住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

TOTO

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

TOTOさんの値上げとか。

価値ある住まいを建てるならRCdesign

快晴の東京です。

そんな今日は朝から日野市計画検討、図面作成、文京区根津のOBオーナー様とお電話、大工さんと電話、設備屋さんと電話、信用金庫さん来社、お問い合わせ対応、渋谷区西原計画検討など。

午後は図面作成、大田区仲池上計画検討、書類作成、信用金庫さんと電話、事務組合さんと電話、お問い合わせ対応、渋谷区西原計画検討など。夕方は提携会社さんと電話、中央区湊2丁目計画検討、ミーティングなど。

今朝は28年ぶりの冷え込みとなったそうです。体調管理にはくれぐれもご注意ください。

ではこちら。

TOTO、13年ぶり値上げ

TOTOは、衛生陶器や温水洗浄便座、ユニットバスなどの住宅設備機器の希望小売価格を、10月1日受注分から値上げすると発表した。

鋼板や銅といった原材料価格や物流費、人件費などの上昇によるもので、企業のコスト削減努力だけでは対応できないとして、価格引き上げに踏み切らざるを得ないと判断した。

主要商品の値上げは平成18年度以来、約13年ぶり。衛生陶器は6〜7%、温水洗浄便座が4〜6%、ユニットバスが5〜7%の値上げとなる。
2019年5月7日 19時3分 産経新聞

なるほど。

住宅設備機器の大手企業さんもいよいよ値上げを実施されるとのことです。

TOTOさんは、弊社でも比較的取扱が多いメーカーさんなんですけど、それには当然理由があって、その品質はもちろんのこと、アフターメンテナンスや部品供給、モノづくりに対する考え方など、共感できる部分があって、はじめてお客様にもオススメ出来るわけです。

似たようなデザインでより安価な部材も入手可能ですが、設備機器などは暮らしに直結する部品ですし、建物全体の性能や住み心地にも影響しますので、慎重に選んで頂きたいところです。

今回は設備メーカーさんが製造販売する部品の値上げですが、実際はその部品を組み立て、取り付けする必要があり、その部分のコストアップも避けられない状況です。

メーカーでの工場生産では、ある程度機械化が進んでいますので、少なからず無理の効くところもありますが、記事にもあったように、原材料価格や物流費も、元は人件費が高騰していることが原因にあります。

今後は部品以上に、運搬、組み立て、取り付けなど、人の手を必要とする部分での値上げが予想されますが、モノづくりに関わる人材が不足している中では、相当に需要が減ったとしても、供給が過剰になることは考え難い状況です。

選択肢は二つ。安価で供給するために、規格品を大量生産したものか、もしくはこだわりの一品を人の手によって造るか。

もしかすると、上記をバランスよくミックスした造り方もあるかもしれません。

本来大切なのは価格よりも価値のはずです。もちろん同じモノなら安いに越したことはありませんが、選択基準が価格だけというのは危険です。

価値をご理解頂ける方に、喜んでいただけるよう最善を尽くして参ります。

住まいはRC住宅を是非ご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←令和もよろしく。



設備機器の保証サービスとか。

東京で安心住宅を建てるならRCdesign

晴れのち曇りの東京です。

そんな今日は朝から目黒区中目黒計画検討、見積作成、文京区根津計画検討、電気屋さんと電話、図面チェック、三鷹方面計画検討、解体業者さん来社打ち合わせ、書類作成、港区高輪計画検討など。

午後からは資料作成、サッシ屋さん来社打ち合わせ、中目黒のお客様とお電話、図面作成など。夕方は文京区千駄木計画のお客様にご来社頂きました、ありがとうございます。ミーティングなど。

あっ、気付けば月末ですね。明日からは3月です。張り切って参りましょう。

ではこちら。

サービス攻勢のLIXILと製品で勝負のTOTO、住宅設備ガチンコ対決

数年後に振り返ると、今年の4月1日は国内の住宅設備業界における“一大転換点”となるかもしれない。

数年前までの急進的な海外M&Aを引っ込めて、国内事業の立て直しを進めるLIXILグループが、自社製品を買ってくれた消費者に対して保証期間を無料で延長する会員サービスを始める。

同日より開設される「リクシルオーナーズクラブ」専用サイトか、製品に同梱されるはがきにロット番号(製造単位ごとに異なる追跡可能な番号)を登録するだけで、通常2年だったメーカー保証期間を3年まで無料で延長できる。

ただし、トイレで60%のシェアを握るTOTOの牙城を切り崩すべく、LIXIL傘下のINAXのシャワートイレなど一部の製品に限っては、5年まで延長する。
2018年2月28日 6時0分 ダイヤモンド・オンライン

なるほど。

これまたリクシルさんが思い切ったサービスを始めるようです。

記事によれば、これまでトイレや洗面化粧台、ユニットバスやキッチンなど、水廻り関連の設備機器については、各メーカーとも2年の保証期間というのが標準となっていましたが、それを3年に延長できるようにするということです。

さらに、同業他社に対抗するべく、一部の商品は5年という期間も選択できるようになるようですので、これには他社も追従せざるを得なくなるかもしれませんね。

さらにリクシルさんでは、年会費が必要になるタイプだと、365日24時間対応のメンテナンスパックを用意し、割引価格による修理や掃除が受けられるということで、このパッケージサービスでは、他社の製品も扱い、自社製品の修理なら最初から20%割り引くそうです。

他にも製品によって加入費は異なるようですが、有料で5年保証プランや10年保証プランを設けて、LIXILは「(会員なら)いつでも無料で、24時間の修理受付が可能」という点を売りにするようです。

ここまで行うとなれば、確かに住宅設備機器業界としては、大きな転換期になるかもしれませんね。

きっとこの流れは、住宅そのものが瑕疵担保責任保険による10年間の保証を担保していることに対して、設備機器の寿命が短いということが要因としてあったように思います。

住まいにおける日常生活では、設備機器の役割も当然大きなものになっていますので、故障による不便さは、結構大きなものとなってしまいますし、そのリカバリーには金銭的負担もまた大きいものとなります。

そのような不安から少しでも解放されるのであれば、多少の費用負担で安心が付いてくるというサービスは、オーナー様に受け入れられるかもしれませんね。

実は弊社でも、同様のサービスを検討していて、給湯器や換気扇なども含めた住宅設備機器の保証を延長して、住宅そのものと同様に安心をお届け出来るようにしたいと考えています。

民間損害保険会社さんとの提携商品となると思いますが、オプションとして一定の金額をご負担頂ければ、10年間修理や交換が無料で対応させて頂けるというものですので、ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

10年といえば、設備機器などは年々進化して新し機種が出てきますし、家族の成長もあれば、建物本体もメンテナンスを考えなければいけない時期になります。

新築から10年は割と早く到達してしまうものですので、設備機器も含めて住まいのメンテナンス計画をしっかりと立てておかれると安心です。

住まいのメンテナンスもRCdesignまで、お気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング    ←ご声援を是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ