住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

3.11

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

今年も3.11が来ました。

東京で防災住宅を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から文京区本郷計画検討、税理士さんと連絡、書類作成、信用金庫さん来社打ち合わせ、お問い合わせ対応、豊島区西巣鴨計画検討など。

午後は練馬区高松計画検討、図面作成、文京区小石川計画検討、ガス会社さんと電話、資料作成、文京区本郷でご検討のお客様とお電話、ありがとうございます。文京区大塚3丁目計画検討など。夕方は小石川のお客様とお電話、お問い合わせ対応、ミーティングなど。

年度末の進捗はいかがでしょうか。何かと忙しい時期ですが、平常心で頑張りましょう。

ではこちら。

今年も「3.11」がやってきた 防災意識が低くなった人は約○割にとどまる

今年も「3.11」がやってきた。東日本大震災から6年──決して風化していることはないが、実際、地震予測情報配信サービス「予知するアンテナ」を提供するテンダ(東京)が全国の20代から50代までの男女400人を対象に実施した「地震に関する防災意識や行動」についての調査によると、人々の防災意識はまだまだ高い状態にある。

東日本大震災後に防災意識に何かしらの変化があった人は4人に3人に上ったものの、その後も北海道十勝地方南部、長野県北部、熊本県など各地で大きな地震が起きたためなのか、この6年間で防災意識が変化したか聞いたところ、意識が高くなった人は約4割、当時と「変わらない」人は約5割という結果に。一方で、防災意識が低くなったという人は12.5%にとどまり、今なお防災意識の高さが窺える。
2017年3月10日 12時19分 OVO [オーヴォ]

なるほど。

時間の感覚は人によって違うものだと思いますが、今の私には時の経つのがとても早く感じられます。

さほど記憶力に自信があるわけではありませんが、そんな私でも6年前の震災時の状況はかなり鮮明に思い出すことが出来ます。

震災時の年齢もあるかもしれませんし、どこで誰とどのよな状況で過ごしていたか、などによっても記憶されている内容はまちまちかもしれません。

そんな中で今日の記事によれば、この6年間で防災意識が下がったという人はわずかに12.5%ということで、高い意識を持ち続けられているということが嬉しいですね。

確かに、記事にもあるように大きな地震が定期的に発生していたり、他にも自然災害の発生している状況が続いてしまっていたということがあるかもしれません。

しかしながら、これだけ防災に対する意識が高い割に、その対策はどうかという問いに対して、地震に対して万全の備えを行っている人はわずか3.5%に過ぎないという結果でした。

さらに「特に備えは行っていない」という人が3人に1人にも達していて、備えていない理由としては、46.4%の人が「備えは大事と思いつつ、なかなか行動を起こせないから」としていたり、「面倒くさいから」(19.6%)、「大地震に遭遇したら、仕方ないと思う」(18.9%)という、本当に残念な回答になっていました。

やはり何事も知っているというだけでは、なんら役に立つものではありません。知識は実践して初めて価値のあるものになるのだと思います。

日本人はその誰もが、これまでの大きな犠牲の上にあると思います。その経験は決して無駄にしてはいけませんし、教訓もまた生かしてこそ意味のあるものに出来ると思います。

世界中でもトップクラスの震災経験から学んだ経験、そこから生まれた技術や知恵は、きっと人類の役に立てるものに違いありません。

今すぐに、考えられる防災対策を行動に移してください。

どんな災害でも、被害を最小限にしたい、そのためにはRC住宅を一つでも多く配置することだと思います。是非ご検討くださいませ。

それでは。

今日もありがとうございます。

  
人気ブログランキングへ        ←応援よろしくお願いします!


3年が過ぎた3.11

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
3月11日です。

art3今日は朝から書類作成、その後来客面談、その後文京区本郷計画の現場へ、社内検査など。午後に帰社後は豊島区駒込計画、蓮根のお客様宅訪問、現調と打ち合わせなど、その後新河岸のお客様宅へ書類お届けなど。夕方帰社後は地盤調査会社さんと電話、構造検討、北区西ヶ原計画検討、練馬区田柄計画検討、渋谷区東計画検討など。

日本人として、また建築に携わる一人としても、決して忘れてはいけない日です。

こんな記事から。

復興住宅「2%」漁港は「37%」……数字で見る「震災復興」

3月11日で東日本大震災から3年がたちます。東北などの被災地では復興へ向けた取り組みがなされていますが、分野によって進んだものもあれば、歩みがけっして早くないものもあります。3年でどれくらい復興が進んだのか。現状を数字にスポットを当ててみてみましょう。

進ちょくの遅い住環境
■仮設暮らしは「10万2650人」
仮設住宅暮らしをしている人は10万2650人(2013年12月12日現在)。1年前の11万2996人より1万346人減りました。全国の避難者数は、1年で約32万1000人から約26万7000人に減少(2014年2月13日現在)。被災3県が特に多く、岩手県は3万4847人、宮城県は8万9882人、福島県は8万5589人います。 
THE PAGE 2014年03月09日19時00分

まだまだ復興は進んでいないと思えてしまう数字です。

さらに記事では災害公営住宅の整備が完了したのは509戸(1年前は0.1%)で、予定の2%しか整備されていないとのことですから、避難生活をされている方達にしてみれば、きっともう国や行政は頼れないと思われているかもしれません。

また、当初いろんな議論がされていた防災集団移転、いわゆる高台移転では、復興工程表に基づき面整備事業を行う335地区のうち、造成工事が完了した地区数は18地区(1年前は1%)で、全体の集団移転のうち「5%」の工事が完了したそうです。

やはりこの集団移転をめぐっては、当初から住民の方達の意見調整や合意形成がなかなか難しいようでしたので、どうしても時間がかかってしまっているのかもしれません。

一方で、災害廃棄物(がれき)は、2014年1月末現在、全体の推計量の91%にあたる1515万トンの処理が完了したそうです(1年前は34%)。津波堆積物も全体の82%にあたる894万トンが完了しているそうで、岩手県と宮城県では、災害廃棄物、津波堆積物とも2014年3月末までに処理可能な見込みということ。

また、岩手、宮城、福島の被災3県の鉄道で、被災した路線の総延長2330.1キロメートルうち、運行を再開した路線の延長は1月17日現在、89%にあたる2079.7キロ(1年前は88%)ということで、インフラの整備はかなり進んでいる印象ですね。

しかし、まだまだ課題も多く、中でも地元産業の復興が今後の課題とされています。

青森、岩手、宮城、福島、茨城、千葉の6県で津波に被災した農地2万1480ヘクタールのうち、2013年12月時点で1万3470ヘクタール「63%」の営農再開が可能となりました(1年前は38%)。被災3県(岩手、宮城、福島)の水稲の作付面積は震災前の94%のレベルまで回復しているそうです。

被災した漁港数319漁港のうち、陸揚げ岸壁の機能が全て回復した漁港数は118漁港(1年前も36%)。岩手、宮城、福島の被災3県の主要な魚市場の水揚げを金額ベースでみると、被災前に比べて約75%まで回復(1年前は70%)。水揚げ量では69%の回復です。水産加工施設は、被災3県で被害があった821施設のうち、78%にあたる638施設が業務を再開(1年前は69%)しています。

さらに観光資源などもまだ整備が進んでいないところも多いようですので、地元の産業に活気が戻り、まずは経済面が安定すると良いと思います。

これからも自分に出来ることを精一杯続けていきたいと思います。がんばります。

それでは。

今日もありがとうございます。 

3.11を検索とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で安全な家を建てるならRCdesign

晴れのち曇りの東京です。

そんな今日は朝から書類作成、その後埼玉県蕨市でご検討のお客様にご来社いただき打ち合わせ、ありがとうございます。書類チェック、お問い合わせ対応、北区西ヶ原計画検討、税理士さんと電話、信用金庫さんと電話など。

午後は信用金庫さん来社打ち合わせ、練馬区錦計画検討、地方銀行さん来社、金融機関、資料作成、葛飾区新小岩計画検討、見積作成、渋谷区東計画検討、板橋区弥生町計画検討、その後練馬区田柄方面へ現地調査など。夕方に帰社後は小金井計画検討、東計画検討、文京区本郷計画検討、原稿作成、成増の不動産会社さんと電話、渋谷区恵比寿2丁目計画検討など。

着々と年度末が迫ってますが、落ち着いてあくまで冷静に頑張りましょう。

ではこちら。

「3.11」検索で10円寄付

東日本大震災から丸3年を迎える3月11日、Yahoo!検索で「3.11」と検索すると、1人につき10円が寄付される「『Search for 3.11』チャリティー」が実施される。

このチャリティーは、「震災の記憶が少しずつ風化していく中、もう一度3月11日に想いを寄せるきっかけを創出したい」という趣旨でYahoo! JAPANが行うもの。3月11日の0時0分から23時59分の間にYahoo!検索で「3.11」というキーワードで検索を行うと、Yahoo!が1人あたり10円を検索者に代わって寄付する。

対象となるキーワードは「3.11」のみで、「3月11日」や「3,11」は対象外。上限は500万円(=ユニークユーザー数50万人)に設定されている。
web R25 2014年03月07日17時00分

なるほど。

これはなかなか良い企画ではないでしょうか。

実際に今も被災された方で避難生活をされている人もいますし、復興の支援を続けている方も大勢いらっしゃいますが、何かをしたいと思っていながら、なかなか行動出来ないままの方もまた大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

今回はヤフーの企画で、誰でも役に立てるきっかけを用意してくれたのだと思いますので、来る3月11日には、是非「3.11」をYahoo!で検索しましょう。

ちなみに先ほどYahoo!で「3.11」を検索したところ、1位に表示されるのは、YouTubeに投稿されている「【東日本大震災】3.11〜あの日を忘れない〜」という動画でした。これは、震災の被害の大きさや、救護活動、避難生活の様子をスライド形式で綴ったもので、再生回数が220万回以上に達しています。

ちょっと不用意に見てしまうと、その場で涙が溢れてくることもあるかもしれませんし、女性や子どもには刺激が強すぎるかもしれませんので、ご注意ください。

しかし、それだけ悲惨な現実を多くの方々が被災され、経験したわけですし、この事実を絶対に忘れるようなことがあってはいけません。

あれから3年が過ぎようとしていますが、日本国民は少しでも教訓を生かしているでしょうか。ひとり一人が出来ることをして、少しでも日本の未来につなげなければいけないと思います。 

弊社では阪神大震災をきっかけに、決して倒壊したり燃えたりせず、そこに暮らす人を守ることが出来る家を追求し、家を建てるなら安全で快適なRC(鉄筋コンクリート)住宅が一番適していると判断して、RC住宅に特化することにしました。

そして東日本大震災が発生し、それまで行なってきた家づくりが間違っていなかったという実感が持てたものの、まだまだ力不足もあって、多くの家を建てることは出来ません。

これからも災害に強い日本にするために、1棟でも多くRC住宅をお届け出来るよう、これからも努めていきたいと思っています。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←今日もどうか応援のクリックを一つ。 



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ