住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

積雪

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

明日は積雪かも。

東京で暖かい住宅を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝からお問い合わせ対応、中野区東中野計画検討、文京区小石川計画検討、見積もり作成、宅建業作業、資料作成、葛飾区新小岩計画検討など。

午後からは池袋方面へ、帰社後は信用帰庫さんと電話、業者さんと電話、来客面談、渋谷区千駄ヶ谷計画検討、図面作成など。夕方は大田区北千束計画検討、根津計画検討、日野市計画検討、荒川区西日暮里計画検討など。

関東甲信、平地も積雪か=北海道日本海側は猛吹雪警戒

気象庁は30日、関東甲信地方の南部と茨城県では31日夕方から2月1日未明にかけて低気圧の影響で雪が降り、山地を中心に平地でも雪が積もる所があると発表した。

前線を伴う低気圧が伊豆諸島付近を西から東に進む見込み。予想より降水量が多くなり、気温が低下した場合は大雪となる恐れがあり、路面の凍結や交通の乱れに注意が必要という。
2019年1月30日 18時41分 時事通信社

東北や北海道では、すでに例年通りの冷え込みと積雪があり、日々大変なご苦労をされていることと思います。

日本の関東より西側の地域では、これまでに初雪はあったものの、積雪とまでは行かないレベルでしたので、経済活動などには、未だ被害も無く済んでいます。

東京に限って言えば、毎回のことながら雪に対する弱さを露呈してしまうということになれば、それ相応の被害となってしまいますので、できれば積もらないで済んでもらいたいところです。

記事やニュースの情報では、夜になってから雨または雪が降るという予想ですので、明日は早めに帰宅するように、調整された方が良さそうですね。

極度に乾燥した状態が少しでも改善するくらいが丁度いいんですけど。

くれぐれも無理のないように、暖かくして快適にお過ごしください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング       ←今年もどうぞよろしく!



大雪で屋根崩落事故とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で強い家を建てるならRCdesign

良い天気になった東京です。

そんな今日は朝からミーティング、板橋区弥生町計画検討、成増の不動産会社さんと電話、和光市のOBオーナー様とお電話、見積作成、関連会社社長と電話、渋谷区東計画検討、お問い合わせ対応など。

午後は資料作成、ガス会社さんと電話、大工さんと電話、セキュリティー会社さんと電話、葛飾区新小岩計画のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。電気屋さんと電話、渋谷区恵比寿2丁目計画検討など。夕方は北区西ヶ原計画検討、文京区本郷計画、書類作成、板橋区徳丸6丁目計画検討など。

2週連続の大雪に見舞われた東京ですが、被害はございませんでしょうか。今週も怪しい雲行きですので、引き続き天候には十分ご注意ください。

ではこちら。

大雪 首都圏、相次ぎ屋根崩落なぜ 建物「脆弱」雪想定せず

東日本を襲った今回の大雪では、屋根の崩落の被害が相次いだ。

 水分を含んだ重い雪による負荷が屋根にかかったとみられ、専門家は首都圏の雪に対する脆弱(ぜいじゃく)性も指摘している。政府は16日、原因や対策を緊急調査することを確認した。

 防災科学技術研究所雪氷(せっぴょう)防災研究センター(新潟県長岡市)によると、今回の雪は8日の乾いた雪とは違い、水分を含んだ重い雪になったという。

 海上自衛隊の航空機が置かれた神奈川県大和市の民間会社の格納庫の屋根が陥没。横浜市の東急こどもの国線こどもの国駅ではホームの屋根が40メートル崩れた。東急電鉄は「雨が降り、雪の重さが増した」としている。

 芝浦工業大名誉教授(建築学)の三井所(みいしょ)清典氏(75)は「雪国と違い首都圏に雪の負荷を考えた建物の基準などがないことも背景にある」と話す。雪国は条例で数メートルといった雪の荷重に耐える屋根の強度を求めている。

 埼玉県富士見市の市民総合体育館のメーンアリーナは屋根が約2千平方メートル崩落したが、市によると、屋根は鉄骨製で平成24年の定期点検では異常はなかった。崩落した15日は「個人開放デー」で、崩落の1時間後には多くの市民が訪れる予定だった。市職員は「もう少し遅かったら、人命に関わるところだった」と話した。
産経新聞 2014年02月17日08時05分

なるほど。

本当に人的被害が無くて良かったです。あと少しでも遅かったらと思うと血の気が引く思いです。

それにしても、今回の雪では、記事の件だけではなく、自転車置き場の屋根やカーポートの屋根、商店街のアーケードやガソリンスタンドの屋根など、多くの被害が出てしまいました。

一般的にはきっと、こんな少しの雪くらいで屋根が潰れてしまうなんて、と思われるかもしれません。しかしながら、今回は多くの雪が降った直後に、比較的多くの雨が降ったという点で、想定外の条件だったと言えます。

建築基準法では、もちろん屋根に積もる雪の荷重を計算することになっていますが、積雪量1cmごとに1平米につき2kg以上とすることになっていて、東京23区では積雪量30センチと見込むことになっています。

まあ東京23区で積雪30センチというのも滅多に無いことですし、今回もそこまではいってませんでした。仮に30センチ積もった時で、1平米あたり2kgですから、60kgが1平米ごとに乗っているということになり、この程度までを想定した構造計算をしているわけです。

ところが、今回は積雪20センチくらいのところに雨が降り、雪が雨を吸った状態になりました。まるでスポンジに水を含ませたような状態になった感じです。

ちなみに水は1平米に1cmの水深だと10kgの重さになりますので、20センチの深さですと200kgが1平米あたりの重さになってしまいます。たとえば水を含んだ雪が半分としても100kg前後の荷重だったことが想像出来ます。

通常の構造計算では、部材の強度などに相応の余裕を持たせて計算されているはずですが、それをも超えた想定外の荷重に達したか、もしくは設計そのものや施工に問題があった可能性もあるかもしれません。

いずれにしても、想定外が起こるのが自然ですし、すでに起こったことはきっとまた今後も起こる可能性があるでしょうから、ここはしっかりと正確な原因の追及をして、今後の建物に反映出来るようにしなければいけません。

さらに、雪国では当たり前の雪下ろしですが、首都圏でもその基準や習慣の見直しを検討する必要があるかもしれませんね。

それでも当面、より強くより安全な住まいをお探しなら、是非RC(鉄筋コンクリート)住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←今日もどうか応援のクリックを一つ。 



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ