住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

長周期地震動

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

長周期地震動に気をつけろ。

東京で地震に強い家を建てるならRCdesign

雨のちくもりの東京です。

そんな今日は朝から書類チェック、その後高田馬場計画の現場へ、近隣住民様へご説明と資料配付、オーナー様とお電話、その後文京区千駄木計画のお客様とお電話、北新宿計画の現場視察など。

午後に帰社後は資料作成、リフォーム工事検討、見積作成、図面作成、板橋区小茂根計画のお客様とお電話、登記情報収集、杉並区宮前2丁目計画検討など。夕方は千葉県北松戸計画検討、お問い合わせ対応、保険屋さんと電話、図面作成など。

先ほどサッカー日本代表がW杯2次予選でアフガニスタンに5−0で勝利しました。選手たちの一生懸命さが伝わり、久しぶりに安心感のある試合だったと思います。

ではこちら。

気象庁が予測発表を検討している「長周期地震動」ってどんな揺れ?

東日本大震災が発生した日、高層ビル内にいた人の中には、ゆっくりとした大きな揺れがなかなかおさまらなかったことを覚えている人も多いのではないだろうか。このように、数秒以上の周期の大きな揺れが分単位で続く地震動のことを、「長周期地震動」と呼んでいる。

気象庁は現在、長周期地震動の予測情報の発表を検討しており、17日にも検討会が開かれた。
2016年3月23日 12時0分 THE PAGE

なるほど。

この長周期地震動というのは、マグニチュードが大きな地震ほど大きく、震源が浅いほど伝わりやすいとされ、首都圏のある関東平野などの大規模な平野や盆地では、長周期地震動の波をよく伝え、また強める働きもあるということです。

実際に東日本大震災の時は、最大で階級4となった地域が、宮城県北部・南部、中部といった震源地の近くだけではなく、東京都23区や山梨県東部・富士五湖、静岡県東部といった東京以西の地域も含まれていました。

現在気象庁では、長周期地震動を揺れの大きさに応じて、次の4つの階級に分けています。

・階級1 ブラインドなどの吊り下げたものが揺れる。室内にいるほとんどの人が揺れを感じる。
・階級2 室内で大きな揺れを感じ、物につかまりたいと感じる。棚にある食器や書籍が落ちることがある。
・階級3 立っていることが困難になり、キャスター付きの家具が大きく動いたり、固定していないものも移動し、不安定なものは倒れることがある。
・階級4 立っていることができず、はわないと動けない。揺れに翻弄される。キャスター付きの家具が大きく動き、転倒することがある。固定していないほとんどの物が移動し、倒れるものがある。

記事によると、東京消防庁が東日本大震災の後で行った東京都内でのアンケートで、建物の階層別に家具類の転倒・落下・移動の発生状況を尋ねたところ、1〜2階は16.8%の住居で発生したとの回答があったのに対し、これが階が上がるごとに増え、11階以上では47.2%と半数近くとなったそうですので、高層階に住む方にはより重要な情報となりそうです。

たとえ地震が発生した場所が遠かったとしても、この長周期地震動が大きい数字ならば、すぐに安全な場所に避難するなどの対応をする必要がありそうですが、もちろん日頃から家具を固定しておくことや、食料品などの備蓄などの対策が前提です。

この検討会では、今後予測情報の際に呼び掛ける適切な行動の中身や、発表の方法、開始時期も含めて議論を進めるということですが、なるべく早く運用されるようになるといいですね。

長周期地震動でも安心して暮らせる家を建てるなら、鉄筋コンクリート(RC)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ←お気軽にクリック!



長周期地震動と対策とか。

ブログネタ
住まいの選び方 に参加中!
東京で地震に強い家を建てるならRCdesign

晴れて冷え込んだ東京です。

そんな今日は朝からお問い合わせ対応、都市銀行さんと電話、資材メーカーさんと電話、新宿区北新宿計画検討検討、鉄道会社さんと電話、世田谷区奥沢計画検討、商社さんと電話、セキュリティー会社さん来社打ち合わせ、練馬区田柄計画のお客様とお電話など。

午後は港区新橋の不動産会社さんからお電話、所沢市東所沢計画のコンクリート打設がありました。金融機関へ、サッシ屋さんと電話、田柄計画検討、見積もり作成、ミーティングなど。夕方は設備屋さんと電話、都市銀行さんと電話、浦和方面へお通夜参列など。

日中がとても短く感じるこの頃です。

ではこちら。

【南海トラフ】「これまでの家具固定効かない恐れ」と専門家 長周期地震動どんな揺れ?

内閣府が17日に明らかにした南海トラフ地震による長周期地震動では、「三大都市圏の広範囲でおおむね毎秒1・5メートル以下」との推計が示された。

 南海トラフを震源とする最大級の地震が発生したとき、名古屋市中心部にある鉄骨40階建て高層ビルの最上階にいたと仮定してみた。

 地震発生後、ビル全体が揺れ始めた。1秒間に1・5メートルの速さでフロアが水平方向に動く。マンションの居間では、転倒防止用に粘着固定してあった衣類タンスが何度も壁にぶつかるうちに粘着部分が壊れ、倒れてしまった。

 隣接するオフィススペースでは、会社員が立っていられず、机にしがみついている。すると、キャスター部分を固定していたコピー機が丸ごと転倒。壁まで流れるように移動し、近くにいた人にぶつかった。

 フロアは約6分間揺れ続けた。スプリンクラーが壊れ、フロア全体が水浸しになった。たまらず地上階へ逃げようとエレベーターホールへ人々は押し寄せたが、どれも止まってしまっていた…。
2015年12月17日 21時26分 産経新聞

なるほど。

またしてもなかなか恐ろしいデータが発表されましたね。

記事によると、東京23区では、高さ200〜300メートルのビルの最上階が最大2〜3メートル揺れ、揺れの継続時間は、東京23区は3〜5分程度ということです。

もしかすると、南海トラフが震源と言われても、東京からは距離もありそうだし、そんなに被害はないのでは、と思っていたりしませんか?

実は記事にもあるように、東京、大阪、名古屋の三大都市圏ではこれまで以上の地震による揺れが想定されていて、しかも結構長い時間揺れが続くと予想されています。

この揺れでは、これまでの家具固定が効かない恐れがあるとも書かれていましたが、新たな耐震化方法や家具の固定部分の頑強性を高める必要もありそうです。

このことから「当面は現状の固定方法を徹底するしかない。安易に取り付けず、推奨された固定方法に忠実に従うこと」とアドバイスしてありました。

内閣府としても今回は主な対策として(1)家具やオフィス機器の固定(2)エレベーター内の閉じ込めが発生した際に備えた救出訓練などを勧めていくということ。

しかし、家具固定については、これまでのビス固定式や粘着式、突っ張り棒式などの一般的な方法では、いずれも固定部分から壊れる可能性があると言っています。

また、地震に強いとされる免震構造でも、長周期地震動では揺れが増幅される場合があり、低層のビルでも注意が必要ということですので、やはり高層ビルに限らず、一般住宅でもしっかりとした対策が必要ということです。

実際に東日本大震災では東京都内でも長周期地震動による被害が多発していましたので、いつものような他人事として処理せず、必要な対策を必ず行ってください。


それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ←お力添えをどうかひとつ。



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ