住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

電気料金

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

東京ガスの電気料金とか。

ブログネタ
住まいの選び方 に参加中!
東京で省エネな家を建てるならRCdesign

記録的に暖かい晴れの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、信用金庫さん来社、提携会社さんと電話、新宿区北新宿計画検討検討、横浜市中区野毛町計画検討、渋谷区代々木計画のお客様とお電話、その後関連不動産会社さん他訪問など。

午後は提携会社さんと電話、資料作成、その後新宿区高田馬場計画のお客様宅へ、打ち合わせさせて頂きました、ありがとうございます。夕方帰社後は各種段取り、見積り作成、世田谷区奥沢6丁目計画検討、提携会社さんと電話など。

クリスマスの満月が綺麗でしたね。

ではこちら。

東京ガスの電力料金、ガスとセットで割り引き

東京ガスは24日、来年4月の電力小売り自由化での家庭向け電力販売の料金プランを発表した。

 電気とガスのセット契約で1か月あたり250円(税抜き)割り引く。更に、電気料金は使えば使うほど安くなる仕組みで、平均的な家庭の月額料金に相当するプランでは、戸建て住宅の3人世帯で月平均392キロ・ワット時を使う場合、東ガス試算では、最大で年間計5000円(税抜き)安くなるという。
2015年12月25日 9時22分 読売新聞

なるほど。

いよいよ具体的な数字が発表されたようですね。

記事の数字だけですと、最大で年間5千円お安くなるということですので、これを魅力と感じるかどうかで、契約数も変わってくると思います。

また、記事にはありませんでしたが、提携先の通信会社7社の光回線サービスもセット契約すると月最大300円安くなるというサービスもあるようですので、これを合わせれば年間8千円くらいの節約になりそうです。

以前からこのブログでも何度か話題にさせて頂いてきましたが、実際に数字を見るとまた印象が変わってきますね。

もちろん消費者としては年間数千円の節約も大事なんですけど、もっと他のメリットというか、理由というか、一般家庭の人達がセット契約をするための言い訳が欲しいように思います。

一方で日本政府としては、「2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を標準的な住宅にする」という目標を掲げています。

この「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」とは、1年間に消費するエネルギーよりも住宅でつくったエネルギーのほうが多いか、またはその差がゼロになる住宅のことです。

現在住宅でつくるエネルギーは、太陽光発電が中心ですが、燃料電池や風力発電、今後はもっと効率の良い発電システムが開発されるかもしれません。

まず今の住宅で出来ることは、日々の消費エネルギーをなるべく少なくすること。省エネに優れた家にしていくということです。その上で自分で使うエネルギーを自分で作れれば、ゼロエネルギーということになります。

ここまでくると、従来のインフラエネルギーというものも、存在感が薄れてくるかもしれませんが、それでも国内の家が一斉にZEHに切り替わるわけではありませんから、当分は公共サービスのお世話にならなくてはいけません。

そんな環境の中で、一般消費者と呼ばれる人達がどのくらいセット契約に切り替えるか、今のところまったく想像出来ませんが、もう少しメリットを考えて頂いた方が良いように思います。

もしかすると、日本でも原子力での発電をしていない電力なら、契約しても良いという人がいらっしゃるかもしれません。

日本が世界を牽引する省エネ大国で、環境先進国になれるような改革なら、消費者の方もついてくる時代になってきているといいですね。

それでは良いクリスマスを。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ←お力添えをどうかひとつ。



わが家発電のすすめとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で発電する家を建てるならRCdesign

晴れて暖かくなった東京です。

そんな今日は朝から練馬区錦計画検討、資料作成、資材発注、板橋区弥生町計画検討、土地家屋調査士さん来社打ち合わせ、文京区本郷計画検討、業者さんと電話など。

午後は渋谷区東計画検討、お客様とお電話、蓮根の不動産会社さんと電話、水道屋さんと電話、都市銀行さんと電話、お問い合わせ対応、見積作成、葛飾区新小岩計画検討など。夕方は電気屋さん来社打ち合わせ、渋谷区恵比寿2丁目計画検討、豊島区駒込計画検討、大工さんと打ち合わせ、豊島区駒込計画検討、資料作成など。

春を思わすような陽気でしたね。もちろんアレも飛んでます。

ではこちら。

太陽光、風力…電気代高騰の今だから“わが家発電のすすめ” 

じわじわと上がっていく電気代。何もしないで払い続ける?いや、いまや身のまわりには、いろいろな発電法があるのだ。その“わが家発電”の方法とは……。

わが家発電の代表といえば、太陽光発電。東日本大震災以降、導入する家も増えた。じつはこの太陽光発電、節電への“投資”としてもかなり魅力的だ。

「太陽光発電を導入する費用は、平均して200万円程度ですが、これはおよそ10年で元が取れる計算です。その後も発電はもちろん、継続して売電ができます。年金生活で収入が減ったとき、電気料金が安くすむというのは大きいのでは」(太陽光発電協会広報・穂岐山孝司さん)

賄える電力は、家庭で使う電力の7割程度。太陽光パネルで発電した電気が、自宅で使っている電気の量を上回れば、その分が電線を介して電力会社に売られていく。それが「売電」だ。’13年度までに太陽光発電システムを導入すると、国の補助金制度を利用できる。さらに、県や市などの自治体で、補助金制度を別に実施しているところもあり。 
女性自身 2014年02月28日07時00分

なるほど。

確かに今日も電気とガス料金が最高水準という記事がありましたが、この先電気料金が下がることは考えにくく、むしろインフレが本格的になってくれば、今よりも高くなるのは間違い無いかもしれません。

日本でも昨年までに、メガソーラーと呼ばれる大規模な太陽光発電所が、全国に800カ所も造られるとか言われていましたが、それでもまだまだ発電量という点では十分ではなく、家庭での節電と発電が必要なことに変わりはありません。

しかしながら、一般家庭用で太陽光発電設備を導入するための各種補助金や、発電した電気を電力会社が買い取る価格は年々下がる一方ですので、やはり売電目的なら早めの方がオトクかもしれません。

この先機器の設置コストが今よりも劇的に下がれば、また導入のメリットも出やすくなってくると思いますけど、今後はより長期的に投資目的を考えるようにした方が良さそうです。

今日の記事では、太陽光発電の他にも、住宅用の小型風力発電装置が紹介されていましたが、こちらも投資的視点で見ると、その効率がいまひとつだったり、作動音の問題などはちょっと気になるところですね。

もうひとつご紹介していたのが、これぞ本当の自力発電という電動アシスト自転車「エアロアシスタント」(株式会社東部)です。これは通常の電動自転車では無かった、ペダルをこいで発電した電気を付属のバッテリーに充電する「充電モード」を備えているという点が優れています。

さらに充電した電気はアシスト機能に使うだけではなく、バッテリーのアダプターにシガーソケット型の充電器をつなげば、その場で携帯電話や非常用のLEDライトなどの充電ができるということですから、緊急時にも心強いですね。

なんとこの充電モードは、「『充電モード』のレベルは3段階。もっとも負荷のかかるレベル3なら、100メートル自転車で走ると、携帯電話で39分間通話できるだけの電力を起こします。20キロ走ると、39台の携帯電話をフル充電できます」(同社広報・後藤晴彦さん)と言うことですから驚きですね。

昔のダイエット器具やフィットネスクラブで見かける自転車型のマシンのように、オプションの両足スタンドを付ければ、その場でペダルをこいで、発電することもできるということですから、非常時に備えつつトレーニングにもなるというスグレモノです。

お父さんやお母さんの健康のためという表向きの理由が、実は家計の足しにされていたということが起こるかもしれませんね。発電方法はこの他にも燃料電池もありますし、用途と目的に合わせて選ぶようにすると良いと思います。

省エネ住宅をご検討なら、是非お気軽に弊社までご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←今日もどうか応援のクリックを一つ。 



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ