住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

解体

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

家づくり講座は解体工事とか。

東京で家を建てるならRCdesign

曇りのち晴れの東京です。

そんな今日は朝からミーティング、荒川区西日暮里計画検討、セキュリティー会社さんと電話、豊島区西巣鴨のお客様とお電話、お問い合わせ対応、渋谷区計画のお客様とお電話、見積作成など。

午後は目黒区下目黒計画検討、見積作成、社内システムメンテナンス、電気屋さん来社打ち合わせ、原稿チェックなど。夕方は提携会社さんと電話、大田区仲池上計画検討、ミーティングなど。

四年ぶりの2月29日ですね。相変わらず花粉とウイルスの対策が欠かせませんが、基本的な対策をしっかりと続けましょう。それでは今週も土曜日恒例の家づくり講座第424回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

さて、家づくりをされる人の中には、新しく土地を購入する人だけでなく、今住んでいる家を解体して、建て替える人も多くいらっしゃいます。

もしかしたら、あなたもそうかもしれませんね。

ところで、あなたは、建て替えならではの手間や費用をご存知ですか?

解体工事は、騒音やホコリが発生する作業です。防音や防塵対策が不十分な業者を選ぶと、近隣トラブルの原因になります。

解体業界は不透明だと言われています。そのため、解体費用や作業方法はさまざまです。思わぬトラブルに巻き込まれないよう、業者選びは慎重に行いたいものです。

建て替え工事を行う建築業者が下請け業者に解体を依頼する場合、中間マージンが発生します。
・中間マージンを節約したい
・技術力を調べ、納得のいく解体業者に直接依頼したい
という場合は、別々に発注する方法もあります。

もし解体業者と建て替え業者が異なる場合、それぞれの作業スケジュールについて入念に打ち合わせる必要があります。でないと、作業に思わぬ支障を来たすだけでなく、仮住まい先の確保が難しくなることがあるからです。

解体が終わったら、法務局で既存の建物の滅失登記を行います。自分で行えば、費用負担は登録免許税だけで済みます。専門家に代理申請を依頼すれば彼らへの費用も発生します。

建て替えには、土地探しの手間や土地購入の資金は必要ありません。しかし、解体費用のほかに、解体前に仮住まいに引っ越したり、引き渡し後に新居に引っ越したり、仮住まいに置ききれない家具などを倉庫に保管するための費用や手間などが発生します。

引っ越し費用を安くするためには、
・仮住まいは新居に近い場所にする
・二回とも同じ業者に依頼する
・平日やシーズンオフなど、割安な時期に引っ越しする
などの対策を検討したいですね。

さて、ここであなたに質問があります。同じ土地に建て替える場合、地盤調査は必要でしょうか?

答えは、もちろん「必要」です。

たとえ数十年、問題なく暮らした土地であっても、解体して更地に戻した後の状態で地盤調査を行わなければなりません。そして、地盤が弱いことが判明すれば、地盤改良を行わなければなりません。

なぜなら、『住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)』に基づいて新居を10年間保証するには地盤調査が不可欠だからです。

そういえば、先日も建て替えのために解体工事を行い、基礎と地面を掘り起こした際、2世代前の基礎や鉄くずなど大量のゴミが埋まっていて驚いたというケースがありました。

そんな事例もありますし、最近の木造はベタ基礎での家づくりで、数十年前の家よりも重くなっているので、より強固な地盤が必要という事情もあります。

必要な保証を受けるだけでなく、不安を取り除くためにも地盤調査は大切です。

建物の状態によっては、建て替えではなくリフォームを選んだ方が良い場合もあるでしょう。

築年数や劣化具合、現在の住まいの問題点、リフォームに必要な費用や保証内容などを調べ、より良い方法を選びたいですね。

住まいの建て替えをお考えなら、是非RC(鉄筋コンクリート)住宅をご検討ください。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援お待ちしております。



RC造用解体リサイクルロボットとは。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で優しい住まいを建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、関連会社社長来社打ち合わせ、板橋区徳丸計画検討、信用金庫さん来社、その後金融機関へ、帰社後は蓮根の不動産会社さんと電話など。

午後は北区西ヶ原計画検討、図面作成、渋谷区東計画のお客様とお電話、水道屋さんと電話、ガス会社さんと電話、杭屋さん来社打ち合わせ、文京区本郷計画検討など。夕方はガス会社さん来社打ち合わせ、お問い合わせ対応、豊島区千川計画検討、資料作成など。

夜風が心地いいですね。

ではこちら。

鉄筋コンクリート建築を解体してその場でリサイクルするロボット

建物が老朽化した場合、解体しないと危険だが、壊す時の粉塵の問題や解体後のゴミ処理の問題がある。特に鉄筋コンクリートは構造上、鉄筋とコンクリートを分けるのが難しい。

しかし、スウェーデンのウメオ研究所ではコンクリートを除去して、その場でリサイクルするロボット『ERO』を開発した。

『ERO』は見た目、小型のパワーショベルいった雰囲気。 

多関節アームの先のノズルから高圧ジェット水流を噴射し、粉砕されたコンクリートはすぐに掃除機のように吸い取られる仕組みだ。アームが建物の壁をなぞると、コンクリートがきれいにはがれおちている。

水とともに吸い込まれたコンクリートは、『ERO』についている遠心分離機で水とセメントと骨材に分けられ鉄筋が残るのだ。分解されたセメントと骨材は『ERO』で袋詰めにされ、鉄筋と共にリサイクルに回されるという。 
IRORIO 2013年07月18日 10時05分 

なるほど。

ここでまずは記事の訂正をしておかなくてはいけません。

鉄筋コンクリート造の解体において、鉄筋とコンクリートを分けるのは特別難しいことではありません。

もちろん、コンクリートに覆われた鉄筋は、各々が強固に密着していますので、簡単に分離出来るかと言えば、そうではありません。

しかし、現在の解体工事では、日本の誇る重機のパワーをもとに、器用にコンクリートを破砕していきますので、鉄筋にうっすらと残ったモルタル成分は、鉄を溶解する時には完全に分離させられます。

日本における近年の解体工事は分別解体が基本で、ガラスやアルミなどの素材と木材などの可燃物をしっかりと分けて解体処分されていますので、昔に比べたら断然リサイクル率は上がっているのではないでしょうか。

それにしてもこの機械のメリットは多いと思います。通常は解体工事につきものの粉塵が発生しないこと、また、騒音が発生しないことも大きなメリットではないでしょうか。

これからの日本では、老朽化したマンションの取り扱いや、役目を終えた公共施設など、建て替えや再開発が必要な地域も多いですし、それが都市部や住宅街だったりすると、解体工事に求められる要求も多くなりそうですので、このようなマシーンが活躍する場面が増えるかもしれません。

ところで、この記事で注目していただきたいのは、この機械もさることながら、鉄筋コンクリート造のリサイクル性なんです。

構造体のすべてが、完全にリサイクルが可能なんですね。もともと鉄と石と石灰など、すべて自然素材で出来ている鉄筋コンクリート造ですが、その性質上腐ったり劣化したりしないので、ほぼ再利用出来るんです。 

これからの地球環境を考えたら、非常に負荷の少ない優れた構造と言えます。

以前、解体費用が高いからRC造をあきらめる、という方がいらっしゃいました。その時は強くて安全な家が欲しいはずなのに、本末転倒なことをおっしゃる方だと思いましたが、近い将来には最強の住まいでも比較的容易に解体出来るようになりそうですね。

益々地球にやさしく、災害に強く、省エネで快適な鉄筋コンクリート住宅が注目されていくと思います。

それでは。

今日もありがとうございます。

 
人気ブログランキングへ←応援のクリックをどうかひとつ!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ