住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

空調

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

疲れにくいエアコンとZEHとか。

東京でZEHの家を建てるならRCdesign

晴れて寒い東京です。

そんな今日は朝から書類作成、郵便局、原稿チェック、文京区根津計画検討、資料作成、サッシ屋さんと電話、大田区仲池上計画検討、システムチェック、お問合せ対応など。

午後は来客面談、地方銀行さん来社、解体屋さんと電話、板橋区双葉町計画検討、大田区下丸子計画検討、見積作成など。夕方は蓮根のリフォーム工事計画検討、お問合せ対応、中野区上鷺宮計画検討、ミーティングなど。

全国的に大変厳しい冷え込みとなっていますので、くれぐれも暖かくしてお過ごしください。

ではこちら。

仕事や勉強を続けても疲れにくい空調が登場。ダイキン、21年にも製品化

ダイキン工業は仕事や勉強を続けても疲労を感じにくい空調を2021年にも製品化する。年内に理化学研究所(理研)と共同で、オフィスや住宅といった室内の温湿度が人の疲労や集中力に与える影響を探る実証試験を始める計画。生産性と省エネルギー性を考慮し、科学的根拠のあるエアコン設定の指標を政府に提案する考え。ダイキンはこのノウハウを製品に取り入れる。

政府は夏のクールビズ期間に、28度Cの空調温度を推奨している。この設定温度に対して政府内から「暑い」「根拠がない」などの意見が出ている。これを踏まえ、ダイキンと理研は実証を通じ2―3年かけて疲労と関連する生体データを分析する。
2017年12月12日 6時0分 ニュースイッチ

なるほど。

エアコンのダイキンさん、何やら新しい試みを進められているようです。

記事によれば、エアコンによって疲労を感じにくい環境を作ろうということのようで、そのために今後2〜3年の時間を掛けて研究を進めるということ。

ダイキンは、実証で培った空調制御の技術について特許を申請するそうで、新製品の詳細は実証の進捗を見ながら詰めるということですので、実際にどのような製品になるのかはわかりませんが、楽しみではあります。

皆さん経験があると思いますが、冬場の暖房ではその暖かさによって眠気を誘われ、仕事や勉強の効率が下がることもあるでしょうし、夏場は暑さを我慢しているよりも、もう少し室温を下げることで効率が上がることもありますね。

記事にもありましたが、日本で言われている夏の設定温度28度は、何の根拠も無い数字がひとり歩きしてしまっただけで、本来は26度くらいが適正な設定のようです。

ただし、このダイキンさんの試みも、その前提となるのは建物の性能が一定以上でなければ、思った効果は期待出来ないでしょう。

どんなに高性能なエアコンが出来たとしても、その器が熱を伝えやすいものだと、宝の持ち腐れになってしまいます。

すでに政府としては、今後の住宅は自分で使うエネルギーは自分で作ることを基本にするということで、ロードマップを作成していますし、地球環境を考えても住まいの高性能化は欠かせないですね。

また、今後のエネルギー政策や自然環境の変化などを考えても、住まいの高気密・高断熱が求められることに違いありませんので、これから住まいづくりをお考えなら、ここは外せない選択基準だと思います。

aiちなみに弊社では、建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現することを目標とし、普及に向けた取り組みを行っていて、「ZEHビルダー」として登録されていますので、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)にご興味をお持ちの方はお気軽にご相談ください。






6bまた、今年は一般財団法人日本地域開発センターが主催するハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーにて優秀賞を取得出来ました。

これは建物躯体とエネルギー設備機器をセットとして捉え、トータルとしての省エネルギー性能の優れた住宅を表彰することで、さらなる省エネルギーによる環境負荷削減の推進と快適な住まいの実現に貢献することを目指している制度です。

これら建物の高性能化と安全性を両立するなら、RC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング← ご声援を是非!



テーブルで空調とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京の省エネで快適な住宅を建てるならRCdesign

良い天気の東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、お問い合わせ対応、世田谷区奥沢計画検討、徳丸計画検討、その後練馬区春日町のOBオーナー様宅訪問、打ち合わせなど。

午後に帰社後は来客面談、所沢市計画検討、電気屋さんと電話、商社さんと電話、提携会社さんと電話、板橋区板橋3丁目計画検討、資材発注など。夕方は電気屋さん来社打ち合わせ、徳丸6丁目計画のお客様とお電話、ありがとうございます。台東区日本堤計画検討、図面作成など。

先週末の地震では被害はございませんでしたでしょうか?ここのところ比較的大きな揺れが多くなっていたり、火山の噴火など、地球の内部で何が起きているのか、気になってしまいますね。

ではこちら。

空調するテーブル:熱を吸い取って室温を一定に保つ、オフィステーブル

室温を快適に保つために現代の生活に欠かせないエアコンは、多大なエネルギーを必要とする。そんな環境問題の元凶に別れを告げるべく、パリのふたりのデザイナーがつくったのは、エネルギー問題に取り組むことができる机だった。

エアコンは現代の驚異であり、環境汚染の元凶のひとつだ。たいていのビルはエアコンを使って暖房や空調を行っているが、パリのふたりのデザイナーは、もっとよい方法があると考えている。

「気候問題とエネルギー問題に、家具のレヴェルで取り組むことが可能かどうかを知りたかったんです」と、デザイナーのジャン=セバスチャン・ラグランジュは言う。彼は建築家でエンジニアのラファエル・メナードとともに、「Zero Energy Furniture」シリーズの最初の製品を開発した。そのテーブルは、余剰の熱を吸収し、部屋が再び寒くなると熱を放出するのだ。
 2015年5月31日 11時10分 WIRED.jp

なるほど。

今日の記事では、なんと家具としてのテーブルが空調をしてしまうというものです。

空調と言っても何かしら電気的な装置というものではなく、そのテーブルが余剰の熱を吸収し、部屋が再び寒くなると熱を放出するということ。

zef01例によって画像を拝借して参りましたのでご覧下さい。

一見すると、普通の木製会議テーブルのようですが、オークの天板の下に隠れた異なる素材の層がテーブルを一種の熱スポンジへと変えるんだとか。

アルミニウムの波板の隙間に塗られた蝋状の相転移素材が、室温が約22度を超えると軟化して熱を蓄えるということです。

開発者のふたりによれば、最適条件下(約15人が入る少人数会議室)では、このテーブルはエアコンの消費電力を最大30パーセント削減できるとのことですが、その最適な条件というのも結構難しものがありますね。

このような自然の法則を利用した形でも、空調と呼んで良いのかわかりませんが、本来は蓄熱と呼ぶべき現象で、記事にあるテーブルも一種の蓄熱と考えられるものだと思います。

日本ではあまり馴染みがない言葉ですが、北欧などでは家づくりに欠かせない性能のひとつです。

冬の極寒から命を守るために考えられた家の建て方なんですが、室内の壁は全てレンガで覆われます。このレンガを蓄熱体として、日中に行った暖房の熱を蓄えておくわけです。

この蓄熱体があるから、夜になって暖炉の火を落としてからでも、朝まで室温が下がらず、生き延びることが出来るんですね。

このレンガの熱を逃がさないように、外側に断熱材を施したのが、本来の外断熱と呼ばれるものなんです。ですので、蓄熱体の無い木造などでは外断熱という言葉は使うことが出来ません。

現在の建築材料の中で、蓄熱体として最も性能が高い材料が、コンクリートなんです。

ですので本物の外断熱を利用したいという場合は、RC造で建てるのが一番理にかなっているわけです。

が、しかし、ここで気をつけなければいけないのが、蓄熱型のシステムを通年で使うことなんです。

日本でも北欧と同じような気候なら、何ら問題は無いんですとど。高温多湿の夏があるところには、全く向いておりません。

夏場に蓄熱を利用してしまうと、蓄熱体の表面温度が低く、日本においては、その部分で大量の結露が発生してしまうんですね。

ということで、今日の記事で紹介されていたタイプの空調は、残念ながら日本の関東から西側ではあまりオススメできないということになります。

地球環境の保護と、省エネで快適に過ごすことが出来る住まいを建てるなら、是非RCdesignまでお気軽にご相談くだざいませ。

それでは。

今日もありがとうございます。


    人気ブログランキングへ     ←クリックを是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ