住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

24時間換気

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

ライトニングと家づくり講座とか

東京でライトニングな家を建てるならRCdesign

晴れ時々くもりの東京です。

そんな今日は朝から練馬区田柄計画検討、資料作成、土地家屋調査士さんと電話、マンションリフォーム工事検討、見積チェック、接骨院、大工さんと電話、北松戸計画検討など。

午後は土地家屋調査士さん来社、中区野毛町計画検討、資材発注、高田馬場計画検討、その後西巣鴨の現地視察、5丁目のお客様宅訪問、帰社後は資料作成など。夕方は商社さん来社打ち合わせ、図面作成、中野区江古田計画検討、見積作成など。

lng-269おっと、ここでお知らせです。
実は、本日発売の雑誌ライトニングに弊社が掲載されております。

なかなかこだわりの強い人が読者に多い雑誌ですが、そんな人達にも是非鉄筋コンクリート住宅を知って頂ければと思っております。

今月の特集がまた「楽しく暮らすためのクルマ選び」ということで、これまた興味をそそる特集となっていますので、住まい選びと同様に参考にして頂けると思います。是非お近くの書店でお買い求めください。¥780(税込み)です。

それでは本格的に夏到来ですが、今週も土曜日恒例の家づくり講座第304回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

室内干しといえば、以前は雨の日だけのことでした。しかし今は、防犯のほか、花粉やPM2.5の被害を防ぐため、室内干し専用スペースを設ける人もいます。

そんな人が気にしているのが、24時間換気システムです。

「窓を閉め切って空気清浄機をつけていても、換気システムから有害物質が入ってきたら困る。いっその事、花粉やPM2.5が飛散する時期は換気システムをOFFにしてしまおうか・・・」そう考えたくなるのは当然のことでしょう。

しかし、気密性が高い住宅ではシックハウスの予防や結露防止のため、常に換気をする必要があります。ですから、換気システムを停止するというのはオススメできません。

反対に気密性の低い住宅では、想定していないスキマから風が入ってきますので、換気量や空気の質をコントロールすることは出来ませんね。

一般的な換気システムにはフィルターがついています。そのため、空気をある程度キレイにしてから室内に取り込んでいるのですが、中には、PM2.5程度の微粒子だと除去できずにそのまま室内に取りこんでしまうことも当然あります。

というのも、PM2.5は、直径2.5マイクロメートル以下と、とても小さな粒子で、その侵入を防ぐには、一般的な換気システムでは限界があるからです。

これだけ小さいので、肺の奥まで届きやすく、健康な人でも体への影響があるとされています。

もし、あなたの家族に呼吸器系や循環器系の疾患がある人がいるなら、さらにリスクは高まりますから、不安に感じるのは当然です。

そういった心配があるなら、家族を守るためにも、業者との打ち合わせの際に事情を話してみましょう。

プライバシーに関わることだから、必要以上に話したくないという気持ちがあるかもしれませんが、相談することで、業者も最新の情報を収集し、最適なものを見つけてくれることと思います。

新築して初めて24時間換気システムを体験した、と言う人は多いものです。ですから、今の時点でその長所と短所を判断するのは難しいと思います。

そんな時は、専門家である業者に積極的に相談して、よりよい提案を引き出してみてくださいね。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。   



シックハウスって何?

東京で健康的な家を建てるならRCdesign

雨の東京も夜には曇りです。

そんな今日は朝から資料作成、セキュリティー会社さんと不動産管理会社さん来社打ち合わせ、豊島区西巣鴨計画検討、図面作成、来客面談、板橋区三園計画検討、書類作成など。

午後は新橋の不動産会社さんへ、お客様と打ち合わせなど、帰社後は大工さんと電話、リフォーム工事検討、北新宿計画検討検討など。夕方は資材発注、北松戸計画検討、世田谷区奥沢6丁目計画検討、資料作成、原稿作成など。

今日も気圧が下がってくると鼻水が噴出していました。

ではこちら。

部屋干しもダメ?「シックハウス症候群」になる家の特徴5つ

“シックハウス症候群”という言葉をご存知でしょうか? シックハウス症候群とは、「新築やリフォーム時に、住宅を建てるときに使用する建材からの化学物質が原因で体調を悪くすること」、という認知の仕方が一般的なようです。

しかし、実際にはそれだけでなく、建材以外にも日常生活品や家具などから出る化学物質や、カビやダニなどによる室内空気汚染が及ぼす健康被害を総称して“シックハウス症候群”と呼びます。

そのため、新しい家でなくともシックハウス症候群になる可能性を秘めているのです。
2016年5月16日 21時0分 WooRis(ウーリス)

なるほど。

というか、最近はこの言葉もあまり聞かなくなった気がしますが、住まいづくりにご興味がある方や家族の健康が気になる方には、非常に大切なことですので、しっかりと理解して欲しいところです。

記事にもあるように、一般的には建築時に使用する材料が原因で、人間が体調を崩してしまうことなんですが、実はそれ以外にも室内の空気を汚染してしまう原因があるんです。

何度かお話ししていることなんですが、まず安価な輸入家具や雑貨は注意が必要です。日本では接着材についても禁止されている薬剤が海外ではなんの規制もされていないという場合があります。

また、最近は消臭スプレーや芳香剤などが室内の空気を汚染してしまっているというケースもありますね。

さらに、実は人間そのものが空気を汚染しているということも、しっかりと認識しておく必要があるでしょう。

記事によると、シックハウス症候群になる家には5つの特徴があるということですので、紹介しておきましょう。

1:換気ができていない
この換気ということに関して、これまでの日本人はあまりにも認識が低かったのではないでしょうか。記事にあったアンケート調査で「1日中自宅で過ごす際には、どれくらいの頻度で意識的に窓を開閉しますか?」と質問したところ、「状況により開閉する」との回答が68%で、次いで「ほとんど開けない」が16%、「半日に1回」が13%、「1時間に1回」が3%ということ。

部屋の中で自分が不快に感じれば、意識的に開閉するかもしれませんが、外部環境や音の問題などを考えると、都心部ではむやみに窓を開けることも難しいかもしれません。 

しかし、人間が暮らす部屋には換気が必ず必要なんです。シックハウスの症状をはじめとする健康被害はもちろんのこと、人命にも関わることですので、本当に注意してください。

窓の開閉による換気ももちろん有効ですが、より確実に換気をするなら、換気扇による24時間換気を基本にしてください。なぜなら人が思うほど都合よく風は吹いてくれませんからね。 

2:日が入らない

直射日光が入る場所ならより乾燥が期待出来るのと、太陽光による殺菌効果も期待出来るということです。

しかしこの条件下でも、断熱性能が高く換気さえしっかりと出来ていれば、カビの発生を防ぐことが出来ますので、家の構造が大切ですね。

3:風通しが悪い
これもまた換気の問題につながる条件です。従来の日本の家ですと、サッシとガラスの性能が低いため、冬の結露が当然のように思われていました。これを緩和するために風通しをよくすることが必要ということです。

しかし、現在の住宅ならサッシとガラスの断熱性能が格段に上がりましたので、まず結露する可能性は低いですし、なおかつ機械換気がしっかりと機能していれば、結露もまったく怖くはありません。

4:部屋干しをしている
これは多くのご家庭で問題になることですが、日々の生活では避けようのないことかもしれません。しかし当然のことながら部屋干しをすれば、部屋の湿度が上がってしまいますので、カビが発生しやすい環境となってしまいます。

ここでも換気が重要になりますが、さらにエアコンを使用するなどの対策が必要です。もし可能なら、浴室に温水式の換気乾燥暖房機を設置することをオススメいたします。 

5:24時間換気が活用されていない
結局はここに行き着くんですが、なんとショッキングなことに記事の同調査では「建築基準法で、24時間換気を行うことが義務づけられていることを知っていますか?」と質問したところ、義務化を知らない人は76%にものぼったということ。

これでは宝の持ち腐れというか、家の正しい使い方を知らない人があまりにも多いということです。 

一応ご説明しておくと、24時間換気とは、24時間強制的に室内の空気を入れ替える換気設備のことで、2003年にシックハウス症候群の対策の1つとして義務化されたものです。

現代の住まいづくりでは、エアコンを使っても省エネで快適に過ごせることが基本ですので、すきまの少ない高気密高断熱の作りになっています。その結果外気や騒音の影響を受けにくく過ごしやすい環境にもなっているんです。

最後にまさかとは思いますが、住まいのお掃除も重要ですね。人間が暮らしているということは、ダニやダニの死骸、食べカスやフケなどダニのエサになるものが発生しますので、これらをできる限り排除するためにも、こまめに掃除するよう努力しましょう。

家族が快適でいつまでも健康的な暮らしが出来るよう、家の正しい使い方を知って頂くことが大切ですし、その前提となる高性能な住宅を普及させることが重要です。

快適性と省エネを追求し、健康的な暮らしを実現するなら、鉄筋コンクリート(RC)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。

 ←ご声援をよろしく。
人気ブログランキングへ 



24時間換気ってしないとどうなる?

東京で高性能な家を建てるならRCdesign

雨の東京です。

そんな今日は朝から商社さんとお出かけ、埼玉県深谷市にある住宅設備メーカーさんの工場見学と新製品勉強会に出席させて頂きました。とても勉強になりました。

午後に帰社後は新橋の不動産会社さん来社打ち合わせ、日本橋の不動産会社さんと電話、北新宿計画検討検討、中区野毛町計画検討、ガス会社さん来社打ち合わせ、お問い合わせ対応など。夕方は世田谷区奥沢6丁目計画検討、お問い合わせ対応、杉並区宮前計画検討、図面チェック、資料作成など。

今日はまたボロボロになってしまいましたが、最近特に雨の日の症状がひどいんです。
調べによると、人間の身体というのは、気圧が下がると体内でヒスタミンが多く分泌されるそうです。ということは、晴れの日に対して雨の日というのは、気圧の低い状況になってしまいますので、アレルギー反応を引き起こすヒスタミンが多量に分泌されて、結果として晴れの日よりも症状が悪化しているようです。
 
ではこちら。

24時間換気ってなぜ必要?しないとどうなる?

新居への引っ越しやマンション購入する際などに、「24時間換気システム」という言葉を耳にする。

自動的に室内の空気の入れ替えが行える換気設備のことだが、2003年の建築基準法の改正で導入が義務化され急速に普及した。しかし、一日中換気をするのを想定している建築物となると、換気しないとどうなってしまうのか気になるところだ。

そこで、24時間換気システムの販売を行っている三菱電機株式会社に詳しく聞いてみた。
2016年4月7日 12時0分 教えて!goo ウォッチ

なるほど。

この問いに関しては電機メーカーさんに聞くよりは、住まいと生活、人間と環境のことをより深く考えている建築設計者に答えて頂いた方が良いでしょう。

ではどうぞ・・・

あいにくまわりに適任者が居ないようですので、代わって私が回答させていただきましょう。

その前に、なぜ24時間換気が必要になったのか、ということをお話ししておかなければいけません。

日本の住宅はハウスメーカーさんが海外の住宅を輸入したり、新しい工法や構造を導入しながら変化してきました。同時に住まいに求められる内容も変化し、安全性や快適性を追求しながら、地球環境や省エネにも当然に配慮しなければいけない時代になってきました。

昨日も書きましたが、従来の日本の住まいは夏を基準に作られていました。当時は空調設備も無く、さらに木材が生きながらえるための考え方だったんですが、この家では室内環境を良くしようとしても、エネルギーロスが大きすぎて、経済的にも環境的にも適さないわけです。

少ないエネルギーを大切に使い、快適な住まいを維持するには、気密性と断熱性を向上させることが一番重要ということで、近年の住宅は北欧などの住宅を見習いながら、進化してきました。

ここで問題が発生してしまったんですが、これまでの日本人は上記のような高性能住宅に住んだことが無く、その住宅の使い方や暮らし方を学ばずに、使い始めてしまったんです。

相変わらず室内で化石燃料を燃やすタイプの暖房器具(石油ストーブやガスストーブなど)を使い続け、結露現象に対しても何ら対策をしないまま住み続けてしまった結果が、シックハウス症候群という健康被害になりました。

そのような健康被害が社会問題化してから、ようやく国としても対策を考えるようになり、建築基準法で計画換気が義務づけられるようになったわけです。

さてそこで、この24時間換気をしないとどうなるかというと、まず住まいには人が生活しているわけですが、この人が呼吸すると二酸化炭素が発生し、気密性の高い部屋ではその濃度が高まり、息苦しさや頭痛の原因になることがあります。

さらに、先ほども書いたように、室内で化石燃料を燃やせば、換気が不十分の場合一酸化炭素中毒を招く危険性もあります。

同時にシックハウスの原因のひとつとなった、建材などから発生するホルムアルデヒドや、VOCと呼ばれる揮発性有機化合物などの化学物質が充満してしまい、アレルギー反応を引き起こすなどがあげられますね。

もうひとつ大切なこととして、冬場の室内では発生した水蒸気を排出しなければ、結露が発生する可能性が高まります。この結露がカビの原因となり、ダニの繁殖を招くことにもなりますし、場合によっては木造の柱を腐らせるなど、住まいを痛める危険性も高まってしまいます。 

これらのことから、24時間換気が非常に重要であるということをご理解頂けたと思います。

あ、くれぐれも24時間換気を作動させる場合は給気口を開けるということと、窓は全て閉じておくということも、同時に必ず守ってください。

安全で快適な生活には多少のルールも必要ですし、間違った使い方では、性能を発揮出来ないだけではなく、そこに住む家族の健康を害してしまうこともありますので、本当に注意してください。

高性能住宅とその使い方に関して、ご不明な点がございましたら是非お気軽に弊社までお問い合わせください。

それでは。

今日もありがとうございます。


  人気ブログランキングへ   ←クリックが嬉しいです!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ