住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

長寿命

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

デブは長生きとか。

東京で健康住宅を建てるならRCdesign

曇り時々雨の東京です。

そんな今日は朝から港区高輪計画の現場へ、取扱説明とお引き渡しをさせて頂きました。オーナー様には、いつもお気遣いを賜り、誠にありがとうございます。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

午後からは世田谷区玉川方面へ、福祉法人様と打ち合わせをさせて頂きました。ありがとうございます。夕方帰社後は世田谷区大原計画検討、来客面談、荒川区西日暮里計画検討、お問い合わせ対応、ミーティングなど。

やはり平成最後のウイークデーの影響でしょうか、予想以上に道路が混んでいました。

ではこちら。

「デブ=不健康」は大まちがい。身長170cmの理想体重は意外と重い

デブのデブによるデブのためのファッション&ライフスタイルウェブマガジン『Mr.babe』編集長の倉科と申します。

デブは「不健康」「自己管理不足」「病気の巣窟」……世間ではそんなイメージがあると思います。しかし、実は近年、医学界ではこんな認識に改まっているのです! 「ちょいデブ体型」が最も健康的で、実際に長生きしていることが明らかになってきています。
2019年4月26日 8時53分 日刊SPA!

なるほど。

このGWには、各所でグルメツアーを計画されている方も多いのではないでしょうか。

最近は旅行先はもちろんのこと、高速道路のパーキングエリアなどでも、美味しそうなスイーツやB級グルメなどが盛り沢山ですね。

折角の機会ですし、その場所でなければ味わえないとなれば、これはもう食さないわけにはいきません。

しかし、日頃から体調管理に余念がない私たちとしては、その後の後遺症が気になってしまうものですが、今日は非常に心強い記事が掲載されていましたので、ご紹介させて頂きました。

皆さんご存知の通り、肥満度の指標である「BMI」は、体重 kg ÷ 身長 m の2乗で計算した数字ですが、その数値が18.5〜25未満が「標準体型」、25〜30未満が「過体重体型」、30〜40未満が「肥満体型」とされています。

今日の記事によれば、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)がさまざまな人種の約288万人を対象に行ったレポート結果では、BMI値が「18.5〜25未満の標準体重グループ」と「25〜30未満の過体重グループ」では、過体重グループのほうが死亡リスクが6%も低いということが判明したということです。

この発表は300万人に近いサンプルを元に作成されたデータということで、その信頼性に医学界が揺れたそうです。

この結果から、現在の理想体重はBMI値22と言われていますので、例えば身長170cmの人の場合は63.3kgが理想とされていました。しかし長生きという点では、BMI値22よりもBMI値30(身長170cmの場合、体重86.3kg)の人のほうが、死亡リスクが低いということが明らかになったわけです。

ちろんすべての人間がそれに当てはまるわけではないでしょうし、他の病気や体質などもあるでしょうから、痩せすぎ、太りすぎは要注意です。しかし、記事では日本人男性16万人を対象に行なった別の調査でも同じような結果も出ているとのことですので、一安心しても良いと思います。

私たちの知らない医学界では、このようなデータに基づき「ちょいデブ体型が一番健康的」「肥満体型も痩せ体型よりは死亡リスクが低い」と見直されているということですので、GW期間中だけでも、多少は羽を伸ばしても良いと思います。

大人の節度を守ってグルメを満喫し、楽しいGWにしてください。

長寿命住宅を建てるなら、RC住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←よろしくどうぞ。



サボテンを枯らす勘違いとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で長寿命な住宅を建てるならRCdesign

曇り時々雨の東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後渋谷区東のお客様宅訪問、外構工事打ち合わせ、板金屋さんと打ち合わせなど。その後板橋区徳丸6丁目計画現場視察、帰社後は板橋区弥生町計画検討など。

午後は9丁目のお客様宅訪問、現調サッシ屋さんと打ち合わせなど。帰社後はガス屋さんと電話、大工さんと電話、小金井計画検討、練馬区田柄計画検討、図面作成など。夕方は資材発注、豊島区駒込計画検討、台東区根岸計画検討、品川区二葉計画検討、お問い合わせ対応など。

処暑を過ぎた東京は暑さも和らいで、幾分過ごしやすかったです。

ではこちら。

「私はサボテンさえ枯らしてしまう」というあなたの勘違い

「私はサボテンさえ枯らしてしまから」という言葉を、慣用句のように頻繁に耳にします。それくらい自分はズボラである、ズボラだから植物なんて育てることができない、という文脈で使われることが多いのですが、それは「サボテンは簡単に育てられる。サボテンは枯れない」という認識の裏返しとも言えます。

最初にはっきりと言うと、サボテンを育てるのは簡単じゃないし、サボテンは枯れます。

サボテンは成長が遅く、変化のゆっくりした植物です。なので、劣悪な環境においてもすぐに枯れるような変化は現れません。そのために問題に気づかず、いつのまにか枯れていたということが多いのです。

サボテンは一般的な草花と管理の方法が大きく違います。ぜひポイントを押さえてサボテンを育ててみてください。管理さえできれば非常に長く生きる植物です。私の知人は数センチのサボテンを30年近く育て、直径1メートルを超えるまでに成長させました。まさに人生を共に歩むパートナーと成り得る植物なのです。
ライフハッカー[日本版] 2014年08月25日11時00分
 
なるほど。

まさに私のことかと思ってしまう記事ですが、サボテンを育てるのが決して簡単では無く、枯れることもあるということがわかっただけでも、ズボラな私はちょっとうれしくなりました。

むしろサボテンは他の植物とは違って、時間的に長いスパンで付き合えるものという点は、なかなか奥が深そうですので、そのコツを学んでグリーンフィンガーの仲間入りを目指したいと思います。

記事にあったポイントをかいつまんで、ご紹介しておきましょう。

私もついつい購買意欲を刺激されるんですけど、雑貨屋さんで売られていたりするサボテンを目にすることもありますが、そんなサボテンを室内のインテリアにしようとする場合、しっかり日差しがないと育てるのは難しいようです。

日が当たらない室内に置いてあっても、すぐに変化することはないようですが、それはサボテンの耐える能力が高いおかげで、実は徐々に死に向かっていっているのだそうです。さらに日に当っていないのに水を与えるとひょろ長く伸びて弱ってしまいます。

サボテンを枯らした人には、やはり室内で失敗した人が多いみたいです。どうしても室内で栽培するなら、日当たりのいい場所で、または数鉢育ててローテーションで室内に飾り、飾らないときは屋外でしっかり日に当てるようにする必要がありそうです。

さらに、室内で枯らしてしまうことが多いサボテンですが、逆にずっと屋外に置きっぱなしでも枯らすことがあるそうです。一部を除き、サボテンは基本的に寒さに弱いので、霜が降りる前には室内の日当たりの良い場所に移動させましょう。目安として11月〜3月は室内で管理すると安心です。

次に水やりは季節によって違うということ。サボテンの多くはご存知の通り、砂漠などの乾燥地帯出身です。そのため一般的な草花に比べれば水やりは少なくていいのですが、だからといって全く与えなければ、最後には枯れます。

水やりのペースは季節によって変わり、春から秋は週に1〜2回たっぷりと水やりをします。水は鉢の底から流れ出るくらいしっかりあげてください。ただし、乾きにくい鉢や土の場合は、乾いているのを確認してから水やりします。ずっと濡れている状態は根を腐らせることがあります。

また真夏は夜に温度が下がらず生育が停滞することがあるので、控えめにしてください。冬は室内に取り込みますが、室温が5度以下の時には水やりはしないでください。気温が低いとサボテンは休眠するので、水をやると根が傷み、枯れる原因となります。冬でも室温が5度を超える場合は、月に1〜2回水やりをします。

ちょっとビックリですが、雑貨屋さんや100円ショップなどで売られている数センチのサボテンが、人間でいえば赤ちゃんのようなもので、小さいほど気温の変化や水切れ、水のやり過ぎで枯れる確率が高くなるそうです。まあ冷静に考えれば納得ですが、最初にサボテンを購入するなら、3号鉢(直径9センチ程度の鉢)以上のサイズのサボテンがおすすめだそうです。

他にも、きれいに育てるなら少し遮光したほうがいいとか、鉢は黒いプラスチック鉢がおすすめ、などいろいろとテクニックがあるそうですが、まずは上記の点を守って管理するだけでも、もう「サボテンも枯らしてしまう」という勘違いから脱することができそうです。

サボテンには、トゲのないものや大きな花の咲くサボテンもあり、そんなサボテンに魅せられてしまったら、きっとたくさんコレクションしたくなってしまうかもしれませんが、是非インテリアの一部として、サボテンとの長いお付き合いにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

サボテン同様、寿命の長い住まいをお探しなら、RC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。 

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←応援のクリックをどうかひとつ!



空き家数が過去最高とか。

東京で長寿命な家を建てるならRCdesign

良い天気の暑い東京です。

そんな今日は朝から土工事屋さんと電話、世田谷区代沢計画検討、5丁目のお客様宅訪問、設備機器メーカーさんと現調、打ち合わせなど、帰社後は商社さんと電話、板橋3丁目計画検討、信用金庫さん来社打ち合わせなど。

午後は図面作成、提携会社さんと電話、土地家屋調査士さん来社、世田谷区砧計画検討、台東区上野桜木計画検討、見積作成など。夕方は5丁目のお客様ご来社打ち合わせ、豊島区駒込計画のお客様にご来社頂き打ち合わせ、提携会社さんと電話、資料作成など。

今日は弊社事務所の近所で仮面ライダー何とかの撮影が行なわれてましたが、もう今となってはさっぱりわかりません。

ではこちら。

供給過剰で空き家数、率とも最高 820万戸、総数の13・5%

全国の空き家数は昨年10月1日時点で820万戸となり、住宅総数に占める割合は13・5%だったことが29日、総務省の住宅・土地統計調査(速報値)で分かった。空き家数、率とも過去最高を更新した。住宅が供給過剰で、条件の悪い空き家の売却、賃貸が困難な状況になっており、人口減少で空き家は今後、増加するとみられる。景観の悪化や老朽化による倒壊といった問題もあり、国や地方自治体の対策が急務だ。

空き家数は5年前の前回調査より63万戸増えた。1958年には36万戸だったが、その後は増加が続いている。空き家率は前回より0・4ポイント上昇した。
共同通信 2014年07月29日16時30分

なるほど。

やはり10年以上も前から心配されていたことなんですが、着実に状況は進んでいるようです。

ちなみに今回、都道府県別で空き家率(別荘など二次的住宅を除く)が最も高かったのは山梨県(17・2%)で、愛媛(16・9%)、高知(16・8%)が続いたそうです。

反対に最も低かったのは宮城県の9・1%で、前回比で4・1ポイントも減少したということ。宮城県の空き家率が大幅に改善した理由について、総務省は「被災者用の住宅として、アパートなどの空き室を活用したため」と分析しているようです。
 
普通に考えれば当たり前ということに気づくと思いますが、ご存知のように日本においては確実に人口が減少していますし、今後もこの流れは変わらないでしょう。

人口が減っているにも関わらず、毎年80万とか90万戸ともいわれる新築住宅が今も造り続けられていますので、どう考えても釣り合いませんね。

もちろん一定の割合で老朽化が進んだ家から建て替えられることもありますが、それにしても造り過ぎに違いありません。

記事にもあるように、空き家が放置されるようになると、街の景観が損なわれるだけでなく、犯罪の温床になることも懸念されますので、所有者不明の家や今後も利用される見込みの無いような家は、行政の権限で解体や整地、再利用が出来るような仕組みが必要かもしれません。

しかし、これから造る家はどんどん高性能で長寿命になっていくと思いますので、建て替えの周期も延びてくることが確実ですし、そうなれば良質な中古住宅が増えて住まい選びの選択肢が増えるというメリットもあります。

逆に言うと一定のレベルに達していない住宅では、益々価値が下がっていってしまうということになりますので、これから家づくりをお考えの方は注意が必要です。

せっかくこれから家を建てるなら、必ず高性能で長寿命な家を建てることをおすすめいたします。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←応援のクリックをどうかひとつ!


 

研修報告と子育ての家選びとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で子育ての家を建てるならRCdesign

朝のうち雨でもジョジョに止んで暖かくなった東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、 その後和光市のお客様宅へ、資料お届けと打ち合わせなど。帰社後は資料作成、台東区日本堤計画検討、お問い合わせ対応など。

午後は資材会社さん来社打ち合わせ、書類作成、提携会社さんと電話、業者さんと電話、見積作成など。夕方は西新宿計画検討、恵比寿2丁目計画検討、資料作成、その後渋谷方面へ、信託銀行さんでお客様と打ち合わせなど。ありがとうございます。

そんなわけで週末は北海道へ研修に行ってまいりました。 

IMG_2452こちらは小樽にある旧三井銀行小樽支店の建物です。建築は昭和2年の鉄骨鉄筋コンクリート造で、関東大震災を経て、当時としては最先端の構造を採用したようです。その重厚感と細部のデザインが素晴らしいです。

 
IMG_2455さらにビックリするのが、この旧北海道拓殖銀行小樽支店の建物です。建築はなんと大正12年!ですから、もうすぐ築90年になろうというところです。
もちろん構造は鉄筋コンクリート造ですので、まだまだ使えそうですね。


IMG_2442こちらはご存じ小樽の運河です。
幸いにも天候に恵まれて、予想外に暖かく感じられてました。大変良い勉強になりました。
食べ物は美味しいし、スイーツも多く、少々増量してきました。

ではこちら。

子どもを育てるならどんな家を選ぶ? お部屋選びの条件とは

子どもを育てるときは、どんな家で育てるかも大事なこと。

子どもにとってのびのび育つ家であり、家族全員がハッピーな気持ちで暮らせる家に住みたいものです。

「マイナビ賃貸」では、子どもがいる社会人の男女に、「これだけは欠かせない!」と思った、子育てに大事だと思うお部屋の条件を聞きました。

すると様々な意見が…。
マイナビニュース 2012年11月12日16時13分
 
なるほど。

今回は調査の媒体が賃貸住宅をメインにしているようですので、回答している方達もおのずと賃貸思考の方が多かったのではないでしょうか。
 
記事によると、やっぱり「間取り」重視 将来を考えた部屋の数や配置を気にしている方が多かったようです。

「今は幼いけど、いずれ子ども部屋が必要になるだろうと、部屋数の多い物件を選んだ」(男性・京都府・37歳)
「子どもと一緒に遊んだり同じ空間で過ごしたりできるよう、リビングの広い部屋にこだわった」(男性・神奈川県・29歳)
「家族のプライベートを確保したいので、子どもが1人ずつ部屋を持てるような間取りを探した」(男性・奈良県・49歳)
他にも、「仕切って子ども部屋にしたり来客用にあてたりできるため、広めの部屋がある家」(男性・福岡県・33歳)
など。子どもの成長に合わせて間取りを自由に変えたいという希望もあるようですね。
 
あとは収納の多さを選択理由に挙げていたり、以外にも「防音」を気にしているようで、建物全体の構造にも注目が集まっているようでした。

「子どもの声や物音が他人に迷惑をかけないようにしたいから」(女性・福岡県・28歳)
「階下に足音が響き、下の階に迷惑をかけてしまい、嫌みを言われるのが嫌だったので、1階の物件を探した」(男性・愛知県・36歳)
「子どもがうるさいと言われて引っ越しを決意したので、防音かどうかは最重要課題でした」(女性・埼玉県・35歳)

そうですね、やはりファミリー世帯にとって悩ましいのは、子どもの泣き声や走り回る足音ということになりますね。

子どもは泣くものだし、走り回るものです。これを止めるわけにはいきませんし、親も子もそんな自然現象を我慢しながら暮らすのは非常にストレスを感じてしまうことでしょう。そうなるととても健康的とは言えなくなってしまいますね。

賃貸といえども、のびのびとした子育てをしたいファミリー世帯にはまず建物の構造を選択基準の一番最初に考えて欲しいと思います。

もちろん構造は鉄筋コンクリート造にしてください。
 
その上で広さや間取りなど、すべてを満たせれば良いのですが、少しずつ妥協点を見つけて住まいを探すようにしてください。 
  
それでは。

今日もありがとうございます。

 ←応援のクリックを是非!
人気ブログランキングへ



金賞は「祖父が建て・・・」など。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
rcd3東京で長持ちする住まいを建てるならRCdesign

雨上がりの東京は良い天気になりました。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後お問い合わせ対応、和光市北口計画検討、来客打ち合わせ、文京区向丘計画のお客様とお電話、ありがとうございます。業者さんと電話、資料作成、和光市下新倉計画検討など。

午後はセキュリティー会社さんと電話、都市銀行さんと電話、見積作成、地方銀行さん来社、北区田端計画検討、西東京市計画検討、西新宿計画検討など。夕方は出版社さんと電話、徳丸4丁目計画検討、6丁目計画検討など。

本当に一雨ごとに秋が深まっている感じですね、気温も下がってまいりましたので、くれぐれも体調を崩さぬようお気を付けてください。

ではこちら。

第6回「すむすむ・住まいづくり(リフォーム)川柳」の入賞作品を発表、金賞は 「祖父が建て 父が直して 僕が住み」 に決定
 
パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、住まいと暮らしの総合サイト「すむすむ」(http://www.sumu2.com)において募集した第6回「すむすむ・住まいづくり(リフォーム)川柳」の入賞作品を2012年10月29日、同サイトにて発表しました。

▼第6回すむすむ・住まいづくり川柳・結果発表
http://www.sumu2.com/campaign/12summer/

「すむすむ」閲覧者には、住まいづくりに関心が高い一般消費者が多いという特長を生かし、2007年より住まいづくりに関する川柳コンテストを実施。第6回目の今年は「リフォーム」をテーマとして2012年9月5日から9月30日まで募集をし、1,698句のご応募をいただきました。

応募作品の中より厳正なる審査の結果、5句を選定。各受賞者には受賞賞品を贈呈します。今後も本企画を継続し、お客様との相互交流を通じて、住まいと暮らしの総合サイト「すむすむ」の充実を図っていきます。
PR TIMES2012年10月29日15時14分

なるほど。

これはなかなか素晴らしい一句ではないでしょうか。

まさに弊社が理想とする、「3世代にわたって住み続ける家」を言い表してくれているようです。

そんな素晴らしい句も実際に実現するとなると結構難しいものなんです。

マンガのサザエさんやちびまる子ちゃんなどのように、3世代同居というお宅も都市部では珍しいものになりましたが、家を3世代にわたって使うということはおおよそ100年近くの耐久性が求められます。

よく言われるように、現在の日本の住宅は、木造ですと平均寿命が約30年程度ですし、それで良しとされてきましたから、壊しては作るということが繰り返されてきたわけです。

しかし、時代は大きく変わり、今求められるのは安全で長持ち、快適で省エネな暮らしが実現出来る家なんですね。

そういった高性能を確実に実現出来るのが、鉄筋コンクリート住宅なので、是非お孫さんに資産性の高い家を残してあげることを考えてみていただきたいと思います。

ちなみに今回の入賞川柳上位は以下のようなものでした。

【金賞】・祖父が建て 父が直して 僕が住み (親子三代)
【銀賞】・リフォームで 妻との絆 建て直し (良馬)
【銅賞】・「段差なし」 精一杯の 親孝行(とっぴー)
・手摺つけ 孫がなりきる バレリーナ(なのへ)
・リフォームは 笑顔で介護の 妻の為(三日坊主)

いずれもユーモアがあって、素晴らしいものばかりですが、やはり何と言っても金賞の「祖父が建て 父が直して 僕が住む」が一番テーマにも合っていて良いと思います。

弊社でもリフォームやリノベーションのご相談、施工実績が多くありますが、基本的に構造がしっかりしていないとオススメしていません。
 
住まいは見た目だけ綺麗になっても、安全でなければ意味がありませんね、だからこそ構造躯体だけは耐久性の高い鉄筋コンクリート(RC)造にしておかなくてはいけないと思います。

二世帯住宅三世帯住宅など、住まいに関するご質問は弊社までお気軽にお問い合わせください。 
 
それでは。 

今日もありがとうございます。

 ←コウモリをクリックすると・・・!
人気ブログランキングへ


 
プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ