住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

W杯

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

W杯はフランスが優勝とか。

東京で涼しい家を建てるならRCdesign

晴れて猛暑続く東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、板橋区双葉町計画検討、文京区本駒込計画検討、社労士さんと電話、書類作成、港区高輪計画検討、お問合せ対応など。

午後は日野市計画のお客様とお電話、内装建材メーカーさんと電話、資料作成、各種検討、その後葛飾区新小岩計画の現場へ、現場確認、大工さんと打ち合わせ、オーナー様と打ち合わせなど。夕方帰社後は出版社さんと電話、書類作成、お問合せ対応、ミーティングなど。

酷暑お見舞い申し上げます。想定外の暑さが続いております、くれぐれもお身体お大事にしてください。

ではこちら。

フランスが20年ぶり2度目のW杯制覇! ポグバ&ムバッペが鮮やかゴール、計6発の打ち合い制す

2018 FIFAワールドカップ ロシア決勝が15日に行われ、フランス代表とクロアチア代表が対戦した。

ついにファイナルを迎えたロシアW杯。20年ぶりの大会制覇を狙うフランスはMFポール・ポグバやFWアントワーヌ・グリーズマン、FWキリアン・ムバッペらが、初優勝を狙うクロアチアはMFルカ・モドリッチ、MFイヴァン・ラキティッチ、FWマリオ・マンジュキッチらが先発に名を連ねた。
2018年7月16日 1時53分 SOCCER KING

なるほど。

もしかすると、W杯ロスで夜に時間を持て余している方も多いのではないでしょうか。

1ヶ月にわたる深夜のドラマ観戦が終わってしまった寂しさと、寝不足から解放される安堵感を感じていますが、酷暑が続く日本では限界が近かったかもしれません。

今大会全体の総括は、すでにいろんなところで語られていることと思いますが、やはり今回も歴史が動いた大会だったと思います。

エムバペともムバッペとも言われる19歳の10番が活躍するし、カウンター攻撃の速さがパスサッカーよりも得点を取れたり、またVARというビデオ・アシスタント・レフェリーなどの新しい審判の判定方法が導入されるなど、試合の結果にも大きく影響したのではないでしょうか。

それでも、やはり今回も強いから勝つのではなく、勝ったから強いチームということを感じました。

決勝戦の試合で、我が家ではクロアチアを応援していたんですけど、その日の運であったり、いろんな相性みたいなものもあるでしょうし、最後は時代の寵児に決められた格好になってしまいました。

もちろん、フランスも20年ぶりの優勝を目指して、コツコツと人材を育成してきたことや、チーム作りと戦い方を研究してきた結果に違いありません。

一方で、日本代表はもちろんのこと、出場各国のどの試合も良いゲームが多かったように思います。今回出場出来なかった強豪国も多かったのですが、流石に予選から勝ち上がってきたチームはどの国も素晴らしいチームだったと思います。

日本ではすでに4年後の話題になっているようですが、これまで日本代表を引っ張ってきたオジサン選手達は代表を引退することを表明していますし、2年後の東京オリンピックも含めて、新たな日本代表チームを作る作業が始まりそうですね。

ちなみに何年か前までは我が家の次男も代表入りを目指していましたが、早々に辞退することを決めたようですので、同年代の選手の皆さんには、是非頑張ってもらいたいと思います。

W杯では、選手もさることながら、監督やコーチ、スタッフなどの経験も大きな財産と戦力になると思いますので、そんな経験をひとつでも多く積むことが、まだまだ必要なのかもしれません。

最後に、タラレバを言わせてもらえるなら、今回の日本代表はベスト4に残れた可能性があったように思いますし、それゆえに残念さと次の期待感も高まっているのだと思います。

日本の次のスターを楽しみに待ちつつ、厳しく暖かくサッカー日本代表を応援していきたいと思います。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援を是非!



平成最後の夏の蚊ケアとか。

東京で蚊の侵入しない家を建てるならRCdesign

くもり時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から資材発注、世田谷区代沢計画検討、見積作成、徳丸計画検討、溶接屋さんと連絡、お問合せ対応、書類作成、電気屋さんと電話、板橋区双葉町計画のお客様とお電話など。

午後からは高田馬場へ、会合出席など。夕方帰社後は葛飾区新小岩計画のお客様とお電話、大工さんと電話、お問合せ対応、世田谷区下馬計画検討、見積作成、ミーティングなど。

天気予報を見る限り、1週間以上雨のマークは付いていないようですので、工事を予定通り進められそうで良かったです。ただ、スタッフや協力業者さんの体調管理には気を付けたいところです。

ではこちら。

蚊ケア指数&撃退グッズで平成最後の夏を快適に過ごしたいぃぃ!

嬉しいサービス『蚊ケア指数』
殺虫、防虫商品などでお馴染みのアース製薬株式会社と、天気予報専門メディア『tenki.jp』を運営している日本気象協会が、夏季における虫ケア用品の売れ行きと気象情報の相関関係から“蚊対策”の必要度を5つのレベルで表した『蚊ケア指数』。

この『蚊ケア指数』をチェックすればこれまでよりも快適な夏を過ごすことができるかも!?
2018年6月27日 15時30分 耳マン

なるほど。

確かにここ数日、身の回りで目撃する機会がにわかに増えている気がします。

幸いにも今のところは刺されていませんが、存在を確認してしまうと気になってしまうものですし、何年か前には日本でもデング熱の感染が報告されるなど、子どもがいるご家庭などでは、心配事がひとつ増えるシーズンかもしれません。

記事にあったのは、私も利用しているスマホアプリで、主には天気予報や花粉情報を確認しているんですけど、そのアプリ内で、蚊ケア指数というものが始まっていたということです。

これは、その日の全国各地の蚊対策レベルが1から5で表示されていて、ぱっと見で確認できるシンプルな仕様になっています。レベル1であれば蚊対策の必要は低いが、レベルが5であれば蚊対策は必須ということ。

先ほど確認したところでは、東京はすでにレベル5になっていて、早々に蚊対策をする必要がありそうです。

実際に出来る対策としては、ご存知の方も多いと思いますが、バケツや植木の受け皿など、家のまわりの水たまりをなくす、溝の掃除をしてボウフラが発生しないようにするなど、まずは環境を整えることが大切ですね。

記事では、紹介されていた「蚊ケア指数」の協力をしているアース製薬の商品が数多く紹介されていました。シチュエーションに合わせた蚊ケアグッズを多数開発してくれているようですので、必要な方はドラッグストアなどでチェックして見てください。

ところで、私的に気になっている蚊対策グッズがあって、それは電気式蚊取り器とでも言いますか、「UVライト・光」で蚊を引き寄せ「風化・電撃殺虫」することができるものなんですけど、これが意外とスタイリッシュで使い勝手が良さそうなんです。

しかも煙やニオイがないので、赤ちゃんやペットがいても安心して使えますし、掃除も簡単ですので、ご興味のある方が一度ググってみてください。

最後にもう一つ気になる情報を目にしたんですけど、あす28日(木)には、サッカーW杯の1次リーグ第3戦がありますが、そこでは対戦相手のポーランドより手ごわい難敵がいるということ。

なんと蚊や虫が数百万匹も襲来すると言われていて、目や耳や口が気になってプレーへの影響が心配ですが、これまでには口に入って、喉まで来ることがあったそうです。

う〜ん、明日の応援では、たとえ必要のないご家庭でも、蚊取線香に火をつけて、その成分を念に乗せて、試合会場まで届けて頂けると、きっと良い結果につながるのではないでしょうか。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援を是非!



サッカー日本代表とオオサコとか。

東京でサッカー好きの家を建てるならRCdesign

梅雨空の東京です。

そんな今日は朝から中野区大和町計画検討、現場では地盤補強工事、資料作成、渋谷区千駄ヶ谷計画検討、見積作成、サッシ屋さんと電話、税務署へ書類受け取り、提携会社さんと電話、板橋区双葉町計画検討など。

午後はお問合せ対応、来客面談、見積作成、台東区竜泉計画検討、港区南青山計画検討など。夕方は徳丸計画検討、書類チェック、サッシ屋さんと電話、ミーティングなど。

得点シーンは何回見ても楽しいです。

ではこちら。

海外メディアも日本の番狂わせを続々報道「感動火花」「評論家の度肝抜く」

FIFAランキング61位の日本がワールドカップグループHの初戦で同16位の格上のコロンビアを2−1で下す大番狂わせを演じた。45位をひっくり返すジャイアントキリングを海外メディアも一斉に報道した。

欧州をカバーするスカイスポーツは、「日本が大迫勇也のヘディング弾で10人のコロンビアから感動的な初戦勝利を決めた」と報じた。
2018年6月19日 22時52分 サッカーダイジェストWeb

なるほど。

昨日は多くの人がライブで観戦していたようですが、今回のW杯は本当に開催日当日まで、全く盛り上がっていなかったように感じましたので、ようやく日本人の目も覚めたのではないでしょうか。

昨日までの今大会の流れでは、強豪国が次々と負けたり、引き分けに終わるなど、大方の予想を裏切る結果が続いていましたので、もしかしたら日本も格上を相手に一矢報いることが出来るかも、という期待を持たれていた方も多いと思います。

そんな一途の望みを持ちながら、私も家族揃って応援しておりましたが、もう試合開始早々から予想外の展開になりましたし、それでも毎度のことながら、どこか楽観視出来ず、ドキドキしながらの観戦でした。

その試合内容や各選手のコメント、さらに評論家の方々のご意見については、各種報道等のとおりですが、私個人的には審判が良かったと思いました。いずれにしてもこの勝利が歴史的な一勝であり、それを目撃できたことを幸せに思います。

記事にもあったように、海外の各国メディアでも取り上げられていて、中でも「日本の初戦は、3人(現在5人)の死者が出て200人以上のけが人を出した大阪の大地震という暗い背景を受けて行われた。だが、西野朗監督のチームは、勇気づける結果を見せた。ノックアウトステージ進出へ向けて希望に満ちている」と伝えていたのが印象的でした。

また、この試合で日本が歴史に記録したのは、「日本はアジアのチームとしてワールドカップで初めて南米チームを破った(18試合で1勝3分け14敗)」、「ワールドカップで1974年大会以来、初めて南米の4チーム以上が初戦勝利を逃した」、「本田圭佑がワールドカップの3大会でアシストを記録した初のアジア選手となった」などがあるそうです。

そんな中、国内では国営放送のアナウンサーさんも口にしていたキーワードが、また話題になっていて、サッカー好きの方ならご存知の「大迫半端ないって」が、ここまでメジャーになるとは思っていなかったです。

先月テレビを見ていたら、どこかで聞いたことがあるセリフだったものの、画面には女性が映されていて、それが例のパロディと気づくまで、若干のタイムラグがありました。記念に貼っておきます。


折角なのでオリジナルも貼っておきましょう。


次の試合も半端ないパフォーマンスを期待しています。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援を是非!



ロシアW杯開幕ですね。

東京でサッカー好きが家を建てるならRCdesign

晴れのちくもりの東京です。

そんな今日は朝から書類作成、その後金融機関へ、帰社後は電気屋さんと電話、税理士さん来社打ち合わせ、板橋区双葉町計画検討、資料作成、中野区大和町計画検討、見積作成など。

午後からは葛飾区新小岩計画の現場へ、地盤改良工事立ち会いの後オーナー様と打ち合わせなど。夕方帰社後は双葉町のお客様とお電話、商社さんと電話、蓮根のお客様とお電話、資料作成、ミーティングなど。

サッカーワールドカップ、始まります。

ではこちら。

いよいよ今夜ロシアW杯開幕! “絶対に押さえておきたい”5つの基礎情報

6月14日(木)、日本時間24時(15日0時)に2018 FIFAワールドカップ ロシアが開幕する。4年に1度のサッカーの祭典を楽しむにあたり、“絶対に押さえておきたい”5つの基礎情報を紹介しよう。

FIFAワールドカップとは?
FIFA(国際サッカー連盟)が主催するナショナルチームによる世界選手権大会。4年に1度の周期で行われる。1930年にウルグアイで第1回大会が行われ、今大会で通算21回目。全世界のTV視聴者数や経済効果はオリンピックを凌ぐとも言われている。
サッカーキング 2018年06月14日

なるほど。

いよいよ本日、4年ぶりの祭典が始まりますね。

しかしながら、日本においてはこれまでに無い静まり加減で、数日前からようやくメディアで取り上げる時間が増えてきた感じです。

それはやはり、あまりにも期待を持てない代表チームであったり、直前の監督交代だったり、若いスター選手が不足しているということもあるかもしれません。

しかしながら、本来はこのワールドカップでサッカーの世界一を決めるということが目的で、その時代を象徴する一番強い国が決まり、同じようにスター選手が現れる場面を目にすることが出来るんです。

もちろん日本代表が勝ち進んでくれることは大変嬉しいことに違いありませんが、日頃見ることが出来ない、強豪国の試合を見ることが出来たり、最新のサッカー技術や戦術を見ることもまた楽しみですね。

さて、記事にあった基礎情報ですが、今大会の開催国は?という項目で、今大会の舞台はご存じのとおりロシアですね。東ヨーロッパでは初の開催となるということです。また、今大会はモスクワやサンクトペテルブルクなど11都市12会場で試合が行われるそうですが、ロシアは世界で最も広い面積を誇る国にも関わらず、開催都市は欧州側の西部に集中していて、ウラル以東の会場はエカテリンブルクという場所のみだそうです。

ちなみに、昨日のニュースで報じられていましたが、2026年のサッカーワールドカップは、史上初となるアメリカ・カナダ・メキシコの3か国共催に決定しました。

次の基礎情報は今大会の出場国は?です。
今大会には208の国と地域が予選に参戦していたということ。各大陸の厳しい予選を勝ち抜いた31カ国に開催国のロシアが加わり、今大会に臨む32カ国が決まっています。

そんな中で、日本は“最終予選の初戦に敗れた国はW杯に出場できない”というジンクスを見事に打ち破って、6大会連続6度目の出場を果たしているんですね。さらに、今大会でW杯初出場から一度も途切れることなく出場を続けている国は日本とブラジルの2カ国のみだそうです。

次の基礎情報は前回大会からのルール変更は?ということで、以下の3つのルールがロシアW杯から変更となるそうです。
VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の導入…誤審を防ぐため判定にビデオを用いる。野球やテニスのようなリクエスト制度はない。主審がビデオ判定を要求した場合、別室の審判員が映像で対象のシーンを確認し、主審へ報告。最終ジャッジはすべて主審が行う。
延長戦で4人目の選手交代が可能…通常の交代枠は3人までだが、延長戦に突入した場合のみ1枠増える。なお、グループステージは延長戦がないため、決勝トーナメントからの導入となる。
3杏瑤らの通信が可能…選手への指示を出す目的のみに限り、ベンチと外部の通信が可能となる。選手交代や戦術が試合の行方を左右する重要な要素となりそうだ。
これらのルール変更が、サッカーの試合にどのくらい影響するものなのか、このあたりも注目したいですね。

そして最後の基礎情報は日本代表の現状は?ということで、ここを心配されている方も多いと思います。

今回の大会を目指して外国人監督を招聘し、そこに日本の未来を賭けていたと思っていたんですけど、なかなか思うような結果を出せなかったということもあり、日本サッカー協会は4月7日、2015年3月から日本代表を率いてきたハリルホジッチ監督を電撃解任してしまいました。

その後任として、日本サッカー協会技術委員長を務めていた西野朗を指名し、W杯まであと2カ月というタイミングで、異例の監督交代を実行して、本番を迎えることになりました。

幸いにも、一昨日行われたパラグアイとの親善試合では、4−2で久しぶりの勝利を味わうことが出来ましたが、少なからずこれまでに無い攻撃を見ることが出来たことと、良い雰囲気を手に入れたことが収穫だったと思います。

今は良い時代で、全ての試合を日本でも見ることが出来ると思いますので、是非この機会に世界のサッカーに触れてみてはいかがでしょうか。

毎度のことながら、テレビの放送時間は、24:00〜とか、27:00〜とかも多いので、今日から1ヶ月、大会期間中のお仕事には十分余裕を持った調整をしておきましょう。

まずは6月15日(金)の27:00〜、ポルトガル対スペインは見逃せませんね。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援を是非!



W杯ドイツ優勝と世界一の東京とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で資産住宅を建てるならRCdesign

晴れて暑い東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、豊島区千石計画検討、お問い合わせ対応、世田谷区砧マンション計画検討、提携会社さんと電話、書類作成、砧二丁目計画検討、見積作成、土地家屋調査士さん来社打ち合わせなど。

午後は見積作成、立川方面の業者さんと電話、西台のお客様ご来社打ち合わせ、台東区上野桜木計画検討、お問い合わせ対応、提携会社さんと電話、板橋区弥生町計画検討など。夕方は5丁目のお客様にご来社頂き打ち合わせ、新宿区下落合でご検討のお客様とお電話、台東区寿計画検討、図面作成など。

IMG_4740さて、2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会は24年ぶり4度目となるドイツが優勝で幕を閉じました。約1ヶ月間存分に楽しませて頂きました。いい大会だったと思います。終わってしまうのはちょっと寂しいですが、これで睡眠が取り戻せますね。(写真の勝敗表はデュラビットさんから頂きました)

ではこちら。

東京、2030年まで「世界一の大都市圏」と国連予想 デリー・上海を上回る

国連による「世界大都市ランキング」が10日、発表された。

現在、世界人口の54%(39億人)が都市部に在住し、2050年には66%となる見込みであるという。また人口1000万人以上の「メガ大都市圏」は、1990年の調査開始時には10ヶ所だったが、現在は28ヶ所あり、2030年には41ヶ所になる見込みだという。

【人口減少でもトップの東京】
人口1000万人以上の「メガ大都市圏」28ヶ所のトップに君臨するのは、東京だ。横浜や千葉などを含むメガ大都市圏・東京の人口は約3800万人で、1990年の調査開始以来ずっとトップを保っているという。続いてインドのデリーが約2500万人、上海約2300万人、メキシコシティ、ムンバイ、サンパウロがそれぞれ約2100万人だ。

日本は人口が減少していることから東京都市圏の人口も減っていくと予測されるが、それでも2030年まではトップの座を保つと見込まれている。2030年東京圏の予測人口は3700万人で、その頃には、デリーが僅差で迫ると見られているそうだ。 
NewSphere 2014年07月13日11時00分

なるほど。

こんなところで東京がいまだにトップだったとは、結構意外だったのではないでしょうか。

実際に東京圏といっても、それなりに広い地域ですし、その中の住宅地では現在進行形で人口が減っていたり、そこに暮らす人々の年代構成が変わってきていたりしますので、最近は町がそんなに混雑している感じはしませんでした。

もちろん、渋谷や新宿、池袋などの繁華街では日夜多くの人が活動していますので、そんなに人口減をかんじることはありません。

これは日本全国的な現象かもしれませんが、住宅街の中の公園で、遊ぶ子どもを見かけることが少なくなりましたね。

遊びそのものが変わったということもありますが、やはり人口減と世帯数減の一端を感じてしまう光景ではないでしょうか。

そんな日本の事情を考えると、なんとなくネガティブな雰囲気になりがちです。しかし、記事にあるように、東京圏というメガ大都市圏はまだしばらく世界のトップを維持出来そうです。

さらに、今後の超高齢化社会を考えると、あまりにも若い世代が少なく、介護はもちろん社会を支えることすら難しくなっていくことも想像できますので、国としても外国人労働者や移民の受け入れを進めざるを得ないのではないでしょうか。

そうなると国の人口は減っても、都市人口は維持されるように思います。

また、国連によると都市化は政府にとって住宅やインフラなどを整備するチャンスだといわれています。結果的には、住人が各地に散在しているよりは1ヶ所に集中している方が、水道光熱や交通機関の提供が安く済み、環境にも影響が少ないとの報告が出ているということです。

確かに一家族専用の上下水や電気の設備を整え、維持していくのは非常にコストが高くつきますが、一定の町単位であれば、各家庭の負担も少なくすることが出来ますね。

きっと電気に関して言えば、そんなに遠くない将来、地産地消的に自分で使う電気は自分で作るという家が多くなるでしょう。しかし上下水道に関しては、文明的な暮らしをする以上必ず公共のサービスが必要です。

ということで、まだしばらくは東京圏に対して投資する価値があるように思いますし、住まいに関しても資産価値を維持出来る(RC住宅が好ましいですね)のではないでしょうか。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←応援のクリックをどうかひとつ!



W杯中でも家づくり講座です。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で注文住宅住宅を建てるならRCdesign

梅雨の中休みで良い天気の東京です。

そんな今日は朝から台東区上野桜木計画検討、大田区池上計画検討、見積作成、資料作成、板橋区常盤台計画検討、業者さんと電話など。

午後は江東区北砂計画検討、見積作成、高島平5丁目のお客様宅訪問、打ち合わせなど、ありがとうございます。板橋区弥生町計画検討、資材メーカーさんと電話など。夕方は大工さんと打ち合わせ、お問い合わせ対応、各種段取りなど。

今日は比較的湿度も低く清々しかったですが、さっそく寝不足の週末ですね。今朝はスペイン対オランダ戦が予想外の結果となり、きっと世界中が驚いたと思います。しっかりと強敵の対策をしてきたオランダにあっぱれです。それでは今日も土曜日恒例の家づくり講座第203回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

先日、女性スタッフに、「住まい以外で、今までにオーダーメイドをしたものは何?」と尋ねました。彼女は40代。しばらく考えた後、「一つだけありました。椎間板ヘルニアになった時に作ったコルセットです」と答えました。

大きめの包帯をぐるぐる巻いて、そこに石膏を塗り固めて型を取ったそうです。20年以上前のことですが、7万円ほど支払ったとか。後日、保険で大部分が返ってきたので、実質的な負担は1万円程度でした。当時は医療費負担1割の時代。今考えると、恵まれた時代でしたね・・・。

彼女はそれ以外にも、これまで沢山のコルセットを使ったそうです。既製品は数千円と安いのですが、全てに何かしらの不満があったとか。結局、自分に合わせて作ったコルセットに一番助けられた、と言います。

さて、この話で、私が何を言いたいのか分かりましたか?私たちは、思いのほか既製品を利用しているということです。

車のように、既製品にオプションを付けて個性を追求することはあっても、自分のために一から作る、という経験は少ないのです。

ですから、既製品に安心感を感じる人も多く、住まいづくりの時も、建売住宅や規格型住宅を積極的に選ぶ人がいます。

「建売住宅は完成品を見てから買えるから、分かりやすくていいな」「自分ではよく分からないから、こういったものがあると助かる」という声もあるほどです。

車や家電を買うのと、全く同じ感覚ですね。確かに私たちには、物事に柔軟に対応できる能力があります。でも、住まいに合わせて暮らすより、家族に合わせた住まいをつくる方が、家にも愛着がわくし、生活がより楽しくなるものです。

「子どもがピアノ好きだから、防音ルームで思い切り弾かせてあげたい」「ペットの足に負担にならないような床材を敷きつめたい」「雨が降っても子どもたちが元気に遊べるよう、土間のような空間が欲しい」「子どもの成長に合わせてリフォームしたいから、最初は凝った部屋にせず、資金を残しておきたい」

「背が高くて既製品のキッチンに苦労しているので、私に合うキッチンを追求したい」「アレルギー対策のため、素材にこだわった家に住みたい」ちょっと考えただけでも、たくさん出てくるんじゃありませんか?

ただ、「家づくりにこだわると、それだけ金額が大きくなりそうで不安だ」と思いますよね。

業者の中には、沢山の広告費を使い、沢山の営業マンを雇うなど、建築に関わらない部分での費用負担が多い業者と、広告費ゼロで、営業マンを置かず、建築に関わらない部分の費用負担が少ない業者がいます。

それらの費用は、一体誰が負担するのでしょう?そう、そこの業者やメーカーに新築を依頼する方です。ですから、後者のような業者を選んで家を建てたら、余計な負担をすることなく家づくりができます。

前述のスタッフの息子さんは、父親の転勤のため、いろんな家に住んできました。今の持ち家より2倍も広い家に住んだこともあります。

それでも「今の家ほど大好きな家はない」と言い切るそうです。家族で意見を出しあって建てた家。「自転車置き場を玄関の近くにしてもらえば良かったな」という反省点はあるものの、自分の生活を楽しめるので、大満足しているとか。

家づくりは、ほとんどの人にとって、一生に一度の経験です。安心感を得るために建売住宅や規格型住宅を選ぶのも一つの方法でしょう。でも、これからの生活を楽しみたいなら、一から考える注文住宅の方が、より後悔が少ないと思いませんか?

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←明日は日本代表の第1戦です。応援のクリックをどうかひとつ!
がんばれニッポン!


プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
twitter
brogram

おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『東京の注文住宅』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場



一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ブログランキング
livedoor 天気
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
Amazon




住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
チーム・マイナス6%