住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

賃貸併用住宅

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

賃貸併用住宅が人気とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で賃貸併用住宅を建てるならRCdesign

台風が通過した東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、各現場状況調査、サッシ屋さん来社、その後埼玉県白岡のOBオーナー様宅訪問、現調と打ち合わせなど、帰社後は2丁目の不動産会社さんと電話、北区西ヶ原計画検討、業者さんと電話など。

午後はお問い合わせ対応、文京区小石川計画検討、立川の業者さんと電話、中野区南台計画検討、杭屋さん来社打ち合わせ、土地家屋調査士さん来社、図面作成、地盤補償会社さんと電話など。夕方は出版社さんと電話、板橋区徳丸6丁目計画検討、豊島区駒込計画検討、資料作成など。

結構な雨と風でしたが、被害などはございませんでしたでしょうか。点検と修理はお早めに。

ではこちら。

賃貸付住宅が人気 都市部でも3、4階建て建て易くなったため

東日本大震災以降、家族の絆が見直され、親と同居を検討する子世帯も増えたが、ある程度のプライバシーは守りたいというのが本音。

住環境研究所の「同居・二世帯の住まいづくりと暮らし満足度調査」(2012年)でも、距離の取り方が同居満足度を高めるポイントになっていることがわかった。 同居に満足している層では、計画時に親世帯と子世帯の独立性を「非常に重視した」が26%、「重視した」が42%であるのに対し、同居に不満を持っている層では、それぞれ6%、23%と半分以下に過ぎない。

一方で、賃貸付住宅の人気も高まっている。1階部分を店舗として貸し出したり、2階部分あるいは3階部分を賃貸住宅として貸し出す方法だ。

メリットは賃貸収入が得られること。住宅ローンの返済中は、賃貸収入を返済に利用することができるし、住宅ローンが終わってしまえば、老後資金や相続税の納税資金として利用することができる。
2014年10月6日 7時0分 NEWSポストセブン

なるほど。

確かに弊社でも賃貸併用住宅に関するお問い合わせや、プラン作成のご依頼が多くなっています。

これまでの2世帯住宅を建てるという場面に、もうひとつ足して賃貸部分を設けることのメリットを期待される方が増えたこともあるように思います。

その要因としては、都市部の限られた土地でも、コスト的に3、4階建てが建てやすくなっているという事情もあるそうで、階数を増やせば床面積に余裕ができ、十分な自宅スペースを確保しながらも賃貸併用を実現しやすくなります。 

これは、これまで比較的コストの安い木造住宅では、4階建ては難しかったものが、法律の改正や建築技術の改良などにより、最近になって建てることが可能になってきたこともあります。

しかしながら、実際には燃える材料を燃えにくくするためのコストが非常に高くつくようで、これまでの木造と同等のコスト感覚では実現は難しいようですし、実際にその建物の用途を考えると、やはり木造では厳しいのかもしれません。

また、賃貸併用住宅をご検討の場合、賃料収入で借入金の返済が出来るため、自己負担がまったく無くなると思われている方も多いのですが、これはちょっと注意が必要です。

自身で一戸建ての住宅を建てたり、2世帯住宅を建てる場合は、もちろんすべての費用を自分達家族で返済していかなくてはいけません。

そこに賃貸部分が追加されれば、その分の建築費が増えるわけですから、当然建築費の総額も増えますので、本来ならば借り入れにともなった返済金額も増えるわけです。

もしかすると、自己使用部分の面積よりも、賃貸部分の面積の方が圧倒的に多ければ、自己負担が限りなく少なく出来る場合もあるでしょう。

しかし、一般的には自己負担ゼロで賃貸併用住宅を建てることはとても難しいので、あくまでも賃宅住宅での収入は、返済の足しになるくらいのつもりでいた方がいいように思います。

さらに、賃貸併用住宅の場合は、使えるローンを制限される場合もありますので、注意が必要です。多くの金融機関では、自己使用部分が全体の50%以上なら、住宅ローンを利用出来ますが、それ以下になるとアパートローンを利用することになります。

やはり金利や返済期間などの条件的には、住宅ローンの方が有利ですが、場合によってはアパートローンの方が審査に有利になることもありますので、建築計画によって十分検討する必要がありますね。

いずれにしても、二世帯住宅や賃貸併用住宅という用途を考えれば、構造は鉄筋コンクリート造にしておくべきですし、これらの計画は経験と実績が豊富な業者と一緒に進めていくことが大切です。

間違っても大手だからとか、30年一括借り上げだからとか、構造は木造でも鉄骨でもいいとかは思わないようにしてくださいね。絶対に後悔しますから。

それでは。

今日もありがとうございます。


  人気ブログランキングへ       ←応援のクリックをどうかひとつ!



2013注文住宅動向とトレンドなど。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で注文住宅を建てるならRCdesign

引き続き快晴の東京です。

そんな今日は朝から文京区千駄木計画検討、資料作成、お問い合わせ対応、高島平1丁目計画のお客様にご来社いただき打ち合わせ、ありがおうございます。電気屋さんと電話、渋谷区東計画検討、資料作成など。

午後はガス会社さんと電話、出版社さんと電話、板橋区弥生町計画検討、来客面談、新規お客様ご来社、電気屋さんと電話、関連会社さんと電話、豊島区長崎のお客様とお電話、北区西ヶ原計画検討など。夕方はサッシ屋さんと電話、新河岸のお客様とお電話、ご近所のお客様とお電話、メーカーさんと電話、原稿作成など。

気が付けば近所の銀杏並木もすっかり黄色になっていました。

ではこちら。

2013年 注文住宅動向・トレンド調査

全国の多世帯住宅(※)検討者のうち、3階建て以上の住宅を検討している割合は15.4%。一住居あたりの同居世帯が増えるほど多層階への検討率が高い。  ※一住居あたりに二世帯以上の複数世帯で住んでいる住宅

株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:野口孝広)は、注文住宅の建築者、検討者を対象に調査を実施しました。2013年の調査結果の一部を抜粋してご報告申し上げます。

----------------
調査トピックス
----------------
【家づくり全体の動向トレンドについて】
・注文住宅建築者(全国)の建築費用は平均2,677万円。頭金は平均856万円でほぼ前年横ばい、親からの贈与額は同320万円(いずれも0円を除いた平均)。(P4-5)
・注文住宅検討者(全国・一次取得)の建築検討のきっかけは、1位「いつかは一戸建てに住みたいと思っていた」(24.0%)、2位「子どもが成長した」(23.5%)、3位「家が手狭になった」(22.3%)。「親(または子)との同居」は対前年で2.5ポイント上昇。(P6)
Digital PR Platform 2013年11月21日16時07分

なるほど。

一応全国的な平均値であったり、トレンドを見ていこうという趣旨の調査ということですね。

しかし、私個人的にはこの調査が全国を対象にしているものの、より実体を把握するには、もう少し地域を絞った結果を参考にしたいと思います。

やはり都市部と郊外では、建築可能な土地の面積も全然違いますし、家族の在り方やライフスタイルも地域によって違うことが多くあるように思いますので、全国よりも一定の地域ごとの集計を見てみたいところです。

さて、そんな中でも結果をみてみますと、建築費用や頭金については前年からほぼ横ばいということですので、まだまだアベノミクス効果は感じられないようです。

ちなみに全国の平均建築費用が2,677万円に対して、首都圏での平均は2,947万円ということでした。首都圏では前年に比べて100万円弱平均が上がっているようでしたが、来年以降は全国的に建築費の高騰が懸念されていますので、どのような数字になるのか、少々心配です。

記事には無かったものの、調査報告書によると、検討者(全国)の家づくりの重視条件は、1位「耐震性に優れていること」(67.5%)、2位「間取り・プランが良いこと」(52.0%)、3位「耐久性に優れていること」(49.8%)、4位「断熱性・気密性に優れていること」(49.2%)となっていました。

さらに、1年以内に実際に一戸建て(新築・建て替え注文住宅)の建築をした建築者(全国)の家づくりの重視条件は、1位「耐震性に優れていること」(56.9%)、2位「間取り・プランが良いこと」(50.2%)、3位「断熱性・気密性に優れていること」(42.2%)、4位「設計の自由度が高いこと」(41.3%)ということが上げられていました。

いずれでも1位が耐震性になっているということは非常に良いことだと思います。しかし、検討者では67.5%なのに対して、建築者では56.9%と、実際に建てる時には耐震性を犠牲にしてまで、実現したかったことがあったということでしょうか。

それでも家づくりの基準として、耐震性や断熱性、気密性に耐久性を重視されているという点は、国民全体の資産価値としても、日本の社会資本ためにも、とっても良いことだと思います。

もう一つ、今回の調査では賃貸併用住宅・店舗併用住宅についても質問があったようで、検討者(全国)において賃貸併用住宅を検討している割合は7.1%。検討者(首都圏)において賃貸併用住宅を検討している割合は10.7%という数字がありました。

首都圏の約1割の人が賃貸併用住宅を検討しているということになりますが、この数字が多いか少ないかはわかりませんけど、くれぐれも一括借り上げのような甘い罠には気をつけていただきたいと思います。

今回の報告書を見る限り、一戸建ての家を建てる方はもちろん、2世帯住宅や賃貸併用住宅においても、今後益々RC(鉄筋コンクリート)住宅の需要が高まってくるような気がします。

もしRC(鉄筋コンクリート)住宅にご興味がございましたら、是非お気軽に弊社までお問い合わせください。
 
それでは。

今日もありがとうございます。

  ←クリック頂けると大変嬉しいです。
人気ブログランキングへ


 

こだわりの賃貸住宅とは。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でこだわりの賃貸住宅を建てるならRCdesign

曇り時々雨の蒸し暑い東京です。

そんな今日は朝から提携会社さんの事務所へ、打ち合わせなど。帰社後は税理士さん来社打ち合わせ、文京区本郷計画検討、世田谷区代田計画検討、見積作成など。

午後は都市銀行さん来社、池袋の不動産会社さんと電話、渋谷区恵比寿2丁目計画検討、ミーティング、商社さんと電話、資料作成、渋谷区東計画検討など。夕方は文京区関口計画検討、世田谷区代田計画のお客様にご来社いただき打ち合わせ、ありがとうございます。

残念ながらサッカー日本代表はイタリアにも負けてしまいましたね。まあ少しは良いところもあったようですので、ワールドカップまでこれから1年もっと磨かなくてはいけません。

ではこちら。

デザイナーズやエコ住宅……こだわりの賃貸住宅とは

いわゆる「デザイナーズマンション」が登場し、ブームになったのが約10年前。今では、建築家が手がけた物件や、こだわりある外観やデザインの物件がぐっと増えています。

例えば、家庭菜園が付いた物件や、シェアハウスなど、特色ある賃貸住宅も登場。時代の変化・住む人の変化に合わせて、賃貸事情もどんどん変わっているといえます。
Kmonos 2013年06月19日13時30分
 
なるほど。

確かにここに来て賃貸住宅も二極化というか、そもそも物件の数が飽和状態ですので、おのずと競争が激しくなっているところですね。

そんな賃貸住宅の市場では、とにかくコスト最優先でお部屋探しをされている方も当然いますが、一方で、賃貸といえどもこだわりのお部屋を探されている方もいらっしゃいます。

賃貸住宅でも、こだわりのライフスタイルを実現したいという入居者さんの要望がある以上、それを実現してあげるのが、オーナーの努めかもしれません。

一般的には、建物のデザインだけで賃料が増えるかと言えば、実際はそうではない場合も多く、そこに必要以上のコストを掛けても、採算上有利になることは少ないと思います。

もちろん賃貸市場での競争力という点では、野暮ったいデザインよりも、少なからず何らかのコンセプトのあるデザインを施された建物の方が良いでしょう。

記事にもあるように、業界では近年の市場動向に合わせて、数々のアイデアを実行してきましたが、その中には流行性のものもあるように思いますので、比較的短期間に需要が無くなるものもありそうです。

そんな中でも、引き続き需要のあるものとしては、セキュリティに関するものや、冷暖房光熱費などのランニングコストが低いことが求められているようです。

ところで、もしこれから賃貸併用住宅や、賃貸住宅の建築をお考えなら、次の土曜日に開催される弊社の完成内覧会は必見です。

この時期の竣工にも関わらず、すでに多くのお問い合わせがあり、オーナー様にお引き渡しの時には満室を実現出来そうな賃貸併用住宅を是非この機会にご覧頂きたいと思います。
詳細はこちら→http://rc-design.jp/blog/1880.html

賃貸併用住宅をご検討なら、お気軽にRCdesignまでご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

 ←応援のクリックをどうかひとつ!

人気ブログランキングへ       

勝ち組大家の裏技とは。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で賃貸併用住住宅を建てるならRCdesign

くもり時々晴れの残雪な東京です。

そんな今日は朝から徳丸6丁目計画検討、文京区向丘計画のお客様とお電話、ありがとうございます。キッチンメーカーさんと電話、サッシ屋さん来社打ち合わせ、練馬区桜台計画検討、千葉の業者さんと電話、原稿チェックなど。 

午後は図面作成、資材メーカーさん来社打ち合わせ、商社さん来社、資料作成、確認検査機関と電話など。夕方は1丁目のお客様宅訪問、渋谷区恵比寿2丁目検討など。

ようやく道路が見えるようになりましたが、まだまだ路地裏ではアイスバーンのところもありますので、くれぐれもお気を付けください。

ではこちら。

空室リスクを減らし、収益アップ!勝ち組大家の裏ワザ満室賃貸術!

給料の伸び悩み、老後への不安などから不動産投資を始めるサラリーマンは増えている。だが、「思ったほど利益が得られない」「入居者の確保が難しい」といった壁にぶつかる人が多いのも事実。勝ち組大家の成功例から猊勝の方程式〞を探ってみよう。

「賃貸ワンルームマンションを1戸所有するだけで、月々6万〜7万円の副収入が得られる」。不動産投資を考えるサラリーマンの多くは、そんな期待を持っているはず。

だが、現実はそう甘くない。6万〜7万円の家賃収入を得るためには、税金や管理費、修繕費などが月々3万〜4万円前後かかるのが一般的。手取りとして残るのはせいぜい2万〜4万円である。

しかも入居者がいなくなったとたん、収入はゼロに。コストやローン返済を考えればマイナスだ。株や為替の取引と違って、不動産は入居者を確保し、家賃(資産価値)を下げないための自助努力をしないと利回りがどんどん下がってしまう。だが、逆に努力をすればするほどリターンを上げることができるのも不動産投資の魅力だ。その極意を詳しく紹介しよう。
ネットマネー 2013年01月16日15時00分
 
なるほど。
 
このような記事を比較的簡単に目にすることが出来るようになったというのは、やはり時代の流れということでしょうか。

昨年末に参加したセミナーでも言われていましたが、現在全国で大家さんは300万人いると言われている中で、自ら進んで勉強をしている大家さんは3万人程度だそうです。
 
これはほとんどと言っていいくらいの大家さんは、勉強をせず、大手メーカーや何とか建託に任せっきりだったり、管理会社の言いなりのままに時間を過ごしているということです。

と言うことは、逆に少し勉強するだけでも他の大家さんと差が付けられるということになりますね。もちろん簡単ではないかもしれませんが、経営者として考えれば当然のことばかりかもしれません。

気になる上記記事の裏技で紹介されていたのは、
2分の1以上を自宅用にして低金利の住宅ローンで収益率をアップさせるということでした。

確かに今の住宅ローンなら1%程度の金利ですので、アパートローンの3%前後と比べると、断然有利になります。

しかし、この方法も限界があって、計画の規模がちょっと大きくなると、それに伴って自宅も大きくしなければならず、結果的に収益率が悪化することになってしまいますので、どのような計画でも使えるというわけではありません。

ましてや賃貸併用住宅となりますと、共同住宅として求められる性能も高いものが求められますし、オーナーの暮らしを犠牲にすること無く実現するにはやはり構造から考えなくてはいけません。

大家さんの願いといえば満室経営ということになりますが、今は大家さんの横のつながりも地域ごとにあったりして、地道な努力を続けている出来る大家さんのお話を聞くことが出来たりします。

また、管理会社さんでも入居者募集に独自のノウハウを持っていたり、試行錯誤を繰り返している出来る管理会社さんもありますので、そんな心強い会社さんが見つかるといいですね。
 
もし、大家さんに憧れて、これから賃貸経営を目指すという方や、相続対策をお考えの方、お得に自宅を建てたいという方は、是非お気軽に弊社までご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

 ←ヘビに励ましのクリックを是非!

人気ブログランキングへ 



完成内覧会のお知らせと家づくり講座など。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で注文住宅を建てるならRCdesign

曇りのち雨の東京は暖かく感じます。

そんな今日は朝から資料作成、和光市のお客様とお電話、その後足立区西加平計画のお客様宅訪問、打ち合わせをさせていただきました。ありがとうございます。

午後に一旦帰社し、資料を持って杉並区久我山計画のお客様宅訪問、打ち合わせをさせていただきました。ありがとうございます。夕方帰社後は西新宿計画のお客様とお電話、池袋の不動産会社さんと電話、原稿作成、水道屋さんと近所のメンテナンス、西新宿計画のお客様ご来社、各種段取りなど。

そんなわけでここ3日間、ネット環境が不安定なところへ出張しておりましたので、更新が滞ってしまいました。申し訳ございませんでした。

1RC西新宿DMさて、ここでお知らせです。

お待たせしておりました弊社設計施工による新築建物の完成内覧会を開催させていただけることになりました。
 
今回オーナー様のご厚意により、ご紹介させていただけることになったのは、都心に建つ賃貸併用住宅になります。
 
場所は西新宿で、リクシルさんの新しいショウルームにも近く、とってもアクセスの良い場所になります。
  
賃貸併用住宅をご計画の方はもちろん、一戸建ての注文住宅をお考えの方や、投資用賃貸マンションの建築をご検討されている方にも参考になる建物ですので、この機会をお見逃しの無いよう、是非足を運んで頂けますようお願い申し上げます。
 
気づけばまたしても土曜日になっていましたね。それでは恒例の家づくり講座第133回をお届けさせていただきます。雨にも負けずどうぞお付き合いくださいませ。

暑すぎる夏・・・寒すぎる冬・・・。

近年の気候の変化は辛いですね。気をつけていても体調を崩してしまいます。

辛いのは、家も同じ。外壁や屋根の負担は大きいんです。あなたは、今の住まいの壁を意識して見たことはありますか?

傷んでいないようでも、間近で見ると、変な隙間や亀裂がある場合があります。持ち家でない場合は、ご実家をチェックするのもいいですね。見る目を養うこともできるし、もし大きい亀裂があったら、地震のときに心配です。

木造が対象になりますが、日本屋根外装工事協会によると、あなたにお願いしたいチェック内容は、1.塗装表面の状態、2.シーリング部分の状態、3.外壁材の状態、の3つです。

塗装の色が褪せていないか、落ちなくなった汚れは無いか。塗膜やシーリングにひび割れや亀裂は無いか。外壁材に亀裂や破損は無いか。

傷み具合がひどくなると、メンテナンス費用がかさみます。1階部分だけでいいので、時々チェックして下さい。

さて、外壁より難しいのが屋根のチェックです。屋根は、ほんの少しの隙間からでも浸水します。そして、瓦の下の野地板を腐らせてしまいます。

築10年を超えた家に多いんですが、施工不良や災害などで、築10年以内の家でも劣化している場合があります。

あなたは、2階の窓から1階の瓦の上に布団を干したことがありますか?確かに布団には良いことなんですが、屋根には負担が掛かりますよね。

瓦が動いたり、その下の防水シートが傷んだり。かといって、他に干し場が無ければ、干さないわけにもいきません。干す時や取り込んだ後に瓦を目視して、「あれ? ずれてる? ちょっとひびが入ってる?」と感じたら、プロに点検してもらって下さいね。

また、太陽光発電などを後付けした場合も注意が必要です。知識が浅く、設置してはいけない場所に設置する業者がいます。

瓦の知識がない作業員だと、雨漏りの原因を作り出すことがあるんです。あなたが太陽光発電を設置するときは屋根工事の熟練者がいる業者を選んで下さいね。

一般的に、新築後の屋根の点検は5年か10年に1回ほどです。あとは台風などの後に、こちらから依頼して点検してもらうくらい。

天井からの雨漏りに気付いた時には、屋根裏は大変なことになっています。業者が屋根の補修や葺き替えをした時に、野地板が劣化していた経験は97%にも上るとか。

また、築10年を過ぎるころから「お宅の屋根は瓦がずれています。傷んでいるので危険です。」という訪問営業が多くなると聞きます。しかし、実際に屋根を見ることもなく「一式○○万円」といった見積もりを提示する業者は、信用してはいけません。

そうは言っても、普段、屋根や外壁をチェックしていなかったら不安になりますよね。気になる営業があった場合には、まずは新築時の工務店に相談してみましょう。訪問営業には「あなたの会社は建設業法の許可業者なんですか?」と確認をして下さい。

最低でも許可業者なら、その地域で10年以上営業しているということなので多少の目安にはなります。自分の家の屋根を見ることは難しいんですが(危険ですから、絶対に屋根に上らないで下さいね)、もし近所に同じような築年数の家があったら、参考になります。

また、お隣さんに「ウチの屋根の瓦の様子が変だったら教えてね」と日ごろから話しておくのもいいですよね。

中には、自宅より高い建物から望遠鏡で屋根をチェックする頑張り屋さんもいますが、なかなかそこまではできません。

日ごろから心に留めておくと、小さな変化に気付けます。家がメンテナンスフリーということはありません。車のタイヤやエンジンオイルと同じように、家にも消耗部品や経年劣化する部分が必ずあります。

特に外壁や屋根は過酷な環境にさらされていますので、時にはいたわることを忘れずに、計画的なメンテナンスを心がけるようにすれば、一層長く使えるようになります。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。

 ←応援のクリックを是非!
人気ブログランキングへ



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ