高性能な家を建てるならRCdesign

スッキリ晴れた暑い東京です。

そんな今日は朝から書類チェック、見積作成、江東区住吉計画検討、ミーティング、賃貸管理業務、原稿チェック、溶接屋さんと電話、提携会社さんと電話、建材メーカーさんと連絡、港区東麻布計画検討、資料作成など。

午後は江東区住吉計画のお客様ご来社、ご近所のお客様と打ち合わせ、地方銀行さん来社打ち合わせ、提携会社さんと電話、渋谷区西原のオーナー様とお電話、足立区足立計画検討、蓮根計画検討、資料作成、渋谷区千駄ヶ谷計画検討、見積作成など。夕方は世田谷区代沢計画検討、見積作成、資材発注、ミーティングなど。

エアコンをつけ始めてください。

ではこちら。

夏が「長く・熱く」なっている!? でもエアコンを「ガマンできるときは消す」人が47% - パナソニック調査

パナソニックは6月18日、今夏のエアコン利用とエアコンの満足度についての調査結果を発表した。調査は2024年5月16日〜5月23日/5月20日〜5月26日、エアコンを所有している20〜60代の男女552名(男性275名、女性277名) / 555名(男性254名、女性301名)を対象にインターネットで行われた。
2024年6月19日 10時59分 マイナビニュース

なるほど。

パナソニックさんが興味深い調査結果を発表されていました。

我が家では6月に入って何度か30℃のニュースがあってから、すでにエアコンを付けっぱなしにしています。

リビングではここから9月末まで、エアコンのリモコンに触れることはありませんが、寝室は何度か温度の微調節を行う場合があります。

日中は留守番をしている犬がいたりしますので、室温が上がってしまうととても危険ですし、毎年お伝えしておりますように、床や壁、家具や家電などに温度を溜めないようにすることが大切です。

記事に書かれていたのは、夏の平均気温は長期的に上昇傾向にあり、100年あたりおよそ2℃程度上昇している。さらに、最高気温が35℃以上となる猛暑日の年間日数については、1990年代以降で顕著に増え、今では猛暑日が当たり前に。また、熱帯夜の年間日数も増加している。これらのことから、夏が「長く・暑く」なっていることがわかる。とありました。

もうこれは実感として皆さんが思っていたとおりですが、毎年記録を更新し続けながら、既成事実を積み重ね、洗脳されるように常態化していくのですね。

そんな中、記事では屋内での熱中症対策6つが紹介されていました。

熱中症対策として、「体を暑さに慣れさせる」、「こまめに水分補給・汗をかいたときは塩分補給」、「しっかり睡眠を取る」、「室内の温度と湿度を意識する」、「室内の風通しを良くし、がまんせずエアコンを使用する」、「夜に気温が下がらないときは、エアコンを切らずに使用する」ことが大切だということです。

今年はこれまでよりも早めに熱中症の話題が多くなっていますので、皆さんの意識も高まっていると思いますし、準備は早いに越したことはありません。

記事にあった調査結果の中で、夏の屋内での暑さ対策は、「エアコンを使う」が最多の76.3%となっている。さらに、気象変化とともにエアコンの使い方も変化しており、最近では1日の使用時間が長く、夏の期間24時間連続の「つけっぱなし運転」をされている方が増加傾向にある。昨年8月では20%を超える人が24時間運転をしていた。また、睡眠中にエアコンを利用する人も年々増加傾向にある。と書かれていました。

もう10年以上前から、日本における高性能住宅の住み方や、夏と冬の暮らし方、省エネで快適な時間を過ごす方法、健康的な生活スタイルなどをお伝えさせて頂いて来ましたので、ようやくちょっとは普及してきたようで、嬉しく思います。

一方で調査では、16.9%が今使用しているエアコンに不満を抱えていることがわかったということ。その理由は、「省エネ性能が低い」(42.3%)、「冷房の効きが悪い」(42.3%)、「掃除に手間がかかる」(38.0%)、「カビが生える」(23.9%)、「除菌機能が無い」(22.5%)と、「省エネ性能」「冷房の効き」「清潔性」が上位となっている。とありました。

この結果を見ると、単にエアコンの性能が悪いことが不満ということになっていますが、実はこれらの不満のほとんどは、家の断熱性能が高ければ解決されることなんですね。

家の断熱性能が高ければ、省エネに寄与できることは当然、年間を通じて快適に暮らすことが可能になります。

記事にあった調査では、実際の今夏のエアコンの利用状況については、「ガマンできるときは消す」が最多の47.3%、続いて「在宅時のみつけっぱなし」(31.7%)、「不在時も含め常につけっぱなし」(10.6%)という結果になったそうです。

さらに、エアコン冷房を控える理由については、「電気代がかかるから」(77.8%)が圧倒的に多く、電気代が各家庭のお財布を直撃している現状や、エアコン不満の「省エネ性能」が反映される形となった。とありました。

断熱性・機密性に優れた高性能住宅が普及し、年々暑くなる自然環境でも安全・快適に暮らすことが当たり前になるといいと思います。是非RC住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←晴れますように。