片づく家を建てるならRCdesign

くもり時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、事務組合さんと電話、提携会社さんと電話、蓮根計画のお客様にご来社頂き打ち合わせ、足立区足立計画検討、見積作成、賃貸管理業務など。

午後からは渋谷区東計画の現場へ、お客様と打ち合わせ、設備屋さんと打ち合わせなど、帰社後は提携会社さんと電話、港区高輪計画検討、図面作成など。夕方は文京区千石計画検討、賃貸管理業務、見積作成、柏計画検討、北区上十条計画検討、ミーティングなど。

まだ我慢できる湿度ですね。

ではこちら。

家族団らんの効果【毎日が変わる片づけのワザ(200)】

整理整頓や片づけは、少しでも生活を快適にするために避けては通れない課題の1つですが、いざ取り組んでみたところで「なかなか片づかない…」という方は少なくないようです。

そこで、整理収納アドバイザーとライフオーガナイザーの資格取得の際に学んだ内容から、仕事や家事、気持ちを片づけるときの基準にしていることを紹介します。
2024年6月5日 16時20分 beauty news tokyo

なるほど。

今日の記事はお部屋の片付けかと思ったら、同じ片付けでも気持ちの片づけについてのワザとして、家族の団らんを紹介されていました。

日々の生活を快適にするために、家族の皆さんが努力をされていることと思いますが、子育て世代のご家庭では、整理整頓を維持するだけでも大変なことでしょうから、そんな中では気持ちを整えるのも難しいものです。

気持ちを片づけるワザを身につけて、少しでも日々が快適になったら良いと思います、

まず記事にあったのは、
著者さんの娘さんが言った「団らんってすごく大事なんだよ。(高校の)家庭科で習った」に対して著者さんは「今の家庭科って、団らんについても習うんだね!」ということから、家族団らんについて改めて調べてみると…

「家族が集まって楽しく語りあうなど、うちとけた時間を過ごすこと」とありました。

また、「コミュニケーション能力を育む効果があり、子どものコミュニケーション不足を解消する良い手立てとなる。家族との会話やコミュニケーションにより、学習意欲や学力アップに繋がり、家族団らんが子どもにプラスに」とまで書かれていました。

さらには、「家族団らんの会話で親がアドバイスすることで、子どもに自己肯定力を身に付けさせることができる。子どもが家庭に安心感を持てるのもメリット」だそうです。

著者さんでは、家族団らんの大切さを今になって知りました。そして、家族団らんの時間をもつことは、案外難しいです。朝はお互い仕事と学校へ行く支度でバタバタだし、夜は夜でわたしは仕事や家事、娘は課題でバタバタだそうです。

普通に生活しているとなかなか叶いません。「さあ、団らんするぞ!」と、お互いが勉強や仕事、家事やスマホを置いて、相手に向き合う構えがないと実現しないのです。と書かれていました。

昭和の時代にあった「サザエさん」や「ちびまる子ちゃん」の世界には毎日必ずある団らんは、実は今を生きるわたしたちにはとても贅沢な時間なのかもしれません。確かにね。

しかし、娘さんが言われていた「今日、かなり気分が落ちてたんだけど、ママと団らんしたら元気になった」という言葉もあって、著者さんも「団らんって、本当に効果があるんだね!」と書かれていました。

たわいもない話をして、笑うだけ。それだけでこんなに元気になるなら、団らんタイムをできるだけ毎日確保しようじゃないか。娘が成長して、あとどれくらいできるかわからない団らんの時間を、もっと大切にしたいと思いました。ということです。

我が家ではすでに子育ても終わってしまいましたが、夫婦二人でも団らんの時間を大切にして、気持ちの整理が出来たらいいですね。

家族で団らんをするなら、RC住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←晴れますように。