住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

頭金

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

家づくり講座はローンの頭金とか。

東京でRC住宅を建てるならRCdesign

晴れて暖かくなった東京です。

そんな今日は朝から文京区白山計画検討、見積作成、南青山計画検討、お問合せ対応、中野区上鷺宮計画検討、図面作成など。

午後は日野市計画検討、見積作成、図面チェック、中野区大和町計画検討、お問合せ対応、資料作成、目黒区中目黒計画検討など。夕方は文京区根津計画検討、ミーティングなど。


今日は3月3日でひな祭りですね。残念ながら我が家には縁がありませんが、いよいよ春らしくなってくるのが楽しみです。それでは今週も土曜日恒例の家づくり講座第359回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

さて、資金計画を練るとき、手元にいくら残せばいいか迷ったことはありませんか?

少しでも頭金を多く支払っておけば、その分だけ住宅ローンの融資額を減らせます。そうすれば、余計な利息を支払わずにすみます。

頭金を多めにするというのは、一見、とても賢い方法ですよね。しかし、世の中何が起こるかわかりません。病気や介護のために収入が減るかもしれません。計画外の出費が発生するかもしれません。

ですから、ある程度まとまった金額を手元に残しておく必要があります。この『ある程度』というのは難しいですよね。

よく言われるのが、『月収の3〜6か月分程度』です。その根拠は、自己都合で退職したサラリーマンが失業手当を受給できるまでの期間、というもの。自営業の方には、あまり参考にならないでしょう。

なお、子供の進学や親の体調不良など、収入減や支出増が予想される場合、少し多めに資金を残しておきたいものです。そんな家庭事情も考慮してください。

ところで、支払利息を減らしたい人にとって変動金利はとても魅力的ですよね。しかし、ここには落とし穴があります。

ある日突然、金利が上昇することがあるのです。それに対応できず、せっかくの持ち家を手放すことになったら・・・。悔やんでも悔やみきれませんよね。

月々の返済額が増えてしまったときは、住宅ローンを借り換えるか、手元の資金を切り崩して対応するしかありません。

極端な話になりますが、頭金は『あってもなくても構わない』お金です。しかし、手元の資金は、安心して暮らすために『なくてはならない』お金です。

一方でローンを嫌い、極力現金で済ませたいという考えの方もいらっしゃいます。この場合も限られた手持ちの現金だけで出来ることをする、一見真っ当な考え方のように思えますが、これも危険が伴うということを理解して欲しいと思います。

住宅ローンを借りられるタイミングは限られた条件の中だけですので、そのチャンスを逃しリスクだけを負ってしまうことになりかねませんし、目的を達成できない中途半端な結果では本末転倒ということになってしまうかもしれません。

現金と同額以下の借入なら、なんら心配無いと思いますし、いつでも完済出来るという心の余裕は非常に大切です。

さて、手元に残す資金は、今決めている額で本当に大丈夫でしょうか?

一度計算し直しておくと安心ですよ。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング    ←ご声援を是非!



マイホーム取得の頭金はゼロがお得とか。

東京でお得な家を建てるならRCdesign

晴れて暖かい東京です。

そんな今日は朝から板金屋さん来社打ち合わせ、その後板橋区泉町のお客様宅訪問、現地調査と打ち合わせ、その後西台の現場視察など、帰社後は資料作成、お問合せ対応など。

午後は土地家屋調査士さんと電話、図面作成、その後板橋区双葉町計画のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。練馬区田柄計画検討、中野区上鷺宮計画検討、資料作成など。夕方は文京区根津計画検討、お問合せ対応、西台のお客様とお電話、ミーティングなど。

明日は文化の日ですね。3連休という方も多いと思いますので、残り少ない秋を満喫していただきたいと思います。

ではこちら。

約9割が「マイホーム取得」に不安…頭金“ゼロVS300万円”どっちが得か検証してみた

子育て世代は、全世代の中で最も住宅購入に悩む世代です。

持ち家か賃貸かの議論については明確な答えがなく、今後も永遠の課題になるのでしょうが、世界の中でも日本人は持ち家に対する執着心が強く、「いつかは持ち家」と考える人が多いと言われています。

持ち家を選択するなら少しでも早い方が良いと、頭金ゼロでも購入に踏み切る人がいる中、頭金ゼロ購入は危険と考える人がいるのも確かです。

前者と後者では、どちらが最終的にお得になるのでしょうか。

物件価格3,000万円、固定金利1.3%、借入期間35年という条件のもと、頭金ゼロで即時に購入する場合と、5年かけて賃貸に住みながら頭金300万円を準備し購入する場合とで比べてみました。
2017年11月2日 6時30分 ウレぴあ総研

なるほど。

確かにこれからマイホームを手に入れようとお考えの方では、その資金計画が一番の悩みだと思いますし、それゆえに不安を感じることも多いと思います。

記事にもあるように、永遠の課題と言えるのが持ち家と賃貸のどっちがお得か、というものですが、これについては明確な正解があるわけではなく、個々の家族や個人の考え方やライフスタイルで正解も違うということだと思います。

そんな中でも、自身の理想とする暮らしを考えた結果、持ち家を手に入れようと思ったところから、現実的な資金計画が始まるわけです。

最初に記事にあった例の結果からお伝えすると、頭金なしの即時購入の場合は住宅ローンの総返済額が約3,736万円になりますが、5年掛けて頭金300万円を貯蓄し、住宅ローンで2,700万円を借り入れた場合、総返済額は約3,363万ですので、総返済額だけなら当然借入が少ない方が有利です。

ところが、ローンの返済以外にも頭金の300万円と5年分の家賃600万円が掛かるとすると、3,363万+300万円+600万円で、約4,263万円という数字になってしまいます。
その結果、総必要額で比べると、約3,736万円と約4,263万円という数字ですから、頭金なしの即時購入の方が520万円ほどお得ということになっていました。

もちろんこのシミュレーションでは、金利は一定でその他の金利情勢や税制などは一切考慮していませんので、まったくこの通りということありませんし、今現在が史上最低の金利という条件があっての結果だと思います。

今の低金利を考えれば、ここからさらに下がることは考えにくいですし、むしろ上昇する余地と可能性があることに間違いはありません。

いずれにしても重要な決断に違いありませんので、自分を信じて慎重かつ冷静に判断しなければいけませんが、あまり多くの情報に左右されない方が良いように思います。

住宅ローンは借り換えという方法もありますので、その時代や家族の状況に応じて再検討するようにした方がいいですね。

一般的には金融機関の融資額は総額の8割程度ですので、残りの2割くらいは自己資金が必要になりますし、そのくらいのほうが誰が見ても安全と感じるはずです。

しかしながら、相変わらず金融機関の審査基準では個人の実力や将来性などは考慮されませんので、自営業者や年齢などによっては、適正な融資が実行されない場合もありえます。

そんな時は、諦めずに複数の金融機関と相談し、場合によっては多少の金利負担を覚悟してでも、融資を確保する方法もありますので、検討されてみてはいかがでしょうか。

とは言え、日々の暮らしを圧迫することの無いよう、くれぐれも余裕を持った資金計画にしてください。

住まいづくりに迷ったら、是非お気軽にRCdesignまでご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング  ← どうかひとつ!



内覧会開催と家づくり講座とか。

東京で事務所併用2世帯住宅を建てるならRCdesign

くもり時々晴れの東京です。

IMG_7464そんな今日は朝から所沢市東所沢計画の現場へ、完成内覧会を開催させて頂きました。お忙しいところ多くのお客様にご来場頂き、誠にありがとうございました。また、貴重な機会をご提供頂きましたオーナー様には、お礼申し上げます。ありがとうございます。

夕方帰社後は北新宿計画検討検討、資料作成、見積チェックなど。

今日は非常に過ごしやすく、絶好の内覧会日和でした。もし、今回の機会を見逃してしまったという方も諦めずにお問い合わせ頂ければ、どこかしら進行中の現場をご案内出来ると思いますので、是非お気軽にお問い合わせください。

おっと、そういえば土曜日でしたね、恒例の家づくり講座第292回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

以前は、家づくりは頭金を貯めてから、というのが当たり前でした。しかし、今は頭金ゼロで計画を進める人も少なくありません。

確かに、賃貸住宅の家賃を支払いながら家づくり資金を貯蓄するのは大変です。だからといって、安易に借入額を増やすとその分、返済額や返済期間が増えてしまいます。

そうすると、教育費や老後に備えた資金計画がおろそかになってしまいます。

新居での生活が始まってからはメンテナンスのための貯蓄もしなければなりません。

新築することだけに目を向けていると、その後はずっとお金で苦しむことになりかねません。幸せに生活するためには、それだけは避けたいですよね。

ということで、まずは予算の2割を目安に貯蓄を始めましょう。引っ越し費用など、諸費用の貯蓄もできれば、より安心です。

自分で家計の見直しをするのが難しいなら、FPなどのプロに依頼するのもいいでしょう。資金計画について金融機関や施工業者がセミナーを開くこともあるので、そういった場を活用するのもいい方法です。

ところで、家づくりの時、業者もあなたも引き算が苦手になることがあります。

それは、要望を1つでも多く叶えたいと思うからです。それを防ぐには、引き算思考を強く意識することです。

といっても、質が低い材料を使って辻褄合わせをしようとするとメンテナンス費用がかさむので損をすることになります。

そうなると、先日お話ししたように、資産が負債に変わってしまいます。それでは本末転倒ですね。

今後、また消費税が増える可能性があります。そのほか、新たな課税案も検討されています。それを補えるほどの収入増加を期待できる業種はいったいどれくらいあるのでしょう。

ですから、今の生活で年間にどれくらい貯蓄できているのかを見直すことにより、どれくらいの貯蓄が確保できそうなのかをチェックし無理のない計画を立ててください。

税制や補助金の制度は毎年のように変わります。予算が限られている補助金は、先に申し込んだ人だけが対象になることもあります。

家計の見直しだけでなく、そんなお得な制度の勉強も欠かせませんね。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


  人気ブログランキングへ   ←クリックが嬉しいです!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ