住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

耐震診断

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

黒部市のグッバイ旧庁舎とか。

RC造の家を建てるならRCdesign

くもり時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から豊島区南池袋計画検討、見積作成、原稿チェック、社労士さんと電話、渋谷区西原計画検討、資料作成など。

午後はご近所のお客様とお電話、渋谷区恵比寿計画のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。図面作成、杉並区今川計画検討など。夕方は西原計画のお客様とお電話、目黒区駒場計画検討、見積作成、お問い合わせ対応、ミーティングなど。

今日のクシャミは寒暖差アレルギーによるものですのであしからず。

ではこちら。

「耐震診断するまでもない」 ドラマロケでも使われた築69年の庁舎解体へ…お別れ見学会で「グッバイ」

「耐震診断するまでもありません。ダメでしょう」−。大きな地震が来たら、損壊すると言われ続けながら、使われてきた富山県黒部市の旧庁舎が取り壊されることになった。

1951(昭和26)年に完成した築69年の建物だ。5年前に新庁舎が完成するまで県内最古の役場だった。テレビドラマのロケにも使われた。10、11の両日に開かれた最後の見学会に訪れた市民からは、長く持ちこたえた旧庁舎に「これまでありがとう」「グッバイ旧庁舎」と感謝の言葉が続いた。
2020年10月16日 17時45分 まいどなニュース

なるほど。

これはまた残念なニュースです。

貴重な歴史的建造物が解体ということになってしまい大変残念ですが、危険な状態だったということですので、仕方のないことかもしれませんが、70年近くも頑張ってきた建物には、お疲れ様と言ってあげたいです。

記事によれば、旧庁舎は1951年、北アルプスの麓、黒部川扇状地に位置する旧桜井町(現黒部市)の役場として新築されたということ。

職員のOBという方が言うには、鉄筋コンクリート3階建てだが、戦後間もない物資不測の時期の建物だけに「本当に鉄筋が入っているか怪しい」とか。

耐震診断をするまでもないくらいの施工状況だったにも関わらず、ここまで耐えて来れたのは、もちろん基本構造が鉄筋コンクリート造だったということが幸いしたと言えるでしょう。

自治体としても、阪神大震災や中越地震、東日本大震災と国内で地震災害を経験するたびに、全国の自治体で建物の耐震化が進められる中で、黒部市も手をこまねいていたわけではなかったそうです。

市では優先順位は子供たちが過ごし、被災時に避難所となる学校施設や、緊急時に対応する消防庁舎を先に改修してきたそうで、その間にも庁舎の老朽化は進み、ボイラー室から重油が漏れ、電話回線が不通になるなどトラブルが続いたということ。

設備の老朽化が進んでしまうのは、避けきれない部分もありますが、それでもなお構造躯体が保っていたというところが凄いと思います。

黒部市の新庁舎が完成したのは2015年で、旧庁舎から約300メートル離れた小学校跡地に建つ5階建てになっていて、交流サロンや食堂、屋上庭園も備え、市民に親しまれているとか。

一方でこの旧庁舎は跡地の利用を検討しながら、解体の時を待っていました。議論の末、図書館や市民会館、公民館の機能を持たせた「交流センター」を建設することが決まり、いよいよ本年度中に取り壊されることになったんですね。

120622860_3297082747065746_4323679847610775660_o
画像を見つけて参りましたので、是非ご覧いただきたいと思います。

モダンなデザインでレンガ張りの壁と窓が規則正しく並び、室内の白塗りの天井も美しいそうです。

元職員さんも「この世にないような建物だった。ここで働けることになり、誇らしかったよ」と勤め始めた当時を振り返っていました。

RC(鉄筋コンクリート)造の建物が増えれば、きっと日本はもっと豊かになると思いますので、建築をご検討の際には、是非ご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援をお願いします。



耐震チェックと資産とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で耐震住宅を建てるならRCdesign

春らしい東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後板橋区坂下計画検討、ご近所のお客様来社打合せ、お問い合わせ対応、徳丸計画検討、足立区千住桜木計画検討、見積作成など。

午後は業者さんと電話、練馬区田柄計画検討、渋谷区東のお客様とお電話、ありがとうございます。ご近所のお客様とご連絡、資料作成など。夕方は原稿作成、徳丸6丁目計画検討、資料作成、台東区日本堤計画検討、ミーティングなど。

1日も長く桜を楽しめると良いですね。

ではこちら。

わが家の耐震性をチェック ベッドで命を守る方法も

【住まいの処方銭】東日本大震災からちょうど4年。震災を思い出し、改めてわが家の耐震を考えてみよう。耐震性を高めれば、資産価値がアップし、将来の売却や賃貸も有利に働く。

耐震不足といえば、1981年以前の「旧耐震基準で建築された住宅の話」と思ってしまいがち。だが、木造住宅では、これ以降に建てた場合でも注意したい。2000年に建築基準法が改正され、柱と梁の上下などをつなぐ箇所に規定ができたが、それ以前の住宅には定めがなかったのだ。
2015年3月30日 17時12分 ZAKZAK(夕刊フジ)

なるほど。

確かに、日本国内ではまだまだ耐震性能に問題を抱えている住宅が結構多いのが現状です。

もちろん耐震化を進めるには、それなりにコストがかかるのも事実ですが、命と引き替えにするには、余りにも残念ですし、ちょっと工夫すれば、コストをかなり抑えたかたちでも命を守ることは出来るものです。

記事にもあるように、一般的には1981年(昭和56年)がひとつの目安とされていますが、実は1995年の阪神淡路大震災以降の2000年にも建築基準法が大きく改正されていて、震災の教訓を生かした内容になっているわけです。

調査によると、この1981年から2000年までに建てられた木造住宅が、全体の65%にも上るということですので、震災クラスの強い地震では、建物が倒壊する可能性も少なくはないということです。

ということは、築15年以上の住宅では、耐震診断などを行った上で、必要な補強を施す必要があるということになりますね。

ちょうど築15年くらいですと、外装の吹き替えが必要な時期だったり、もしかすると家族構成が変わっていて、家の使い勝手が悪くなっていたり、設備機器も老朽化している頃かもしれません。

このタイミングで耐震診断を行うのと同時に、床下などの白アリ被害の有無や屋根瓦の状態、基礎のひび割れなど、建物全体の現況を知る必要がありますので、是非ご検討いただきたと思います。

耐震診断の結果、何らかの補強が必要になった場合、出来ればしっかりと安心出来る補強をして頂きたいところですが、ある程度優先順位を付ければ、コストを絞ることも可能です。

それには、「あと何年住むか」や「今よりどの程度強くしたいか」「どの部屋を優先するか」など、暮らし方も踏まえて検討してみましょう。

予算が許せば、バリアフリー化や省エネ化、外壁や屋根補修、設備機器の更新など、どうせいつかやるのなら、今でしょう!というと、行政や自治体の補助金を使えるとか、少しは費用を節約出来る可能性があります。

また、記事に紹介されていたのは、耐震ベッドというもので、非常に強固な柱と天井が付いているベッドと言った感じです。これなら屋内のシェルターとしても利用出来ますね。

通常家の中では、寝ている時間が多いものですし、これなら昼間にグラッときた時に逃げ込める場所にもなります。当然全体的な改修よりもより安価に納めることが出来るでしょう。

もしこれらの補強や改修に多額の費用がかかるなら、耐震性能の絶対的安心感と、耐久性が強みのRC(鉄筋コンクリート)住宅への建て替えを、是非この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ← 応援のクリックを是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ