイズ大きめの機種を選んでおいた方が良いかもしれません。

すでに暑いと感じる日もありますので、熱中症にはくれぐれもご注意いただき、やせ我慢をせずにエアコンを使用するようにしてください。

建物が高気密・高断熱のRC住宅なら、エアコンも一回り小さな機種で済みますし、連続運転でも電気代が少なく、省エネで快適な暮らしが実現出来ますので、住まいも省エネ基準で選ぶと良いと思います。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング   ←お力添えを是非!



HEMS(ヘムス)はご存じ?

東京でエコな家を建てるならRCdesign

快晴になった秋の東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、 蓮根の不動産会社さんと電話、賃貸管理、ガス会社さんと電話、信用金庫さん来社、お問い合わせ対応、新宿区百人町計画検討、図面作成など。

午後は図面作成、提携会社さんと電話、資料作成、上板橋2丁目計画検討など。夕方は練馬区田柄のお客様とお電話、事務組合さんと電話、お問い合わせ対応、高田馬場計画検討、ミーティングなど。

秋らしくなってきましたね。食欲を抑えるのが大変です。

ではこちら。

HEMS(ヘムス)ってなんですか? 普及しないのはなぜ?

HEMSという言葉を見聞きしたことのある人は多いかもしれないが、「一時期に比べて目にしなくなった」と感じている人も少なくないのでは? HEMSとは何か。最近、あまり注目されなくなっているのはなぜなのか。

国の目標は2030年に全世帯をHEMS化
HEMSとは、Home Energy Management System(ホームエネルギーマネジメントシステム)の略で、「ヘムス」と呼ばれている。

エアコンや照明、家電などを有線や無線でつなぎ、使用している電力をモニターなどで「見える化」するシステムのことだ。モニターやスマホなどからエアコンや照明などの電気機器の電源をON・OFFしたり、エアコンの設定温度を変えたりといった制御も可能になる。
2016年10月24日 8時0分 SUUMOジャーナル

なるほど。

記事ではHEMSというキーワードを見聞きした人が多いかも、とされていますが、私の感覚では全くの逆で、むしろ一般の方の認知度は非常に低いものだと思います。

恐らく、ここ数年の中で家づくりをご検討された方や、これから住まいづくりを進めるという方とか、あとは業界関係者くらいしか、このキーワードを知っている人はいないのではないでしょうか。

経産省によると2013年時点の普及率はわずか0.2%だったそうですが、その後は一戸建ての注文住宅を中心に導入が進んでいるようです。

そんなHEMSですが、記事にもあるように、その目的はエネルギー消費量を少なくし、省エネとエコをより一層進めるための装置と言うことが出来ます。

住宅にこのHEMSを導入すると、節電効果が期待できますが、それはHEMSのモニターによって家で使っている電力がリアルタイムで見えるようになり、無駄な照明を落としたり、電気を使い過ぎないよう気を付けたりしたくなるということが期待されています。

さらにHEMSには太陽光発電や蓄電池もつなげられるので、エネルギーをつくったり貯めたりすることで、さらに省エネ効果が期待できるということです。

お気付きのとおり、このHEMSという機器自体が直接何らかの省エネ効果を発揮するということでは、いまのところはありませんが、今後は家庭だけでなく地域ごとに同じようなエネルギー制御をするようになりますので、その頃には本来の目的のとおり、エネルギーを最適にマネジメントしてくれるようになっていると思います。

このHEMSを普及させるというのは、日本がCO2など温暖化ガスの排出量を2030年に2013年比で26%削減することを目標に掲げていることもあり、達成するには家庭部門で約40%も削減しなければなりません。そこで国としては2030年までに全世帯(5000万世帯)にHEMSを普及させることを目標にしているわけです。

ところで、皆さんのご自宅ではすでに電気のメーターは交換されましたでしょうか?最近の新築はもちろん、既存の住宅でも順次スマートメーターと呼ばれる新しいメーターに交換されています。

このスマートメーターは家庭の電力消費量を遠隔で検針できるようにするメーターで、これによってネットにつながったメーターになっていますので、これまでのように人間が検針したり、工事する必要がありません。

また、最近は電気料金の自由化が進みましたので、契約先が変わったりすることもありますし、転居や売買などによって利用者が変わったという時にも、オンラインで供給やストップが出来るようになりました。

現在、地域の電力会社が各家庭のメーターをスマートメーターに取り換える作業を進めていますが、2024年にはほぼすべての世帯に設置される見通しとなっているそうですので、これによって一層HEMSが生きてくると思います。

以前にもお話しさせて頂きましたが、今現在国はZEH(ゼッチ)の普及に力を入れています。このZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略)は太陽光発電などでつくるエネルギーが消費するエネルギーを上回り、差し引きゼロ以下になる住宅のことですが、これを2020年までに新築戸建住宅の半数以上をZEHにする目標を掲げていて、補助金などで推進しています。

ZEH仕様の家を建てるのにHEMSは必須条件ではありませんが、やはり住宅性能にこだわる方では、合わせて導入するケースが多いということですので、多少時間がかかるかもしれませんが、いずれは国の目指す全世帯HEMS化が実現する日がくるのではないでしょうか。

まだまだ様子見という方もいらっしゃると思いますが、もしこれから住まいを建てたり、リフォームを行うご予定がございましたら、このHEMS導入をご検討されてみてはいかがでしょうか。

HEMSの導入とZEHの家を建てるなら、是非弊社RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。     


 

室温設定は26度が正解とか。

東京で省エネでも快適な家を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝から中区野毛町計画検討、お問い合わせ対応、書類チェック、社内システムメンテナンス、税理士さんと電話、資料作成など。

午後は出版社さんと電話、朝霞市のお客様とお電話、その後金融機関へ、帰社後は町田市中町計画検討、北松戸計画検討、資料作成、北新宿計画検討など。夕方は日本橋の不動産会社さんと電話、土地家屋調査士さんと電話、書類作成、社内ミーティングなど。

いよいよリオオリンピックまで10日を切りましたが、例によって日本ではまだまだ冷静を装っているように思います。いざ始まるとそれなりに盛り上がるんでしょうけど。暑い夏になるのでしょうか。

ではこちら。

オフィスの温度 「28度設定」の根拠は50年前の研究

もはや亜熱帯となった日本だが、「節電」が叫ばれて久しい。オフィスの「28度設定」はすっかり定着してしまった。そもそもどうして「28度」なのか。

夏になると、日本中のオフィスでいっせいにこんなメールが飛び交う。

「夏季期間中は室内温度を28度になるように設定します。社内ではノーネクタイ、ノー上着を奨励。お客様と接する場合の服装は適切な状況判断を」

「クールビズのお知らせ」はもはや日本の夏の風物詩。「軽装で失礼します」といった来客向けのポスターもよく目にする。

2005年に発効した京都議定書で義務づけられた温室効果ガス削減のため、環境省が「クールビズ」の号令をかけた。
2016年7月27日 11時30分 dot.(ドット)

なるほど。

まあ真面目な国民性もあり、本来ならば刻々と変化する自然環境の中で、年々夏が暑くなっていることもあり、クールビズはしっかりと定着しているように思います。

さらに、繰り返し発生する災害でも、節電が求められましたので、その結果エアコンの温度設定は28度が常識として定着したようです。

しかし、もうみんなが感じているとおり、真夏に28度設定にしている室内に入っても、まったく涼しいとは感じませんし、汗が引くまでに何十分もかかるという状況は、決して正しくはありませんね。

記事によると、この28度設定という数字は、1966年に定められた「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」(通称・ビル管理法)及び「労働安全衛生法の事務所衛生基準規則」の中にある記述で、室温の範囲が17度から28度とあるものだそうです。

これは50年前の研究から引用された数字で、今のように地球温暖化の問題やヒートアイランド現象などはなく、室内環境もパソコンなんて無い時代ですから、熱を発生させる機械もほとんどないという環境でのお話です。

しかも、法律で定められている17〜28度というのは、あくまでも最低限の範囲を示しているわけで、決して28度という限界値を推奨しているわけではないんですね。 

もちろん体感温度というものは人によって感じ方も違いますから、全ての人が快適という温度設定は難しいと思いますが、どちらかと言えば、暑い人が調整するよりも涼しい人が調整する方が、効率が良いようです。

記事によると、室温が25度から28度に上昇することで、6%も生産性が低下したという実験結果がありましたが、それこそやせ我慢してお仕事の効率が悪くなってしまっては、本末転倒な結果になってしまいます。

こんなことを言っていると、全然エコじゃないし、省エネのことを考えていないと言われそうですが、すでに何回もお話ししているように、エアコンの正しい使い方を考えれば、この設定温度自体はさほど問題ではないんです。

むしろ記事にもありましたが、空調機メーカーがエアコンを設計する時は、26度を設計値として考えられていて、この設計値を基準にしたシステムが一番効率良く動くように設計されているわけです。

さらに、空調設計の教科書というか参考書には、「外の気温が32度のときには室内温度は26度が望ましい」という記述があり、今も26度で設計されているということです。 

一昨日にも書きましたが、夏場の冷房設定温度は26度がオススメです。

ちなみに、機械も人間も、生産性が落ちてしまう日本の28度。世界を見渡せば、オフィスの室温はさらに低いそうです。なんとアメリカは23度、オーストラリアは23.3度、シンガポールは22.9度といった数字になっているそうです。

お役所だとなかなか難しいことかもしれませんが、民間なら明日からでも設定温度の変更が可能なはずです。しっかりとした根拠を示して、周囲の理解を得られるといいですね。

26度設定でも、オフィスのように日中にエアコンを使うのであれば、朝から夜まで一定の室温を保つだけですから、電気代が増加することはさほどでもないと思います。

エアコンを使用することもそうなんですが、温度設定を下げることに対しても、なんら罪悪感を感じる必要はありません。むしろ現実的な温度設定や連続運転など、より省エネと快適性を追求した使用方法というものを、しっかりと実践して欲しいと思います。

家庭でもオフィスでも、省エネで快適な暮らしを実現するなら、鉄筋コンクリート住宅が一番オススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。   



夏の電気代にNGな行動とか。

東京でエコな住まいを建てるならRCdesign

くもり時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後メーカーさんと電話、提携会社さんと電話、地盤調査会社さんと電話、トラックメーカーさん来社、地方銀行さんと電話、不動産会社さんと電話、お問い合わせ対応など。

午後は文京区千駄木計画検討、さいたま市南区別所計画検討、提携会社さんと電話、大工さんと電話、町田市中町計画検討、日本橋の不動産会社さんと電話、システムメンテナンス、地方銀行さん来社など。夕方は品川区大井町のお客様とお電話、ありがとうございます。ミーティング、中区野毛町計画検討、見積作成など。

梅雨明け間近の東京です。

ではこちら。

電気代がかさみがちな人のNG行動6選

●冷房の風量「弱」はダメ!?
猛暑が続くこの頃、気になってしまうのは電気代ではないでしょうか? ふだんは一生懸命節約をしていたとしても、夏の暑さについ気が緩んでしまい、涼しい部屋でダラダラ……。月末に届く請求書にびっくり! なんて経験をした人も多いかもしれませんね。そこで、今回は夏場にやってしまいがちなNG行動について一緒に確認していきましょう。

○×帰宅してすぐにエアコンをつける

暑い中帰宅して、すぐにエアコンをつけるという人は多いのではないでしょうか? 留守中の室内は熱気がこもっているので、冷えるまでに時間がかかり電気代の浪費につながってしまいます。

窓を開け、扇風機などでこもった空気を外に出してからエアコンをつけた方が効果的に部屋を冷やすことができるので、オススメです。
2016年7月25日 7時30分 マイナビニュース

なるほど。

イマイチ夏の本気さが感じられない東京ですが、蒸し暑さは例年とおりで、不快指数は連日高い数値を保っていることと思います。

悲しいかな、日本人のサガとでも言いましょうか。屋外の過酷な環境を避け、室内で安全かつ快適に過ごすということに対して、まだまだ罪悪感を感じてしまう人が多いように思います。

しかし、時代は変わって、日本の自然環境も年々過酷になっているのが現状です。そんな中では、生命を守ることが最優先されなければいけませんので、とにかく無理をせずにエアコンを使用して欲しいと思います。

さらに、昭和の時代と比べても、エアコンの省エネ性能は格段に向上してきましたので、上手に使えば非常に少ないコストで快適に過ごすことが可能になりました。

そんな現状を踏まえた上で、エアコンと住まいの正しい使い方を知って頂き、省エネで快適な夏を過ごして頂きたいと思います。

記事にもあるように、日中外出していて、帰宅後に初めてエアコンを使うというパターン。これまでの生活スタイルだと当たり前と思われるかもしれませんが、このような使い方が実はNGなんですね。

この場合、当然室内には熱い空気が充満していますし、実はお部屋の中にある家具や家財道具全てのものが蓄熱してしまっていますので、これらの温度を下げるためにも、膨大なエネルギーが必要になります。

室内の空気だけなら、入れ替えれば良いと思われるかもしれませんが、そう簡単に空気を入れ替えることも難しいですし、床や壁、天井が溜め込んだ熱を下げることは、想像以上に大変なんです。

ですので、基本はこの季節ではエアコンを入れっぱなしにしておくのが正解ということになります。

留守中もカーテンを閉めて、たとえば26℃程度に設定し、自動運転しておけば、帰宅時にも室温が保たれていますので、その後もずーっと快適に過ごすことが可能ですし、弊社の実績によれば、この使い方の方が電気代が低く抑えられるという結果になっています。

記事では他のNG行動として、エアコンをこまめに消すということや、風量を弱にして運転する、フィルターを掃除していない、冷蔵庫の扉を頻繁に開け閉めする、冷蔵庫の中身が多すぎ、などが紹介されていました。

まだまだ古い常識や、間違った知識、根拠の無い都市伝説や感情だけで判断されている人も少なくないように思います。

現在の家や設備を正しく使っていただければ、非常に省エネで快適に過ごして頂けますので、まずは騙されたと思って、1ヶ月間お試し頂けませんでしょうか。

より省エネで快適な住まいをお探しなら、鉄筋コンクリート住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。   



家づくり講座は省エネな家とか。

東京で省エネな家を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝から塗装屋さんと電話、資料作成、その後世田谷区奥沢6丁目計画の現場へ、お引き渡しと取扱説明をさせて頂きました。オーナー様には繰り返しご用命を賜り、大変感謝申し上げます。今回も何かとお心遣いを頂き本当にありがとうございます。

午後に帰社後は図面作成、その後埼玉県朝霞市の現場へ、大工さんと打ち合わせ、電気屋さんと打ち合わせなど。帰社後はサッシ屋さんと電話、お問い合わせ対応など。夕方は資料作成、葛飾区新小岩計画検討、図面作成、北松戸計画の近隣さんとお電話、中区野毛町計画検討など。

今日は近所の小学校でも運動会だったようですが、弊社スタッフも複数名のオヤジがお休みを頂いて応援に行っています。丁度良い陽気だったのではないでしょうか。それでは今週も土曜日恒例の家づくり講座第297回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

新築住宅に対して2020年までに省エネルギー基準への適合が義務化されていることをあなたはご存知ですか?

こういったことは、よほど関心がない限り、一般の人は知らないのではないかと思います。

じつは、国土交通省の調査によると、その内容を十分に把握している業者は、わずか1割程度にすぎません。

驚くことに、「聞いたことはある」「知らない」と回答した業者は4割にものぼり、特に中小の業者ほど認知度が低いようです。まだ時間はあるといえ、ちょっと不安になる結果ですね。

日本は、エネルギー資源の大部分を海外に依存しています。そのため、資源の有効活用をして、国民経済の負担を和らげる必要があります。

また、地球温暖化を防ぐため、二酸化炭素の発生量を抑えることが大切になります。

それができるのが省エネ住宅です。

ただ、省エネ住宅の施工には、より高度な知識と技術が必要になります。そのため、業者を対象にした技術講習会が定期的に開かれています。

しかし、小規模な業者の場合、日々の仕事に忙殺されて時間を捻出できないケースもあります。そのため、業者間のレベル格差が課題になっています。

驚くことに、未参加の業者のうち約3割は講習会が開催されていることすら知らない状況です。

逆に、積極的に学んでいる業者は、すでに省エネ基準に適合した住宅を施工しています。ということは、業者の学ぶ姿勢によって、提供できる住まいは全く違ったものになるということです。

それだけでなく、補助金や助成金などの知識も、業者によって雲泥の差があります。

一般の人から見ると、家づくりの専門家である住宅業者は、先生といってもいい立場です。だから、専門知識が豊富で、知らないことがないのが当たり前と思いがちです。

しかし現実は、そうではありません。

そんな中で、正しい業者選びをするのは簡単なことではありません。

もし業者選びで困った時には、是非お気軽に弊社までご連絡をください。メールでのご相談なら、24時間いつでも大丈夫ですよ。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。

 ←ご声援をよろしく。
人気ブログランキングへ 



冷蔵庫は最新の大型タイプがオススメとか。

東京でワンルームマンションを建てるならRCdesign

朝から雨の寒い東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、資料作成、電気屋さんと電話、金融機関、日本橋の不動産会社さんと電話、中区野毛町計画検討、信用金庫さん来社、所沢市東所沢計画検討など。

午後はリフォーム工事検討、新宿区中落合計画検討、店舗改修計画のお客様とお電話、高田馬場計画検討、資料作成、提携会社さんと電話など。夕方は高田馬場のお客様とお電話、世田谷区奥沢6丁目計画検討、ミーティング、その後会合出席。

予想以上の雨と寒さになった低気圧ですが、アレルギー症状も予想以上に酷いです。

ではこちら。

【冷蔵庫】狙い目は400L! 小容量より大容量が省エネになる冷蔵庫のナゾ

24時間365日、つねに電源に繋ぎっぱなしの「冷蔵庫」。一度食品を入れてしまうと、なかなか買い換えのタイミングがつかめませんよね。10年近く使っているという人は、新生活を機に庫内を整理して、買い換えると生活がよりお得になるはず。というのも、ここ数年で冷蔵庫の省エネ性能はグンとよくなっています。

ワンルーム住まいなどだと小容量の冷蔵庫を選びがちですが、これはNG。実は、冷蔵庫は大容量であるほどいい省エネ機能を搭載しているので、小容量よりも年間消費電力量が抑えられるんです。
 
イチオシは400L以上のタイプ。価格は小容量と比べると高いので初期投資は必要になりますが、頻繁に買い換えるものでもないため、長い目で見ればお得。庫内が広いと、おかずの作り置きやまとめ買いをしやすくなりますし、忙しい女子にはもってこいですよ!
2016年3月14日 12時0分 suit-woman.jp

なるほど。

すでに皆さんご経験があると思いますが、たとえば新婚当初に揃えた家電製品って、図ったように同じタイミングで故障したり、寿命を迎えるものですよね。

おおよそ10年前後で端から壊れてきますので、ある時期に出費が重なるということがあります。

しかしながら、その10年間という時間は技術の進歩には十分すぎる時間で、いざ買い換えを検討すると、省エネ性は当然のこと、使いやすさやデザインまで、かなり進んでいることに驚きます。

記事ではひとり暮らしの人でも、400Lを超えるくらいの容量を選んだ方が省エネになるということ。

冷蔵庫でも日々改良が進められているのですが、外観の大きさを変えずに内容量を大きくするなど、魔法のような技術もあります。

これは使われている断熱材がより高性能なものへと変化してきたからなんですが、最近は真空断熱材という優れた断熱材を使用している機種も多いようです。

実は家電製品も単身者用などの低価格帯向けの製品は、使える材料や部品も限られてしまいますので、どうしても性能が犠牲にされてしまいます。

一方で大容量タイプでは、売れ筋商品から高価格帯には最新技術が導入され、省エネや多機能などが実現されていますので、以外とお得なように思います。

家電製品といえば、今後はIoTという技術が進むことが予想されますので、コンピュータなどの情報・通信機器だけでなく、世の中に存在する様々な物体(モノ)が通信機能を持ち、インターネットに接続したり相互に通信することによって、自動認識や自動制御、遠隔計測などが行われるようになるでしょう。

すでに最近の新商品発表会などでは、この技術を利用した冷蔵庫などがすでに発売されたとして紹介されていましたので、割と早い時期に普及してくるかもしれません。

それでも、やはり家電製品の製品寿命が10年ということは変わらないでしょうけど、地球環境やランニングコストなどを考えれば、なるべく最新の機種を選んでおいた方が良いでしょう。

さらに賃貸のワンルームマンションといえども、断熱性能の高い物件を選んでおけば、日々の光熱費が断然違ってきますので、お部屋探しの際にはご注意ください。

もし高性能なワンルームマンションをお探しなら、是非お気軽に弊社までご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ←お気軽にクリック!


 

東京ガスの電気料金とか。

ブログネタ
住まいの選び方 に参加中!
東京で省エネな家を建てるならRCdesign

記録的に暖かい晴れの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、信用金庫さん来社、提携会社さんと電話、新宿区北新宿計画検討検討、横浜市中区野毛町計画検討、渋谷区代々木計画のお客様とお電話、その後関連不動産会社さん他訪問など。

午後は提携会社さんと電話、資料作成、その後新宿区高田馬場計画のお客様宅へ、打ち合わせさせて頂きました、ありがとうございます。夕方帰社後は各種段取り、見積り作成、世田谷区奥沢6丁目計画検討、提携会社さんと電話など。

クリスマスの満月が綺麗でしたね。

ではこちら。

東京ガスの電力料金、ガスとセットで割り引き

東京ガスは24日、来年4月の電力小売り自由化での家庭向け電力販売の料金プランを発表した。

 電気とガスのセット契約で1か月あたり250円(税抜き)割り引く。更に、電気料金は使えば使うほど安くなる仕組みで、平均的な家庭の月額料金に相当するプランでは、戸建て住宅の3人世帯で月平均392キロ・ワット時を使う場合、東ガス試算では、最大で年間計5000円(税抜き)安くなるという。
2015年12月25日 9時22分 読売新聞

なるほど。

いよいよ具体的な数字が発表されたようですね。

記事の数字だけですと、最大で年間5千円お安くなるということですので、これを魅力と感じるかどうかで、契約数も変わってくると思います。

また、記事にはありませんでしたが、提携先の通信会社7社の光回線サービスもセット契約すると月最大300円安くなるというサービスもあるようですので、これを合わせれば年間8千円くらいの節約になりそうです。

以前からこのブログでも何度か話題にさせて頂いてきましたが、実際に数字を見るとまた印象が変わってきますね。

もちろん消費者としては年間数千円の節約も大事なんですけど、もっと他のメリットというか、理由というか、一般家庭の人達がセット契約をするための言い訳が欲しいように思います。

一方で日本政府としては、「2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を標準的な住宅にする」という目標を掲げています。

この「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」とは、1年間に消費するエネルギーよりも住宅でつくったエネルギーのほうが多いか、またはその差がゼロになる住宅のことです。

現在住宅でつくるエネルギーは、太陽光発電が中心ですが、燃料電池や風力発電、今後はもっと効率の良い発電システムが開発されるかもしれません。

まず今の住宅で出来ることは、日々の消費エネルギーをなるべく少なくすること。省エネに優れた家にしていくということです。その上で自分で使うエネルギーを自分で作れれば、ゼロエネルギーということになります。

ここまでくると、従来のインフラエネルギーというものも、存在感が薄れてくるかもしれませんが、それでも国内の家が一斉にZEHに切り替わるわけではありませんから、当分は公共サービスのお世話にならなくてはいけません。

そんな環境の中で、一般消費者と呼ばれる人達がどのくらいセット契約に切り替えるか、今のところまったく想像出来ませんが、もう少しメリットを考えて頂いた方が良いように思います。

もしかすると、日本でも原子力での発電をしていない電力なら、契約しても良いという人がいらっしゃるかもしれません。

日本が世界を牽引する省エネ大国で、環境先進国になれるような改革なら、消費者の方もついてくる時代になってきているといいですね。

それでは良いクリスマスを。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ←お力添えをどうかひとつ。



15年後の住まいを考える。

ブログネタ
住まいの選び方 に参加中!
東京で省エネ住宅を建てるならRCdesign

くもり時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から書類作成、徳丸計画検討、お問い合わせ対応、サッシ屋さんと電話、その後台東区日本堤計画の現場へ、社内検査、オーナー様と打ち合わせ、帰社後は提携会社さんと電話など。

午後は北新宿計画検討、書類作成、世田谷区砧計画検討、板橋区板橋3丁目計画検討、原稿作成、資材会社さんと電話など。夕方は高田馬場計画検討、見積作成、セキュリティー会社さんと電話、お問い合わせ対応、ミーティングなど。

記録的に雨の少ない10月だそうです。仕事も家庭も助かってますけど。

ではこちら。

温暖化対策で15年後の住まいはどうなっているの?

日本の温暖化対策は「2030年までに温暖化ガス26%削減」が新しい国際公約になった。その中には住宅の省エネ化についても具体的な対策が盛り込まれている。15年後の住宅はどうなっているのだろうか。

給湯器はガス・電気・燃料電池の三つ巴の競争
「温暖化ガスを2030年までに2013年比で26%削減する」と、今年6月にドイツ・エルマウで開かれた主要7カ国首脳会議(サミット)で、安倍首相が宣言した。これを受けて内閣府の地球温暖化対策推進本部が7月に「日本の約束草案」をまとめ、国連に提出。そのなかで家庭部門での対策として、住宅の省エネ化についていくつかの具体策が示されている。

例えば給湯器。国が普及をめざしているのはエコジョーズとエコキュート、それにエネファームだが、このうち順調に普及が進んでいるのがエコジョーズだ。排気ガス中の熱を再利用することで効率をアップさせたガス給湯器で、大手ガス会社が標準化を目指すことで2030年までに2700万台が導入される見通しという。
2015年10月20日 8時0分 SUUMOジャーナル

なるほど。

これから家づくりを始めようとお考えの方なら、15年後はすぐに訪れる比較的近い将来という感じですが、これから家を建てるなら、ある程度はこのあたりの基準も考慮した家を建てておく必要がありそうです。

実はすでに法律の整備も進んでいて、平成25年省エネ基準=「エネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準」(平成25年経済産業省・国土交通省告示第1号)という基準の改正が行われています。

すでに規模の大きな建築物では、直後から義務づけされている項目もありましたが、住宅に限っていえば平成27年3月31日までは経過措置期間として、改正前の基準を用いることができました。

しかし、それも春以降は完全施行が始まりましたので、断熱性能や熱損失、エアコンや照明器具などのエネルギー消費量を計算して、基準に適合していることを確認しなければいけなくなっています。

ですので、これから建てる家は一定の省エネ性能に適合した住宅になるということですが、数値以外にも使い勝手やコストパフォーマンス、さらにより一層の省エネと、機器を選択する必要がありそうです。

そんな中で記事ではまず給湯器が取り上げられていましたが、やはりコストパフォーマンスという点で、ガス給湯器のエコジョーズが一番普及が早いようです。

次がオール電化の普及とともに広がった電気式給湯器のエコキュートですが、東日本大震災以降はその普及スピードが急激に落ちています。最近は新しい機能を備えた機種も発売されているようですので、また少しずつ広がっていくかもしれません。

そしてもうひとつの選択肢となるのが燃料電池で、都市ガスなどから発電と給湯をするエネファームです。

他の機器と比べると、どうしてもコスト的に不利な面もありますが、エネルギー効率や給湯と同時に発電するという点では、単に給湯だけの機器と比べるのも酷なのかもしれません。

実際は一般家庭でしたら、すべての照明器具と冷蔵庫やテレビくらいならまかなえてしまうくらいの発電をしてくれますので、その分電気を買う必要がなくなります。さらに太陽光発電の設備があれば、その分をまるまる売電出来ますので、より効率を上げることも可能です。

また、最新機種ですと、停電時にも継続して運転出来る機能を付けることも可能ですので、災害時でも最低限の電源を確保することが可能になります。

給湯器以外では、一時期の勢いを感じなくなっているHEMSが、より確実に普及してくるようです。このHEMSとはHome Energy Management Systemの略で、住宅設備や家電をつないで制御することです。エネルギーを節約しようというシステムですが、スマホやタブレット端末で電気やガスの使用量を「見える化」して管理できるようにしたり、自動制御したりします。

ちなみに住宅業界全体の目標としては、国の目標として2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス。「ゼッチ」と呼ばれる)を「標準的な新築住宅」としています。

ZEHとは省エネ性能が高く、かつ太陽光発電などにより家で消費する以上の電力をつくり出す住宅のこと。住宅の省エネ性能を確保するには、家を断熱材で覆って窓ガラスを複層ガラスにするなど、断熱性や気密性を高める必要があり、国は2030年までに新築住宅の平均でゼロエネルギー住宅を達成する目標を掲げています。

もちろんすべての家が、国が目指すような高性能住宅になるわけではないと思います。しかし、全体的な方向性ということでは間違い無く省エネ性能重視ということですので、将来的にも家の価値を維持するには、少なからず省エネに対する投資が必要かもしれません。

孫の代までを見据えた住まいづくりを考えれば、RC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。

 ←クリックをよろしく!
人気ブログランキングへ  



エコな賃貸住宅に省エネ化補助金とか。

ブログネタ
住まいの選び方 に参加中!
東京で賃貸住宅を建てるならRCdesign

秋晴れの東京です。

そんな今日は朝からミーティング、その後法務局へ書類受け取りに、帰社後は朝霞のOBオーナー様とお電話、図面作成、提携会社さんと電話、中央区日本橋のお客様とお電話、図面作成、お問い合わせ対応など。

午後は出版社さん来社打ち合わせ、不動産業者さんと電話、信用金庫さんと電話、提携会社さんと電話、台東区日本堤計画検討、図面作成、セキュリティー会社さん来社打ち合わせなど。夕方は書類作成、ミーティング、新宿区北新宿計画検討など。

おっ、サッカー日本代表がイランと親善試合してますね。

ではこちら。

エコな賃貸住宅をネットで検索へ 政府、オーナーに省エネ化補助

政府は11日までに、LED照明や高効率エアコンなどを備え、省エネ性能の高いエコ賃貸住宅を、入居希望者が住宅情報誌や民間の検索サイトで見つけられる仕組みをつくる方針を決めた。

ほかの物件より光熱費が安くなるメリットを強調し、賃貸市場で普及させる狙い。新築や改装で省エネ機器を導入した住宅や建物のオーナーには費用の一部を補助する。

日本は地球温暖化対策として2030年に温室効果ガス排出量を13年比26%削減する目標を掲げるが、家庭部門の排出削減は進んでいないのが現状。政府は、入居者とオーナーの両方にアピールすることで、住まいの温暖化対策を強化する。
2015年10月11日 17時45分 共同通信

なるほど。

これは賃貸併用住宅や投資用マンションの建築をお考えの大家さんにはちょっと気になるニュースです。

確かにこれまでの賃貸住宅といえば、いわゆる安普請な作りで、賃貸仕様と呼ばれるものが多かったですし、これは内外装だけでなく、構造や設備についても、最低限のものが一応あるという程度だったと思います。

これはある意味仕方のないことで、通常の大家さんや投資家さんは、少しでも建築費を安くあげて、反対に家賃は少しでも高くしたいという発想になっています。

これまでの日本では、賃貸住宅に住んでいるのだから、多少のことは我慢して当然、イヤなら出て行ってくれて結構という考えの大家さんも多かったですね。

しかし、ここ数年は大家さんでも危機感を持って積極的に勉強されている方から、デザインにこだわっていたり、設備のグレードアップをしたり、お部屋に特徴を持たせてたりと、少しでも入居者さんに喜んでもらえることを考えて実行されていますね。

ただ、そうすると少なからずコストが多くかかってしまいますが、今回のニュースのように政府が積極的に補助金を出してくれるとなれば、賃貸住宅の質も確実に向上していくのではないでしょうか。

実際に弊社で施工させていただいた賃貸住宅では、快適に暮らしていても冷暖房光熱費が安く、音の問題も気にする必要が無いのでストレスが無い、災害時の安心感は何ものにも代えがたいなど、入居者さんには大変好評をいただいています。

これからの賃貸住宅は、地震や火災などの災害に強く、低いランニングコストで快適に暮らすことが出来る。また、そこで暮らすことで地球環境にもやさしい。そんな物件が選ばれるに違い有りません。

となると、俄然有利なのはRC(鉄筋コンクリート)造の建物ということになりますね。

これから賃貸住宅や賃貸併用住宅を建てようとご計画されているのであれば、是非RC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

RC(鉄筋コンクリート)住宅のご相談はRCdesignまでお気軽にお問い合わせください。
 
それでは。

今日もありがとうございます。

 ←クリックをよろしく!
人気ブログランキングへ  



日本人の知らない省エネサッシとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
IMG_6369東京で省エネ住宅を建てるならRCdesign

晴れ時々曇りの東京です。

そんな今日は朝から台東区浅草3丁目計画検討、見積作成、西台のOB様とお電話、書類作成、提携会社さんと電話、ガス会社さんと電話、徳丸6丁目計画検討、各種段取りなど。

午後は新宿区北新宿計画検討、その後徳丸の現場へ、雑誌取材立ち会いなど。夕方帰社後は見積作成、練馬区田柄計画検討、賃貸入居者さん来社打ち合わせ、東大泉計画検討、資料作成など。

ちょっとずつですが、風が変わってきているように感じます。

ではこちら。

日本人だけが知らない「サッシで省エネ」の秘密

毎日蒸し暑い日々が続く日本列島。こんなときに考えてみたいのは住まいの省エネ化だ。きちんとエネルギー効率を考えた家をつくれば、エアコンに頼らなくても夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる。光熱費削減はもちろん、健康で快適な生活にもつながる。

 住まいを省エネ化する際、まず注目すべき点は、ズバリ「窓」だ。壁や床、天井の気密や断熱、そして日射をさえぎったりといったことを考えるのも大事だが、家のエネルギーの60%以上が、開口部である窓を通じて出入りしている事を考えると、間違いなく最初に考えるべき重要なポイントとなる。

◆アルミサッシを主に使っているのは、先進国では日本だけ

 窓は、窓枠(サッシ)とガラス面が組み合わさっているが、今回はサッシ部分を考えてみよう。日本人にはおなじみのアルミサッシ。驚いたことに、このアルミサッシが主に使われている国は、先進国では日本だけなのだ。
2015年8月19日 9時1分 ハーバービジネスオンライン

なるほど。

そうなんですよね、実は業界人や専門家の間では、すでに昔から常識とされてきたことが、一般消費者の間では操作された情報や古い価値観、間違った固定概念のおかげで、現代の常識とは違ったものになっていることがまだまだ多くあるものです。

この住宅の窓に使用するサッシについても、実は日本人だけが古い価値観や常識をそのまま受け継いでしまっているのが現状なんです。

日本では古くは木製サッシに始まり、その後鉄製を経てアルミサッシが普及してきた歴史があります。

現在のアルミサッシは、軽くて耐久性があり、一定の防火性能と何よりも価格が安く安定しているということが一番の理由だったんですけど。

しかし、現代の建築に求められる性能を踏まえてみると、熱の伝えやすさは樹脂や木製の1000倍とも言われているほど、温熱環境対策を考えると、とても適している材料とは言えないものなんですね。

実は海外の国別サッシの素材を見てみると一目瞭然で、住宅の省エネ化が進むドイツやスウェーデンなどの北欧、アメリカや中国、韓国でも樹脂製か、あるいは木製サッシが主流になっているんです。

日本における住宅の窓性能がここまで遅れてしまった原因のひとつが、サッシメーカーの都合でアルミサッシの販売が拡大されてきたことや、ある大人の事情もあったように思います。

ようやくここにきて日本の大手サッシメーカーでも、省エネ性能を重視した樹脂サッシが出始めてきていますが、全体的にはまだまだ普及には時間がかかるように思います。

さらに、日本には大変厳しい建築基準法があり、都市部などではほとんどが防火地域や準防火地域に指定されていますので、一般的な樹脂製や木製のサッシを使えないのが現状なんです。

もちろん耐火性能を維持するのも大切ですし、重要なことに変わりはありませんが、今の技術なら樹脂製や木製サッシでも、一定の防火性能を維持することは可能なはずですので、省エネ性を考えたら普及を急がなくてはいけないと思います。

このサッシのお話は、住まいづくりのほんの一部分なんですけど、まだまだ多くの日本人が知らないエネルギーの有効利用を考えた住まいづくりを広めていかなくてはいけません。

少しでも省エネ性能の有利な住まいをお考えなら、是非お気軽に弊社までご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ   ←クリックを是非!



エアロバイクと洗濯機で省エネとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で省エネ住宅を建てるならRCdesign

台風の近づいている東京です。

そんな今日は朝からタイル屋さん来社打ち合わせ、徳丸計画検討、徳丸6丁目計画検討、原稿作成、出版社さんと電話、資料作成など。

午後は徳丸6丁目計画のお客様とお電話、ありがとうございます。世田谷区奥沢計画検討、西台のOB宅訪問、帰社後はご近所のお客様と打ち合わせ、資料作成、東村山計画検討、図面作成など。夕方は見積作成、台東区日本堤計画検討、ミーティングなど。

ちょうど帰宅時間から雨と風が強くなってきましたが、無事に帰宅されましたでしょうか?

ではこちら。

エアロバイクと洗濯機が合体!! 運動しながら洗濯して “同時に省エネと減量” しちゃおう!

面倒くさいけど、する必要がある家事のひとつに洗濯がある。そして、絶対にしなければならないわけではないけれど、した方がいいことのひとつがエクササイズである。

それなら、「その2つを無理やり合体させたら一石二鳥ではないか!」との発想から生まれたのが、バイク洗濯機なるエアロバイクだ。過去にバイク洗濯機のコンセプトが話題となったことがあったが、現在、あるデザインチームが実用化に向けて試作品を製作中なのだという。

コンセプトの段階から、実用化へ向けて進化を遂げているバイク洗濯機が注目を浴びているので、運動しながら洗濯して、同時に省エネと減量が実現できてしまうマシーンについて、再び取り上げてみたいと思う。
2015年5月11日 19時0分 ロケットニュース24

なるほど。

確かに、ただ単に減量するためだけにエアロバイクを漕ぐっていうのも、考えてみればエネルギーの無駄遣いと言えますね。

自然界において、無駄なエネルギーをたっぷりと蓄えては、その後苦労してエネルギーを排出するという、なんとも不自然な行動を行っているのは人間くらいのものだと思います。 

そんな矛盾にようやく光が当たり、有効利用を考えるようになったのも、時代によるものかもしれません。

efbc91さっそく写真を拝借して参りましたので、ご覧下さい。

おお、なかなか格好いいではないですか?

これなら洗面脱衣室に置いてあっても違和感が無さそうですし、スペースの有効利用という点でも、良いかもしれません。

記事によると、現在は試作品製作の段階だそうで、明らかになっている点は、バイクに内蔵された発電機とバッテリーによって、ペダルの回転で起こる電気を蓄えられるシステムが導入されているということ。

間違いなく省エネにつながりそうですが、洗濯機部分への注水と脱水が自動なのかという点はまだ公表されていないそうですので、もしかすると意外なところで手間がかかったりすることもあるかもしれませんね。

でもこんなバイク洗濯機が実用化されれば、発展途上国やキャンプ場、電気の供給が断たれた被災地などでも需要がありそうです。

まあ日頃から無駄なエネルギーを体内に蓄積するようなことが無ければ、もしかすると不要かもしれません。いやきっと健康を維持出来ている人ほど、更なる体力向上と省エネを実践されることでしょう。

住まいの省エネを実現するなら、RC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。

 ←クリックを是非!
人気ブログランキングへ



省エネ住宅ポイント始めました!

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で省エネ住宅を建てるならRCdesign

晴れのち時々雨の東京です。

そんな今日は朝から徳丸6丁目計画検討、図面作成、金融機関へ、台東区日本堤計画検討、資料作成など。

午後は小金井東町のお客様宅訪問、打ち合わせなど、ありがとうございます。帰社後は板橋区板橋3丁目計画検討、資料作成、北区王子のお客様とお電話、ありがとうございます。夕方は資料作成、練馬区田柄計画検討、渋谷区神宮前計画検討、大工さんと打ち合わせ、ミーティングなど。

今日も症状が悪化しております。

ではこちら。

省エネ住宅ポイント開始…家電や商品券交換OK

省エネ性能の高い住宅を新築したり、リフォームしたりすると、省エネ家電や商品券などと交換できるポイントが得られる「省エネ住宅ポイント」の申請受け付けが10日に始まる。

消費税率引き上げの影響で低迷する住宅市場のてこ入れ策として期待される。

断熱性を高めるなど一定の省エネ基準を満たした住宅の新築や改築のうち、2014年12月27日以降に契約したものなどが対象。1ポイント当たり1円相当の商品券や省エネ家電、地域の特産品などと交換できる。例えば、省エネ性能の高い住宅を新築すれば30万ポイントが得られ、30万円分の商品券などに交換できる。窓や外壁の断熱化といったリフォームも最大30万ポイントもらえる。
2015年3月10日 10時27分 読売新聞 

なるほど。

いよいよ始まりました、省エネ住宅ポイント。本日から受付開始だそうです。

過去に行われた制度に比べて、今回の制度では完成済新築住宅の購入でも利用可能になった点は大きいかもしれませんね。これは昨年の12月26日までに完成されていた建物でも、基準に適合すれば、制度の利用が可能ということです。

ちなみに、今回の制度ではエコ住宅の新築及び完成済購入タイプの発行ポイント数として、1戸あたり300,000 ポイントが発行されます。
 
エコリフォームを行った場合、1戸あたりの上限発行ポイント数は、対象工事内容ごとのポイント数の合計とし、300,000 ポイントが限度となります。ただし、耐震改修を行う場合は、1戸当たり 450,000 ポイントが限度とされます。

制度全体としては、従来とほとんど同じ内容ですので、特に混乱もなくご利用頂けると思いますが、1点残念なのが、対象となる住宅として、自ら居住することを目的として新たに発注(工事請負契約)する新築住宅(借家は対象外)ということ。

実は、あまり大きな声では言えないんですけど、これまでの制度では、共同住宅でも利用が可能だったんですね。これはたとえば全10世帯の共同住宅では、30ポイント× 10世帯 = 300万円ということが可能だったんです。

これはオーナーさんや投資家の方にとって、とても魅力的だったんですけど、残念ながら今回は外されてしまったようです。

賃貸住宅でも、性能が高くって省エネを実現出来るものなら、制度を使っても良いように思いますし、賃貸住宅をより良い環境にするためにも、残して欲しかったと思います。

ところで、対象となる期間は、工事請負契約を平成26年12月27日以降に締結した建物。(建築着工前である場合、既存契約の変更契約を含みます。)

建築の着工を平成26年12月27日〜平成28年3月31日に行う。(根切り工事又は基礎杭打ち工事の着手)

工事の完了は平成27年2月3日以降ということになっています。

ただし、今年度の予算約900億円を消化してしまいますと、いつものように予定より早く終了する場合もありますので、ご利用予定の方は情報に注意が必要です。

詳細は下記のホームページを参考にしてください。 

省エネ住宅ポイント のHP 

省エネ住宅ポイントのご利用をお考えなら、是非お気軽に弊社までご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ← 応援のクリックを是非!



ガス代の節約方法など。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
晴れのち曇りの東京です。

そんな今日は朝から書類作成、世田谷区弦巻のお客様とお電話、豊島区池袋でご検討のお客様にご来社頂き打ち合わせ、その後施工物件ご案内など、ありがとうございます。電力会社さんとお電話、世田谷区砧計画コンクリート打設など。

午後は世田谷区奥沢計画検討、見積作成、建材屋さんと電話、資材発注、サッシ屋さんと電話、地盤改良会社さん来社、豊島区駒込計画検討、板橋区坂下1丁目でご検討のお客様とお電話、お問い合わせ対応など。夕方は商社さん来社打ち合わせ、大工さんと打ち合わせ、中野区南台計画検討、見積作成など。

寒い日が続いていますが、明日は一層冷え込みが厳しくなるそうですので、くれぐれもご注意ください。

ではこちら。

知らないとかなり損!冬場に高くなりがちな「ガス代の節約方法」とは

夏に比べると、驚くほど料金が高く感じるものが“ガス代“ですね。寒いので、ついついお風呂のお湯の温度を高めに設定したり、食器を洗うのにお湯を使ってしまったりしていませんか? そんなふうにしていると、明細書をみてビックリ……なんてことにもなりかねません。

そこで今回は東京ガスの『ウルトラ省エネブック』を参考に、部屋別にみたガス代の節約方法をご紹介します。

■1:キッチン
冬は、煮物など鍋をコンロにかけている時間が長くなる料理が多くなりがちですね。料理をするときは、木ぶた、アルミホイル、キッチンシートなどの“落としぶた“をするだけで、年間のガス使用量が3,390円も節約できます。もちろん、お湯を沸かすだけのときでも、きちんとふたをするようにしましょう。

また、炎は鍋底からはみ出さない程度にする方が、効率的に加熱されます。それだけでも、年間386円節約ができるのです。なべ底の水滴をふき取ってから火にかけることも忘れずに。
2015年1月13日 18時0分 WooRis(ウーリス)

なるほど。

ガス代だけに限らず、この季節は冷暖房光熱費が突然高額になっていてビックリしたという方も多いのではないでしょうか。

今年は冬が突然来た感じで、しかも思いのほか冷え込みも厳しいですから、どうしても暖房器具を使わざるを得ない状況ですし、他にも生活するうえで欠かせない熱源には、どうしても負荷がかかってしまいます。

そんな中、東京ガスでは少しでも省エネと節約に役立ててもらうよう、様々な情報を提供していますが、記事では部屋別にガスの節約方法がご紹介されていました。

記事のあるように、数字だけみると微々たるものかもしれませんが、家族が多かったり、使用頻度によってはまとまった数字になるのではないでしょうか。

たとえばバスルームでも、お風呂にお湯をためる場合は、給湯でお湯をためる給湯式と、水からお湯を沸かす風呂釜式とありますが、200リットルの浴槽の水を40度に沸かした場合、給湯式が91.0円であるのに対して、風呂釜式は105.6円になります。

年間でみてみると、給湯式の方が5,328円も節約できます。また、シャワーを使うときは、こまめに止めるようにしましょう。1日1回、シャワー時間を1分短縮するだけで、年間1,994円ものガス代が節約できるということです。

生活スタイルとしても、家族が各々の部屋で暖房するよりは、リビングに集まって過ごしていただいた方が断然省エネです。

東京ガス都市生活研究所の調査では、「床暖房にしてから家族がリビングに集まるようになったか?」という問いに対して、“大変そう思う”と答えた人が28.3%、“そう思う”と答えた人は38.0%で、合計66.3%もの人が家族団らんの時間を実感しているということがわかったそうです。

節約だけでなく家族団らんの時間も増えたら、より暖かさを感じられますね。

ここで注意して欲しいのが、床暖房には“ガス温水式”と“電気式”がありますが、私のオススメは断然ガス温水式です。実際の体感はもちろん、省エネ性や健康的な面でもここは間違わないようにして欲しいところです。

もしさらに省エネで快適な生活をお望みなら、断熱性と気密性の高い高性能住宅にする必要があります。また、燃料電池「エネファーム」の設置を検討してみても良いと思います。

logo_enefarm ちなみにエネファームの詳しい情報はこちらからどうぞ。


今日はこの季節に高くなるガス代の節約方法についての話題でしたが、省エネや環境保護を考えたら、ちょっとしたことでもコツコツと積み重ねていくことが大切ですので、是非出来ることからチャレンジしてみましょう。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ← 今年もご声援のクリックを是非!



省エネ住宅ポイント始まります。

東京で省エネ住宅を建てるならRCdesign

晴れの東京は寒いです。

そんな今日は朝から社内ミーティング、板橋区坂下リノベ計画検討、金物屋さんと電話、資材発注、小金井東町計画検討、来客面談、お問い合わせ対応、練馬区田柄計画検討、書類チェックなど。

午後は土地家屋調査士さん来社打ち合わせ、世田谷区砧計画検討、その後田柄計画の現場へ、資料配付など、その後郵便局、板橋区徳丸6丁目計画現場視察、帰社後は品川区旗の台でご検討のお客様とお電話、ありがとうございます。世田谷区奥沢6丁目計画検討、見積作成など。夕方は出版社さんと電話、板橋区板橋3丁目計画検討、ガス会社さんと電話、図面作成、見積作成など。

げっ、じゃなくて火曜日始まりの今週ですが、昨日は成人の日でしたね。実は今年我が家の長男が成人になりまして、地元の成人式に出席してきました。30年近く前に私が行ったところと同じ場所だったんですが、お笑い芸人さんの余興があったりで楽しんできたようです。あっという間の20年でした。

ではこちら。

国交省 「省エネ住宅ポイント」の概要を発表

国土交通省は、1月9日の平成26年度補正予算案の閣議決定を受け、同日「省エネ住宅に関するポイント制度」(省エネ住宅ポイント)の概要を発表した。

同制度は、昨年12月27日に閣議決定された「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」に盛り込まれたもので、省エネ住宅の新築やエコリフォームに対して、さまざまな商品等と交換できるポイントを発行する制度。これまでも「住宅エコポイント」(平成22年〜)や「復興支援・住宅エコポイント」(平成23年〜)として住宅市場活性化に向けて実施されてきた。
2015年1月10日 0時0分 online インテリアビジネスニュース

なるほど。

先日も話題にしておりました住宅エコポイントですが、正式にその内容が発表されました。

今回のエコポイントは、「省エネ住宅ポイント」という名前で、これまで以上に省エネを進めて行こうというもののようですが、耐震改修工事も追加でポイントが発行されるようです。

具体的に対象となる物件は、従来の新築、リフォームに加えて、今回は完成済新築住宅の購入も含まれるようになりました。

ちなみに省エネ性能要件については、新築の場合ですと、トップランナー基準の一戸建てや、一次エネルギー消費量等級4の性能を有する木造住宅など、エコリフォームの場合は(1)窓の断熱改修、(2)外壁、屋根・天井、床の断熱改修、(3)設備エコ改修(エコ住宅設備3種類以上)。

さらに上記(1)〜(3)のいずれかにともなう(1)バリアフリー改修、(2)エコ住宅設備の設置(太陽熱利用システム、高断熱浴槽、節水型トイレ、高効率給湯機、節湯水栓)、(3)リフォーム瑕疵保険への加入、(4)耐震改修の工事が対象になります。

そして発行されるポイント数ですが、今回は新築が30万ポイントということになります。リフォームの場合は最大で30万ポイント(耐震改修を行う場合は最大で45万ポイントまで)ということですので、ちょっと楽しみが増えそうです。

この発行されたポイントは、・ 地域振興に資するもの(地域商品券、地域産品、復興支援)・ 全国で使える商品券・プリペイドカード(商品の提供事業者が環境寄附を行うなど、環境配慮型のもの)・ 環境寄附、復興寄附 地域産品、商品券などと交換出来ます。

もちろん、従来からありました即時交換も可能です。これはポイントを充当することにより住宅の質の向上を図るため、エコ住宅の新築によって取得したポイントを、当該新築工事を行う工事施工者が追加的に実施する工事及びグレードアップ工事の費用に充当できるというもので、リフォームでも可能です。

ところで、対象期間はというと、平成26年12月27日(閣議決定日)以降に契約したもの(着工は契約締結日〜平成28年3月31日)となっておりますので、昨年年末に契約してしまったという方は、残念ながら対象外になってしまいます。(ご契約済みの施工業者さんとご相談ください)

また、これまでの経験則からすると、予定の期間まで待たずに予算に到達してしまい、早期に締め切りとなることも考えられますので、ご予定のある方は少々早めに動き出すと良いと思います。

まあ制度の善し悪しは置いといて、日頃税金を納めている方には折角の制度ですので、是非この機会にご利用をご検討されてみてはいかがでしょうか。

省エネ住宅をお考えなら、弊社までお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ← 今年もご声援のクリックを是非!



住まいの冬支度で省エネと節約とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で省エネ無結露の住まいを建てるならRCdesign

引き続き冷たい雨の東京です。

そんな今日は朝から北区西ヶ原計画検討、大工さんと電話、中野区南台計画検討、書類チェック、文京区小石川計画検討、見積作成、板橋区弥生町計画検討、タイル屋さんと電話など。

午後は北区西ヶ原計画の現場へ、内装メーカーさんと打ち合わせ、その後和光のお客様宅へ書類お届けなど、帰社後は豊島区駒込計画検討、提携会社さんと電話、2丁目の不動産会社さんと電話、タイル屋さんと電話、資料作成など。夕方は練馬区田柄計画検討、見積作成、商社さんと電話、ミーティングなど。

今日も降ったり止んだりの寒い一日でしたね、さすが霜降(そうこう)です。露が冷気によって霜となって降り始めるころというだけはあります。

ではこちら。

住まいの冬支度で家計節約!省エネと結露防止のコツ

個人向け不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)を提供しているさくら事務所は、この冬に備えた電気代の節約方法と、結露を減らすポイントを発表します(2014年10月23日発表)。

10月は衣替えの季節。衣類だけでなく住まいの冬支度として対策を考えておきたいのが「電気代(暖房代)」と「結露」。東京電力の家庭向け電気料金の推移によると震災後から今年7月までの間に平均的な家庭で約37%電気代が上昇しています。今年の冬は暖房代がかさむことが予想されるため、少しでも省エネ対策をしたいものです。
2014年10月23日 17時0分 ドリームニュース

なるほど。

昨日からはいきなり11月並みの冷え込みになって、慌てて冬物の衣類を引っ張り出したという方も多いのではないでしょうか。

衣類については衣替えがありますので、ある程度時期が来れば対応することになりますが、こと住まいについては、なかなかそんな習慣はありませんね。

もしかすると、自宅の寒さや結露の多さについて、もう慣れているから気にならないという方もいらっしゃるかもしれませんし、シーズンが終わるとその辛さも忘れてしまうということもあるかもしれません。

しかし、省エネについて言えば、これは国策として、また世界的にも達成していかなくてはならない問題に違いありませんし、個人的にも省エネを追求すれば、当然冷暖房光熱費などの削減になりますので、経済的にもやさしいものになります。

ですので、この時期には昨年より、少しでも快適になるような対策を行うようにしましょう。

記事の中で紹介されていたのは、冬用カーテンに替えるというもの。 
主に朝・晩の冷えに対策するなら、カーテンを替えるだけでも効果があります。窓周辺の冷気を室内に入れづらくするための「コート」の役割が期待できるため、冬の間だけ、風を通しにくい素材のカーテンやロールスクリーンなどに掛けかえると冷気が室内に入りづらくなります。生地は厚めで空気を含んでいるものがよいでしょう。

もうひとつはインナーサッシを取り付ける。
インナーサッシは室内用の窓。空気の入れ替え時などは窓を2回開けなくてはいけませんが、冬は冷気が入り込みにくく、夏はエアコンで冷えた室内の冷気を外に逃がしにくくなり、年間を通して窓の断熱性能を高めたい方にはおすすめ。また、インナーサッシを取り付けることで窓の遮音性能も向上します。

実は日本の窓って、世界的に見ても驚かれるほど性能が低いものなんですね、それで住宅から損失されるエネルギーのほとんどと言っても良いくらいが、窓から漏れているのが現状です。

ですのでこの窓の性能を上げるのが、大命題となっているわけですし、ここを対策することが省エネに直結します。

最近はペアガラスの種類も増えて、窓ガラスの性能も非常に向上してきましたので、性能の高いガラスなら、結露の発生をほぼ完璧に防ぐことが出来ます。出来ればガラスを交換するのが、一番効果が高いです。

そうは言ってもコストがかかるのも確かですが、だからといって梱包用のプチプチを貼り付けるというのも、たとえ効果があっても避けたいものです。

もし今のお住まいにこれから数年住み続けるということなら、是非ガラスの交換を検討してみてください。より根本的に高性能な住まいに住み替えをお考えなら、RC住宅がオススメです。

住まいの冬支度も、お気軽にRCdesignまでご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


  人気ブログランキングへ       ←応援のクリックをどうかひとつ!



スマートハウスって何?

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でスマートハウスを建てるならRCdesign

快晴の東京です。

そんな今日は朝から北区西ヶ原計画検討、練馬区の不動産会社さんとお電話、資料作成、小金井計画検討、見積作成、金融機関へ、世田谷区砧計画検討など。

午後は世田谷区弦巻のOBオーナー様とお電話、OA機器屋さん来社打ち合わせ、その後和光のお客様宅へ書類受け取りと打ち合わせなど、帰社後はセキュリティー会社さん来社打ち合わせ、 信用金庫さん来社、世田谷区太子堂計画検討、見積作成など。夕方は練馬区田柄計画検討、ガス会社さん来社打ち合わせ、地盤調査会社さんと電話、不動産会社さんと電話、1丁目のお客様とお電話、見積作成など。

10月も半分が終わってしまいましたが、すでに年賀状印刷の案内が届くなど、ジョジョに慌ただしさが増しているように思います。

ではこちら。

意外と知られていない「スマートハウス」の定義とは

スマートハウスという言葉をよく耳にするが、正確に理解をする人は不動産や建築業界以外にはほとんどいないのではないだろうか。

スマートハウスと聞くと、太陽光発電設備を備えた住宅だと思っている方が多いのではないかと思うが、広義のスマートハウスとは家電や設備機器をネットワークなどで接続し最適制御を行い、居住者が便利に住まうことの出来る住宅のことである。

ただし、2011年以降は考え方が少し変わり、「エネルギーの総括管理が出来る住宅」ということになりつつある。そのおかげで発電する住宅をスマートハウスだと勘違いする方が増えているのだ。

エネルギーの総括管理というのは電気などの使用状況や使用方法を管理して、トータルで経済的にコストを抑えるという意味で、太陽光発電設備などはそのための一つのファクターとして組み入れられるものである。 
2014年10月16日 11時35分 FUTURUS(フトゥールス)

なるほど。

確かにこのキーワードも、実際はまだまだ住宅関連業界の人だけが盛り上がっているという感じがしなくもありません。

車や携帯電話でもそうですが、基本的な目的や役割を満たしていても、普及が進むにつれて付加価値というか、余計な機能が備わってくるものです。

そんな中、なぜ業界を上げてスマートハウスを普及させようとしているのかというと、世界的なエネルギー不足と環境保護という課題がまずは大前提になっています。

これまでのように、石油や薪、ガスなどを限りなく燃やすわけにはいかない時代だということはご理解いただけると思います。

そうなると限りある資源を有効に使わなくてはいけないんですが、従来の断熱性能や気密性能の低い住宅ではまったく役に立たず、それゆえに高性能な住宅が求められています。

さらに、電気エネルギーも原子力に頼ることに不安がある中で、太陽光発電や地熱発電、燃料電池などの再生可能エネルギーが注目され、また実際の活用が急速に進められています。

しかし、従来の電気会社が作った電気と、自宅で発電した電気を区別したり、または売買するためにはそれ用の仕組みや装置が必要になります。

ちょっと前までは、発電の仕組みとして太陽光発電の他に都市ガスを使った燃料電池発電装置などがあり、また敷地や状況が許せば風力発電も取り入れることができますが、これでスマートハウスと言っていたメーカーもありました。しかし本来は発電が出来る住宅というだけではスマートハウスとはいえません。

太陽光などで自家発電した電気を家庭用に変換するパワーコンディショナーや、電力会社から売電した商用電気と自家発電の電気を統合できる家庭用分電盤、そして商用電気と自家発電をバランスよく制御するためのHEMSという機器が必要となってくるわけです。

このHEMSという装置は、家庭用エネルギー制御システムの略で、太陽光発電が機能しない夜間に商用電力を使うなどの電力の最適化を行い、またエアコンや照明、冷蔵庫、炊飯器などの対応機器を制御することでピーク電力を抑えるという機能を持っています。

例えば、人のいない部屋の照明やエアコンを消したり、炊飯器や電子レンジなどを使用中には一時的に電気自動車への充電を中断するなど。そんなやり繰りを全てオートマティックで制御するのです。つまりHEMSはスマートハウスの中核となる機器となります。

また、太陽光発電で自家発電した電気をリチウムイオン電池やニッケル水素電池に充電しておき、夜間に使用できるようにするという制御もHEMSを据えたスマートハウスシステムの機能としては重要です。

実はこのスマートハウス、今のところは家一軒のみの独立したものと考えられていますが、一つの町全体でスマートハウス、スマートオフィスが連携し、通信技術によってエネルギーを融通しあうことが出来れば、町全体として商用電力の買電を減らすことが出来、より省エネルギーにつなげることが出来ます。これが次の目標となる言葉として聞く、スマートグリッドやスマートシティというものになります。

もしかすると、今はまだ早いとか、周りがそうなったらすれば良いとか、そう判断されている方も多いと思います。しかし、これは日本が世界の中でもまずはじめに実現して、そのノウハウや技術を他の国に指導していく立場にならなくてはいけないものだと思います。

そんなスマートハウスにご興味がある方は、弊社までお気軽にご相談ください。

ちなみに、明後日18日(土)の完成内覧会の会場には、最新の燃料電池が設置されていますので、こちらもご興味のある方は是非ご覧いただきたいと思います。お気軽にご予約を頂けると幸です。

それでは。

今日もありがとうございます。


  人気ブログランキングへ       ←応援のクリックをどうかひとつ!



エアコンは付けっぱなせ!

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で快適な家を建てるならRCdesign

夏のような晴れて暑い東京です。

そんな今日は朝から7丁目リフォーム計画検討、見積作成、練馬の不動産会社さんと電話、大工さんと電話、北区西ヶ原計画検討、1丁目計画見積作成、来客面談など。

午後は金融機関、7丁目のお客様宅へ書類お届け、その後法務局へ書類受け取り、板橋区弥生町計画の現場視察、電気屋さんと合わせ、帰社後は徳丸6丁目計画検討、書類チェック、世田谷区代沢計画検討、見積作成など。夕方は出版社さんと電話、賃貸住戸トイレ修理、台東区上野桜木計画検討、練馬区田柄計画検討など。

もう梅雨が明けてしまったかのような暑さですが、すでに夜もエアコンを使用しないと安眠出来ないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そういう私も使用していますが、本格的な夏の前にエアコンの使い方をここで今一度おさらいしておきましょう。

ではこちら。

【再掲】「エアコンは付けっぱなしが最も節電できて経済的」など猛暑のためのエアコン小ネタまとめ

いよいよ夏本番の気配が漂ってきました。京都も祇園祭の宵山を迎えて激しい暑さに見舞われております。熱中症予防と節約のため、昨年掲載して反響の大きかったエアコン小ネタ記事を再掲致します。

東日本大震災直後に高まった節電意識。今年は節電目標がなくなるなど、あの時の教訓もふと忘れがち。常識や思い込みに囚われず、正しく節電することで節約にも、熱中症予防にもなる小ネタを集めました。
 
「エアコンを付けるのは本当に倒れそうになるまでガマンする」、「人の出入りにあわせて細かくエアコンのスイッチをオン・オフする」のように一見もっともらしいけれど節電、節約の観点からは大間違いの「常識」が世間には蔓延しています。3.11以降の節電意識の中でようやく少しずつ広まり始めた本当の節電方法をまとめました。お金も電気も節約できる上に、熱中症予防にも大切な小ワザです。

◆エアコンは涼しい朝からつけろ!
ちょっと暑いくらいならエアコンはガマン、お昼すぎのうだるような暑さで耐えられなくなったらようやくスイッチオン。節約家の模範のような態度ですが、残念ながら逆効果。高くなった室温を低下させるのには、同じ温度を維持するよりも多くの電力を消費してしまいます。さらに、一番暑い時間帯は電力消費のピークとなるため、ピーク時使用電力を押し上げるという結果になってしまいます。

よって、朝方の気温が30度になる前から28度前後でエアコンを付けておいたほうが電力消費を抑えることになる上、電力のピークシフトにも貢献できます。
多くの人が間違ったエアコンの使い方をすれば、その電力を賄うためにより多くの発電所が必要になってしまいます。脱原発を訴える人こそ積極的に朝から適温でのエアコン使用を心がける必要があると言えるでしょう。 
BUZZAP! 2014年07月16日11時20分

なるほど。

私もこのエアコンの使い方については、定期的にお知らせしているんですけど、実際にお客様に住まいの取り扱い説明をしたり、エコな住まい方をお話ししていると、本当の情報がまだまだ伝わっていないですし、それゆえに信じてもらえていないような気もします。

それはRC(鉄筋コンクリート)住宅についても同じようなところがあり、強さや耐久性、省エネや快適性、もしくは価格に関しても、誤解や間違った情報が伝えられたままになっていることが多いです。

環境のためにも、国民の経済のためにも、ここはもう何度でもお伝えして、少しでも多く方に届くようにしなければいけません。

記事にもあるように、とにかくエアコンは高い室温を下げる時が一番エネルギーを必要とするんです。室温を一定に保つのには少しのエネルギーしか使いません。

これは車も同じですね、高速道路を一定のスピードで巡航している時が一番燃費が良いんです。市街地でスタートとストップを繰り返していると、途端に燃費が悪くなりますね。

そう言う意味ではこちらも是非実施してください。
◆エアコンは付けっぱなせ!こまめなオン・オフはNG。
10分でも人がいない時はこまめにエアコンをオフにする。これもエコに見えますし、電球を始めとした一部の電化製品では正解の「こまめなオン・オフ」ですが、エアコンに関してはNG。

エアコンが一番電力を使うのはスイッチを入れた直後の10分間程度。その後室温が設定温度に近づくと安定運転に入ります。このため頻繁なオン・オフ自体無駄な電力を消費しますし、電源をオフにすることでせっかく冷えた室温が上がってしまえば、再び冷やすために多くの電力を消費します。

さらに各種設定ではこちらを参考にしてください。
◆設定温度は高めに!風量は自動設定がおすすめ。
エアコンの設定温度は1度上げると10%もの節電になるため、できれば推奨温度とされている28℃まで上げておきたいところ。設定温度を下げ過ぎると、その時は涼しくて爽快でも冷房病などの原因にもなるので注意が必要です。
 
風量は自動設定が最も効率が良いため、節電のためには基本的に自動設定。もし暑いと感じた時は温度を下げるより風量を強めた方が電力を食わないのでおすすめ。風があると体感温度は下がります。扇風機がある場合は併用も効果的です。

◆風向きを変えてムラなく冷房!
温度の低い空気は部屋の下に集まりやすいもの。エアコンの風向きが下を向いていると、足元ばかり冷えて顔は暑いということも。吹き出し口の風向きは水平に近づけてできるだけ部屋の空気をかき混ぜるようにすると効率的に冷やせます。この時も扇風機があると空気を撹拌できるため、より効率的に部屋を冷やすことができます。

より一層の省エネ効果をねらうなら、下記の方法が有効です。
◆フィルター、カーテン、室外機などの環境を整える!
エアコンのフィルターの掃除は必須。シーズンで始めて使い始める時はもちろん、2週間に1度ほどゴミやホコリを取り除くだけで、体感できるほどに冷却効果に差がでます。もちろん電気代も抑えられるため面倒臭がらずにやる価値あり。
 
そして、エアコンを使う時は日光からの熱を遮るためにカーテンやブラインドを下ろすこと。可能であれば窓に貼り付けるプチプチ状の断熱シートを使うことで、暑い外気による熱の侵入も減らすことができます。もちろん雨戸があるなら閉めましょう。

また、意外と大切なのが普段は見えにくい室外機。吸込み口や吹出し口の近くに障害物があったり枯葉や蔓が巻き付いていることで効率が落ちてしまうこともあります。また、直射日光に当たることで熱交換の効率が落ちてしまうため、ひさしなどで日陰にすると節電効果が得られます。ただし、この時吸込み口や吹出し口を塞いでは元も子もありませんので要注意。

いかがでしょうか。以上がこれからの季節を快適に、しかも省エネに過ごすための正確な方法ですので、是非お知り合いの方々にも教えてあげましょう。

人が思い込んでいた常識が、必ずしも本当に節電に結びつくとは限りません。そして、ちょっとした工夫で冷房効率をアップさせたり快適に過ごせるようにもなります。

暖かい家とか、涼しい家と表現される時があります。しかし、家そのものが自然に発熱したり冷えたりすることはありません。もちろん風があれば体感的に涼しく感じることはあります。これからの家に求められるのは、なるべく少ないエネルギーで効率よく冷暖房を行い、その室温を保てる性能が必要です。

さらに言えば、RC(鉄筋コンクリート)住宅ならより一層その効果が期待出来ます。

もう少しで梅雨明けとなりますが、同時にあの恐ろしい猛暑が日本を襲って来ます。すでに熱中症も多発しているようですが、少しでも省エネで快適に、そして健康に過ごせるよう、騙されたと思って実施してみてください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←応援のクリックをどうかひとつ!



モトがとれる省エネ家電とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で省エネな家を建てるならRCdesign

朝から雨の東京です。

そんな今日は朝からご近所のお客様とお電話、リフォーム工事段取り、電気屋さんと電話、杭屋さんと電話、板橋区弥生町計画検討、資料作成、金融機関へ、井戸屋さんと電話、蓮根の歯科医院さんと電話、設備屋さんに連絡、本郷計画検討など。

午後は小金井計画検討、資料作成、ガス会社さん来社打ち合わせ、地盤調査会社さんと電話、豊島区駒込計画検討、図面作成など。夕方は電気屋さん来社打ち合わせ、鍛冶屋さん来社打ち合わせ、練馬区田柄計画検討、設備屋さん来社打ち合わせ、原稿作成など。

帰宅時には手が凍えそうになるくらい冷えました。皆さんご自愛くださいませ。

ではこちら。

省エネ家電:買い替えでモトが取れるもの、取れないもの

家電を省エネ効果の高いものに買い替えたい――そんなときのポイントは、とりわけ消費電力の大きいものに的を絞ること。具体的には、冷蔵庫、エアコン、テレビ、照明器具の4つです。

これらについて総合的に検討できるのが、環境省のウェブサイト「しんきゅうさん」。名前の通りの新旧製品の消費電力を比較できます。「けっこう古いけどまだ使えるし、どのタイミングで買い替えたらいいかわからない」という場合は、「2000年製、300リットル」というように現在使用中のものと、買い替えたいものの条件を入力すると、年間で何万円電気代が違うかが出てきます。あくまでも目安ですが、参考になるでしょう。 
プレジデントオンライン 2014年04月18日13時15分

なるほど。

さっそく見てみました「しんきゅうさん」。

これは見るからに一休さんをパクったと言われても仕方がない感じですが、それでもサイト自体はそれなりに使えそうですので、実際にこれから家電を買い換える予定のある方や、家を建てる方にも一度確認しておかれると良いのではないでしょうか。

やはり省エネ効果の高い4つの家電のうち、特に冷蔵庫は24時間一日中電源が入っている機器ですので、省エネ効果の高いものに買い替えるのは節約効果が非常に大きいようです。これはもう考えている暇があったら買い替えたほうがいいくらいですね。

次はエアコンについてですが、よくメーカーのパンフレットなどに「年間○円もお得」という宣伝文句がついていますね。実はこれ、冬の暖房にもエアコンを使うという前提で算出した数字で、エアコンの消費電力は冷房よりも暖房のほうが倍くらい多いので、エアコンは夏場の冷房しか使わないというお宅にはあまり関係ありません。

テレビを買い替えるときのポイントは、画面の大きさです。いまはテレビの価格が安くなっているので、大は小を兼ねるとの思いから、少しでも大きいものの方がお得かと思ってしまいますが、画面が大きければそれだけ消費電力も大きくなります。

これはプラズマも液晶も同じようです。また韓国製や中国製の安価でスタイリッシュなテレビも増えていますが、省エネ性能という点ではやはり日本製のほうが断然優れていますので、単純に価格やデザインで選ばないほうがいいかもしれません。

照明器具については、皆さんご存じのとおり、消費電力の少ないLED電球に替えることで節約効果が見込めます。やはり毎日使うものですので、特に現在白熱電球を使っているようなら、その差は歴然で、80%以上も消費電力が少ないLEDは劇的な効果があります。ただし蛍光灯と比べるとあまり消費電力の差は無いようです。

もしさらに家電を見直すとしたら、洗濯物の乾燥機が狙い目だとか。とにかく熱を出す電化製品は、基本的に消費電力が大きいです。たとえば炊飯ジャーやポットの保温機能、ストーブやカーペットなどもすごく電気を消費しますね。

同じ熱を扱う機器なら、ヒートポンプ式のものがエアコン同様かなり省エネが期待出来るのではないでしょうか。また、浴室乾燥機なら、温水式の方が断然実用的ですので、設置を検討されているならこちらがオススメです。

まあモトが取れるかどうかは、いろんな条件もありますので、一概に約束できるものではありませんが、トータルでランニングコストが低減出来るのは間違い無いと思います。さらにより一層の省エネをご希望なら、家の性能を上げるのが非常に効果的ですね。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←今日もどうか応援のクリックを一つ。



オール電化でも電気代の削減とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で省エネな家を建てるならRCdesign

どんより曇り空の寒い東京です。

そんな今日は朝から練馬区田柄計画検討、提携会社さん来社打ち合わせ、図面作成、練馬区錦町計画検討、板金屋さんと電話、書類チェックなど。

午後は図面作成、目白のお客様とお電話、渋谷区東計画検討、左官屋さんと電話、材料屋さんと電話、江戸川区篠崎町計画検討、来客対応など。夕方は渋谷区恵比寿2丁目計画検討、図面作成、北区西ヶ原計画検討、大工さんと打ち合わせ、台東区上野桜木計画検討など。

今度の日曜日は東京都知事選の投票日です。必ず投票しましょう。

ではこちら。 

オール電化で高額な電気代!どうしたら削減できる!?

オール電化ではガス代が掛からない分、公共料金を減らせるとされていますが、電気代自体が高いと感じることもあるようです。教えて!gooには、電気代についての質問が寄せられていました。

「オール電化ですが、電気代が高いです」

相談者は一戸建てに4人暮らしで、オール電化にしています。家族の仕事の時間帯から、昼間家に居ることが多いものの、夏冬の電気代が4万円近くになり、高いと感じています。

主に稼動する家電は、エアコン2台、テレビ1台、洗濯機1台、冷蔵庫2台とIH調理器です。照明をつけっ放しにしているようなことはなく、冷蔵庫以外の家電は、2年ほど前に買い換えたばかりだそうです。電力会社の方に見てもらったところ、漏電等はなく、特に電気代がかかるようなものはないと言われたとのこと。 
教えて!ウォッチャー 2014年02月06日17時00分

なるほど。

一般の家庭で電気代が4万円と言われれば、それはビックリですね。通常なら恐らくガスを併用している住宅でも、そこまではいかないのではないでしょうか。

記事ではエアコンをあまり使わない春と秋でも電気代は3万円くらいであるそうで、その電気代を抑えるためには、エアコンを控えるしか方法はないのでしょうかという相談でしてた。残念ながら建物の基本性能が確保されていないと、改善は難しいかもしれませんね。

日本の真冬や真夏の時期は、より快適に過ごすために、というか健康維持や生命維持のためにも、どうしても何らかの空調設備が必要ですが、建物が高気密・高断熱住宅であれば、エアコンの連続使用が実は一番省エネでエコなんです。

この時期、暖房に限って言えば温水式床暖房が一番快適で健康にも良いと思いますが、それにはガスの併用が必要ですので、出来れば新築時に設置しておきたい設備です。

記事のようなお話しは、比較的良く聞く失敗談で、それまでRC造のマンションに住んでいた方が、木造の建て売り住宅を購入して引っ越すと、必ずといっても良いくらいその寒さと光熱費の差にビックリされます。

これも当然といえば当然で、マンションでは通常上下左右に他の方が住んでいて、同じように冷暖房を使ってくれています。外気に面するのはベランダ側と玄関側の2面だけで、そこからのみ熱の損失があるんですけど、その量はごく小さいものなんですね。

それに比べて一戸建ての住宅は、上下左右と前後の6面すべてが外気に面していますし、家全体を自分達だけで冷暖房しなければいけませんので、同じ床面積でも、その負荷は比べものにならないくらい大きいものになります。

だからこそ、家の気密性と断熱性を高めなければいけないんですけど、まだまだ春や秋の季候の良い時期だけを想像して家を買ってしまう方が多いのが残念です。 

さて、記事の相談の件、電気代を少しでも削減するなら、まず契約形態を見直すのもひとつです。今の時代ブレーカーが落ちることを避けるために、少々余裕をもった初期契約になっているかもしれません。

家族の人数や生活スタイルによっては、60アンペアも必要なく、40アンペアでも十分かもしれませんので、この基本契約を変更すれば、基本料金を下げることが出来ます。

また、一時期流行したオール電化住宅では、基本的な生活スタイルを家に合わせないと、効果が出ない場合があります。基本的に深夜電力契約になっていると思いますが、この場合昼間の電気料金は深夜の3倍になりますから、昼間に家にいると通常契約より高くなります。

もし、家族構成が変わったり、生活スタイルが変わった場合には、深夜電力契約をやめて、通常の契約に戻した方が良い場合もありますので、電力会社さんに相談してみると良いと思います。

少ないエネルギーで快適に暮らすには、どうしても気密性と断熱性に優れた家が必要なんです。長く使う家だからこそ、後悔しない住まい選びをしていただきたいと思います。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←今日もどうか応援のクリックを一つ。 



暖かい部屋を作る方法など。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で省エネな家を建てるならRCdesign

良い天気の東京です。

そんな今日は朝から書類作成、その後豊島区駒込計画の現場へ、お客様と近隣ご挨拶周りと打ち合わせなど。ありがとうございます。帰社後は渋谷区東計画検討、大工さんと電話、都市銀行さんと電話、文京区本郷計画検討など。

午後は高島平1丁目計画検討、図面作成、来客面談、板橋区弥生町計画検討、見積作成、ミーティング、渋谷区東計画の近隣さんと電話など。夕方は台東区上野桜木計画検討、渋谷区東計画のお客様とお電話、都市銀行さん来社、葛飾区新小岩計画検討、高島平1丁目計画のお客様にご来社いただき打ち合わせなど。

さて、明日は早起きしてサッカーの応援をしなくてはいけませんので、早めに寝なくては。

ではこちら。

【レポート】なぜ部屋で足元が冷える? もっと効率よく暖かい部屋を作る方法

日増しに寒さが厳しくなるこの季節、既に暖房機器をセットしている人もいるかもしれない。しかし、より効率的に家を暖めることができれば、冬をもっと快適に乗り切れるはずだ。そのポイントを、18日に行われたLIXILプレスセミナー「住まいの断熱における"快適性能"とは〜改正省エネ基準時代における"省エネ"と"快適"の在り方〜」での発表から紹介したい。

○連続運転と間欠運転の使い分け

まず、「省エネ」という観点からいうと、今年大きな変化があった。国土交通省による「省エネ基準」が13年ぶりに改正されたのである。新基準では、「一次エネルギー消費量」という、建築や住宅で用いるエネルギーを熱量換算した値が指標として導入。冷暖房をはじめとした、換気、給湯、照明などの設備機器の効果も評価に含まれるようになった。登壇した芝浦工業大学工学部建築工学科の秋元孝之教授によれば、住まい全体の省エネ性能を評価することで、燃費の良い家を増やそうとしているとのこと。 
マイナビニュース 2013年11月19日07時00分

なるほど。

建物の性能を高めて、快適性と省エネ性を追求することは、時代の要請でもありますし、先進国の使命とも言えることだと思いますので、国として一定の基準を設けるのも必要なことだと思います。

今回の基準では、住宅でも冷暖房設備や換気、照明、給湯などの消費エネルギーを計算し、さらに外皮(外壁や屋根)の断熱性能をこれまで以上に求められるようになりました。

一方で太陽光発電や燃料電池などで創出したエネルギーは消費エネルギーから差し引くことが出来るようになりますので、自己使用分については省エネ性の評価に影響するシステムになったようです。

また、負荷の削減策として、躯体の蓄熱が利用出来るのは画期的で、より安定した温熱環境と省エネを実現出来るようになると思います。

さて、そこで実際にどのような暖冷房設備にすれば、効率よく部屋を暖めることができるのか、ポイントは2つ。住まい全体を暖める「連続運転に適した設備」と、必要なときに必要な場所だけ暖める「間欠運転に適した設備」を適切に選ぶこと。また、住まい全体の断熱性能を高めることで、連続運転による暖房負荷を減らし、暖房している部屋としていない部屋の温度差を少なくすることも出来ます。

恐らくこれまでに体験したことがある方も多いと思いますが、同じエアコンの設定温度にしていても、寒いと感じる部屋と暖かいと感じる部屋があったり、同じ部屋でもその日によって体感温度が違っていることはありませんでしたか。

その原因のひとつは、周囲の壁や窓が冷たいことがあります。断熱性の高い家の場合には、表面温度が上がり、体感温度も高くなりますが、そうではない場合、部屋の上下に温度差が出来てしまうため、どうしても足下から冷えを感じてしまいます。

この室内における上下の温度差は、建物にすき間が多かったり、床の温度が低いことや、コールドドラフトという現象の3点によって生じやすいと言われています。

当然すき間が多ければ、冷たい外気が進入して軽い暖気を天井付近に押し上げ、別のすき間から暖気が逃げてしまいますし、床が冷たいことも、足元の温度を下げる一因になります。

また、コールドドラフトとは窓際で冷やされた冷気が下に落ることですので、結果として足元の温度を下げてしまいます。よって、これらを防げば、部屋の体感温度を上げられるということになりますね。

まだまだ日本人に染みついた生活習慣からは、冷暖房設備の連続運転に抵抗感をもたれる方も多いと思いますが、以前のすき間だらけの住宅ですとエネルギーの浪費になるものの、今の高性能住宅なら、確実に省エネにつながりますし、快適に過ごすことが可能です。

そんな連続運転に適した暖房としては、経済性ならやはりエアコンが有利ですが、より快適性を求めるなら、温水式床暖房が良いと思います。

ここで一つ注意していただきたいのは、家の中で化石燃料を燃やすタイプの暖房器具は絶対に使用しないでいただきたいということです。健康を害する危険性や住まいの寿命までも縮めてしまう恐れがありますので、これだけは守ってください。

日本の住宅が世界で一番省エネで快適、なおかつ強くて長持ち。それを実現するためにRCdesignがあります。

それでは。

今日もありがとうございます。

  ←クリック頂けると大変嬉しいです。
人気ブログランキングへ



夏休みの終わりに家づくり講座とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で省エネな家を建てるならRCdesign

曇り空の東京は過ごしやすいです。

そんな今日は朝から渋谷区東計画検討、図面作成、台東区上野桜木計画検討、電気屋さんと電話、渋谷区恵比寿2丁目計画検討、西台のマンションメンテナンス検討、原稿作成など。

午後は北区西ヶ原計画検討、その後渋谷区東計画の現場へ、現地調査など。帰社後は図面作成、お問い合わせ対応など。夕方は渋谷区東計画のお客様とお電話、ありがとうございます。大工さんと打ち合わせ、小金井計画検討など。

さて、昨晩から我が家の次男が夏休みの宿題をやっつけ始めました。いよいよ子ども達の夏休みも終わりですね。それでは土曜日恒例の家づくり講座第167回をお届けさせていただきます。どうかお付き合いくださいませ。

前回は「スマートハウス」についてお話しさせていただきました。
 
東日本大震災以降、もう一つ注目されているものがあります。それは「パッシブデザイン」です。聞いたことはありますか?

「パッシブ」を直訳すると「自分からは積極的に働きかけないさま。受動的。消極的」という意味になります。建築業界では「パッシブエネルギー」「パッシブデザイン」などとしてすでに取り入れられています。

「パッシブエネルギー」とは、太陽の熱や光、雨や風など、自然界に存在するエネルギーのこと。「パッシブデザイン」とは、パッシブエネルギーを最大限に利用するための建築デザインのことです。
 
ちなみに、日本にあるパッシブハウスの団体基準によると冬の室温20度、夏の室温27度を保つために 
1.暖房用エネルギーは、15 kWh/m2・a同等又は以下とする
2.冷房用エネルギーは、15 kWh/m2・a同等又は以下とする
3.冷暖房、給湯、換気、照明・家電に使用する一次エネルギーは、120 kwh/m2・a以下とする
4.壁・屋根など外気に面する外皮のU値は、0.15 W/m2Kを超えない(誼楼茵↓驚楼茵
5.窓(硝子と枠のトータル)は、U値が0.8 W/m2K以下を目標とし太陽熱取得率を約50%とする
6.住宅の気密性能は、50P(n50)時の漏気が0.6回/h以下とする。
    気密測定については防湿シートが見える状態で行うこと
7.熱交換換気システムによる排気からの効率的な熱交換率を80%以上とする
8.太陽熱の取得と遮光を考えること
9.再生エネルギー、自然エネルギーの活用を推奨する
10.省エネルギー照明・家電製品を使うこと
とされています。
 
これらは、ヨーロッパでの基準を参考にしています。環境に配慮することで知られるドイツを始めとするヨーロッパでは、すでに普及が進んでいて、一般家庭だけでなく公共施設にも取り入れられています。

気温が、マイナス20度になる地域でも暖房なしで過ごせるので、スマートハウスと組み合わせれば「鬼に金棒」というところでしょうか。家の中が、最低限の電力で温かく過ごせるので、ヒートショックの危険が減らせ、体にも優しそうです。
 
ただ、気密性を高くしないといけないので、日本の中で窓を開けて換気をしたいと思うタイプの人にとっては、ちょっと受け入れがたいものかもしれませんね。

四季や時間の変化を楽しみつつ、環境に配慮できる家。南北に長く、寒暖の差が大きい、湿度の高い日本ではヨーロッパの基準をそのまま持ってきても、日本の環境には適さないこともありますので、注意が必要です。

そうは言っても省エネ社会をつくるためには、もはや避けては通れない課題ではありますね。

弊社では、日本に適した省エネで快適、強くて安全な家を追求して参ります。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ←応援のクリックをどうかひとつ!



エアコン汚れの弊害とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で快適な家を建てるならRCdesign

くもり時々晴れでも暑い東京です。

そんな今日は朝から台東区上野桜木計画検討、資料作成、原稿作成、塗装屋さんと電話、豊島区駒込計画検討、渋谷区東計画検討、見積作成など。

午後は大工さんと電話、図面作成、金融機関と郵便局回り、豊島区駒込計画のお客様にご来社いただき打ち合わせ、ありがとうございます。夕方は図面チェック、資料作成、小金井市東町計画検討、北区西ヶ原計画検討など。

夕方には弊社周辺でも、もの凄いゲリラ豪雨がありました。大きな被害が無ければ良いんですけど。

ではこちら。

掃除を怠ると電気代アップ? エアコン汚れの弊害

■エアコン汚れの弊害とは
猛暑が続き、すでにエアコンがフル稼働していますが、皆さんのご家庭のエアコンはシーズン前にちゃんとクリーニングしましたか?

エアコンを久々に付けるとき、気になるのはやはりあの臭い。ホコリっぽいような何とも言えない風が一気に吹き出すと、鼻がムズムズしてきますよね。あの臭いは、エアコン内部に溜まったホコリにカビが繁殖して付着した汚れが原因。カビが風で勢い良く吹き出ているなんて不衛生な感じがしますが、不衛生なだけでなく、アレルギーの引き金になることもあるので注意が必要です。

エアコン内の汚れは、臭いやアレルギーの原因になるというだけでも困りものですが、もう一つ忘れてはならない弊害があります。それはエアコンの電気代が高くなってしまうこと。 
All About2013年08月21日12時30分

なるほど。

毎年、春と秋にはお知らせさせていただくようにしていますが、ついついそのままで使用を続けてしまうのがエアコンかもしれません。

私個人的には敏感な鼻センサーを装備していることもあり、花粉はもちろんカビやホコリでも反応してしまいますので、ここはしっかりと掃除するようにしています。

今日の記事では、衛生面だけでなく、経済的にも不利になりますよということです。たとえば、エアコン内部のカビ汚れをそのまま放置しておくと、風量が落ちエアコンの効きも悪くなります。

使用条件などによっても異なりますが、5年以上カビ汚れを放置した機種をクリーニングした場合、洗浄する前と洗浄した後では、なんと電気代が1.5倍も違ったというデータもあるそうです。

さすがにそこまで放っておくご家庭は少ないと思いますが、もしそんな時間も無いという方には、最新のお掃除機能付きエアコンに買い換えるのが良いかもしれませんね。

最近はお掃除機能の付いた機種も増えてきましたし、価格もそれなりに落ち着いているように思います。何より最新の機種はもの凄く省エネになっていますので、それだけでも価値があるのではないでしょうか。

ただし、お掃除機能付きといっても、まったくのメンテナンスフリーかと言えば、あまり過度な期待はしない方が良いでしょう。少なからず手間がかかることも覚悟しておきましょう。

どうしても既存のエアコンを使いたい、という方にはちょっと裏技のご紹介です。エアコンの内部が冷えると、そこに結露が起こりますが、通常はパイプから排水されるようになっています。しかし、その排水は完璧ではなく、残った水分にカビの胞子が付いたり、ホコリが付着したりするわけです。

そこで、冷房運転を停止するときに、最後の30分〜1時間程度は「送風」で運転すると良いようです。この送風運転をすることでエアコン内部の温度が室温に近くなり、内部こもった湿気も出すことができます。送風運転の電気代はおおよそ1時間1円程度ですので、冷房を停止する際には、タイマーを使用して送風運転をすると便利ですね。

まだまだ暑い日が続いていますので、昼夜を問わずエアコンを上手に使って快適に過ごしてくださいませ。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキングへ←応援のクリックをどうかひとつ!


 

酷暑の中でも家づくり講座

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でスマートな家を建てるならRCdesign

厳しい暑さの東京です。

そんな今日は朝から台東区上野桜木計画検討、図面作成、構造担当と電話、見積作成、お問い合わせ対応など。

午後は渋谷区神宮前計画の現場へ、コンクリート打設立ち会い、その後文京区向丘計画の現場へ、大工さんと打ち合わせなど。夕方帰社後は練馬区桜台のOBオーナー様とお電話、サッシ屋さんと電話、近所の補修工事立ち会い、渋谷区恵比寿2丁目計画検討、原稿作成など。

いやはや、いくらなんでも天候に恵まれ過ぎです。すでに今日から夏休みという方も多いかもしれませんが、それでも土曜日恒例の家づくり講座第166回をお届けさせていただきます。どうか涼しいところでお付き合いくださいませ。

さて、数日前にも話題にしましたが、最近、「スマートハウス」という言葉を耳にする機会が増えてきたと思います。

スマートハウスとは、IT(情報技術)を用いて家庭内のエネルギー消費を最適な状態に制御された住宅のことです。具体的には、太陽光発電システムや燃料電池システムでエネルギーを創り、蓄電池で貯めること、そして家電や設備機器などを最適化して消費電力のコントロールをします。

この「スマートハウス」に関心を持つ人が増えているようですね。節電の影響から、エネルギーを作り出すことの必要性を感じているのでしょうか。

ほんの少し前までは、太陽光や燃料電池で発電した電力を蓄えることはできませんでしたよね。しかし最近は、家庭用の蓄電池の販売も始まり、導入する人も出てきました。とはいっても、現在の蓄電池は恐ろしく高額なのですが・・・。

私は、もう少し観察しておこうと思います(笑)。

さて、富士経済の調査によると、スマートハウス関連の世界市場は2020年には18兆5293億円になると予想されています。

政府も、「高断熱化に限らず、自然エネルギーを住宅やオフィスに取り込んでいくことでエネルギー施策の一端を担っていくようにしたい」として、低炭素循環型社会(スマートシティー)を少しでも早く実現したいとのこと。

そのため、フラット35の金利引き下げの継続やエコポイントの復活などで、環境に優しい家づくりを応援しています。

ある調査によると「消費税が増税される前に、計画よりも早く建てよう」と考える人は6割もいます。数千万円の買い物ですから、前倒ししたくなるのは当然です。

しかし、建てることが目的になり、慌てると失敗するので気をつけてくださいね。現在の省エネ基準(平成11年度基準)さえ、現在の新築住宅の4割程度しか対応していません。

そんな状態で、新しい基準をつくろうとしているのですが、仮に基準ができたとしても、業者が対応できるかわかりません。危惧する声も多いんです。

スマートハウスが普及するためには、電機業界の動きがカギになります。創エネ、蓄エネ、省エネを連携させるために、各機器の規格の統一が必要になるからです。

現在、スマートハウスに適用できる標準規格も存在はしています。エコーネット規格と呼ばれるものです。この規格に基づいた家電はあるのですが、販売結果が悪かったために、今ではごく一部のメーカーと機器だけでの採用しかされていません。

まさか電機業界は、昔のビデオテープの時と同じような覇権争いを行うつもりなんでしょうか。

住宅業界の準備は着実に進んでいます。あとは電機業界の動向を見守るだけです。全国的な節電生活はこれからも続くでしょうから、普及に向けて動きを早めてほしいものです。

長期優良住宅とかスマートハウスとか、住宅業界の変化は早いですよね。しかし、中には勉強不足の業者もいますから、慎重な業者選びをしてくださいね。 

変えてゆくべきものと、決して変えてはいけないものがありますから、その点もご注意のうえ、住まいづくりを進めて行くようにしましょう。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ←応援のクリックをどうかひとつ!


 

秋っぽくてもエアコンの節約運転術

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で夏も快適な住まいを建てるならRCdesign

早々に秋を感じた東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後来客面談、品川区大井5丁目計画検討、見積チェック、北区西ヶ原計画検討、文京区本郷計画検討、資料作成、豊島区千川でご検討頂いているお客様にご来社いただきました。ありがとうございます。提携会社さんと電話、資料作成など。

午後は高田馬場へ、会合出席、鉄筋コンクリート住宅の普及と進化について活発な意見交換など。夕方からは総会と懇親会などなど。

昨晩から今朝までは予想外に涼しくなりました。気温もさることながら、湿度が下がると体感的にも楽になるなりますね。

ではこちら。

エアコン電気代節約術 こまめに切らず、温度低下後除湿運伝

連日続く猛暑により、エアコンの使用時間も増えてしまいがちだが、気になるのは電気代だ。節約できる使い方はあるのだろうか?家事アドバイザーの矢野きくのさんはこう解説する。

「エアコンは、家庭での消費電力量の4分の1を占めるだけに、まず対策を取りたいところ。でも、節電のためにエアコンをこまめに消すかたがいますが、あれは大間違い。スイッチを入れてから15分間が最も消費電力が大きく、その後は45分ぐらいまで消費電力は下がり続け、安定します。だから、ちょっと近所まで出かける程度ならば、つけっぱなしのほうが節約になるのです」
NEWSポストセブン2013年07月16日16時00分 
 
なるほど。

そうなんです。実はエアコンという機械は、スイッチをオンにした瞬間から数十分が一番エネルギーを必要とするんですね。

たとえば今の季節だと、帰宅時の室温が40℃になっていたりしますが、その室温を28℃まで下げるには、まさにエンジン全開で働き続ける必要があります。

その代わり、一度設定した温度を維持するためにはさほどエネルギーを必要としないのがエアコンの特徴と言えます。

もちろん、この性能をキッチリと発揮させるには、建物の基本性能も一定レベルのものが求められますので、より省エネと快適をお求めなら、鉄筋コンクリート住宅がオススメです。

さらに、フィルターが目詰まりしている場合と、そうではないエアコンとでは、電気代が年間約700円も違ってくるそうですので、月に1〜2度はお手入れした方が良いでしょう。

また、最近は扇風機も進化していて、これまでの一般的な扇風機が40W前後だったところ、最近の機種では、最弱運転時2Wという機種もあるそうですので、そんな扇風機を併用して使用されると、一層の節電効果が期待できそうです。

夏に室内が暑くなる要因の一番は、日中窓から入る太陽光線によって、床や壁が暖められてしまっていることなんです。ですので、エアコンの目的としては、室内の空気温度を調整することももちろんですが、その前に壁や天井、家具などの温度を下げることが大切です。

是非正しいエアコンの使い方と高性能住宅の住まい方をマスターして、快適な夏を過ごしていただきたいと思います。

それでは。

今日もありがとうございます。
 
人気ブログランキングへ←応援のクリックをどうかひとつ!



夏を快適にする未来型エアコンとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で希望の住まいを建てるならRCdesign

くもり時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後セキュリティー会社さん来社、渋谷区恵比寿2丁目計画検討、提携会社さんと電話、ご近所のお客様来社、北区西ヶ原計画検討、見積作成など。

午後は白金方面へ、お客様と打ち合わせさせていただきました、ありがとうございます。帰社後は近所のリフォーム工事打ち合わせなど。夕方は世田谷区下馬計画検討、見積作成、ミーティングなど。

あっ!と気付けばはや7月ですね。もう今年も半年が過ぎてしまいましたが、目標は達成出来ていますでしょうか?まだ半年ありますから気を取り直して張り切って参りましょう。

ではこちら。

進化を遂げた未来型エアコンで、この夏を快適に!!

GWの好天が気持ちよくて、ビール片手に「あ〜早く夏にならないかなー!」なんてつぶやいていたものの、ただ今、至極反省中。

ムシムシ、ジトジト。この不快な湿度、ご勘弁いただきたいものだ。それもまだ7月に入ったばかり。これが7月後半、そして8月になれば気温もさらに上昇、日差しも強くなる。あんなに待ち遠しかった夏に、すでに嫌気がさしている……。

とくに仕事終わり、帰宅した時の部屋の不快さときたら!! 防犯を考えれば窓の開け放しはNG。エアコン入れっぱなしでは、9月、10月に届く電気代の請求書に肝を冷やすこととなる。嗚呼、結局我慢するしか手はないのか……。

頷いてくださっているみなさまに、朗報! 「エコナビ」でお馴染み、パナソニックのエアコンが、さらなる進化を遂げたのだ。 
livedoor2013年07月01日15時30分

なるほど。

確かに同じ気温でも湿度の高さによって、不快度は変わってきますね。しかし、これが北海道を除く日本の夏の特徴とも言えます。

しかも、その過酷さは年々増しているように思いますので、昔からある暮らしの知恵だけでは、快適に過ごすにも限界があるかもしれません。

そもそも日本に暮らす人間自体が忍耐力に欠けるようになったかもしれませんが、人命を無視したエコでは意味がありませんし、今なら少ないエネルギーでもかなり快適に過ごせるようになってきました。

もうエアコンの性能などは、飛躍的に省エネになりましたので、10年前の機械から買い換えるだけでも電気代の削減を実感出来るはずです。

今回の記事では、これからさらに進むであろうスマートハウスに向けたパナソニック製エアコンのコマーシャルのようです。

パナソニックでは、昨年からスタートしたスマートフォン用のアプリ、「パナソニックスマート アプリ」が最大の特長で、「スマートアプリ」対応のエアコンにおいて、「無線アクセス機能」を使えば、スマートフォンでエアコンの運転状況の確認や、電気代の目安をグラフで表示するエコ情報表示、エアコンの運転オフが可能だそうで、さらに、7月中旬からは、温度設定、風量・風向設定、そして運転「オン」もできるようになるとのこと。
 
まあ今現在エアコンをスマートフォンで操作したい、という欲求を感じている人も少ないと思いますので、あまりそのアプリの必要性も感じませんが、まずは電気代の目安を確認したり、外出先からの運転確認などがメインかもしれません。

ここで高性能住宅にお住まいの方にお伝えしたいのが、エアコンの使い方として、室温40℃を28℃まで下げるには、そこまでエアコンがフルパワーで働かなくてはいけません。しかし、28℃の室温を一定に保つような、使い方の場合は、扇風機とさほど変わらないエネルギーで済んでしまうんです。

ということは、真夏や真冬においては、冷暖房の使い方として、連続運転の方がむしろ効率が良いということで、結果的にコストも下げられるということです。

ただし、断熱性や気密性が高く、出来れば蓄熱体を持っているような住まいが必要になりますので、少しでも省エネで快適に暮らしたいという場合は、鉄筋コンクリート住宅がオススメなんですね。

それでは。

今日もありがとうございます。

 ←応援のクリックをどうかひとつ!

人気ブログランキングへ       


 

新築住宅のエネルギー消費ゼロ化とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で省エネ住宅を建てるならRCdesign

晴れても寒い東京です。

そんな今日は朝から書類作成、文京区向丘計画検討、税理士さん来社、協力会社さんと電話、資料作成、資材発注、北区田端計画検討、郵便局など。

午後は高田馬場へ、会合出席と忘年会など。本日も鉄筋コンクリート住宅の技術や周知について活発な会議となりました。私の場合さほどお酒には強くありませんので、どうしても食がメインになります。このシーズンの増量には気をつけましょう。

ではこちら。

新築住宅、20年までにエネルギー消費ゼロ化へ

政府は27日、関係閣僚によるエネルギー・環境会議(議長・前原誠司国家戦略相)を開き、太陽光など再生可能エネルギーの導入拡大に向けた「グリーン政策大綱」の骨子をまとめた。

年内の決定を目指す。太陽光発電や省エネ機器などを備えることによって、2020年までに新築住宅でエネルギーの生産量と消費量を相殺させ、エネルギー消費を実質的にゼロとすることなどが柱だ。

大綱では、再生可能エネルギーや省エネ、蓄電池など5分野を「先導的分野」に設定。風力発電に適している北海道や東北での送電網充実を掲げたほか、15年度までに浮体式洋上風力発電を稼働させるとした。

また、30年までの目標として、電力を効率よく使用できる制御システム(HEMS)を全世帯に導入することや、新車販売台数の最大70%を次世代車とすることも盛り込んだ。
読売新聞2012年11月27日17時31分
 
なるほど。
 
これでひとつ、今後日本の目指す住宅の形というものが、より明確になってくるのではないでしょうか。
 
これまでも言われていたように、住宅で消費されるエネルギーは全体の中でもかなりの割合になりますので、ここでエネルギーの地産地消を実現出来ると非常に環境にやさしく、スマートになるわけです。
 
そのためには、太陽光発電や燃料電池などの再生可能エネルギーの普及をより進めるとともに、住宅そのものの性能もより省エネ性能が求められるようになりそうです。
 
もちろん、少なからず初期投資が必要になりますが、住宅でエネルギーの生産量と消費量が相殺出来、実質的にエネルギー消費がゼロになれば、ランニングコストもゼロになるということですので、これから住まいづくりをお考えの方は検討してみてください。

それにしても、HEMSを全世帯に導入するとか、新車販売の70%を次世代車にするとかは少々無理もあるように感じます。
 
HEMSにしても、今のままの仕様では全ての人が使いこなすのは難しいような気がしますので、何も気にせずに恩恵を受けられるような形にする必要があるように思います。
 
車に関しても、事業用のトラックや趣味性の高い車はそうそうすぐに対応するのは難しそうですね。まあ古い車を乗り続ける人には関係ないことを祈るばかりです。

それでは。

今日もありがとうございます。

 ←応援のクリックを是非!
人気ブログランキングへ



livedoor プロフィール
RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
twitter
brogram

おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場



一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ブログランキング
livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
Amazon




住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
チーム・マイナス6%