デザインされた家を建てるならRCdesign

雨時々くもりの東京です。

そんな今日は朝から港区東麻布計画検討、書類作成、文京区千石計画検討、図面チェック、横浜方面の業者さんと電話、提携会社さんと電話、お問合せ対応、信用金庫さんと電話、ご近所のお客様来社打ち合わせ、図面作成など。

午後は板橋区蓮根計画検討、図面作成、千葉県柏市計画検討、お問合せ対応、港区高輪計画検討、千石のお客様とご連絡、資料作成など。夕方は提携会社さんと電話、資料作成、足立区足立計画検討、ミーティングなど。

花粉に加え寒暖差でスイッチが入りました。

ではこちら。

2億円トイレ設置で物議の大阪万博、建築家が公開した「デザイナーズ公衆トイレの完成図」

当初の想定費用から約2倍の2350億円、大阪市民の負担額は一人当たり約1万9000円に膨れ上がった2025年大阪・関西万博の会場建設費。

万博推進本部長を務める吉村洋文大阪府知事にとっては想定内なのかもしれないが、大阪府民や市民、国民からの“監視の目”は厳しくなる一方だ。
2024年2月21日 15時30分 週刊女性PRIME

なるほど。

ここのところ報道などでも話題になっていましたので、記事の内容はおおよそご存知かと思います。

まあそもそも大阪万博自体がとんでもない高コストで無理やり実施されることになっていますし、以前にも話題にさせていただいた344億円の木造リングは伝統的貫工法のはずがそうではなかったりと、話題の提供に抜かりは無いようです。

そんな中、2億円もの費用を計上して物議を醸しているのが、会場内に設置する“公衆トイレ”。なんでも40カ所あるトイレのうち、若手建築家が設計するデザイナーズトイレを8か所設置するといい、うちの2か所の設備費用がそれぞれ約2億円になる。ということなんですね。

なんでも、便器の数が50〜60個からなる大規模トイレが2カ所あり、その設備費用がそれぞれ約2億円だということのようです。

今時の建築コスト感でいえば、公園にあるトイレでもRC造なら、1000万円以上になると思いますし、上記の規模で設備機器のグレードが高いとすれば、2億円もそう高いイメージではないと思います。

記事によれば、この“2億円トイレ”を含めたデザイナーズトイレを手掛ける建築家は、「トイレ」「休憩所」「展示施設」「ポップアップステージ」などの設計デザインのコンペにおいて、公募から1次・2次審査を経て選出された20組(合計23人)のうちの8組。だそうです。

そんな若手デザイナーさん達では、すでに数名は公式HPやSNSにて、建築パースや完成イメージ図を公開していて、ちょっと覗かせていただきましたが、全方面を偏光ミラー素材の外壁で覆った未来的デザインのトイレとか、約400年前に大阪城の石垣を築くために切り出されるも、訳あって使用されずに放置された通称「残念石」を“再利用”して「万歳石」に変えようと考えた“石のトイレ”、または遺跡を思わせる独特な形状の土壁トイレなどがありました。

まあいろんな議論がされること自体はいいことなのかもしれませんが、東京オリンピックの時もそうでしたが、デザインやその事業の意義までもが、経済効率という正論で中途半端な結果にされてしまいました。

そもそも、日本人にはデザインやアイデアにコストを払うという習慣がありませんし、その結果としてデザインの質が上がらない、デザイナーが育たないという国になってしまったと思います。

もちろんそんな厳しい中でも、少ないチャンスから世に出てきて、世界へとチャレンジしていく若い人も少なからずいらっしゃいます。

今回のトイレも、そんな若手建築家さん達が全力で考えた作品に違いありませんので、そこは周りの大人達に支援して頂きたいですし、そういうタニマチ的な活動をされる人が少なくなったのが寂しいですね。

そんな時だからこそ、行政の支援が必要ということもあると思うんですけど、大阪市民の皆さんにはご負担をお願いするしかありません。

私的には、オーダーの条件にコストが限定されているのであれば、デザインとコストのバランスをとりながら、予算内で最大のパフォーマンスを発揮することが、優れたデザインではないかと考えます。

住まいはもちろん、投資用マンションや事務所ビル、医院建築なども是非お気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←いつもありがとうございます。