燃えない家を建てるならRCdesign

晴れても寒い東京です。

そんな今日は朝からお問い合わせ対応、目黒区原町計画検討、図面作成、出版社さんとオンラインミーティングなど。

午後からは世田谷区新町計画のお客様とオンラインミーティング、構造担当と協議、渋谷区西原計画検討、桜丘計画検討、商社さんと電話、書類作成、お問い合わせ対応、杉並区今川計画検討など。夕方は足立区千住計画検討、北区赤羽西計画検討、ミーティングなど。

朝晩の冷え込みが厳しいですね。暖房と加湿をしっかりと行ってください。

ではこちら。

東京・青梅の山林火災 24日午後3時前にほぼ消し止める

東京都青梅市で23日午後から続いていた山林火災について、東京消防庁は24日、同日午後2時45分ごろにほぼ消し止めたことを明らかにした。

焼失面積は約8万5000平方メートル。東京都の災害派遣要請を受け、自衛隊も消火活動に当たっていた。
2021年2月24日 15時37分 毎日新聞

なるほど。

ここのところ火災のニュースも多いのですが、栃木・足利市で起きた山火事では、24日で4日目に入っていますが、今のところ鎮火のめどは立っていないそうです。

現在も煙は風で流され、付近の住宅街にまで広範囲に及んでいるそうですが、市によるとこの山林火災で、東京ドーム10個分以上に相当する50haほどが焼失しているということ。

一方で記事にあった火災についても、昨日から気になっていましたが、ほぼ消し止めることが出来たということですので、被害が止まって良かったです。

警視庁青梅署などによると、今回の家事は23日午後1時20分ごろ、同市沢井2の木造2階建て住宅から出火し、約20分後には約300メートル離れた寺院「雲慶院」からも火が出て本堂など約500平方メートルを焼き、近くの山林に燃え移っていたということ。

出火当時、現場は強い風が吹いていて、飛び火した可能性があるということですが、火災の飛び火、延焼の怖さを思い知らされます。

記事によれば、この出火元となった住宅に暮らす60代男性が病院に搬送され、のどに軽いやけどをしたものの、他にけが人はいなかったということですので、人的被害が最小限で済んで良かったと思います。

他の記事では、火元の住宅に住む60代の男性は「家の庭で落ち葉などを燃やしていた」と話していて、「火を消したが、時間がたって火が上がった」とも話しているようですので、消火が不十分だった可能性が高いです。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、基本的に東京都では野外での焼却や廃棄物焼却は条例で禁止されている行為ですし、法律でも禁止されていますので、場合によっては現行犯逮捕や罰則を受けることがあります。

なんとなく落ち葉で焼き芋くらいと思ってしまいますが、そこから大きな火災につながってしまうこともあり得ますので、やっぱり避けたほうが良いでしょう。

火の粉が降りかかっても燃えない家を、RC住宅で実現してください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング←応援お待ちしております!