住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

耐火

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

地震大国に木造都市とか。

東京で燃えない家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝からサッシ屋さんと電話、書類作成、土地家屋調査士さんと電話、板橋区双葉町計画のお客様とお電話、信用金庫さんと電話、板金屋さんと電話、資材発注、検査機関さん来社打ち合わせ、文京区大塚計画検討、お問合せ対応など。

午後からは板橋区泉町のお客様へ書類お届け、文京区根津計画のお客様宅訪問打ち合わせ、その後現場視察など。夕方帰社後は書類作成、お問合せ対応、ミーティングなど。

朝晩の冷え込みが厳しいですが、体調管理に気をつけて頑張りましょう。

ではこちら。

【火炎列島 糸魚川の警告(2)】燃える木造都市 地震大国のジレンマ、問われる地域力

日本は世界で最も大火が多い国だ。

京都は古来、応仁の乱などで何度も猛火に包まれ、江戸は「火事とけんか」の言葉通り百数十回も大火事を繰り返した。中でも明暦3(1657)年の大火は江戸市中を焼き尽くし、死者10万人ともいわれる世界最大級の市街地大火だった。

なぜ大火が多いのか。最大の理由は木や草などで造った燃えやすい家に住んできたからだ。蒸し暑い夏でも風通しが良く日本の気候に適しており、暮らしや文化に根付いている。

木造は日本人にとっては当たり前の存在だが、世界では違う。欧米もかつては木造だったが、英国は1666年のロンドン大火を契機に木造建築を全面的に禁止し、大火が減少。米国は1835年に起きたニューヨーク大火の反省から鉄骨造りに変更し、その後のシカゴ大火でコンクリート造りの耐火建築に移行した。
2017年12月19日 6時6分 産経新聞

なるほど。

師走の声を聞いてから、報道番組などで火災のニュースを目にしない日はありませんし、その犠牲になるのはいつも弱者とされる子どもや高齢者です。

火災を発生させない、発生しても最小限の被害で食い止める方法や技術が、今の日本なら簡単なことなんですけど、それよりも優先される情緒論が腹立たしく思えます。

そんな中で今日は貴重な記事です。日本では国の政策や大手企業の圧力など、大人の事情で正確な情報が歪められたり、目先の経済を優先することも多いので、その結果としていまだに災害に弱い街であったり、国民の財産や社会資本が蓄積されることが無く、国民が豊かさを実感することが出来ずにいます。

記事の中にありましたが、都市火災に詳しい東京理科大の教授によると「日本は世界有数の大国なのに、大都市の中心部でさえ木造密集地を抱えている。19世紀のようなリスクを心配している国は日本だけで、韓国も中国も海外はみな不燃建築だ」と指摘されていました。

もちろん日本でも燃えない建築物が必要だと気付いて、最初にチャレンジしたのが東京の銀座で、明治5年に大火が起きた後、英国人技師の助言を受けながら、燃えないレンガ造りの街として再建されたそうです。

しかしながら、大正12年の関東大震災で揺れに対する弱点を露呈してしまい、銀座は壊滅してしまいました。それまで耐火建築の世界標準であったレンガは、地震国の日本では通用しなかったわけです。

その後の日本における建物の歴史は、まさに自然災害との戦いであったのはご存じだと思います。戦後は不燃化都市を目指す運動が起きて、昭和27年の鳥取大火の直後に耐火建築促進法が施行されて、各地の幹線道路沿いにはコンクリート造の建築物が並ぶようになりました。

しかし、それでもなお安価な木造家屋が消えることはなく、木造が密集する市街地では今も大火のリスクを抱え込んだままで、建て替えも進んでいないのが現状です。

記事にもあったように、科学技術や文明が進化する前の日本では、夏を基準に家づくりがされていて、蒸し暑い季節を快適に過ごすことが主眼とされていました。

さらにこの高温多湿の気候の中で、木造住宅を延命させるには、なるべくスキマを多くして風通しを良くする必要があったわけです。

ところが、この夏を基準にした家では、厳し冬を過ごすには適さないばかりか、人の寿命を短くしてしまい、燃料を大量に消費することからも、木造住宅が日本に適しているということはありません。

火災に強いということは、燃えにくいとか、燃えるまで時間がかかるとかではなく、着火しなくて変形もしないのが燃えないということなんですね。

日本に必要なのは、燃えない、その上で地震に強い家の、RC(鉄筋コンクリート)住宅なんです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング← ご声援を是非!



火災に備える家を考える。

ブログネタ
住まいの選び方 に参加中!
東京で燃えない家を建てるならRCdesign

くもりで涼しい東京です。

そんな今日は朝からミーティング、世田谷区奥沢計画検討、資料作成、お問い合わせ対応、北新宿計画検討、提携会社さんと電話、解体業者さんと電話、所沢市東所沢計画検討、墨田区向島計画検討、渋谷区西原計画検討など。

午後は書類作成、提携会社さん来社打ち合わせ、練馬区田柄計画検討、お問い合わせ対応、板橋区板橋3丁目計画検討など。夕方は新宿区市谷柳町でご検討のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。徳丸6丁目計画のお客様とお電話、ご近所のリフォーム計画検討、見積チェック、ミーティングなど。

日に日に秋の深まりを感じますが、人間の体はなかなか追いつきません。

ではこちら。

【知ってる?!】火災に備える(1)住宅火災の現状

毎年恒例の「秋季全国火災予防運動」週間が11月9日から始まる。

平成26年版消防白書によると、25年の火災発生件数は4万8095件、死者は1625人で、1日当たりの発生件数は132件、死者は4・5人だった。火災は空気が乾燥する冬季に増え、特に11月から3月までの5カ月間で年間火災死者数の約60%を占める。

出火元で最も多いのが建物で、そのうち半分以上が居住用だ。一般住宅、マンションなどの共同住宅、店舗などとの併用住宅のうち、一般住宅の死者数が最も多い。能美防災の特販事業部長、阿久津昌司さんは「マンションなどは耐火構造になっているので、上下左右の隣接した部屋に燃え移りにくい。

しかし、一般住宅は木造が多く、燃え広がりやすいから被害も大きくなる」とその理由を推測する。
2015年10月5日 8時12分 産経新聞

なるほど。

ここ最近お肌のつっぱり感やのどの調子など、空気が乾燥してきたことを感じることが多くなってきましたね。

本当に日本の気候は両極端で、高温多湿の夏があったかと思えば、今度は低い気温と乾燥にさらされるんですが、これは地球上で暮らす上でも最大級のストレスになるのではないでしょうか。

そんな場所で暮らしてきた日本人ですが、技術の進歩もあり、ようやく年間を通して快適に住める住宅を手に入れられる時代になってきたように思います。

しかしながら、安全という点ではまだまだ対策が遅れていて、耐震技術についてはそれなりの評価がされているところですが、こと火災についてはまだまだ低い水準のままというのが現状です。

都心部でこそ、まちづくりの一貫として行政の指導や法規制もあり、マンションなどの共同住宅を中心にRC(鉄筋コンクリート)造の耐火建築物になっていますので、被害が最小限に止められるようになっています。

ところが郊外の住宅地などでは、防火地域に指定されている場所も少なく、木造住宅が建てられるようになっていることから、どうしても火災の件数も増えてしまう傾向にあります。

記事によると、住宅火災の件数は、17年の1万7014件をピークに減り続け、25年には1万2502件となったというこで、18年以降、新築・既存住宅ともに住宅用火災警報器の設置が義務化されたことが要因とみられています。

ところが、発生件数は減少しているものの、死者数は、17年に1220人、25年は997人で火災件数の減少に比べるとそれほど減っていないということです。

これは高齢化の進展に伴い、65歳以上の高齢者が死亡するケースが増えており、死者の7割を占めているということが理由として上げられます。やはり耳の聞こえづらさや運動能力の低下により逃げ遅れてしまうことが原因です。 

実は日本の建築基準法では、火災に関する性能として、防火構造、準耐火構造、耐火構造等に分類されていて、その性能の差は、火災に何分または何時間耐えられるかということで決まります。

そしてこの何分、何時間というのは、その建物を利用している人が安全に避難できる時間を目安に決められていますが、こと高齢者や身体に不自由がある方が考慮されているとは思えません。

本来ならば、すべての住宅がRC(鉄筋コンクリート)造で建てられていれば、火災の発生も、その被害も格段に減らせることが出来るんですけど、なかなか行政でそれを指導することは難しいですね。

日本に住むなら、地震対策と同等以上に火災に備えるということが必要なんです。是非RC(鉄筋コンクリート)住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

 ←クリックをよろしく!
人気ブログランキングへ  



ペットボトルで火事とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で燃えない家を建てるならRCdesign

晴れて冷え込んだ東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、練馬区田柄計画検討、徳丸6丁目計画検討、信用金庫さん来社打ち合わせ、中野区南台計画検討、書類作成、板橋区赤塚計画検討、見積作成、カーテンメーカーさん来社、水道屋さんと電話、小金井のOBオーナー様とお電話など。

午後は書類作成、大工さんと電話、練馬の不動産会社さんと電話、提携会社さんと電話、その後金融機関、出張所へ書類受け取り、赤塚のOBオーナー様宅へ書類お届け、帰社後は防災屋さん来社打ち合わせ、世田谷区砧計画検討、小金井東町計画検討など。夕方は板橋区弥生町計画のお客様とお電話、見積作成、出版社さんと電話、北区西ヶ原のお客様へご連絡、原稿作成など。

急激に風邪ひきさんが周りに増えてきたように思います。お身体ご自愛下さいませ。

ではこちら。

水入りペットボトルがレンズに?シート引火か

13日午後1時15分頃、愛知県安城市今池町、会社員小川克身さん(69)方の敷地内で出火、木造2階住宅の外壁の一部や車のタイヤ、自転車などを焼いた。

水をかけようとした妻(66)が顔に軽いやけどを負った。安城署は水を入れたペットボトルがレンズ代わりになって引火した可能性があるとみて調べている。

同署の発表によると、焼けたタイヤ5本や自転車は、ビニールシートで覆われていた。その上に重し代わりに置いてあったペットボトル(2リットル)が日光を集め、ビニールシートに引火した可能性があるという。
2014年11月14日 14時15分 読売新聞 

なるほど。

ここに来て一気に冬っぽくなってきましたが、敏感なお肌をお持ちの方では、乾燥肌がかゆくなっていることと思います。

そう言う私も結構な乾燥肌を持っていますので、スネや腰まわりなどのかゆみに堪え忍んでいる状況です。

そんな感じで空気の乾燥が進んでいる日本ですが、これからの季節で注意しなければいけないのが、火の元ですね。

ここ数週間だけでも火事のニュースが確実に増えているように思います。ちょうど暖房器具を使い始めたところということもあり、その取り扱いに不慣れだったり、火の怖さを忘れていることもあるかもしれません。

記事では、水を入れたペットボトルが引火の原因として見られているようです。

街中を歩いていると、塀の上や敷地境界線に水を入れたペットボトルが並べられている風景を目にする時がありますね。あれはネコ除けのおまじないだと聞いたことがありますが、その効果の程はまったくわかりません。

ただ実際にペットボトルが原因で引火する可能性があるとすると、そんなものを周りに並べられたら、ちょっと不安というか、万が一でも火事につながるようなことがあったらと思うと、大変危険ですね。

もし、ご自宅の周辺や、お庭、バルコニーなどに水が入ったペットボトルを置かれている場合には、すぐに撤去しておかれた方が安心だと思います。

もちろん、RC(鉄筋コンクリート)住宅なら安心ですが、隣近所がそうとは限りませんし、屋外に置いてある家財道具などでも、燃える可能性があるものがあれば、しっかりと収納しておくようにしましょう。

江戸時代ならまだしも、これからの日本には燃えない家が必要です。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←応援のクリックをどうかひとつ!



お盆明けに耐震と免震の違いなど。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で地震に強い家を建てるならRCdesign

相変わらず暑い東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後渋谷区東計画のお客様とお電話、建材メーカーさんと電話、信用金庫さん来社、出版社さんと電話、文京区向丘計画検討、渋谷区神宮前計画検討、豊島区駒込計画検討、蓮根の歯科医院さん来社など。 

午後は都市銀行さん来社、渋谷区恵比寿2丁目計画検討、台東区上野桜木計画検討、資料作成、建具メーカーさん来社打ち合わせ、渋谷区役所と電話、関連会社社長と電話、原稿作成など。夕方は来客面談、北区西ヶ原計画検討、不動産会社さんと電話、ミーティングなど。

一週間のご無沙汰でした。皆さんの夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。私は毎晩熱闘甲子園でうるっとしながら読書をしたり、比較的ゆっくりしていました。ちょっとだけ秋のかけらを感じることもありますが、まだまだ残暑も厳しいです ので、お体ご自愛くださいませ。

ではこちら。

「耐震構造」と「免震構造」の違いって何?

大きな地震がきても被害の少ない家を建てるために大切な「耐震構造」と「免震構造」の違いを紹介します。

■耐震構造とは?
「耐震」とは、建物の柱や梁などの構造体そのものを強く作ることで、地震の揺れに耐える構造のことです。耐震性能の基準は「建築基準法」で定められているので、国の法に則って建てられた建物はすべて耐震性能があると言えます。

「建築基準法」では、震度7程度の大地震に対し、建物の一部は崩壊しても人が逃げる時間は確保される、全壊しない程度の構造とすることが定められています。つまり、建物ではなく人命を守るための最低ラインの基準なのです。
ビーカイブ 2013年08月17日16時00分

なるほど。

まずここで認識していただきたいのは、現在の日本における建築物は、建築基準法に準拠したすべての建物で、これまでに経験した地震を基に、人命を守るための基準が設けられているということです。

さらに耐火性能に関しても、30分から2時間火に耐えられるようにすることで、避難する時間を確保し、人命を守ることになっていますし、シックハウスについても、人体に害を及ぼす恐れがある、薬剤の使用を制限していますので、一昔前に比べるとかなり安心出来るようになりました。

とは言え、これらの基準は最低限のもとも言えますし、必要十分な性能とも言えるかもしれません。

国としては、長期優良住宅や、品確法に基づく性能表示制度などで、より優れた住宅性能を定めようとした基準もあります。そこでは「建築基準法」の1.25倍、または1.5倍の性能等級を定めていたりしますが、一見等級が上がればより強固な構造となりそうな感じがするものの、実際はそのような単純なことだけではなく、材質やバランスも大切なんですね。

これまで日本が経験した自然災害を冷静に検証してみれば、地震で倒壊しないことはもちろん、津波や台風、竜巻でも倒壊せず、火にも強く燃えないことが本来必要な性能なはずです。

もちろん、その上で気密性や断熱性が高く省エネで快適に過ごせることも必要ですし、これらの高性能を長期間維持出来ることで、資産性も損なわないということが求められます。

そんなことを真剣に考えて辿り着いたのが、鉄筋コンクリート住宅なので、より良い家をお探しなら、是非ご検討ください。

さて、最近はあまり関心を持つ人も少なくなった感じがする免震構造ですが、その字が示す通り、地震の力を「免れる」構造のことですね。建物の基礎と地盤の間に、特殊鋼材のローラーや耐久性の強いゴムを積層にしてはさみ込むことで、地震による地面の揺れを建物に直接伝えないようにする構造のことです。
 
ただし、この免震装置が作動するのは震度4〜5以上なので、地震の時に全く揺れないわけではありません。そして、当然ですが費用が掛かります。一概にいくら、とは言えませんが、おおよそ総工費の1割〜2割くらいでしょうか。

さらに、その装置によっては風で揺れることもありますし、この装置自体が建築基準法に合致しないものも多かったり、都市部の住宅密集地では、隣地との距離が足りないこともあり、そもそも費用対効果を考えると、あまり普及していないようです。

実はここだけの話、重くて堅い建物は、揺れが少ないということが、経験則でわかっているんですけど、あまりにもアナウンスする人が少ないので、一般的な意見にはならないようです。残念。

今のところは全国的に少数派のRC住宅ですが、これからは沖縄に追いつくよう、RC住宅をメジャーにする努力を弊社では続けて参ります。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ←応援のクリックをどうかひとつ!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ