素敵な家を建てるならRCdesign

くもり時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から書類作成、その後外出、帰社後はお問合せ対応、電気屋さんと電話、インフラ会社さんと電話、文京区白山計画検討、江戸川区東小岩計画検討、豊島区目白のお客様とお電話など。

午後からは文京区小石川でご検討のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、その後文京区白山計画の現場へ、現場視察の後オーナー様と打ち合わせなど。夕方帰社後は資料作成、北区赤羽西計画検討、渋谷区西原計画検討、ミーティングなど。

今日も暖かでしたね。

ではこちら。

住宅購入に合わせて「家具を買った」は7割。最もこだわって選んだ家具は?

マイホームを購入したのはいいけれど、引越し代や住宅ローンの手数料など、住宅の費用以外にも何かとお金がかかりますね。家具は、現在使用しているものもまだ使えるけれど、せっかくだから新しいものを買い足したい。でも今後のローンの支払いのために、少しでも倹約すべき?と迷っている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回はマイナビニュース会員507人を対象に、「住宅購入に合わせて買った家具」についてアンケート。
2022年5月6日 10時30分 マイナビニュース

なるほど。

確かに家を新築したりお引越ししたりしますと、憧れのインテリアを完成させる為に必要で、欠かせない家具をご用意される方は多いのではないでしょうか。

もちろんなるべく家具を少なくして、すべて造り付けの収納にするという選択もございますが、それでも収納以外の部分では、快適な空間のための家具選びも重要な要素に違いありません。

記事にあったアンケートでは、住宅を購入したときに家具を買い足したり買い直したりしたか尋ねたところ、圧倒的に多かったのが「購入した」(72.0%)という声でした。間取りや広さもそれまで住んでいた住居とは異なるため、購入せざるを得なかったという人ももちろんいらっしゃると思います。

そんな中で多くの人が挙げていたのが「ソファ」でした。記事によれば、ソファはかなり大きな家具なので、設置する場合、それなりのスペースも必要となりますので、「リビングが広い新居に引っ越したので、念願のソファを置くことができた」と喜びの声を挙げる人もいたようです。

家族や自分自身がくつろぐことができるように、ソファの質にはこだわったという声も多数あったそうです。リビングにはお客様を通すこともあるため、しっかりしたものを選びたいという声も目立ったとか。

次に多かったのはダイニングやキッチンで使う家具が挙げられました。その中でも特に目立っていたのが「ダイニングテーブル」ということで、毎日使うものでもあるし家族だんらんの場でもあるから、丈夫でしっかりした造りのものをこだわって選んだという理由が多くなっていました。

その他では、ベッドもまた大きなスペースが必要な家具ですので、部屋の雰囲気や壁・床の色に合わせたものを買いたいという声や、これから先、長く使うため上質なタンスを選びたいという理由も上がっていたようです。

家具選びでは家族の年齢も関係するように思いますが、比較的若い世代では北欧の大手家具メーカーや国内のお値段以上な家具でも良いと思います。

しかしながらこれからの時代を考えますと、家具についてもなるべく長く使えるものを選ぶことが大切になってくると思いますし、20世紀から続く定番の家具などはデザインと品質がとても良く、一生使えるものが見つかるかもしれません。

素敵な家具と出逢えるといいですね。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←いつもありがとうございます!