住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

部屋づくり

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

北欧流の部屋づくりとか。

東京でオシャレな家を建てるならRCdesign

台風と秋雨前線で雨の東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、上板橋2丁目計画検討、高田馬場計画検討、お問い合わせ対応、練馬区田柄計画のお客様とお電話、不動産会社さんと電話、資材メーカーさんと電話、原稿作成など。

午後はサッシ屋さん来社打ち合わせ、業者さんと電話、ガス会社さん来社打ち合わせ、文京区小石川計画検討、来客面談など。夕方は業者さん来社打ち合わせ、文京区千駄木計画検討、資料作成、ミーティングなど。

台風16号は温帯低気圧に変わったようですが、まだ油断は出来ません。くれぐれもご注意ください。

ではこちら。

ほっこりオシャレな北欧流の部屋づくりとは?

1日中薄暗い冬が続く北欧では、リラックスできる空間づくりがとても重要。そんな背景から、豊富なデザイン家具が生まれ、ローカルたちのコーディネートセンスも日々磨かれていくのは自然なこと。部屋づくりにかける思いも時間も桁違い! な、北欧の人々のインテリアコーディネート術を覗き見♡

家具は資産。チェアは名品を買うべし
部屋づくり予算に限りのある若い世代も、チェアに関しては、デザイン家具を「投資」と考えて買うことが多いんだとか。それもそのはず、多くの人に支持され長持ちする名品であれば、たとえ部屋の雰囲気を変えたくなった時でも、価値が下がらずに売ることができちゃう。だから、安いものを買うよりも結果的には経済的な傾向に。チェアは部屋づくりのキーアイテム。時には初期投資を惜しまず、覚悟を決めて奮発してみるのもいいかも! 
2016年9月20日 10時53分 コスモポリタン

なるほど。

ここ数日は天候の影響もありますが、朝晩を中心にちょっと肌寒く感じる時間帯もあるようになりました。

それにしても最近は台風や秋雨前線の影響で、なかなかスッキリとした空にお目にかかれませんが、こんな時こそ日頃の生活や家のインテリアなどを見直すには良い機会かもしれません。

インテリアと言っても、その好みは人それぞれですし、その時々で流行のようなものもありますので、どのような空間にするのかを考えると、結構迷うかもしれませんが、それが楽しい時間だったりもします。

そんな中でも、近年変わらずに人気なのが北欧のインテリアではないでしょうか。

日本でもイケアが本格的に展開するようになってからは、北欧が非常に身近になってきましたし、日本人のインテリア対する意識は確実に変わったように思います。

最近はそれこそ100均でも小洒落たインテリア雑貨が多く揃えられていたり、ショッピングセンターにもオシャレなセレクトショップが入るようになりましたので、センスの良い家具や小物を比較的簡単に揃えられるようになりましたね。

しかし、そんな日本もここからもう一段階成熟度を上げる必要があるように思いますが、単に見た目のマネをするだけではなく、北欧のインテリアと同時に考え方やライフスタイルそのものもを見習いながら、日本に適した形を見つけられたら良いように思います。

たとえば、記事にもありましたが、北欧の一般の家庭では、サマーハウスという別荘を所有する文化を持っているそうで、そこでは幼い頃からその床修理や壁の塗装などを手伝うことで、家のお手入れを自分達で行うDIY精神を身に着けていくそうです。

そんな文化もある北欧の人々の部屋には、一枚板からつくったテーブルや、自分の手で塗装を施し直した古い家具、自作のアクリル画など、DIYで作成したインテリアを多く見ることができます。

また、上にも書いてあったように、家具は資産という考え方も見習いたいところですね。

名作と呼ばれるような家具ももちろんですが、形や佇まいが気に入った家具なら、大切に一生お付き合い出来るものもありますし、そんな家具をベースにインテリアを考えるというのも良い方法だと思います。

北欧の人々はインテリアに関して終わりは無いと思っているようで、より快適でより美しい部屋づくりを求めつづけるのだそうです。地元の家具売買サイトをチェックしたり、蚤の市に出かけて吟味するなど、部屋づくりを趣味として日々楽しんでいるとか。

日本人の場合は一度完成してしまえば後はそれっきり、というケースも多いと思います。北欧の人達に学ぶべきことは、常に勉強と情報収集を怠らず、より良い暮らしと住まいづくりを楽しむというその姿勢ではないでしょうか。

ほっこりオシャレな住まいをお求めなら、是非RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。     



心地良い理想の部屋づくりとか。

東京で心地良い家を建てるならRCdesign

くもり時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、その後提携会社さん来社打ち合わせ、都市銀行さん来社、税理士さんと電話、練馬区田柄計画検討、事務組合さんと電話、お問い合わせ対応など。

午後は練馬区役所へ、その後清掃事務所、田柄の現場確認など、帰社後は高田馬場計画検討、お客様とお電話、品川区平塚計画検討、見積作成など。夕方は資料作成、ミーティング、業者さんと電話、お問い合わせ対応など。

台風や秋雨前線のおかげでなかなかスッキリしませんね。

ではこちら。

あなたの部屋が心地良い空間に! 理想の部屋づくりのポイントは?

自分の部屋が心地良い空間と思えることは素晴らしいこと
部屋全体がすっきりとしていて家具や雑貨などが洗練され、そこに住む人のセンスが感じられるとても居心地の良い部屋。
 
モノが少ないだけが理由ではありません。
開け放たれた窓から入ってくる風の気持ちいいことと言ったら…。
「きれいに片付いた部屋は流れる空気も違う」と思いました。
お客様の家に招かれた時のことを今でもはっきりと覚えています。

毎日暮らす家が心地良いと思うって素敵なことですよね。
外から帰ってきてほっとする場所であり、一日ゆっくりとくつろげる大切な場所です。
そんな心安らげる部屋にするにはどうしたらいいのでしょうか。
2016年9月9日 14時0分 JIJICO

なるほど。

お部屋の好みは人それぞれだと思います。特に最近はインテリアに関しても多くのテイストがあり、情報が多くなるほど迷われてしまうこともあるかもしれません。

日々の生活の中で、どんなシチュエーションの時に心地良さを感じることが出来たか、また自分の大好きなモノや雰囲気はどのようなものなのかを、今一度確認してみる必要がありそうですね。

弊社のお客様では、多くの海外旅行を経験した末に、宿泊したホテルの内装をご自宅に再現されたり、お気に入りの雑貨に囲まれる空間を作られたり、または極力モノを少なくしたプレーンな空間を望まれる方もいらっしゃいます。

もしかすると、インテリアにも当然流行がありますので、どうしても目に付きやすく、自然とそんな空間を目指してしまうかもしれません。もちろんそれが心地良いものであれば問題はありませんが、時間が経つにつれて違和感を感じてしまうようですと、それは本当に心地良い空間とは言えません。

意外にも、本当に好きなモノや心地良い空間ってわかっていないものかもしれません。自分が本当に心地良い空間を作るのは、以外と難しいものなんですね。

でも、どこかに行った時に時間の経つのを忘れてしまったとか、どうしてもまた行きたくなる場所とか、良く思い出す空間など、そんなところからも心地良い空間作りのヒントがありそうです。

今日の記事では、理想の部屋づくり4つのポイントが紹介されていました。

まずは「厳選する」。
いきなり新しい家具などを買い足す前に、今あるモノが理想とする部屋に必要なのかどうかを見極めて「厳選」することが必要ということ。いざモノを捨てるとなると苦しい作業なんですが、お気に入りのモノや必要なモノだけを残し空間を作るという前向きな気持ちが大切ですね。これだけでも暮らしはぐっと快適になるでしょう。

二つ目は「しまう」。
これは当然という感じもしますが、でもそれが出来ていない場合が多いのだと思います。人の動きから収納場所を決め、取り出しやすいこと以上にしまいやすいことを意識して収納していくということ。これでモノの定位置を決めることが出来れば、あとは使ったら戻すだけ。日々その繰り返しで暮らしがうまく回り部屋も片付いた状態が保たれるんですね。

三つ目は「見せる」。
インテリアを考えるとき重要視したいのが空きとバランスです。
無理やりに詰め込まず、程よい空間を残すことでモノが引き立ち空間が引き締まります。また「同じモノを並べる」「テイストを揃える」「トーンを同じにする」ことを意識するとそこにリズムが生まれバランスの取れた空間に仕上がります。本や雑誌などを参考に何度でもやり直して自分なりのインテリアを楽しんでみてください。

最後は「掃除をする」。
当たり前といえば当たり前のように感じますが、どんなにお気に入りの空間、心地良い部屋に整えても埃だらけでは元も子もありませんもんね。
 
最近はロボット掃除機やスティックタイプの掃除機、化学雑巾などの便利グッズも多いので、極力清潔感を保つようにすれば、より一層愛着も湧いてくることでしょう。

いかがでしょうか。居心地の良い空間というのは、自分や家族のライフスタイルを見つめ直すことも必要かもしれませんが、まずは現在のお部屋で比較的存在感のある家具やカーテンの色形、配置などを考えてみるのも良いのではないでしょうか。

自分好みの心地良い空間が実現できれば、快適で楽しい暮らしと家族の笑顔がきっと実現できると思います。もちろん鉄筋コンクリート住宅ならより一層確実です。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。     



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ