住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

被災

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

地震発生時の常識今昔。

東京で防災住宅を建てるならRCdesign

晴れ時々くもりの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、さいたま市南区別所計画のお客様ご来社、ありがとうございます。その後渋谷区東のOBオーナー様宅訪問。不調箇所の修理と打ち合わせなど。ありがとうございます。

午後に帰社後はご近所のお客様宅訪問打ち合わせ、電気屋さん来社打ち合わせ、高田馬場計画検討など。夕方は練馬区田柄計画検討、中野区本町計画検討、原稿チェック、ミーティング、お問い合わせ対応、提携会社さんと電話など。

帰宅時に神社の前を通ったら、やけに静かに感じたんですけど、セミの鳴き声がまったく聞こえなくなっていました。

ではこちら。

地震発生時、実は危険な机の下 被災直後はトイレを流すな

地震が起きたらまず優先すべきは、生き延びること。防災訓練で揺れを感じたら机の下に隠れると教わった人も多いだろうが、最近はこれが危険であるという説もある。大きな家具が倒れて周囲がふさがれ、机の下に閉じ込められる可能性があるからだ。

トイレなど狭い場所へ逃げ込むというのも、旧耐震建築時代の防災マニュアルなので、改めるべき。ドアが歪んで開かなくなる可能性がある。災害危機管理アドバイザーの和田隆昌さんは言う。

「揺れを感じたら、まず頭を守り、転倒落下物の危険がない場所に移動します。余裕があれば、避難経路を確保してください。実際に地震が起きたら、人はすぐに行動できません。発災後わずか1分間の判断が生死を分けますから、普段から地震が来たらどう動くか、シミュレーションしておくことがとても大事です」
2016年9月2日 16時0分 NEWSポストセブン 

なるほど。

もしかすると、防災関連の記事にも少々飽きられているかもしれませんが、それでも、少しでも正しい情報をお伝えしなければいけないと思いますので、嫌われることを承知の上で、書かせていただきます。

防災に関する知識や情報も、日々進化しているところもありますので、間違った都市伝説や迷信を疑いも無く信じていると、いざという時に困ることもあると思いますし、何よりも生命に係わることだけに、最新の正確な情報に更新しておく必要があります。

昨日ご紹介させていただいたアプリなどもそうだと思いますが、知っている場合と知らなかった場合では、災害時に大きな差が出来てしまうこともありますね。

今日の記事にもあるように、地震が発生した時にトイレに逃げ込んでしまったがために、その後避難が出来なくなってしまっていたら、その時に火災が発生していたらアウトです。

同じように、以前は地震が発生したら一番に火の元を確認するということが言われていましたが、これも今の常識ではちょっと違うものになっています。

慌てて台所に行ったりしたら、熱い鍋がひっくり返って大やけどになってしまうかもしれませんし、割れた食器や包丁などの調理器具が散乱していれば、どんなケガをするかわかりません。

もちろん、その時にちょうどガス台の前に居たという場合は、火を止めて頂いた方が良いのですが、最近のガスメーターでは、震度5弱以上の揺れを感知すると、自動的に火が消える構造になっていますので、不用意に危険な場所に近づかない方が安全なんですね。

むしろ、可能であれば電気のブレーカーを落とすことを考えた方が良いようです。地震で停電になってしまった時、使っていた家電製品はそのままですので、電気が復旧した時にはこれら家電製品に電気が流れてしまいます。冬なら暖房器具が動き出すかもしれませんし、途中で断線していたりしますと、そこから火災が発生してしまう可能性もあります。

そんな心配を避けるためにオススメされているのが震感ブレーカーというもので、揺れを感知すると自動でブレーカーが落ちるというものです。これを設置しておけば通電時の火災リスクも避けられます。手軽に取り付けられるので、是非ご検討ください。

記事では、トイレも流さない方が良いとして、まずは下水管の確認をしてからでないと、途中で汚水が漏れたり逆流してしまうことがあるということです。

さらにマンションの場合では、上下階で排水管がつながっていますので、下階で漏水してしまうこともあります。必ず確認してから使用するようにしましょう。

なるべくモノや家具が無い空間に移動出来れば、その方がより安全ですが、何よりも日頃からの対策が大切です。

もちろん可能であれば、鉄筋コンクリート(RC)住宅に住んでいただくことが、何よりも確実に安全なんです。機会があれば、是非ご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。     


 

被災時に財産を守るには。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で災害に強い住まいを建てるならRCdesign

良い天気の東京です。

そんな今日は朝から渋谷区東のお客様宅へ部品お届け、塗装屋さんと打ち合わせ、作業立ち会いなど、帰社後は解体屋さんと電話、徳丸6丁目計画検討、杭屋さんと電話、資材発注など。

午後は業者さんと電話、中野区南台計画検討、練馬の不動産会社さんと電話、資料作成、千葉の社長さんと電話、北区西ヶ原計画検討、世田谷区砧計画検討、お問い合わせ対応など。夕方はセキュリティー会社さんと電話、電気屋さんと電話、リフォーム工事検討、各種段取り、和光のお客様とお電話、原稿作成など。

久しぶりの青空が気持ちよかったですね。

ではこちら。

FPが解説…被災した場合に「財産守るためにやるべきこと」

「広島の土砂災害から数週間が立ち、じわじわとお金のことについて不安を覚える被災者が増えています。被災者になってしまったときのために、誰もが“お金の防災術”を知っておいてほしいと思います」

こう語る広島市在住のファイナンシャル・プランナーの波田間純子さんが、被災者になった際にやるべきことを教えてくれた。

【1】被災の証拠写真を撮る
「住宅が土砂や水により破損したり、床下床上浸水が起きたりした場合、損害の程度を証明することが大切です。浸水は次第に水が引いてしまうので、最初に水跡のわかる箇所などの写真を撮っておきましょう」
女性自身 2014年09月12日06時00分

なるほど。

これは実際に被災された経験がないと、なかなか気付かないことかもしれませんし、実際に被災した時には、気が動転していたり、それどころではないという状況のことが多いはずですので、もし親類や友人が被災された時には、周りの人が助言したり、手助けをすることも必要かもしれません。

上にあるような、証拠写真を撮るということも、カメラはもちろん携帯すら手元に無いことが考えられますし、避難していれば、そこまで気が回らないかもしれません。

記事では、他にもやるべき事として、【2】損害保険会社に連絡すること。【3】罹災(りさい)証明を申請すること。【4】クレジットカード紛失時は使用停止の連絡をすること。【5】住宅ローンの支払困難時は支払先に連絡すること。が紹介されていました。

火災保険などに加入されていれば、損保会社に連絡しましょう。すると被害調査の担当者が派遣されてきて、被害額を算定します。連絡があまりに遅れてしまうと、被害状況が変わって、算定額に差が出てしまう可能性もあるので、早めの連絡が望ましいようです。

罹災証明は、各市町村がどの程度の災害に遭ったかを調査のうえ発行するもので、被災の証拠になるものです。保険の申請や融資の申し込みや税金の減免、公営住宅や仮設住宅への入居などに必要になります。早めに取っておけば、後のさまざまな申請が楽になります。

一般日常生活と同じように、クレジットカードをなくした場合には、クレジットカード会社に連絡をして使用を止めてもらいましょう。なんでも今回の広島の災害でも、倒壊した民家に泥棒が入ったとか。さらなる被害を防ぐためにも早めの対応と、あわせて警察に紛失届を出すようにしましょう。

被災してしまった後、住宅ローンの支払いが難しくなることも当然あり得ます。支払先の金融機関にも早めに連絡をしましょう。何カ月も放っておくと、延滞扱いになり、いわゆるブラックリストに載るケースもあるようです。延滞利息もかかるのでご注意ください。

さらに、「約1週間+α生活費として10万円を入れておきます。そのうち2万円分は千円札、公衆電話用に100円玉や10円玉も用意しておきます。銀行やクレジットカード会社などの番号、保険の種類や内容などを記録したノートを作っておくこともおすすめです」とのことでした。

もちろん非常事態の時には、とにかく人命が第一です。生命の危険に及ぶ恐れがあれば、まずは避難することを考えなければいけません。命あっての財産ですからね。

もしあらかじめ命と財産を守ることを考えるなら、災害に強く安全で快適な鉄筋コンクリート住宅に住むことをオススメします。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←応援のクリックをどうかひとつ!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ