東京で家を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝から資料作成、その後渋谷区東計画の現場へ、現場視察と解体業者さんと打ち合わせ、その後お客様と打ち合わせなど。ありがとうございます。

午後に帰社後は賃貸管理業務、渋谷区西原のオーナー様とお電話、文京区千石計画検討、ミーティング、電気屋さんと電話、出版社さんと電話、社内会議など。夕方は新宿区住吉町計画検討、提携会社さんと電話、リフォーム工事検討、製作会社さんと電話、お問い合わせ対応など。

なかなかしぶとい梅雨ですね。

ではこちら。

“脱炭素の新生活推進運動” 愛称は「デコ活」

環境省は13日、脱炭素社会を目指す国民運動の愛称を「デコ活」に決めたと発表した。

デコ活は英語の脱炭素「デカーボナイゼーション」と「エコ」を組み合わせた造語です。

環境省は2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにするカーボンニュートラルの実現に向け、省エネ家電活用や食品ロス削減、職場での服装自由化、住宅の断熱リフォームなどを呼び掛けています。
2023年7月13日 22時36分 テレ朝news

なるほど。

お役人の方々には、日々お疲れ様でございます。

またしても国民の予想を遥かに超える国民運動を始めて頂いたようですが、デコ活というキーワードは如何なものかと思います。それでも国民運動ということですので、皆さんお見知りおきをお願いします。

いきなり「デコ活」なんて言われますと、近年ますます広がった私の額に注目が集まるのではないか、とちょっと心配になってしまいます。

さて、記事によれば愛称は8000件を超す応募の中から13日の会議で小池都知事やオリンピックの金メダリスト高橋尚子さん、お笑いコンビのサンドウィッチマンらによって選ばれたということです。

また、西村環境大臣は愛称がデコ活に決まったことを受け、「国民の生活を変えるキーワードにしたい」と抱負を述べられたとか。

今回のデコ活は05年に提唱した「クールビズ」に続くことを狙い、脱炭素を意識した生活をすれば、光熱費削減などのメリットも得られることを強調した運動だそうですが、クールビズもそんなに言うほどヒットしたとも思えませんよね。

昨年10月にも環境省が「脱炭素につながる新しい豊かな暮らしを創る国民運動」として打ち出していたそうなんですが、名称が長く、浸透しにくいとの声も出ていたそうです。

国民運動の例えとしては、デコ活として電灯のLED化で年約2900円削減、省エネ性能が高いエアコンと冷蔵庫に買い替えると年約1・9万円削減、住宅の断熱化で年約9・4万円削減などと紹介され、テレワークや自転車・徒歩の利用なども呼びかけていました。

国民運動ですから、そこは私たちにできることとして、住宅の断熱化を進めることで、脱炭素に貢献して行きたいと思います。

脱炭素につながる暮らしの例は下記環境省のホームページから見ることができますので、一度ご確認くださいませ。




それでは良い連休を。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←どうかひとつ。