東京で高性能な家を建てるならRCdesign

晴れ時々くもりの東京です。

そんな今日は朝からお問合せ対応、中野区大和町計画検討、文京区根津計画検討、資料作成、中野区野方計画検討、その後千葉県佐倉市方面へ。

午後は住宅設備機器メーカーさんの工場視察と勉強会など。夕方帰社後は原稿作成、練馬区高松計画検討、お問合せ対応、ミーティングなど。

秋らしい陽気で、雲や夕日、月が綺麗でした。

ではこちら。

網戸を外さない、水も洗剤もナシ。でも簡単にキレイにする方法

掃除が面倒ゆえに後回しになりがちな網戸。年末の大掃除に……なんて考えていると、引き続き汚れた網戸で空気の入れ替えをすることになってしまいます。

ここは季節の変わり目とともに綺麗にしてしまいたいところです。そこで今回は手軽で簡単にできるオススメグッズを探してきました。

網戸の掃除といえば外して洗うのがこれまでの定番でしたが、集合住宅などではそれ自体が恐ろしいほどの手間になります。そこで網戸を外さず簡単に、かつキレイにしてくれるお掃除グッズを探してみました。
2017年10月5日 15時20分 360.life

なるほど。

ようやくこの時期になって、エアコンのスイッチを切ったという方も多いと思いますが、そうなると一時の室温調整などで窓を開けたくなる時もあるでしょう。

高性能な住まいでは、網戸が活躍する時期というのはあまりありませんが、それでも外気にさらされている部品ですので、その汚れは結構すごいものです。

しっかりと毎年の大掃除で洗っているというご家庭なら、その汚れ具合もさほどではないかもしれませんが、1年以上放置されていた網戸は、空気中の塵やホコリ、風と共に吹き付ける砂やゴミ、クモの巣などもあって、真剣に見てみたら絶対にビックリすると思います。

実際に網戸の掃除をしてみると、網戸越しに入る光の明るさが変わったと気付くと思いますし、結果として室内の明るさが増していることも多いですね。

しかしながら、記事にもあったように、実際に網戸を洗うその手間を考えると、ついつい億劫になってしまうのもわかります。

そこで、今日の記事では比較的簡単にキレイにする方法を紹介されていましたので、参考にしたいと思います。

記事では、簡単で価格もお手頃かという点も加味して検証したところ、ブラシとシートの組み合わせが最高の組み合わせだったということ。

実際に販売されている商品例としては、ブラシは日本シール、エチケットブラシde網戸掃除、実勢価格:336円というものだったり。

次にシートはLEC、激落ちウェットシート 網戸用、実勢価格:166円がオススメだそうです。

この他にもあらゆるタイプの網戸掃除グッズを試したということですが、まずはエチケットブラシで表面の埃を取り除き、残った部分をウェットシートで拭き取る、というのがベストな方法と判明したそうです。

まさに窓を開けてすぐに始められますし、水も洗剤も必要が無いので後始末もいりません。掃除を思いついたらスグに網戸を綺麗にできてしまいます。

注意としては、まず最初に埃をブラシで取り除いていきますが、こんなに汚れてたのかと思うほど埃が舞うので注意してくださいとのことですので、マスクの着用が良いでしょう。

この方法なら、危険な思いをして網戸の取り外しをしなくて良いですし、ほかの部分を汚してしまうことも無さそうですね。

この週末には私も是非チャレンジしてみたいと思います。

それでは。

今日もありがとうございます。



人気ブログランキング← どうかひとつ!