おトクな家を建てるならRCdesign

曇りのち晴れの東京です。

そんな今日は朝から渋谷区西原計画検討、社内ミーティング、江東区東小岩計画検討、書類作成、渋谷区千駄ヶ谷計画検討、図面作成、北区赤羽西計画検討、賃貸管理業務、世田谷区新町2丁目計画検討、お問合せ対応など。

午後は西原の現場へ現場視察、お客様と打ち合わせなど。帰社後は書類作成、文京区白山計画検討、ミーティングなど。夕方は目黒区原町計画検討、書類作成、賃貸管理業務、見積作成、ミーティングなど。

降る降る詐欺のような格好になりましたが、結果オーライです。

ではこちら。

トイレットペーパーを買うなら、「通常巻き」と「倍巻き」どっちがおトク?

毎日の生活に欠かせない「トイレットペーパー」。スーパーに行くと「通常巻き」と「倍巻き」が売っていますが、実際はどちらのがおトクなのでしょうか…? マネーの専門家に教えてもらいました。

最近、店頭で目につく倍巻きのトイレペーパー。1個の長さが通常よりも長いようだけどおトクなの?
2022年2月13日 20時0分 ESSE-online

なるほど。

これは確かに気になりますよね。

スーパーやドラッグストアなどで実際に購入しようとする度に、ちょっと迷ってしまうんですけど、その時間がもったいないと思ってみたりして、最近は1.5倍や3倍巻きというような商品もありますので迷ってしまいます。

結果から言えば、長さとそれに応じた価格は全く同じなんですね。例えばクリネックスの場合は下記の通りです。

<クリネックス>
・通常巻き(1パック12個入り) 60m/個
・1.5倍巻き(1パック8個入り) 90m/個
・全長 720m

このように1パック全体の長さは720mということで一緒ですから、もちろんお値段も同じということです。

私の個人的な感想ですが、倍巻きのものはみっちりと巻いてあるものの、ロールの厚みは通常巻きよりも若干大きく感じます。その結果、場合によってはトイレットペーパー収納棚からはみ出してしまうこともあるかもしれません。

記事によれば、価格的なおトク度には差はありませんが、使い勝手という点では倍巻きの方にメリットがあるのではないかということ。まず1ロールが長もちするので交換する手間が減ります。また12ロールより8ロールの方が置き場所を取らないので、同じ長さ分を省スペースでストックでき、災害時の備蓄用としても便利ですね。

ということで、価格は同じでもトイレットペーパーの交換やストック管理という“名もなき家事”が軽減されるというメリットを考えれば、十分おトクと言えるでしょう。

少しでも家事を楽にするなら、住まいのご相談をRCdesignまでお問い合わせください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング
 ←ご声援を是非!