東京で家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝からお問い合わせ対応、書類作成、電気屋さん来社打ち合わせ、リフォーム計画検討、杉並区高円寺南計画検討、今川計画検討、見積作成など。

午後は原稿作成、見積作成、渋谷区桜丘計画検討、文京区白山計画検討、図面作成など。夕方はご近所のお客様宅訪問打ち合わせ、帰社後は資料作成、渋谷区西原計画検討、お問い合わせ対応、ミーティングなど。

もう少し緊急事態宣言が続きそうですね。なるべく快適で暖かな家でお過ごし頂きたいと思います。それでは今週も土曜日恒例の家づくり講座第450回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

業者のホームページや折り込みチラシ等で、家づくりセミナー開催のお知らせを見て「行きたいけど怖いな」と思ったことはありませんか?

「興味があるテーマだからセミナーには参加したい。でも、セミナーを利用してセールスされたらどうしよう。参加者が少なかったら逃げられないかも・・・」面識の無い業者ほど、そんな不安は拭い去れません。

とはいえ、セミナーは業者との相性を探る絶好のチャンスです。

あなたが業者を知らないということは、業者もあなたを知らないということですよね。あなたのことを何も知らないまま営業攻撃を仕掛ける業者は、あなたが望む家づくりに対して、さほど興味を持っていません。

「自社の家づくりは素晴らしい。自社が施工する家なら誰だって快適な生活を送れる」という自分本位な考えを持っているからこそ、そんな行動ができるのかもしれません。

これがアパートなどの賃貸物件なら話は別です。賃貸物件は、その住まいに合わせた生活を送るのが前提です。

だから、断熱性や防音性、間取りや賃料などが自分の許容範囲内だったらその物件を契約します。

しかし、自分と家族がより幸せになるための家づくりをするなら話は別ですよね。それに、業者との関係は、新居の引き渡しがゴールではありません。住んでいる間、何十年も業者と共に家を守らなければなりません。

となると、家づくりに対するお互いの考え方や相性など、さまざまな角度から相手を知ることが欠かせないでしょう。

これは、相手が大手だろうが地方の小さな工務店だろうが関係ありません。

ということで、興味があるセミナーには、勇気を出して参加してみましょう。

そして、セミナーで学ぶだけではなく、業者が自分にどの程度の関心を持っているのか、どんなアプローチをしてくるのか、冷静に観察してみましょう。

ところで、私は住まいづくりに興味を持ってくださった方に向けてブログを書いています。ホームページからはメールセミナーも配信しています。それだけでなく、ネットサーフィン等で偶然ホームページを訪れた方に向けてもメッセージをお届けしています。

そう、コレです。^^

私がブログを書いている目的は、私やスタッフのことを知ってもらうこと。

私の仕事に対する姿勢を知ってもらうこと。

興味を持って下さった方の不安を和らげること等、たくさんあります。

そして、自分と相性が悪いと感じた読者の方に、私を候補から外してもらうことも重要な目的だと考えています。

ところであなたは、今、家づくりに対して悩みや不安はありますか?

あなたが知りたいことで、まだ私がお伝えできていないことはありませんか?

電話はハードルが高いでしょうから、ぜひメールで教えてください。

もちろん、無理な売り込みなんてしません。
(そういうことをするの、好きじゃないんです^^;)

安心してくださいね。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←今年もヨロシク!