安全な家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から書類作成、文京区白山計画検討、提携会社さん来社打ち合わせ、大田区下丸子計画検討、世田谷区新町計画検討、図面作成、渋谷区西原計画のお客様とお電話、ありがとうございます。

午後は書類作成、港区南青山計画検討、練馬区豊玉北計画検討、資料作成、お問い合わせ対応、図面作成、大田区田園調布計画検討など。夕方は練馬区豊玉北計画のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。賃貸管理業務、杉並区今川計画検討、書類作成、ミーティングなど。

あっ、12月になってましたね。張り切って走って参ります。

ではこちら。

コロナ禍で犯罪も変化。おうち防犯をアップデートしよう

新型コロナウイルスの影響で、テレワークのための在宅時間が増えるなど、今までと違う暮らし方が浸透しつつありますが、それに伴って住まいや人を狙う犯罪も大きく変化しているといいます。

今回は防犯ジャーナリストの梅本正行さんに、犯罪手口の変化と防犯対策を聞きました。
2020年12月4日 7時0分 SUUMOジャーナル

なるほど。

なかなか信じ難いというか、気が付かなかったことだと思いますが、こんなご時世にもしっかりと変化し、時代に順応しているとは、まったくやるせない気持ちになります。

日本人に限って、火事場泥棒のようなことは御法度なことと決まっているはずですし、それはしてはいけない事として、教育を受けてきたはずなんですけど、日本人の日本人らしさが失われてしまいそうで心配です。

さて、記事によれば新型コロナウイルス対策で、マスクをしていることが当たり前になったことから、犯罪の下見をしていても人相がばれにくく、周囲に怪しまれにくいため、犯罪を企てる人にとっては好都合な状況で、「現在、世界中で課題となっています」ということです。

なんとも想定外の影響という感じですが、その対策として記事では「常日ごろから周囲をよく観察し、周辺に見たことのない人物はいないか警戒をしましょう。歩きながらのスマホはやめ、イヤホンははずし、バッグは道路の反対側に持つなど、『警戒しているぞ』という気配を出し、生活の仕方を工夫することで、犯罪に巻き込まれる可能性を下げられます」と書かれていました。

さらに、家に帰宅するとき、また家を出るときにも同様の「警戒心」が大事になるそうで、「マンションでは、共用廊下のくぼみなどに潜んで待ち伏せし、出社時に玄関扉があいたスキを狙って、部屋に押し入った事件がありました。玄関扉を開閉するときは緊張感を忘れずにいたいですね」とも。

また、地域の回覧板や金融機関での周知で、何となく知ってはいましたが、外出自粛で高齢者の在宅時間が増加し、高齢者が孤立したところに、特殊詐欺やなりすまし詐欺の電話が入ることが増えたそうです。

そして最近の報道にもありましたが、新型コロナウイルスに便乗した検査や還付金詐欺、ガスなどの点検を装って家を訪れる「訪問盗」も多発しているそうです。

次に、買い物を避けるためにも通販やデリバリーサービスを使う人が増加し、マンションでも一戸建てでも、配送業者が敷地に入っても怪しまれにくい状況が続いていることからも、この訪問盗も紛れ込みやすく、また、敷地内に置いた荷物(いわゆる置き配)を狙った犯罪も増えているんですね。

一方で在宅時間が増えたのは、大人だけでなく子どもも同じです。また、「買い物は最少人数で」と呼びかけられていることもあり、子どもだけの「留守番」も増加しているため、その時間帯を狙った犯罪者もいるというのは心配になりますね。

このようなケースの対策として、記事では「子ども狙う犯罪は、家だけでなく周囲に大人がいる・大人の気配がするだけで防げるもの。子どもだけで留守番させるときは、『今、お母さん(お父さん)は、手が放せないのであとにしてください』と言わせましょう。よく『居留守』を使って、無視しなさいという人がいますが、すると犯罪者が留守だと思って侵入することも。そこで、インターホン越しで対応させ、『手が離せない』と言うことで、大人がいることを匂わせることができます」と書かれていましたので、是非参考にして頂きたいと思います。

もう一つの対策として、記事にもありましたが、最近ではスマホと自宅のインターホンを連動させる機能が付いた商品も登場しているので、これなら外出先から親が対応するという手段も可能になります。

実は、子どもを狙った犯罪を企てるのは、見知らぬ人ではなく、近所の人など顔を見知っている人が多いそうです。

そして最後はやはりネットに関することで、自宅で過ごすことが増えた子どもたちは、デジタルネイティブ世代と呼ばれ、ネットやネットゲームがあるのは当たり前です。そこで悪意を持った大人と接触し、事件や事故に巻き込まれることもあるといいます。

ここも大人がしっかりと対策を行っておく必要がありますね。中にはネットが苦手と言いながら子供任せにされているご家庭もあるかもしれませんが、ちょっと頑張って最低限のフィルターくらいは設定するようにしましょう。

と言うことで、ここからが一層何かと慌ただしくなる時期になります。昨日まで何もなかったからきっと今日も大丈夫ではなく、今一度気を引き締めて安全で快適な暮らしを守りましょう。

より一層の安全をお求めなら、住まいはRC住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援を是非!