住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

100年

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

人生100年用の住まいとか。

東京で長寿命な家を建てるならRCdesign

晴れて暖かな東京です。

そんな今日は朝から原稿チェック、大田区仲池上計画検討、ご近所へ外出、帰社後はマンション管理会社さんと電話、板橋区若木計画検討、図面作成、日野市計画検討、図面作成、お問い合わせ対応など。

午後からは港区高輪計画の現場へ、お客様ご案内と打ち合わせなど。帰社後は板橋区大谷口計画検討、見積もり作成、お問い合わせ対応など。夕方は目黒区原町計画検討、見積もり作成、書類作成、ミーティングなど。

まだまだ花粉の影響が厳しいです。

ではこちら。

政府に指図される「人生100年時代」とかいう罰ゲーム人生

一昨年、安倍政権から「人生100年時代」構想とかいうテーマが突然掲げられ、あまりのことに私は呆然としておりました。戦前ならいざしらず、なんで政府に国民が生き方の規範を示されねばならんのか。いろいろしんどい。どこから考えを紡いでいけば良いのでしょう。

人生100年時代構想(首相官邸ホームページ)
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/ichiokusoukatsuyaku/jinsei100.html

「人生100年時代」に向けて(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000207430.html
2019年4月18日 6時0分 文春オンライン

なるほど。

これまたシビアな記事ですが、選挙シーズンの折にはこんなことも考えなくてはいけませんね。

人間は有史以来、不老長寿を目指してきたと言っても良いと思いますが、その目標に近づいてみると、また違った景色が待っていたということでしょうか。

健康で経済的な心配もなく、好きなように時間を過ごすことが出来れば、それはハッピーなことだと思いますが、必ずしも理想とする老後ばかりではありません。

最近はお仕事で老人ホームやグループホームにお伺いする機会もあるのですが、そこで働かれている方々のご苦労を拝見すると、なるべく人様にご迷惑をかけないように、歳を取りたいと思ってしまいます。

一方で、自分の両親には長生きをしてもらいたいと思うものの、本人たちがどのように考えているかはわかりませんが、なるべく尊重してあげたいと思います。

記事によれば、政府の構想にある「ある海外の研究では、2007年に日本で生まれた子供の半数が107歳より長く生きると推計」とされ、これは『ライフ・シフト』(リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット著)という売れた本の一節で始まっているそうです。

このことから読み取れるのは、お前らがよろしければ80歳ぐらいまで働けということと、働いてるなら年金とか別に要らねえんだろ?という流れになり、むしろジジイでも所得があるなら税金払えよってことと、著者さんは解釈されていました。

なんとも世知辛いというか、希望を感じ難いお話になってしまいますが、もし本当に政府がそのようなことを考えているとなると、国民の考え方も変える必要があるかもしれませんね。

少なくとも、100歳まで生きるとなれば、耐用年数30年程度の住宅では、何度か建て替えをしなければ住み続けることができなくなってしまいます。

次世代を見据えた住まいづくりをするなら、より長寿命なRC(鉄筋コンクリート)住宅を検討した方が良いと思います。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←よろしくどうぞ。



サグラダ・ファミリアが建築許可取得とか。

東京で100年使う家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後法務局へ書類受け取り、金融機関へ諸手続など。帰社後は税理士さんと電話、中野区大和町計画検討、上鷺宮計画検討、お問合せ対応など。

午後は渋谷区桜丘計画検討、お問合せ対応、渋谷区千駄ヶ谷計画検討、書類作成など。夕方はご近所のリフォーム工事検討、江東区平野計画検討、見積作成、提携会社さんと電話、文京区弥生町計画検討、日野市計画のお客様とお電話、ありがとうございます。ミーティングなど。

秋の長雨もようやく終わりましたが、乾燥と花粉が不快です。

ではこちら。

サグラダ130年ぶり違法解消、ついに建築許可

スペイン東部バルセロナの世界遺産の教会「サグラダ・ファミリア大聖堂」が、市から正式な建築許可を得ることが決まった。

1882年に着工し、建築許可も得たが、自治体の合併で許可が更新されず、その後約130年間、違法建築状態となっていた。

ロイター通信などによると、教会が市に、道路補修費などとして3600万ユーロ(約46億7000万円)を支払うことで合意し、建築許可を得られることになった。
2018年10月22日 12時16分 読売新聞

なるほど。

皆さんご存じのサグラダ・ファミリアですが、なんと約130年もの間、違法な状況で工事が進められていたんですね。

cathedral-235234_1280一般的にも工事が現在進行形で進められていることで有名ですが、それが許可を更新されることなく、進められていたとは驚きです。

このサグラダ・ファミリアは、建築家アントニオ・ガウディの代表作と言われていますが、ガウディの死後100年となる2026年をめどに完成する見通しということです。

もしかすると、すでに実物をご覧になったことがある、という方もいらっしゃるかもしれませんが、残念ながら私はいまだに見ることが出来ていません。

写真を見るだけでも、その迫力や造形の素晴らしさが伝わってきますが、実際に現地を訪れたことがある人のお話を聞くと、本当に言葉を失うくらいの美しさだということです。

他の報道によれば、サグラダ・ファミリアの理事会側は、1885年に当時は独立した町だったサン・マルティー地区が発行した建築許可証を持っていることを根拠に不法建築ではないと主張していたそうです。

しかし、現在のバルセロナ市の当局者は、その数年後にサン・マルティー地区がバルセロナに吸収合併されたため、バルセロナ市の許可が必要だと主張してきたことから問題になったようです。

当然サグラダ・ファミリアの理事会は「1世紀以上も誰もそんな要求をしなかった」と反発していたそうですが、確かに100年以上も放置しておいて、今さらという思いもわかります。

ただ、建築的な観点から考えると、構造的な安全性や居住性、防火や避難に関することなど、今の基準で検討することも必要だと思います。

しかし、この建築物の用途や話題性、芸術的、歴史的価値を考えれば、なんとしても完成させて、これまで以上に観光資源としても活用したいところではないでしょうか。

それにしても、バルセロナ市と2年間にわたって協議した結果が、3600万ユーロ(約46億7000万円)を支払うことで市の建設許可が下りるとは、そのスケールもさることながら、根拠もよくわかりませんね。

まあこの支払金で教会へのアクセス向上や、公共輸送や周辺の路上の再開発など地元住民の生活向上を図る財源に充てるということですし、観光地としてもより良くなることでしょう。

完成前に、一日でも早く現地を訪れて、現物をこの目で見てみたいと思います。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援を是非!


トイレのキレイが100年とか。

東京でこだわりの家を建てるならRCdesign

朝まで雪、くもり時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から世田谷区奥沢6丁目計画検討、信用金庫さん来社、お問い合わせ対応、朝霞市計画検討、図面作成、業者さんと電話、お客様とお電話、書類作成など。

午後は練馬区練馬3丁目計画検討、図面作成、出版社さん来社打ち合わせ、お問い合わせ対応、書類作成、高田馬場計画検討など。夕方はサッシ屋さん来社打ち合わせ、ミーティング、北新宿計画検討検討、朝霞のお客様とお電話、原稿作成など。

朝は予想外の積雪でビックリしましたけど、特に影響は無かったようです。それでも寒さは厳しいですね。

ではこちら。

ほぼ、掃除いらず。キレイが100年続くトイレが開発されちゃいました

お掃除が手抜きできる!?

って思いますよね。もちろん、トイレ全部というわけはなくて、この話の場合はトイレの陶器。要するに便器に関してですがそれでも凄い話です。

LIXILは新技術を使った衛生陶器「アクアセラミック」を開発しました。「汚物」と「水アカ」を同時に防ぎ、さらに「キズ汚れ」や「細菌汚れ」といった汚れも防御。トイレ汚れに関する不安全てに応えることができる衛生陶器であるとのこと。

陶器表面は水になじみやすい「超親水性」。洗浄水が陶器に付着した汚物の下に潜り込むことで、汚物を浮かび上がらせ、汚れが付着せずに洗い流せるとのこと。その効果たるや、油性インクの上にスポイトで水を垂らすだけで、インクを浮かび上がらせるほど…。だとか。スゴイ! 
2016年2月25日 11時30分 ギズモード・ジャパン

なるほど。

日頃の家事の中でも、手間の掛かる場所と思われている人も多いトイレですが、この度はリクシルさんから100年キレイが続くというトイレが開発されたそうです。

以前から陶器部分の汚れ防止機能として、各メーカーがいろんな表面処理をしてきていましたが、これまではおおよそ10年がその耐用年数とされていました。

また、便器のお掃除方法によっては、以外と早くその効果が失われてしまうということもありました。これは従来どおりの固いブラシで擦ることで表面加工が剥がれてしまうことが原因でした。

そこで、今回の開発では、便器の陶器を作成する段階で、表面のガラス質と一体化させて機能するようにしたということです。

これによって耐久性が格段に向上したということですので、お掃除の手間削減と、輝きの持続性が期待出来ます。

さらに水アカが固着せず「便器の黒ずみ」などの水アカ汚れも無くなるということですので、頻繁にお掃除しなくても、さぼったリングができなくなりそうです。このアクアセラミックは4月よりLIXILの主要住宅トイレシリーズと洗面台などの水回りにも利用していくとのこと。

とは言え、トイレ掃除は便器だけではありませんので、陶器以外の樹脂部分や、床や壁の内装も含めてお掃除する必要がありますので、まったくのお掃除フリーというわけにはいきませんね。

もちろん便器選びでは、このような機能の比較も大切ですが、デザインや省エネ性も重要な選択基準だと思います。

家事が少しでも楽になって、時間が短縮出来るのは、とても良いことだと思いますが、ちょっとは手間を掛けることで、トイレの神様に喜んで頂けるような気もします。

トイレにこだわりを持ったり、便器選びに困ったら、是非お気軽に弊社までご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

 
人気ブログランキングへ  ←ご声援をよろしく!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ