住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

老後資金

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

家づくり講座は老後の資金とか。

東京で安心な家を建てるならRCdesign

晴れて暖かな東京です。

そんな今日は朝から書類作成、その後文京区根津計画の現場へ、オーナー様と検査立ち会いと打ち合わせなど、ありがとうございます。帰社後はお問合せ対応など。

午後は不動産会社さんと電話、書類作成、港区南青山計画検討、図面作成、蓮根2丁目計画検討、見積作成、ご近所のお客様にご来社頂き打ち合わせなど。夕方は板橋区板橋4丁目計画検討、見積作成、家具屋さんと電話、賃貸入居者さん来社、ミーティングなど。

いよいよ本年度も最後の日となりました。明日からは4月ですので、気持ちも新たにがんばりましょう。それでは今週も土曜日恒例の家づくり講座第362回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

何年か前の夏、GfK(ドイツに本社を置くマーケティング会社)が19の国と地域、2万3千人に対し行った『定年退職後の生活資金確保に関するグローバル調査』をご存知ですか?

 「定年退職後、自分が望む生活を送るための十分な財源を確保する自信がありますか?」とインターネットで調査したのですが、それに対する日本人の回答は
・自信がある・・・20%
・自信がない・・・41%
となりました。

年代別で見ると、30代と40代がもっとも自信がない様子。子育て真っ盛りの世代で、出費が多いことも一因かもしれません、

最近は少子高齢化が進んでいますから、あなたにとっても、きっと納得の数字だったのではないでしょうか。(ちなみに、自信がある人の割合は19の国と地域の中で最低です。)

少子高齢化が進むと、安心して生活できるだけの年金をもらえるかわかりません。

高齢者が増えると、介護保険なのど負担額も増えることでしょう。

そう考えると、老後の資金について早い段階から資金計画を立てる必要性を痛感しますね。

新築をする時、多くの人は住宅ローン返済期間のライフサイクルを作り、返済計画を練ります。同じように、老後資金についても貯蓄計画を練ってみましょう。

住宅ローンは、ボーナス払いや繰り上げ返済を併用すれば、残高がどんどん減るので頑張り甲斐があります。

借金という精神的なプレッシャーから早く解放されて、楽になりたいですしね。

しかし、返済を最優先して老後資金の貯蓄を怠ると、万が一の時に動かせるお金がなくて苦労します。

夫婦二人の年金を合算すれば、それなりに生活できるといわれています。しかし、どちらかが先立つと生活するのもままならない状況に陥る可能性が高いんです。

終の棲家で安心して暮らせるよう、住宅資金も老後の資金も、無理のない計画を立ててくださいね。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング    ←ご声援を是非!



相続の話を円満に進めるとか。

東京で相続する家を建てるならRCdesign

晴れて暑くなった東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、サッシ屋さんと電話、事務組合さんと電話、書類チェック、お問い合わせ対応、小金井のお客様とお電話、墨田区でご検討のお客様とお電話、ありがとうございます。資料作成、文京区根津計画検討など。

午後からは練馬区小竹町のお客様宅へ書類お届けと打ち合わせなど、その後春日町の不動産会社さんへ、帰社後は小金井東町計画検討、常盤台のお客様とお電話、高田馬場計画検討、書類作成など。夕方は志村坂上のお客様とお電話、豊島区西巣鴨計画検討、お問い合わせ対応、資料作成など。

GW明けも暑い一日でしたね。どうぞご自愛ください。

ではこちら。

相続の話を円満に進める方法

親が亡くなった途端遺産相続の争いが起きてしまう……ドラマでも目にする場面だが、実際に起きる可能性は少なくない。

「教えて!goo」にも「先日、祖父が他界し、父の兄弟が遺産の相続で揉めています。」(ゆこまるさん)という悩みの相談が寄せられている。

やはり生前に相続について話し合った方が良いのだろうか。だが元気に暮らしているのにいきなり相続の話などしては本人の気分を害してしまうかもしれない。
2017年5月8日 8時0分 教えて!goo ウォッチ

なるほど。

最近は一時ほど話題になることがなくなったように思いますが、相続税は着実に税収アップに貢献しているようです。

確かに2015年1月の税制改正によって相続税に関する状況が変わり、節税を目的とした賃貸経営を始められた方も増えましたし、必要以上に建築されたアパートではすでに空室が問題となっているケースもあるようです。

この税制改正によって、東京都内ではそれまで10%未満だった対象者が、23区内で亡くなった5人に1人が、相続税の課税対象になるようになりました。

そうなるとまた増えてしまうのが、争続と呼ばれるような状態の遺産相続問題です。

誰しも好んで争いをすることはないと思いますが、実際にそんな場面になると、家族や兄妹以外の第三者が関係してきたり、想像以上に話がこじれるケースも多いようです。

今日の記事では、相続よりまず先に考えなくてはいけない重大な問題があるとして、いきなり相続の話をしてしまうと、遺産目当てかもとあらぬ誤解を受けてしまう可能性もありますので、相続より前に来る介護について考えてみてはということでした。

それは相続を考えるより先に介護になった場合のライフプランを作成し、資産を介護資金としてどのように使うか考えておくことで、資産の概要をつかむことが出来、老後資金の無駄使い防止にも繋がるということ。

さらに介護の時から家族で向き合っておけば、亡くなった後資産が残っていても揉めることが少なくなるということもあるようです。

記事によれば、一般的に介護を含めた老後資金としては、民間の介護施設などでフル介護を受けた場合、夫婦で一億円近く必要になるケースもあるということですので、遺産相続を考える前に、介護について考えておかないと、状況によっては不足分を家族が負担する可能性も出て来るそうです。

また、この手の話を切り出すには、自分の友人が介護で大変であることを話題のきっかけにしてみると良いとのことです。介護について向き合うことが相続争いを防ぐことにも有効なんですね。

最後に、記事にあった相続の際に兄弟や家族間でもめないようにするためにやっておくべきこと、話しておくべきことは、「仲良くすることです」ということでした。

日頃から仲良くしておけば、ある程度争いを防ぐことが出来るということかもしれませんが、世の中にはそれでもなお争いが起こるケースも多いのではないでしょうか。

明らかに可能性のある方はもちろんのこと、これまでは関係無いと思っていた方も、一度は遺産について考えてみる必要があると思いますし、まずは記事にあったように介護を考えることが大切だと思います。

介護、二世帯、賃貸併用・・・どのようなケースでも建築に関することなら、
RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング   ←お力添えを是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
twitter
brogram

おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場



一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ブログランキング
livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
Amazon




住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
チーム・マイナス6%