住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

落雷

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

インドで落雷とか。

災害に強い家を建てるならRCdesign

雨の東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、新宿区舟町でご検討のお客様とお電話、書類チェック、お問い合わせ対応、各種連絡、台東区浅草計画検討、文京区千駄木計画検討、資料作成など。

午後は提携不動産会社さんと電話、システム調整、管理組合さんと電話、渋谷区計画検討、図面作成、お問い合わせ対応、渋谷区桜丘計画検討など。夕方は図面作成、社内ミーティングなど。

豪雨災害の被害に遭われた方々に、お悔やみとお見舞いを申し上げます。

ではこちら。

気候変動で落雷増加、10日間で147人死亡 インド

【AFP=時事】インド当局は5日、東部ビハール(Bihar)州の落雷による死者が10日間で147人に上っていると明らかにした。落雷が増加している主要因は、気候変動による気温上昇だという。

当局によると、インドで最も貧しい州、ビハール州では3月末以降、農民や牧牛業者ら215人が落雷で死亡した。
2020年7月6日 12時34分 AFPBB News

なるほど。

こちらはインドでの記事ですが、やはり気候変動は日本だけの現象ではありません。

近年、日本の都市部を中心にゲリラ豪雨が発生する回数も増加しているのは、すでに皆さん経験の通りだと思いますが、ゲリラ豪雨にも雷はつきものですので、遠い外国の出来事と思ってはいられませんね。

記事によれば、ビハール州の災害管理相の発言として、「落雷が増加している主要因については、気候変動による気温上昇だと気象の専門家や科学者、当局者から聞かされている」と説明しています。

また、昨年のモンスーン期間には、170人が落雷で死亡していたということ。

当局によれば、隣接するウッタルプラデシュ(Uttar Pradesh)州でも4月以降、200人超が落雷で死亡したという報告もあるそうです。

さらに、インド国家犯罪記録局(NCRB)の入手可能な最新の統計によると、インド全土では2018年でも、2300人超が落雷で死亡したということですので、いくら人口の多い国とは言え、大変な犠牲者の数です。

日本では、以前から雷や突風の怖さや危険度が知らされていたと思いますが、一般庶民レベルだと、その重要性や理解がされていなかったように思います。

日本人は、各種の災害についてどこかやり過ごせるのではないか、一時だけ我慢や恐怖を耐えしのげば、さほど大きな被害にはならないのでは、という楽観的な判断をされる方が多いのではないでしょうか。

今回の豪雨被害でもそうですが、一瞬の判断遅れが被害を大きくしてしまいますし、そもそも対策を先送りされてしまうことも多くなってしまうと思います。

気象変動というものは、一時的な異常気象ではなく、今後も続く気象条件の新しい常識と思う必要がありますので、これまで大丈夫だったからこれからも大丈夫という保証はありません。

だからこそ、どんな災害にも負けない建物を普及させる必要があると思います。

ちなみに、RC(鉄筋コンクリート)住宅なら、落雷があっても大丈夫ですし、もちろん燃えることもありません。

住まいづくりをお考えなら、是非RC住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援をお願いします。



落雷が原因で火事も。

東京で燃えない家を建てるならRCdesign

晴れ時々くもりの東京です。

そんな今日は朝から大工さんと電話、整備屋さんと電話、その後横浜方面へ、中区野毛町の現場で施主検査立ち会い、テナント業者さんと打ち合わせなど。

午後に帰社後は上板橋2丁目計画、書類作成、不動産管理会社さん来社、新宿区落合方面でご検討のお客様とお電話、北松戸計画検討など。夕方は町田市中町計画検討、中野区本町計画検討、ミーティング、図面作成など。

昨日の処暑を過ぎたからか、夜の空気が違ってきたように感じます。

ではこちら。

局地的に激しい雨 落雷が“原因”の火事も

関東北部では23日夕方以降、雷を伴い局地的に激しい雨が降った。栃木県真岡市では落雷が原因とみられる火事があった。

火事があったのは、真岡市にある住宅の敷地内にある納屋。警察によると、23日午後4時半前、「納屋が燃えている」と119番通報があり、納屋1棟が全焼した。この火事によるケガ人はいないという。

当時、真岡市の上空には非常に発達した積乱雲があり、雷注意報が出ていて、落雷のような音がした後、火事が発生したということで、警察は落雷が原因の可能性が高いとみて調べている。
2016年8月24日 7時39分 日テレNEWS24

なるほど。

ここ数日は台風の影響もあり、天候が非常に不安定な日が続いていますね。

今日も晴れていたと思ったら、急に雨が降り出してみたりしていましたので、外回りをされている方や屋外でのお仕事をされている方には、予定が立てづらいなどの影響もあるのではないでしょうか。

今回の台風では、関東地方の広い範囲で被害が発生していましたが、記録的な大雨の後だけに、台風が去った後でも地中の水分が多いので、崖地付近ではまだまだ注意が必要です。

記事では、ゲリラ豪雨に伴って発生した雷が原因で、火災が発生してしまったということですが、元々燃えやすい材料で作られた木造の建物では、残念ながら避けようが無い災害かもしれません。

一般的には、住宅でもアース設備が設けてあるはずですので、万が一落雷があったとしても、そのエネルギーを地中に逃がすことが出来るようになっているものですが、落雷した場所の材質やアース設備の不具合などがあると、出火する可能性が高まってしまうと思います。

当然最近の建築であれば、外壁や内装下地材などに不燃材料が使われていたりしますので、外部からの火には一定時間耐えることが出来るはずです。しかし、落雷の場合は構造材の柱など、木材に直接エネルギーが伝わってきますので、その大切な柱から出火してしまうということになります。

近年の動向として、燃えやすい木を燃えにくくする技術を開発したり、木のまわりを燃えない材料で覆うことで、全体を燃えないことにするような解釈が進められています。

もちろんそんな技術や解釈が役に立つ場面もあると思いますが、やはり本質的に燃える材料である以上、どこか不自然な状態なように感じます。その材料が持つ本来の良さや特徴を生かした使い方をするべきではないかと思うんです。

大切な構造躯体は鉄筋コンクリート(RC)造でしっかりと造り、内装に無垢の木材を使用すれば、肌触りと空気感の良いお部屋になります。それが適材適所ということなんです。

大切な家が燃えてしまうことのないよう、家を建てるなら鉄筋コンクリート(RC)住宅を是非ご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

 
人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。     



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ