住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

豪雨

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

浸水の直前対策とか。

水害に強い家を建てるならRCdesign

くもり時々雨の東京です。

そんな今日は朝から練馬区計画検討、提携会社さん来社打ち合わせ、サッシ屋さん来社打ち合わせ、お問い合わせ対応、見積もり作成、信用金庫さん来社打ち合わせなど。

午後からは三鷹方面へ、その後日野市計画の現場視察、お客様と打ち合わせなど。夕方帰社後は社内ミーティング、来客面談など。

意外と蒸し暑く感じたりで、まだまだ注意が必要ですね。

ではこちら。

経験のない“豪雨”広範囲で冠水、油の流出も 佐賀

気象庁は28日朝に福岡県、佐賀県、長崎県に大雨特別警報を発表しました。これまでに経験したことのないような豪雨となっていて、最大級の警戒が必要です。

前線の活動が活発になっている影響で、九州では1時間に100ミリを超える猛烈な雨を観測しました。24時間の雨量は平年の8月1カ月分の2倍に達し、観測史上1位となっている所があります。
2019年8月28日 14時14分 テレ朝news

なるほど。

とても心配ですね。

報道によれば、すでに多くの被害が報告されていますが、まだ明日以降も気を抜けない状況が続いてしまいそうということですので、引き続き警戒が必要とのことです。

記事でも29日にかけては西日本から北日本の広い範囲で大雨の恐れがあり、土砂災害や低い土地の浸水、河川の氾濫などに厳重な警戒が必要と書かれていました。

都内でも、近年はゲリラ豪雨が多く発生するようになってきましたので、いつ浸水の被害に遭遇するかわかりませんので、いざという時の為に対策を覚えておかれてはいかがでしょうか。

国土交通省が作成した「家庭で役立つ防災」という資料では、浸水直前の対策として、下水の逆流を防ぐという項目があります。

その内容はというと、急激な水位の増加により下水が逆流し、トイレや風呂場、洗濯機の排水口などから
水が噴き出ることがありますので、ビニール袋に水を入れた水のうを置くと、逆流を抑える効果があると書かれています。

家庭にあるゴミ袋などで、少し多めに水を入れたものを、便器の中やお風呂場の排水口などにおくだけですが、これだけでもかなり有効だと思います。

また、木造などで床下収納がある場合は、同様にフタの上に水のうを置いておくことも、浸水対策になるそうです。

もちろん建物全体の不備や故障などが無いように、点検と修理を行なっておく必要があります。

ただし、大雨特別警報が発表された場合は、最大級の警戒をして、命を守る最善の行動をとってください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



GWにBBQと家づくり講座とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で防災住宅を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から渋谷区恵比寿2丁目計画のお客様にご来社いただき打ち合わせ、ありがとうございます。新宿区赤城下町計画検討、見積作成、渋谷区神山町計画検討、図面作成、お問い合わせ対応など。

IMG_3156午後からは自社資材置き場へ、スタッフと協力業者さんによる親睦バーベキューを開催しました。

絶好のBBQ日和で大変盛り上がり、より結束を高められたと思います。帰社後は溶接屋さんと打ち合わせ、さいたま市宮原計画検討、見積作成など。

あっという間にゴールデンウイークになってしまいました。すでにお出かけの方も多いかもしれませんが、本日は土曜日ですので、恒例の家づくり講座第153回をお届けさせていただきます。どうぞお付き合いくださいませ。 

昨日は夕立があるかもしれないという天気予報でしたが、皆さんの地域ではいかがだったでしょうか。これからの季節は急な天候の変化も多くなりますので、外出時にも注意していただきたいと思います。

さて、私の知り合いに鹿児島出身の女性がいます。夏は、車のハンドルを触るとやけどしそうなほど暑い地域で、(熱くて触れないので、軍手や手袋を車に常備していたそうです)夕方になると、ワイパーを最速で動かしても前が見えないほどの夕立ちがたびたび来るそうです。

本州や四国で10年以上暮らした時に、そんな雨が降らなかったので「南国特有の雨の降り方なんだな」と思ったとか。

でもここ数年、『ゲリラ豪雨』と名を変えて、全国各地で滝のような雨が降るようになりました。温暖化が、確実に進んでいるんですね。

台風による大雨もそうですが、雨や湿気は家に大きなダメージを与えます。あなたの大切な家を守るために、一緒に対策を考えてみましょう。

●大雨が土地・建物に与える影響は?
カビ・シロアリ・腐食などがあげられます。また、土地自体の水はけが悪い場合、地番沈下による建物の損傷の危険も。そして、地震が起きた時には、液状化の被害に逢う可能性が高いんです。

これから土地を探す予定なら、水はけや周囲の排水対策も確認してくださいね。

●建物のチェックは?
まずはベランダを見てみましょう。糸くずや髪の毛が落ちていませんか。大雨で一気に排水溝に集まり、雨どいが詰まる原因になるかもしれません。

ベランダと開口部の段差が少ないと、部屋にまで雨水が流れ込む可能性もあります。ベランダの床は定期的に掃除しておきましょう。

次に心配なのは屋根です。でも、知識の無い人が屋根に上ると、屋根を傷めたり雨漏りの原因になります。気になる場合は、屋根の専門業者に点検してもらった方が安心です。

ところで、家の外壁に亀裂は入っていませんか?
その亀裂が、名刺がスッと入るくらいの幅なら、できるだけ早く補修してください。もう下地にまで腐食が進んでいるかもしれません。

一部分だけがいつまでも濡れていたり、コーキングがはがれている場合も、早めの補修が必要ですよ。

それから、建物のそばにある木を見ましょう。
枝が折れた時、窓や壁に被害を与えそうなら、剪定するなどの対策が必要です。また、落葉樹がある場合、雨どいに葉が詰まっているかもしれません。高い場所の雨どいは見えませんから、雨が降った時の水の流れを見て、「あれ?詰まってる?」と感じたら、早めに取り除いてくださいね。

●庭の排水状況は?
地域によっては敷地内の雨水を効率良く排水するために、浸透枡が設置されている家があります。建物を囲むように、四隅に設置されていることが多いようです。

そこには、雨どいを伝った水も流れ込むので、年月が経つと土やホコリが溜まります。そこに豪雨が降ると、枡から水が溢れ出すこともあるんです。ですから、定期的な清掃で、流れやすくしておいてください。

●最後に、大雨関連のサイトを・・・
国交省『河川の状況や雨量が地域ごとに分かる 防災情報』
http://www.river.go.jp/

国交省『ケータイで災害情報をチェックしたい時にオススメ』
http://www.mlit.go.jp/saigai/bosaijoho/i-index.html(携帯)

気象庁『局地的大雨から身を守るために、家族と一緒に見てほしいサイト』
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/books/kyokuchiame/index.html

また、気象庁が発表する『降水ナウキャスト』は、5分間隔で発表され、1時間先までの5分毎の降水の強さを予報します。
http://www.jma.go.jp/jp/radnowc/index.html

外出や屋外での作業前に、数時間先までの雨の状況を知りたい時に便利です。天気はどうすることもできませんが、事前の準備なら私たちにもできます。早めのケアで乗り切りましょうね。

それではゴールデンウイークを有意義にお楽しみください。

今日もありがとうございます。



人気ブログランキングへ ←応援のクリックをどうかひとつ!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ